Osamu Uehara

J-GLOBAL         Last updated: Oct 8, 2019 at 02:25
 
Avatar
Name
Osamu Uehara
Affiliation
Health Sciences University of Hokkaido
Section
School of Dentistry

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Toraya S, Uehara O, Hiraki D, Harada F, Neopane P, Morikawa T, Takai R, Yoshida K, Matsuoka H, Kitaichi N, Chiba I, Abiko Y
Odontology      May 2019   [Refereed]
Islam S, Muthumala M, Matsuoka H, Uehara O, Kuramitsu Y, Chiba I, Abiko Y
Current oncology reports   21(6) 53   Apr 2019   [Refereed]
Neopane P, Paudel D, Yoshida K, Raj Adhikari B, Morikawa T, Onishi A, Hiraki D, Uehara O, Sato J, Nishimura M, Chiba I, Abiko Y
Acta histochemica et cytochemica   52(2) 35-43   Apr 2019   [Refereed]
Kondo Y, Ito S, Uehara O, Kurashige Y, Fujita Y, Saito T, Saitoh M
Dental materials : official publication of the Academy of Dental Materials   35(5) 673-685   Mar 2019   [Refereed]
Immunohistochemical Localization of RNase 7 in Normal and Inflamed Oral Epithelia and Salivary Glands(和訳中)
Neopane Puja, Paudel Durga, Yoshida Koki, Adhikari Bhoj Raj, Morikawa Tetsuro, Onishi Aya, Hiraki Daichi, Uehara Osamu, Sato Jun, Nishimura Michiko, Chiba Itsuo, Abiko Yoshihiro
Acta Histochemica et Cytochemica   52(2) 35-43   Apr 2019
Islam S, Abiko Y, Uehara O, Chiba I
Oncology letters   17(1) 729-738   Jan 2019   [Refereed]
クルクミンがアレコリン誘発性マトリックスプロテアーゼに与える影響
森川 哲郎, 植原 治, 平木 大地, 虎谷 斉子, Neopane Puja, Paudel Durga, 原田 文也, 高井 理衣, 吉田 光希, 永易 裕樹, 千葉 逸朗, 安彦 善裕
日本口腔検査学会雑誌   11(1) 25-30   Mar 2019
目的:口腔がんは、南アジアおよび東南アジアで高頻度に発症するがんである。口腔がんやその前がん病変である白板症や粘膜下線維症はベテル噛みに起因していることが明らかになっている。本研究ではCurcumin(Cur)によるArecoline(Are)誘発性MMP-2、MMP-9の産生抑制効果について検討した。方法:ヒト歯肉上皮前駆細胞(HGEP)をAreとCurを3日毎に添加し、30日間培養した。HGEPからRNAを抽出し遺伝子発現解析を行った。細胞培養上清中のMMP-2、MMP-9をZymog...
Kuhara K, Tokuda K, Kitagawa T, Baron B, Tokunaga M, Harada K, Terasaki M, Uehara O, Ohta T, Takai R, Hamada JI, Kobayashi M, Shimo T, Nagayasu H, Kuramitsu Y
Anticancer research   38(11) 6107-6111   Nov 2018   [Refereed]
Harada F, Uehara O, Morikawa T, Hiraki D, Onishi A, Toraya S, Adhikari BR, Takai R, Yoshida K, Sato J, Nishimura M, Chiba I, Wu CZ, Abiko Y
Medical molecular morphology   51(3) 156-165   Sep 2018   [Refereed]
Porphyromonas gingivalis由来リポ多糖類の全身投与がマウス腎内遺伝子発現に及ぼす影響(Effect of systemic administration of lipopolysaccharides derived from Porphyromonas gingivalis on gene expression in mice kidney)
Harada Fumiya, Uehara Osamu, Morikawa Tetsuro, Hiraki Daichi, Onishi Aya, Toraya Seiko, Adhikari Bhoj Raj, Takai Rie, Yoshida Koki, Sato Jun, Nishimura Michiko, Chiba Itsuo, Wu Ching Zong, Abiko Yoshihiro
Medical Molecular Morphology   51(3) 156-165   Sep 2018
急性炎症による影響を受けないマウスモデルを用いて、Porphyromonas gingivalis由来リポ多糖類(PG-LPS)が腎臓に及ぼす影響について調査した。本検討では、PG-LPSを3日ごとに1ヵ月間腹腔内投与を行い、DNAマイクロアレイによる遺伝子発現特性の網羅的解析を行った。その結果、PG-LPSで刺激されたマウス腎内に10種類の遺伝子が高発現していることが観察され、うち5種類の遺伝子(Saa3、Ticam2、Reg3b、Ocxt2aおよびXcrl)の作用は既報で報告済みの作用...

Conference Activities & Talks

 
Involvement of DUSP4 in betel-quid related oral cancer(和訳中)
森川 哲郎, Adhikari Bhoj Raj, 植原 治, 平木 大地, 大西 綾, 吉田 光希, 佐藤 惇, 西村 学子, 千葉 逸朗, 安彦 善裕
日本病理学会会誌   Apr 2019   
マウス海馬のP.gingivalis由来LPS投与による遺伝子発現の網羅的解析
森川 哲郎, 植原 治, 原田 文也, Durga Paudel, 大西 綾, 平木 大地, 宇津宮 雅史, 吉田 光希, 佐藤 惇, 西村 学子, 安彦 善裕
日本口腔診断学会雑誌   Feb 2019   
抗リン脂質抗体とベーチェット病との関連性(he association of anti-phospholipid antibody with Behcet's disease)
Mori Mari, Nagasawa Toshiyuki, Uehara Osamu, Kato Satsuki, Sato Izuru, Namba Kenichi, Tsutsumi Masayuki, Kitaichi Nobuyoshi, Furuichi Yasushi
日本歯周病学会会誌   Dec 2018   
マウス海馬のP.gingivalis由来LPS投与による遺伝子発現の網羅的解析
森川 哲郎, 植原 治, 原田 文也, Paudel Durga, 大西 綾, 平木 大地, 宇津宮 雅史, 吉田 光希, 佐藤 惇, 西村 学子, 安彦 善裕
日本口腔内科学会雑誌   Dec 2018   
歯周病原細菌が膵がんに与える影響
植原 治, 平木 大地, 藏滿 保宏, 虎谷 斉子, 安彦 善裕, 千葉 逸朗
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   Oct 2018