共同研究・競争的資金等の研究課題

2015年4月 - 2018年3月

細胞極性制御因子aPKCによる毛包幹細胞の休眠制御機構

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 長田 真一
  • ,
  • 能登 舞
  • ,
  • 廣瀬 智威
  • ,
  • 鈴木 倫子
  • ,
  • 加賀谷 昌美

課題番号
15K09755
配分額
(総額)
4,680,000円
(直接経費)
3,600,000円
(間接経費)
1,080,000円

表皮には細胞極性に関わる2種類のaPKC (atypical protein kinase C) 分子種(aPKCζ, aPKCλ)が発現している。本研究で私たちは、創傷治癒と創傷後毛包新生という、皮膚恒常性の維持に関わる重要な過程に、これらのaPKC分子種がどのように関与しているのかを調べた。表皮特異的aPKCλ欠損マウスでは創傷治癒が遅延し、Wnt経路の活性化を伴う創傷後毛包新生が亢進したが、aPKCζ欠損マウスではこのような現象は観察されなかった。本研究により、aPKCλが創傷治癒と創傷後毛包新生を繋ぐ重要な分子であることが初めて明らかになった。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-15K09755/15K09755seika.pdf