山口 修

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/24 13:16
 
アバター
研究者氏名
山口 修
 
ヤマグチ オサム
所属
愛媛大学
部署
大学院医学系研究科 医学専攻
職名
教授
学位
博士(医学)(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
愛媛大学大学院医学系研究科
 
2016年10月
 - 
2018年3月
大阪大学大学院医学系研究科 循環器内科学 准教授
 
2014年9月
 - 
2016年9月
大阪大学大学院医学系研究科 循環器内科学 講師
 
2007年7月
 - 
2014年8月
大阪大学大学院医学系研究科 循環器内科学 助教
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2004年3月
大阪大学大学院 医学系研究科 
 
1989年4月
 - 
1995年3月
大阪大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
日本循環器学会  心臓移植委員会委員
 

論文

 
Chimura M, Ohtani T, Tsukamoto Y, Kioka H, Katsimichas T, Onishi T, Nakamoto K, Konishi S, Sengoku K, Miyawaki H, Hikoso S, Yamaguchi O, Sakata Y
The Journal of heart and lung transplantation : the official publication of the International Society for Heart Transplantation   37(11) 1341-1350   2018年11月   [査読有り]
Ishihara S, Kioka H, Ohtani T, Asano Y, Yamaguchi O, Hikoso S, Toda K, Saito Y, Sawa Y, Yamauchi-Takihara K, Sakata Y
Pulmonary circulation   8(3) 2045894018770131   2018年7月   [査読有り]
Konishi S, Minamiguchi H, Ozu K, Mizuno H, Hikoso S, Yamaguchi O, Sakata Y
Clinical case reports   6(2) 309-313   2018年2月   [査読有り]
Misaka T, Murakawa T, Nishida K, Omori Y, Taneike M, Omiya S, Molenaar C, Uno Y, Yamaguchi O, Takeda J, Shah AM, Otsu K
Journal of molecular and cellular cardiology   114 93-104   2018年1月   [査読有り]
Taniguchi T, Ohtani T, Kioka H, Tsukamoto Y, Onishi T, Nakamoto K, Katsimichas T, Sengoku K, Chimura M, Hashimoto H, Yamaguchi O, Sawa Y, Sakata Y
JACC. Cardiovascular imaging      2018年1月   [査読有り]
Ide S, Sumitsuji S, Yamaguchi O, Sakata Y
Journal of cardiovascular computed tomography   11(3) 179-182   2017年5月   [査読有り]
Sakamoto Y, Kioka H, Hashimoto R, Takeda S, Momose K, Ohtani T, Yamaguchi O, Wasa M, Nakatani S, Sakata Y
Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.)   35 148-150   2017年3月   [査読有り]
Ichibori Y, Mizote I, Maeda K, Onishi T, Ohtani T, Yamaguchi O, Torikai K, Kuratani T, Sawa Y, Nakatani S, Sakata Y
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   81(3) 397-404   2017年2月   [査読有り]
Tsuchiya H, Kioka H, Ozu K, Ohtani T, Yamaguchi O, Yazaki Y, Yamauchi-Takihara K, Sakata Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   56(9) 1061-1065   2017年   [査読有り]
Omiya S, Omori Y, Taneike M, Protti A, Yamaguchi O, Akira S, Shah AM, Nishida K, Otsu K
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   311(6) H1485-H1497   2016年12月   [査読有り]
Ishida H, Saba R, Kokkinopoulos I, Hashimoto M, Yamaguchi O, Nowotschin S, Shiraishi M, Ruchaya P, Miller D, Harmer S, Poliandri A, Kogaki S, Sakata Y, Dunkel L, Tinker A, Hadjantonakis AK, Sawa Y, Sasaki H, Ozono K, Suzuki K, Yashiro K
Cell reports   16(4) 1026-1038   2016年7月   [査読有り]
Yamaguchi O, Murakawa T, Nishida K, Otsu K
Journal of molecular and cellular cardiology   95 50-56   2016年6月   [査読有り]
Ichibori Y, Ohtani T, Nakatani D, Tachibana K, Yamaguchi O, Toda K, Akasaka T, Fukushima N, Sawa Y, Komuro I, Kotani J, Sakata Y
European heart journal cardiovascular Imaging   17(1) 51-58   2016年1月   [査読有り]
Taneike M, Nishida K, Omiya S, Zarrinpashneh E, Misaka T, Kitazume-Taneike R, Austin R, Takaoka M, Yamaguchi O, Gambello MJ, Shah AM, Otsu K
PloS one   11(3) e0152628   2016年   [査読有り]
Ito S, Hagiya H, Kimura K, Nishi I, Yoshida H, Kioka H, Ohtani T, Yamaguchi O, Tanabe K, Tomono K, Sakata Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(18) 2731-2735   2016年   [査読有り]
Taniguchi T, Ohtani T, Nakatani S, Hayashi K, Yamaguchi O, Komuro I, Sakata Y
Journal of the American Society of Echocardiography : official publication of the American Society of Echocardiography   28(12) 1420-1427   2015年12月   [査読有り]
Masuda M, Yamada T, Mizuno H, Minamiguchi H, Konishi S, Ohtani T, Yamaguchi O, Okuyama Y, Uematsu M, Sakata Y
International journal of cardiology   199 65-70   2015年11月   [査読有り]
Masuda M, Mizuno H, Enchi Y, Minamiguchi H, Konishi S, Ohtani T, Yamaguchi O, Okuyama Y, Nanto S, Sakata Y
Journal of interventional cardiac electrophysiology : an international journal of arrhythmias and pacing   44(1) 31-37   2015年10月   [査読有り]
Nishida K, Yamaguchi O, Otsu K
Journal of molecular and cellular cardiology   84 212-222   2015年7月   [査読有り]
Murakawa T, Yamaguchi O, Hashimoto A, Hikoso S, Takeda T, Oka T, Yasui H, Ueda H, Akazawa Y, Nakayama H, Taneike M, Misaka T, Omiya S, Shah AM, Yamamoto A, Nishida K, Ohsumi Y, Okamoto K, Sakata Y, Otsu K
Nature communications   6 7527   2015年7月   [査読有り]
Mao Y, Tokudome T, Kishimoto I, Otani K, Nishimura H, Yamaguchi O, Otsu K, Miyazato M, Kangawa K
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   65(6) 1238-1244   2015年6月   [査読有り]
Otsu K, Murakawa T, Yamaguchi O
Autophagy   11(10) 1932-1933   2015年   [査読有り]
Oyabu J, Yamaguchi O, Hikoso S, Takeda T, Oka T, Murakawa T, Yasui H, Ueda H, Nakayama H, Taneike M, Omiya S, Shah AM, Nishida K, Otsu K
Biochemical and biophysical research communications   441(4) 787-792   2013年11月   [査読有り]
Hori M, Yamaguchi O
Circulation research   113(5) 492-494   2013年8月   [査読有り]
Takayama T, Hiro T, Ueda Y, Honye J, Komatsu S, Yamaguchi O, Li Y, Yajima J, Takazawa K, Nanto S, Saito S, Hirayama A, Kodama K
Journal of cardiology   61(6) 381-386   2013年6月   [査読有り]
Tamai T, Yamaguchi O, Hikoso S, Takeda T, Taneike M, Oka T, Oyabu J, Murakawa T, Nakayama H, Uno Y, Horie K, Nishida K, Sonenberg N, Shah AM, Takeda J, Komuro I, Otsu K
The Journal of biological chemistry   288(14) 10176-10187   2013年4月   [査読有り]
[Calcium dependent signaling in cardiac hypertrophy and cell death].
Nakayama H, Fujio Y, Yamaguchi O
Clinical calcium   23(4) 505-515   2013年4月   [査読有り]
Yamaguchi O, Otsu K
Journal of cardiovascular pharmacology   60(3) 242-247   2012年9月   [査読有り]
Oka T, Hikoso S, Yamaguchi O, Taneike M, Takeda T, Tamai T, Oyabu J, Murakawa T, Nakayama H, Nishida K, Akira S, Yamamoto A, Komuro I, Otsu K
Nature   485(7397) 251-255   2012年5月   [査読有り]
Influence of achieved low-density lipoprotein cholesterol level with atorvastatin therapy on stabilization of coronary plaques: sub-analysis of the TWINS study.
Okada K, Ueda Y, Takayama T, Honye J, Komatsu S, Yamaguchi O, Li Y, Yajima J, Takazawa K, Nanto S, Saito S, Hirayama A, Kodama K
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   76(5) 1197-1202   2012年   [査読有り]
Taneike M, Mizote I, Morita T, Watanabe T, Hikoso S, Yamaguchi O, Takeda T, Oka T, Tamai T, Oyabu J, Murakawa T, Nakayama H, Nishida K, Takeda J, Mochizuki N, Komuro I, Otsu K
The Journal of biological chemistry   286(37) 32170-32177   2011年9月   [査読有り]
Plaque-stabilizing effect of atorvastatin is stronger for plaques evaluated as more unstable by angioscopy and intravenous ultrasound.
Hirayama A, Saito S, Ueda Y, Takayama T, Honye J, Komatsu S, Yamaguchi O, Li Y, Yajima J, Nanto S, Takazawa K, Kodama K
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   75(6) 1448-1454   2011年   [査読有り]
Taneike M, Yamaguchi O, Nakai A, Hikoso S, Takeda T, Mizote I, Oka T, Tamai T, Oyabu J, Murakawa T, Nishida K, Shimizu T, Hori M, Komuro I, Takuji Shirasawa TS, Mizushima N, Otsu K
Autophagy   6(5) 600-606   2010年7月   [査読有り]
Mizote I, Yamaguchi O, Hikoso S, Takeda T, Taneike M, Oka T, Tamai T, Oyabu J, Matsumura Y, Nishida K, Komuro I, Hori M, Otsu K
Journal of molecular and cellular cardiology   48(2) 302-309   2010年2月   [査読有り]
Novel in vivo tool to evaluate autophagic activity in the heart.
Yamaguchi O, Otsu K
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   74(1) 49-50   2010年1月   [査読有り]
Hikoso S, Yamaguchi O, Nakano Y, Takeda T, Omiya S, Mizote I, Taneike M, Oka T, Tamai T, Oyabu J, Uno Y, Matsumura Y, Nishida K, Suzuki K, Kogo M, Hori M, Otsu K
Circulation research   105(1) 70-79   2009年7月   [査読有り]
Qualitative and quantitative changes in coronary plaque associated with atorvastatin therapy.
Hirayama A, Saito S, Ueda Y, Takayama T, Honye J, Komatsu S, Yamaguchi O, Li Y, Yajima J, Nanto S, Takazawa K, Kodama K
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   73(4) 718-725   2009年4月   [査読有り]
Omiya S, Hikoso S, Imanishi Y, Saito A, Yamaguchi O, Takeda T, Mizote I, Oka T, Taneike M, Nakano Y, Matsumura Y, Nishida K, Sawa Y, Hori M, Otsu K
Journal of molecular and cellular cardiology   46(1) 59-66   2009年1月   [査読有り]
[Beneficial role of autophagy in failing hearts].
Taneike M, Yamaguchi O, Otsu K
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   53(16 Suppl) 2182-2187   2008年12月   [査読有り]
Watanabe T, Takeda T, Omiya S, Hikoso S, Yamaguchi O, Nakano Y, Higuchi Y, Nakai A, Abe Y, Aki-Jin Y, Taniike M, Mizote I, Matsumura Y, Shimizu T, Nishida K, Imai K, Hori M, Shirasawa T, Otsu K
Journal of the American College of Cardiology   52(9) 779-786   2008年8月   [査読有り]
Ueno M, Suzuki J, Zenimaru Y, Takahashi S, Koizumi T, Noriki S, Yamaguchi O, Otsu K, Shen WJ, Kraemer FB, Miyamori I
American journal of physiology. Endocrinology and metabolism   294(6) E1109-18   2008年6月   [査読有り]
Taniike M, Yamaguchi O, Tsujimoto I, Hikoso S, Takeda T, Nakai A, Omiya S, Mizote I, Nakano Y, Higuchi Y, Matsumura Y, Nishida K, Ichijo H, Hori M, Otsu K
Circulation   117(4) 545-552   2008年1月   [査読有り]
Hikoso S, Ikeda Y, Yamaguchi O, Takeda T, Higuchi Y, Hirotani S, Kashiwase K, Yamada M, Asahi M, Matsumura Y, Nishida K, Matsuzaki M, Hori M, Otsu K
Journal of the American College of Cardiology   50(5) 453-462   2007年7月   [査読有り]
Nakai A, Yamaguchi O, Takeda T, Higuchi Y, Hikoso S, Taniike M, Omiya S, Mizote I, Matsumura Y, Asahi M, Nishida K, Hori M, Mizushima N, Otsu K
Nature medicine   13(5) 619-624   2007年5月   [査読有り]
Kato H, Takeuchi O, Sato S, Yoneyama M, Yamamoto M, Matsui K, Uematsu S, Jung A, Kawai T, Ishii KJ, Yamaguchi O, Otsu K, Tsujimura T, Koh CS, Reis e Sousa C, Matsuura Y, Fujita T, Akira S
Nature   441(7089) 101-105   2006年5月   [査読有り]
Takeda T, Asahi M, Yamaguchi O, Hikoso S, Nakayama H, Kusakari Y, Kawai M, Hongo K, Higuchi Y, Kashiwase K, Watanabe T, Taniike M, Nakai A, Nishida K, Kurihara S, Donoviel DB, Bernstein A, Tomita T, Iwatsubo T, Hori M, Otsu K
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   19(14) 2069-2071   2005年12月   [査読有り]
Watanabe T, Otsu K, Takeda T, Yamaguchi O, Hikoso S, Kashiwase K, Higuchi Y, Taniike M, Nakai A, Matsumura Y, Nishida K, Ichijo H, Hori M
Biochemical and biophysical research communications   333(2) 562-567   2005年7月   [査読有り]
Tsujimoto I, Hikoso S, Yamaguchi O, Kashiwase K, Nakai A, Takeda T, Watanabe T, Taniike M, Matsumura Y, Nishida K, Hori M, Kogo M, Otsu K
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   45(5) 921-926   2005年5月   [査読有り]
Nakagawa T, Shimizu S, Watanabe T, Yamaguchi O, Otsu K, Yamagata H, Inohara H, Kubo T, Tsujimoto Y
Nature   434(7033) 652-658   2005年3月   [査読有り]
Kashiwase K, Higuchi Y, Hirotani S, Yamaguchi O, Hikoso S, Takeda T, Watanabe T, Taniike M, Nakai A, Tsujimoto I, Matsumura Y, Ueno H, Nishida K, Hori M, Otsu K
Biochemical and biophysical research communications   327(1) 136-142   2005年2月   [査読有り]

受賞

 
2018年3月
日本心臓財団 佐藤賞
 
2008年
日本循環器学会 日本循環器学会学術総会 YIA優秀賞
 
2004年
第22回井上研究奨励賞
 
2003年
日本心不全学会 第7回日本心不全学会学術集会 YIA最優秀賞
 
2003年
AHA YIA of the AHA Council on Basic Cardiovascular Sciences
 

Misc

 
【心不全のすべて-分子生物学から緩和ケアまで:beyondガイドライン】基礎研究は心不全をどこまで解明したか-心不全を理解するために必要な最新の基礎知識 オートファジーと心臓の恒常性 オートファジーは心不全の原因か?
山口 修
医学のあゆみ   266(13) 1013-1017   2018年9月
2016年大隅良典博士のノーベル医学・生理学賞受賞によって、オートファジーは大きな注目を集めている。心臓におけるオートファジーについても、古くからその存在が知られていたものの、その意義については長く不明であった。哺乳類におけるオートファジーの機能がつぎつぎと報告されるなか、心筋細胞特異的Atg5(autophagy related 5)欠損遺伝子改変マウスの作製・解析によって、恒常的条件下、血行動態ストレス下、加齢でのオートファジーの心保護機能が明らかになった。近年は、オートファジー誘導能...
【心臓リモデリングをどう治すか-拡大心・肥大心へのアプローチ-】 識る オートファジーはリモデリングにどうかかわるか?
種池 学, 山口 修
Heart View   22(9) 867-873   2018年9月
<Point>1 オートファジーは細胞内分解機構の1つであり、細胞内構造物やオルガネラの恒常性を維持し、細胞保護的に作用する。2 オートファジーは、代償期では抑制されることにより、非代償期では促進されることにより、リモデリングに関与している。3 オートファジーおよびマイトファジーの制御機構を明らかにすることにより、心不全の新しい治療標的となる可能性がある。(著者抄録)
【心不全の病態と治療Update】 細胞死と心筋リモデリング
山口 修
最新医学   73(8) 1057-1062   2018年8月
種々の心疾患に伴う心臓リモデリングにかかわる現象に、心筋細胞死が挙げられる。細胞死は大きくregulated cell death(RCD)とaccidental cell death(ACD)に分類される。RCDとしては、アポトーシスやオートファジーなどさまざまな細胞死にかかわる分子機構が明らかにされてきた。また、従来はACDと考えられてきたネクローシスにも制御機構の存在が解明されてきた。(著者抄録)
ミトコンドリア研究の新展開 心不全発症進展におけるオートファジー性ミトコンドリア分解と炎症反応
山口 修
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   18回 95-95   2018年5月
左房内腫瘍および腫瘍の僧帽弁への進展による僧帽弁狭窄を併発した一例
仙石 薫子, 大西 俊成, 大谷 朋仁, 水野 裕八, 山口 修, 戸田 宏一, 中谷 敏, 澤 芳樹, 坂田 泰史
超音波医学   45(Suppl.) S624-S624   2018年4月
成人先天性心疾患における中心静脈圧評価のための肝硬度測定の有用性(Usefulness of Liver Stiffness Measurements for Evaluation of Central Venous Pressure in Adult Congenital Heart Disease)
塚本 泰正, 大谷 朋仁, 谷口 達典, 彦惣 俊吾, 上野 高義, 小垣 滋豊, 山口 修, 澤 芳樹, 坂田 泰史
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ043-3   2018年3月
心臓移植レシピエントの冠動脈プラークの連続的な光干渉断層撮影(Serial Optical Coherence Tomography of Coronary Plaques in Cardiac Transplant Recipients)
白記 達也, 塚本 泰正, 溝手 勇, 大谷 朋仁, 水野 裕八, 彦惣 俊吾, 山口 修, 坂田 泰史
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ041-4   2018年3月
非代償性心不全のある重度AS患者における緊急TAVIの臨床転帰(Clinical Outcomes of Urgent TAVI in Severe AS Patients with Decompensated Heart Failure)
津田 真希, 溝手 勇, 市堀 泰裕, 向井 隆, 大西 俊成, 山口 修, 前田 孝一, 鳥飼 慶, 倉谷 徹, 澤 芳樹, 中谷 敏, 坂田 泰史
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 OJ26-7   2018年3月
右心不全に対する左室補助人工心臓挿入時の三尖弁輪形成術同時施行は将来の消化管出血の予測因子である(Simultaneous Tricuspid Annuloplasty at Left Ventricular Assist Device Implantation, Reflecting Right Heart Failure, is a Predictor of Future Gastrointestinal Bleeding)
中本 敬, 大谷 朋仁, 世良 英子, 彦惣 俊吾, 戸田 宏一, 山口 修, 坂田 泰史
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 OJ22-5   2018年3月
心疾患の病因におけるオートファジーの役割(The Role of Autophagy in the Pathogenesis of Cardiac Diseases)
山口 修
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 ME4-ME4   2018年3月
心筋technetium-99m sestamibiウォッシュアウト率は拡張型心筋症患者の心筋生存性を予測する(Myocardial Technetium-99m Sestamibi Washout Rate Predicts Myocardial Viability in Dilated Cardiomyopathy Patients)
千村 美里, 大谷 朋仁, 木岡 秀隆, 中本 敬, 世良 英子, 山口 修, 坂田 泰史
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 OJ01-6   2018年3月
術後8ヵ月で経口免疫抑制薬血中濃度の著しい低下をきたした心臓移植後の一例
有村 忠聴, 塚本 泰正, 諏訪 恵信, 大谷 朋仁, 世良 英子, 齋藤 俊輔, 久保田 香, 戸田 宏一, 山口 修, 澤 芳樹, 坂田 泰史
移植   52(6) 574-575   2018年2月
心臓移植後のレシピエントにおける冠動脈の経時的変化 光干渉断層計(OCT)を用いた術後3年間の評価
塚本 泰正, 白記 達也, 大谷 朋仁, 市堀 泰裕, 齋藤 俊輔, 粟田 政樹, 久保田 香, 戸田 宏一, 山口 修, 澤 芳樹, 坂田 泰史
移植   52(6) 573-574   2018年2月
肺血管拡張薬投与後、成人期に片肺Fontan手術を施行しえた純型肺動脈閉鎖の一例
塚本 泰正, 山本 泰士, 世良 英子, 平 将生, 成田 淳, 溝手 勇, 彦惣 俊吾, 上野 高義, 小垣 滋豊, 山口 修, 坂田 泰史
日本成人先天性心疾患学会雑誌   7(1) 180-180   2018年1月
心筋症のエクソーム解析による原因変異探索
多久和 綾子, 川上 知紗, 木岡 秀隆, 山田 憲明, 宮下 洋平, 四宮 春輝, 伯井 秀行, 世良 英子, 大谷 朋仁, 山口 修, 澤 芳樹, 高島 成二, 朝野 裕仁, 坂田 泰史
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [3P-0731]   2017年12月
心血管疾患におけるオートファジーの役割
山口 修
臨床医のための循環器診療   (27) 60-62   2017年11月
高度の蛋白尿によりエベロリムス中止を余儀なくされた心肺移植後の症例
塚本 泰正, 大谷 朋仁, 世良 英子, 木岡 秀隆, 山口 修, 齋藤 俊輔, 久保田 香, 戸田 宏一, 澤 芳樹, 坂田 泰史
移植   52(2-3) 307-307   2017年9月
多発性骨髄腫に伴う続発性心アミロイドーシスに対し着用型除細動器を使用した1症例
南口 仁, 小津 賢太郎, 小西 正三, 世良 英子, 大谷 朋仁, 水野 裕八, 山口 修, 坂田 泰史
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 P-423   2017年9月
左室補助人工心臓装着後の右心機能不全予測因子に関する検討
千村 美里, 大谷 朋仁, 中本 敬, 世良 英子, 塚本 泰正, 水野 裕八, 戸田 宏一, 山口 修, 澤 芳樹, 坂田 泰史
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 O-194   2017年9月
TAVI後弁機能不全に対してre-do TAVIを行い、IVUSで弁の構造的劣化を確認し得た1例
津田 真希, 溝手 勇, 市堀 泰裕, 向井 隆, 大西 俊成, 大谷 朋仁, 水野 裕八, 山口 修, 前田 孝一, 鳥飼 慶, 倉谷 徹, 澤 芳樹, 中谷 敏, 坂田 泰史
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 np20-np20   2017年9月
重症心不全診療における右心不全の意味
中本 敬, 大谷 朋仁, 世良 英子, 戸田 宏一, 山口 修, 澤 芳樹, 坂田 泰史
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 SS19-3   2017年9月
心不全の病態解明への挑戦 ゲノムから臓器まで 心不全発症進展におけるオートファジーとミトコンドリア品質管理
山口 修
循環器専門医   25(2) 164-170   2017年8月
光干渉断層計を用いた移植心冠動脈病変の経時的評価
塚本 泰正, 大谷 朋仁, 白記 達也, 市堀 泰裕, 久保田 香, 齋藤 俊輔, 粟田 政樹, 戸田 宏一, 山口 修, 澤 芳樹, 坂田 泰史
移植   52(総会臨時) 433-433   2017年8月
重症心不全患者の睡眠に対する定常流補助人工心臓の影響
中本 敬, 大谷 朋仁, 眞下 緑, 世良 英子, 塚本 泰正, 足立 浩祥, 斎藤 俊輔, 三上 章良, 山口 修, 戸田 宏一, 池田 学, 澤 芳樹, 坂田 泰史
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   42回 216-216   2017年6月
典型的な胸部症状を伴う急性冠症候群を呈した心臓移植後の1例
塚本 泰正, 大谷 朋仁, 横井 研介, 市堀 泰裕, 木岡 秀隆, 山口 修, 久保田 香, 戸田 宏一, 澤 芳樹, 坂田 泰史
移植   52(1) 91-91   2017年4月
大動脈直径の評価は拡張型心筋症を伴う非代償性心不全患者の転帰悪化の検出に有効である(Assessment of Aortic Diameter is Useful for Detecting Worse Outcomes in Dilated Cardiomyopathy Patients with Decompensated Heart Failure)
千村 美里, 大谷 朋仁, 大西 俊成, 中村 憲史, 中本 敬, 小西 正三, 仙石 薫子, 山口 修, 坂田 泰史
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-428   2017年3月
併存する冠動脈疾患に対する治療を受けたTAVI患者の臨床転帰の完全血行再建同時施行有無別の比較(Comparison of Clinical Outcomes in TAVI Patients Who were Treated for Concomitant Coronary Artery Disease with and without Complete Revascularization)
津田 真希, 溝手 勇, 市堀 泰裕, 向井 隆, 村瀬 元昭, 大西 俊成, 大谷 朋仁, 山口 修, 前田 孝一, 鳥飼 慶, 倉谷 徹, 澤 芳樹, 中谷 敏, 坂田 泰史
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-182   2017年3月
DCM患者とDHCM患者との逆リモデリング発生率の差(The Difference of the Incidence in Reverse Remodeling between DCM and DHCM Patients)
石原 里美, 大谷 朋仁, 小西 正三, 世良 英子, 塚本 泰正, 木岡 秀隆, 水野 裕八, 山口 修, 斎藤 能彦, 坂田 泰史
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-163   2017年3月
心臓移植成績向上のための取り組み 心臓移植後における冠動脈の連続OCTによるプラーク形態の評価(Plaque Morphology in Coronary Arteries after Heart Transplantation Assessed by Serial Optical Coherence Tomography)
塚本 泰正, 大谷 朋仁, 白記 達也, 市堀 泰裕, 斎藤 俊輔, 粟田 政樹, 山口 修, 戸田 宏一, 澤 芳樹, 坂田 泰史
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 SY19-6   2017年3月
不整脈治療の新展開 直視下心臓手術後の徐脈患者において新世代心房抗頻拍ペーシングが心房頻拍の停止に及ぼす臨床的影響(Clinical Impact of New-generation Atrial Antitachycardia Pacing on Termination of Atrial Tachyarrhythmias in Patients with Bradycardia after Open Heart Surgery)
南口 仁, 小西 正三, 小津 賢太郎, 水野 裕八, 大谷 朋仁, 山口 修, 坂田 泰史
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 SY15-5   2017年3月
Reactive ATP機能が有用であった単心房・単心室の1症例
南口 仁, 小津 賢太郎, 小西 正三, 塚本 泰正, 水野 裕八, 平 将生, 小澤 秀登, 上野 高義, 小垣 滋豊, 山口 修, 坂田 泰史
日本成人先天性心疾患学会雑誌   6(1) 170-170   2017年1月
MAPCA-食道瘻による大量吐血を来した未修復心室中隔欠損兼肺動脈閉鎖の成人症例
正和 泰斗, 塚本 泰正, 南口 仁, 世良 英子, 成田 淳, 水野 裕八, 小垣 滋豊, 山口 修, 坂田 泰史
日本成人先天性心疾患学会雑誌   6(1) 164-164   2017年1月
Mustard手術後に右房内バッフル閉塞によるうっ血性肝硬変から肝細胞癌を発症した完全大血管転位症の一例
増山 潔, 塚本 泰正, 世良 英子, 小澤 秀登, 成田 淳, 水野 裕八, 上野 高義, 小垣 滋豊, 山口 修, 坂田 泰史
日本成人先天性心疾患学会雑誌   6(1) 151-151   2017年1月
当院ACHD症例における肝硬度と中心静脈圧の検討
塚本 泰正, 大谷 朋仁, 世良 英子, 谷口 達典, 水野 裕八, 小垣 滋豊, 上野 高義, 山口 修, 澤 芳樹, 坂田 泰史
日本成人先天性心疾患学会雑誌   6(1) 116-116   2017年1月
心血管疾患におけるオートファジーの役割
山口 修
Therapeutic Research   38(1) 11-12   2017年1月
【二次性心筋症の臨床】 薬剤性心筋症
山口 修
循環器内科   81(1) 85-88   2017年1月
移植後悪性疾患の予防と治療 当院における心臓移植後悪性疾患の経験
塚本 泰正, 齋藤 俊輔, 世良 英子, 久保田 香, 木岡 秀隆, 大谷 朋仁, 山口 修, 戸田 宏一, 澤 芳樹, 坂田 泰史
移植   51(総会臨時) 200-200   2016年9月
早朝尿生化学検査は心不全初期治療に対する抵抗性を予測しうる
中村 憲史, 大谷 朋仁, 千村 美里, 仙石 薫子, Katsimichas Themis, 谷口 達典, 中本 敬, 塚本 泰正, 木岡 秀隆, 山口 修, 坂田 泰史
日本心臓病学会学術集会抄録   64回 P-092   2016年9月
大動脈弁置換術後生体弁機能不全に対してvalve-in-valve TAVIを行った一例
向井 隆, 市堀 泰裕, 大西 俊成, 木岡 秀隆, 大谷 朋仁, 山口 修, 前田 孝一, 鳥飼 慶, 倉谷 徹, 澤 芳樹, 中谷 敏, 坂田 泰史
日本心臓病学会学術集会抄録   64回 O-248   2016年9月
経カテーテル的大動脈弁留置術後の心エコー図指標の継時的変化
大西 俊成, 中谷 敏, 市堀 泰裕, 仙石 薫子, 溝手 勇, 木岡 秀隆, 大谷 朋仁, 山口 修, 前田 孝一, 鳥飼 慶, 倉谷 徹, 澤 芳樹, 坂田 泰史
日本心臓病学会学術集会抄録   64回 O-131   2016年9月
IFN治療後に肺高血圧と診断され、鑑別診断に苦慮した1例
土屋 ひろみ, 木岡 秀隆, 小津 賢太郎, 中本 敬, 塚本 泰正, 大谷 朋仁, 山口 修, 瀧原 圭子, 坂田 泰史
呼吸と循環   64(5) S60-S61   2016年5月
【超はやわかり!ナースが知っておきたい心筋症一問一答】 心筋症の診断はどのように行いますか?
山口 修
ハートナーシング   29(5) 498-500   2016年5月
【超はやわかり!ナースが知っておきたい心筋症一問一答】 心筋症にはどのような種類がありますか?
山口 修
ハートナーシング   29(5) 495-497   2016年5月
【超はやわかり!ナースが知っておきたい心筋症一問一答】 心筋症とはどのような疾患ですか?
山口 修
ハートナーシング   29(5) 494-494   2016年5月
感染性心内膜炎術後に肺高血圧をきたし、その原因検索に心エコーが有用であった一例
藤田 麻理子, 勝木 桂子, 森本 裕美子, 大西 俊成, 仙石 薫子, 大谷 朋仁, 戸田 宏一, 山口 修, 中谷 敏, 坂田 泰史
超音波医学   43(2) 358-358   2016年3月
ステロイド依存性の肥厚性骨関節症を合併した単心室症グレン術後の1例
塚本 泰正, 大谷 朋仁, 木岡 秀隆, 山口 修, 髭野 亮太, 高橋 邦彦, 小垣 滋豊, 坂田 泰史
日本成人先天性心疾患学会雑誌   5(1) 145-145   2016年1月
マージナルドナーからの提供臓器の活用によって早期に心臓移植を施行することができた高齢心臓移植レシピエントの一例
塚本 泰正, 木岡 秀隆, 大谷 朋仁, 齊藤 哲也, 山口 修, 戸田 宏一, 福嶌 教偉, 澤 芳樹, 坂田 泰史
日本心臓病学会学術集会抄録   63回 1154-1154   2015年9月
左房拡大による食道狭窄を背景として薬剤性食道潰瘍を生じた拡張相肥大型心筋症の一例
石原 里美, 中本 敬, 土屋 ひろみ, 伊藤 新平, 中村 憲史, 世良 英子, 塚本 泰正, 木岡 秀隆, 大谷 朋仁, 山口 修, 坂田 泰史
日本心臓病学会学術集会抄録   63回 850-850   2015年9月
当院での体外式左室補助人工心臓離脱症例の転帰
中本 敬, 塚本 泰正, 木岡 秀隆, 吉岡 大輔, 大谷 朋仁, 山口 修, 戸田 宏一, 澤 芳樹, 坂田 泰史
日本心臓病学会学術集会抄録   63回 603-603   2015年9月
感染性心内膜炎により僧帽弁・三尖弁の両弁輪部膿瘍および膿瘍の心嚢腔への穿破を来たした一例
仙石 薫子, 木岡 秀隆, 小津 賢太郎, 大西 俊成, 斉藤 俊輔, 大谷 朋仁, 山口 修, 戸田 宏一, 中谷 聡, 澤 芳樹, 坂田 泰史
日本心臓病学会学術集会抄録   63回 33-33   2015年9月