明石 修

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/05 10:49
 
アバター
研究者氏名
明石 修
 
アカシ オサム
所属
国立情報学研究所
部署
学術ネットワーク研究開発センタ
職名
特任教授
学位
博士(理学)(東京工業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2019年1月
 - 
現在
国立情報学研究所 学術ネットワーク研究開発センタ 特任教授
 
1989年4月
 - 
2018年12月
日本電信電話株式会社 ソフトウェア研究所,基礎研究所,未来ねっと研究所
 
2013年4月
 - 
2018年9月
首都大学東京 システムデザイン研究科・システムデザイン専攻 非常勤講師
 
1995年4月
 - 
1998年3月
慶應義塾大学 環境情報学部・総合政策学部 非常勤講師
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1989年3月
東京工業大学 大学院理工学研究科情報科学専攻 
 
1984年4月
 - 
1987年3月
東京工業大学 理学部 情報科学科
 
1983年4月
 - 
1984年3月
東京工業大学 I類 
 
1980年4月
 - 
1983年3月
静岡県立 静岡高校  
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
2018年3月
電子情報通信学会 情報指向ネットワーク技術時限研究会  幹事
 
2017年
 - 
2017年
IEEE/IFIP Intʼl Symposium on Integrated Network Management (IM 2017)  Technical Program Committee
 
2015年9月
 - 
2016年8月
電子情報通信学会 英文論⽂誌小特集編集委員会, Special Section on Inter net Architectures and Management Methods that Enable Flexible an d Secure Deployment of Network Services  編集委員長
 
2016年4月
 - 
2017年3月
電⼦情報通信学会 英文論文誌小特集編集委員会, Special Section on Infor mation Centric Networking: Paradigms, Technologies, and Applicatio ns  編集幹事
 
2016年
 - 
2016年
IEEE/IFIP Network Operation & Management Symposium (NOMS 2016)  Technical Program Committee
 
2016年
 - 
2016年
IEEE/IFIP Intʼl Workshop on Management of the Future Internet (ManFI 2016)  Technical Program Committee
 
2011年6月
 - 
2015年6月
日本ソフトウェア科学会  理事
 
2015年
 - 
2015年
IEEE/IFIP, Intʼl Symposium on Integrated Network Management (IM 2015)  Technical Program Committee
 
2014年
 - 
2014年
IEEE/IFIP Intʼl Workshop on Future Network Management (ManFI 2014)  Technical Program Committee
 
2014年
 - 
2014年
IEEE/IFIP Network Operation & Management Symposium (NOMS 2014)  Technical Program Committee
 

受賞

 
2017年
IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM), Best Paper Award A Tensor Based Deep Learning Technique for Intelligent Packet Routing
受賞者: B. Mao, Z. Md. Fadlullah, F. Tang, N. Kato, O. Akashi, T. Inoue, and K. Mizutani
 
2015年
日本ソフトウェア科学会 第21回論文賞 Stable Load Balancing with Overlapping ID-space Management in Range-based Structured Overlay Networks
受賞者: 水谷后宏, 井上武, 間野暢, 明石修,松浦知史, 藤川和利
 
2016年
IEEE International Conference on Communications Best Paper Award A Mobility-Based Mode Selection Technique for Fair Spatial Dissemination of Data in Multi-Channel Device-to- Device Communication
受賞者: H. Kuribayashi, K. Suto, H. Nishiyama, N. Kato, K. Mizutani, T. Inoue, and O. Akashi
 
2014年
電子情報通信学会 2014年度情報通信マネジメント研究賞 構造化オーバーレイを用いた大規模分散計算基盤の実装と基礎評価
受賞者: 水谷后宏, 間野暢, 明石修, 福田健介
 
2014年
電子情報通信学会 2014年度情報ネットワーク研究賞 MDDを用いたSDNグローバルビューのためのパケット分類手法
受賞者: 井上武, 間野暢, 水谷后宏, 湊真一, 明石修
 

論文

 
Kohei Watabe,Toru Mano,Takeru Inoue,Kimihiro Mizutani,Osamu Akashi,Kenji Nakagawa
IEICE Transactions   102-B(1) 76-87   2019年   [査読有り]
Takeru Inoue,Toru Mano,Kimihiro Mizutani,Shin-ichi Minato,Osamu Akashi
Computer Communications   116 101-117   2018年   [査読有り]
Fengxiao Tang,Bomin Mao,Zubair Md. Fadlullah,Nei Kato,Osamu Akashi,Takeru Inoue,Kimihiro Mizutani
IEEE Wireless Commun.   25(1) 154-160   2018年   [査読有り]
Bomin Mao,Fengxiao Tang,Zubair Md. Fadlullah,Nei Kato,Osamu Akashi,Takeru Inoue,Kimihiro Mizutani
IEEE Wireless Commun.   25(4) 74-81   2018年   [査読有り]
Zubair Md. Fadlullah,Fengxiao Tang,Bomin Mao,Array,Osamu Akashi,Takeru Inoue,Kimihiro Mizutani
IEEE Communications Surveys and Tutorials   19(4) 2432-2455   2017年   [査読有り]
Zubair Md. Fadlullah,Fengxiao Tang,Nei Kato,Osamu Akashi,Takeru Inoue,Kimihiro Mizutani
IEEE Trans. Computers   66(11) 1946-1960   2017年   [査読有り]
Richard Chen,Kimihiro Mizutani,Hisashi Nagata,Osamu Akashi
IEEE Trans. Network and Service Management   14(4) 1113-1127   2017年   [査読有り]
Nei Kato,Zubair Md. Fadlullah,Bomin Mao,Fengxiao Tang,Osamu Akashi,Takeru Inoue,Kimihiro Mizutani
IEEE Wireless Commun.   24(3) 146-153   2017年   [査読有り]
Bomin Mao,Zubair Md. Fadlullah,Fengxiao Tang,Nei Kato,Osamu Akashi,Takeru Inoue,Kimihiro Mizutani
2017 IEEE Global Communications Conference, GLOBECOM 2017, Singapore, December 4-8, 2017   1-6   2017年   [査読有り]
Kohei Watabe,Toru Mano,Kimihiro Mizutani,Osamu Akashi,Kenji Nakagawa,Takeru Inoue
37th IEEE International Conference on Distributed Computing Systems, ICDCS 2017, Atlanta, GA, USA, June 5-8, 2017   2636-2637   2017年   [査読有り]