小塩真司

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/28 08:13
 
アバター
研究者氏名
小塩真司
 
オシオ アツシ
URL
http://www.f.waseda.jp/oshio.at/index.html
所属
早稲田大学
部署
文学学術院
職名
教授
学位
博士(教育心理学)(名古屋大学)
Twitter ID
oshio_at
ORCID ID
0000-0002-2936-2916

プロフィール

名古屋大学大学院教育学研究科博士課程後期課程 修了,博士(教育心理学) (名古屋大学) 
2001(平成13)年10月より中部大学人文学部講師
2003(平成15)年4月より 同 助教授
2007(平成19)年4月より 同 准教授
2012(平成24)年4月より 早稲田大学文学学術院(文化構想学部) 准教授
2014(平成26)年4月より 同 教授

専門:パーソナリティ心理学,発達心理学

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
早稲田大学 文学学術院
 
2001年10月
 - 
2012年3月
中部大学
 

受賞

 
2016年9月
日本パーソナリティ心理学会 日本パーソナリティ心理学会奨励論文賞
受賞者: 上野雄己・小塩真司
 
2009年1月
日本パーソナリティ心理学会 優秀大会発表賞
 

論文

 
Abe Shingo, Oshio Atsushi
SAGE OPEN   8(2)    2018年6月   [査読有り]
上野 雄己, 小塩 真司, 陶山 智
パーソナリティ研究   26(3) 287-290   2018年   [査読有り]
<p>This study investigated the influence of the combination of an athlete's big five personality traits and athletic event (individual/group event) regarding competitive level. A questionnaire survey was conducted with university athletes (N</i...
増井 啓太, 下司 忠大, 澤田 匡人, 小塩 真司
心研   88(6) 566-573   2018年   [査読有り]
<p>The purpose of this study was to develop the Japanese version of the Dispositional Greed Scale (J-DGS), and to examine its reliability and validity. The participants in this study were Japanese university students (N = 856). The principa...
橋本 泰央, 小塩 真司
パーソナリティ研究   26(3) 294-296   2018年   [査読有り]
<p>This study investigated the relationships between interpersonal traits (Nurturance and Dominance) measured by the Interpersonal Circumplex (IPC) model and Big Five personality traits. As hypothesized, a meta-analysis revealed that the angular l...
陶山 智, 藤田 主一, 小塩 真司, 大束 忠司
応用心理学研究 = Japanese journal of applied psychology   43(2) 134-143   2017年11月   [査読有り]
向井 智哉, 三枝 高大, 小塩 真司
法と心理   17(1) 86-94   2017年10月   [査読有り]
上野 雄己, 三枝 高大, 小塩 真司, 中澤 史
法政大学スポーツ研究センター紀要 = Bulletin of Sports Research Center, Hosei University   (35) 27-32   2017年3月   [査読有り]
本研究では、スポーツ競技者を対象とした、二分法的思考と心理的健康、成長感との関連を検討することを目的とする。調査対象者は、大学の体育会運動部に所属する学生154名(男性54名、女性100名、平均年齢19.4歳、SD=1.2)であり、質問紙を用いた調査を行った。分析の結果から、二分法的思考尺度の下位尺度である二分法的信念はバーンアウト傾向との間で正の関連、自尊感情と部活動適応感、競技的成長感、人間的成長感との間で負の関連、損得思考では自尊感情と部活動適応感との間で正の関連が示された。一方で、...
大久保 智生, 小塩 真司, 岸野 麻衣, 篠ヶ谷 圭太
教育心理学年報   56(0) 250-255   2017年   [査読有り][招待有り]
上野 雄己, 三枝 高大, 小塩 真司
Journal of Health Psychology Research   30(1) 35-44   2017年   [査読有り]
<p>Correlations between factors characteristic of competitive sports (athletic events and competitive levels) and dichotomous thinking were investigated. A questionnaire survey was conducted with university students in university athletic clubs (N...
下司 忠大, 小塩 真司
パーソナリティ研究   26(1) 12-22   2017年   [査読有り]
<p>マキャベリアニズム,自己愛傾向,サイコパシー傾向の3特性は社会的に嫌われやすい特性であることから"Dark Triad"と総称される。海外では少数項目のDark Triad尺度としてDark Triad Dirty Dozen(DTDD)とShort Dark Triad(SD3)が作成されているが,DTDDは日本語版(DTDD-J)が作成されているものの,SD3は日本語版が作成されていない。本研究の目的は日本語版SD3(SD3-J)を作成し,その信頼性・妥当性を検討することであった...
小塩 真司, 脇田 貴文, 岡田 涼, 並川 努, 茂垣 まどか
発達心理学研究 = The Japanese journal of developmental psychology   27(4) 299-311   2016年12月   [査読有り][招待有り]
橋本 泰央, 小塩 真司
心理学研究   87(4) 395-404   2016年10月   [査読有り]
上野 雄己, 小塩 真司, Yuki UENO, Atsushi OSHIO, 桜美林大学大学院国際学研究科・日本学術振興会特別研究員 DC1, 早稲田大学文学学術院, Graduate School of International Studies J. F. Oberlin University ・ Research Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science (DC1), Faculty of Letters Arts and Sciences Waseda University
心理学研究 : 健康心理学専攻・臨床心理学専攻 = Study of psychology : health psychology and clinical psychology   6 95-103   2016年3月   [査読有り]
大久保 智生, 小塩 真司, 岸野 麻衣, 篠ヶ谷 圭太
教育心理学年報 = The annual report of educational phychology in Japan   56 250-255   2016年   [査読有り][招待有り]
橋本 泰央, 小塩 真司
心研   87(4) 395-404   2016年   [査読有り]
This study was used to develop a Japanese version of the International Personality Item Pool-Interpersonal Circumplex and examined its reliability and validity. Participants included 625 Japanese university students. They completed the IPIP-IPC-J ...
下司 忠大, 小塩 真司
パーソナリティ研究   24(3) 179-189   2016年   [査読有り]
自己愛の下位側面としての特権意識は誇大型特権意識と過敏型特権意識とに分けられると考えられる。また,それらとは特徴の異なる特権意識として心理的特権意識(Campbell, Bonacci, Shelton, Exline, & Bushman, 2004)がある。本研究では心理的特権意識,誇大型特権意識,過敏型特権意識の共通点や相違点を検討することを目的とした。調査対象者はインターネット調査の回答者941名および質問紙調査の回答者174名であった。二分法的思考,他者軽視,自尊感情,Big F...
Kanako Taku, Atsushi Oshio
Personality and Individual Differences   86 156-160   2015年11月   [査読有り]
Oshio Atsushi, Taku Kanako, Hirano Mari, Saeed Gul
PERSONALITY AND INDIVIDUAL DIFFERENCES   127 54-60   2018年6月   [査読有り]
Ishikawa Haruyuki, Mieda Takahiro, Oshio Atsushi, Koshikawa Fusako
MINDFULNESS   9(2) 556-563   2018年4月   [査読有り]
Jonason Peter K., Oshio Atsushi, Shimotsukasa Tadahiro, Mieda Takahiro, Csatho Arpad, Sitnikova Maria
PERSONALITY AND INDIVIDUAL DIFFERENCES   120 102-106   2018年1月   [査読有り]
Jonason Peter K., Sitnikova Maria, Oshio Atsushi
PERSONALITY AND INDIVIDUAL DIFFERENCES   120 107-111   2018年1月   [査読有り]
Yamaguchi Ayano, Kim Min-Sun, Oshio Atsushi, Akutsu Satoshi
PERSONALITY AND INDIVIDUAL DIFFERENCES   116 240-245   2017年10月   [査読有り]
Jonason Peter K., Foster Joshua D., Egorova Marina S., Parshikova Oksana, Csatho Arpad, Oshio Atsushi, Gouveia Valdiney V.
FRONTIERS IN PSYCHOLOGY   8    2017年8月   [査読有り]
上野 雄己, 小塩 真司, Yuki UENO, Atsushi OSHIO, 桜美林大学大学院国際学研究科・日本学術振興会, 早稲田大学文学学術院, Graduate School of International Studies J. F. Oberlin University・Japan Society for the Promotion of Science, School of Letters Arts and Sciences Waseda University
心理学研究 : 健康心理学専攻・臨床心理学専攻 = Study of psychology : health psychology and clinical psychology   5 75-89   2015年3月   [査読有り]
髙坂 康雅, 小塩 真司
発達心理学研究   26(3) 225-236   2015年   [査読有り]
本研究の目的は,髙坂(2011)が提示した青年期における恋愛様相モデルにもとづいた恋愛様相尺度を作成し,信頼性・妥当性を検証することであった。18~34歳の未婚異性愛者750名を対象に,恋愛様相尺度暫定項目,アイデンティティ,親密性,恋愛関係満足度,結婚願望,恋愛関係の影響などについて,インターネット調査を実施し,回答を求めた。高次因子分析モデルによる確証的因子分析を行ったところ,高次因子「愛」から「相対性―絶対性」因子,「所有性―開放性」因子,「埋没性―飛躍性」因子にパスを引き,各因子か...
上野 雄己, 小塩 真司
パーソナリティ研究   24(2) 151-154   2015年   [査読有り]
This study investigated the dual processing model of psychological resilience among university athletes. Participants were 162 university athletes (male=55, female=107, mean age=19.7, SD=1.2), who were asked to complete a questionnaire cont...
Namikawa Tsutomu, Hiki Naoki, Kinami Shinichi, Okabe Hiroshi, Urushihara Takashi, Kawahira Hiroshi, Fukushima Norimasa, Kodera Yasuhiro, Yumiba Takeyoshi, Oshio Atsushi, et al.
Gastric Cancer   18(2) 397-406   2014年4月   [査読有り]
Nakada Koji, Matsuhashi Nobuyuki, Iwakiri Katsuhiko, Oshio Atsushi, Joh Takashi, Higuchi Kazuhide, Haruma Ken
WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   23(28) 5216-5228   2017年7月   [査読有り]
Nakada Koji, Matsuhashi Nobuyuki, Joh Takashi, Higuchi Kazuhide, Iwakiri Katsuhiko, Oshio Atsushi, Haruma Ken
GASTROENTEROLOGY   152(5) S468   2017年4月   [査読有り]
Atsushi Oshio, Shingo Abe, Pino Cutrone, Samuel D. Gosling
Cross-Language Evidence for Content Validity   35(4) 236-244   2014年1月   [査読有り]
THE INFLUENCE OF DEPRESSION AND ANXIETY STATUS ON THE THERAPEUTIC EFFICACY OF PPI ON THE GERD AND FD SYMPTOMS. NEW INSIGHTS BY THE CROSS-LAGGED EFFECTS MODEL
Nakada Koji, Matsuhashi Nobuyuki, Joh Takashi, Higuchi Kazuhide, Iwakiri Katsuhiko, Oshio Atsushi, Haruma Ken
GASTROENTEROLOGY   152(5) S467-S468   2017年4月   [査読有り]
Nakada Koji, Takahashi Masazumi, Ikeda Masami, Kinami Shinichi, Yoshida Masashi, Uenosono Yoshikazu, Kawashima Yoshiyuki, Nakao Sayumi, Oshio Atsushi, Suzukamo Yoshimi, Terashima Masanori, Kodera Yasuhiro
WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   22(40) 8978-8990   2016年10月   [査読有り]
Mirhaghi Amir, Mirhaghi Maryam, Oshio Atsushi, Sarabian Saeid
EURASIAN JOURNAL OF EMERGENCY MEDICINE   15(3) 144-149   2016年9月   [査読有り]
Sutin Angelina R., Stephan Yannick, Luchetti Martina, Artese Ashley, Oshio Atsushi, Terracciano Antonio
JOURNAL OF RESEARCH IN PERSONALITY   63 22-28   2016年8月   [査読有り]
Akutsu Satoshi, Yamaguchi Ayano, Kim Min-Sun, Oshio Atsushi
FRONTIERS IN PSYCHOLOGY   7    2016年5月   [査読有り]
Matsuhashi Nobuyuki, Kudo Mineo, Yoshida Norimasa, Murakami Kazunari, Kato Mototsugu, Sanuki Tsuyoshi, Oshio Atsushi, Joh Takashi, Higuchi Kazuhide, Haruma Ken, Nakada Koji
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   50(12) 1173-1183   2015年12月   [査読有り]
川本 哲也, 小塩 真司, 阿部 晋吾
発達心理学研究   26(2) 107-122   2015年6月   [査読有り]
小塩 真司, 清原 昭子, 福井 充
行動科学   53(2) 97-110   2015年3月   [査読有り]
小塩 真司
心理学ワールド   (68) 13-16   2015年1月   [招待有り]
Ayame Tamura, Atsushi Oshio, Keisuke Tanaka, Keita Masui, Peter K. Jonason
The Japanese Journal of Personality   24(1) 26   2015年   [査読有り]
Ryo Okada, Atsushi Oshio, Madoka Mogaki, Takafumi Wakita, Tsutomu Namikawa
The Japanese Journal of Personality   24(1) 49   2015年   [査読有り]
Nakada Koji, Ikeda Masami, Takahashi Masazumi, Kinami Shinichi, Yoshida Masashi, Uenosono Yoshikazu, Kawashima Yoshiyuki, Oshio Atsushi, Suzukamo Yoshimi, Terashima Masanori, et al.
Gastric Cancer      2014年2月   [査読有り]
佐藤 友美, 小塩 真司, ハラデレック 裕子, 林 芳孝, , ハヤシ ヨシタカ, , Hayashi Yoshitaka, 間宮 基文, , マミヤ モトフミ, , Mamiya Motofumi
中部大学教育研究   (14) 67-73   2014年
佐藤 友美, 小塩 真司, ハラデレック 裕子
中部大学教育研究   (14) 67-73   2014年
小塩 真司
日本生涯教育学会年報   (35) 3-16   2014年   [査読有り][招待有り]
大隅 香苗, 小塩 真司
青年心理学研究   25(2) 181-186   2014年   [査読有り]
小塩 真司, 岡田 涼, 茂垣 まどか, 並川 努, 脇田 貴文
教育心理学研究   62(4) 273-282   2014年   [査読有り]
 本研究では, 日本で測定されたRosenberg(1965)の自尊感情尺度の平均値に与える調査対象者の年齢段階や調査年の要因を検討するために, 時間横断的メタ分析を試みた。1980年から2013年までに日本で刊行された査読誌に掲載された論文のうち256研究を分析の対象とした。全サンプルサイズは48,927名であった。重回帰分析の結果, 調査対象者の年齢段階と調査年がともに, 自尊感情の平均値に影響を及ぼすことが明らかにされた。年齢段階に関しては, 大学生を基準として, 調査対象者が中高生...
清水 健司, 中山 留美子, 小塩 真司
人文科学論集. 人間情報学科編   (47) 53-67   2013年3月
大隅 香苗, 小塩 真司, 小倉 正義, 渡邉 賢二, 大崎 園生, 平石 賢二
青年心理学研究   24(2) 125-136   2013年2月   [査読有り]
The purpose of this study is to explore factors which affect the degree and change of freshmen's sense of adjustment to university during the first 6 month. Investigations on freshmen were performed three times (April, July, October, 2007) . Parti...
佐藤 友美, 小塩 真司, ハラデレック 裕子, 林 芳孝, , ハヤシ ヨシタカ, , Hayashi Yoshitaka, 間宮 基文, , マミヤ モトフミ, , Mamiya Motofumi
中部大学教育研究   (13) 43-49   2013年
西垣 景太, 小塩 真司
東海保健体育科学   34 23-32   2012年   [査読有り]
小塩 真司
早稲田大学大学院文学研究科紀要. 第1分冊   58 5-19   2012年   [査読有り]
桐山 雅子, 小塩 真司, 願興寺 礼子, 佐藤 枝里, , サトウ エリ, , Sato Eri
中部大学教育研究   (12) 91-98   2012年
小塩 真司, ハラデレック 裕子, 林 芳孝, 間宮 基文, , マミヤ モトフミ, , Mamiya Motofumi, 後藤 俊夫, , ゴトウ トシオ, , Goto Toshio
中部大学教育研究   (12) 105-110   2012年
質問紙によるレジリエンスの測定—妥当性の観点から—
小塩真司
臨床精神医学   41 151-156   2012年   [査読有り][招待有り]
Dichotomous thinking leads to entity theories of human ability.
小塩真司
Psychology Research   2 369-375   2012年   [査読有り]
小塩真司・阿部晋吾・カトローニ ピノ
パーソナリティ研究   21 40-52   2012年   [査読有り]
Eating disorders, body image, and dichotomous thinking among Japanese and Russian college women.
Oshio, A. & Meshkova, T.
Health   4 392-399   2012年   [査読有り]
小塩真司
Social Behavior and Personality: An International Journal   40 567-574   2012年   [査読有り]
拡がる世界、狭まる視界 ―適応方略の不合理性、不合理な心性の合理性―
金政祐司・相馬敏彦・小塩真司・結城雅樹・橋本 剛
対人社会心理学研究   12 1-22   2012年   [査読有り]
小塩 真司, ハラデレック 裕子, 林 芳孝, 間宮 基文, , マミヤ モトフミ, , Mamiya Motofumi
中部大学教育研究   (11) 49-54   2011年
小塩 真司, 佐藤 枝里, 願興寺 礼子, 桐山 雅子, , キリヤマ マサコ, , Kiriyama Masako
中部大学教育研究   (11) 23-27   2011年
小塩 真司, 吉住 隆弘, 佐藤 枝里, 願興寺 礼子, , ガンコウジ レイコ, , Gankoji Reiko, 桐山 雅子, , キリヤマ マサコ, , Kiriyama Masako
中部大学教育研究   (10) 47-53   2010年
小塩 真司
中部大学教育研究   (10) 105-108   2010年
小塩 真司
青年心理学研究   21(0) 121-125   2009年
小塩 真司, 吉住 隆弘, 佐藤 枝里, 願興寺 礼子, , ガンコウジ レイコ, , Gankoji Reiko, 桐山 雅子, , キリヤマ マサコ, , Kiriyama Masako
中部大学教育研究   (9) 23-28   2009年
変容確認法が捉えるもの―白井論文へのコメント―
小塩真司
青年心理学研究   21 121-125   2009年   [査読有り]
Matsumoto, A., Miyazaki, S., Hayakawa, C., Komori, T., Nakamura, M., & Oshio, A.
Epilepsy Research   86 175-182   2009年   [査読有り]
小塩真司
Social Behavior and Personality: An International Journal   37 729-742   2009年   [査読有り]
小塩真司, 西野拓朗, 速水敏彦
パーソナリティ研究   17(3) 250-260   2009年
本研究の目的は,他者軽視および顕在的自尊感情と,潜在連合テスト (Implicit Association Test; IAT) によって測定された潜在的自尊感情との関連を検討することによって,仮想的有能感の特徴を明らかにすることであった。研究1では大学生119名に対し,紙筆版の潜在連合テストによって潜在的自尊感情を測定し,顕在的自尊感情尺度,他者軽視に基づく仮想的有能感尺度を実施した。また研究2では,大学生155名を対象に,パーソナルコンピュータ上の潜在連合テストによって潜在的自尊感情を...
小塩真司, 願興寺礼子, 桐山雅子
人文学部研究論集   19 53-66   2008年10月
小塩 真司, 願興寺 礼子, 桐山 雅子
中部大学教育研究   (8) 7-13   2008年
小塩 真司, 願興寺 礼子, 桐山 雅子
学生相談研究   28(2) 134-142   2007年11月
小塩真司
人文学部研究論集   18 19-33   2007年7月
小平英志, 小塩真司, 速水敏彦
パーソナリティ研究   15(2) 217-227   2007年
本研究の目的は,対人関係で経験される抑鬱感情と敵意感情に焦点を当て,仮想的有能感と日常の感情経験との関連を検討することであった。調査1では,仮想的有能感尺度および自尊感情尺度が実施された。続く調査2では,大学生445名(男性238名,女性207名)を対象に,1日のうち印象に残っている対人関係上の出来事とそれに対する抑鬱感情・敵意感情を7日間に渡って記入するように求めた。その結果,他者軽視傾向が強く自尊感情の低い『仮想型』が,抑鬱感情,敵意感情の両方を強く感じていること示された。また,7日間...
脇田 貴文, 小塩 真司, 願興寺 礼子, 桐山 雅子
人文学部研究論集   17 123-128   2007年1月
小塩 真司, 願興寺 礼子, 桐山 雅子
人文学部研究論集   17 109-121   2007年1月
中間 玲子, 小塩 真司
福島大学研究年報   3 1-10   2007年
小塩 真司
教育心理学年報   46(0) 55-63   2007年
小平 英志, 小塩 真司, 速水 敏彦
パーソナリティ研究   15(2) 217-227   2007年
本研究の目的は,対人関係で経験される抑鬱感情と敵意感情に焦点を当て,仮想的有能感と日常の感情経験との関連を検討することであった。調査1では,仮想的有能感尺度および自尊感情尺度が実施された。続く調査2では,大学生445名(男性238名,女性207名)を対象に,1日のうち印象に残っている対人関係上の出来事とそれに対する抑鬱感情・敵意感情を7日間に渡って記入するように求めた。その結果,他者軽視傾向が強く自尊感情の低い『仮想型』が,抑鬱感情,敵意感情の両方を強く感じていること示された。また,7日間...
小塩 真司, 桐山 雅子, 願興寺 礼子
学生相談研究   27(2) 138-148   2006年11月
遠山孝司, 小塩真司, 内田敏夫, 西口利文
人文学部研究論集   16 115-128   2006年7月
小塩真司
人文学部研究論集   16 55-69   2006年7月
小塩真司
青年心理学研究   (17) 57-61   2006年
小平 英志, 小塩 真司
人文学部研究論集   15 43-49   2006年1月
小塩 真司, 願興寺 礼子, 桐山 雅子
中部大学教育研究   (6) 87-92   2006年
小塩真司
人文学部研究論集   14 183-190   2005年7月
水野りか, 松井孝雄, 小塩真司, 西口利文
人文学部研究論集   14 1-26   2005年7月
小塩真司, 小平英志
人文学部研究論集   13 37-54   2005年
小塩 真司, 願興寺 礼子, 桐山 雅子
中部大学教育研究   (5) 15-24   2005年
小塩 真司
中部大学教育研究   (5) 99-102   2005年
小塩真司
人文学部研究論集   12 67-78   2004年7月
小塩真司
人文学部研究論集   11 81-90   2004年

Misc

 
小塩 真司
教育と医学   60(7) 616-623   2012年7月
小塩 真司
児童心理   67(8) 673-679   2013年6月
小塩 真司
児童心理   68(4) 275-281   2014年3月
小塩 真司
児童心理   69(10) 806-812   2015年7月
小塩 真司
児童心理   64(4) 367-373   2010年3月
小塩 真司
児童心理   64(2) 239-245   2010年2月
小塩 真司
児童心理   64(1) 111-117   2010年1月
小塩 真司
児童心理   63(17) 1699-1705   2009年12月
小塩 真司
児童心理   63(16) 115-121   2009年11月
小塩 真司
アリーナ   (4) 499-501   2007年
小塩 真司
児童心理   59(4) 310-314   2005年3月

書籍等出版物

 
小塩 真司
日本経済新聞出版社   2018年9月   ISBN:4532263840
小塩 真司
東京図書   2018年7月   ISBN:4489022913
小塩 真司
ちとせプレス   2016年9月   ISBN:4908736014
ナカニシヤ出版   2015年7月   ISBN:4779509068

講演・口頭発表等

 
小塩 真司
日本青年心理学会大会発表論文集   2015年   
小塩 真司, 茂垣 まどか, 岡田 涼, 並川 努, 脇田 貴文, 中間 玲子, 岡田 努
日本教育心理学会総会発表論文集   2015年   
高坂 康雅, 千島 雄太, 木戸 彩恵, 小塩 真司
日本教育心理学会総会発表論文集   2015年   
小塩 真司
日本教育心理学会総会発表論文集   2012年11月5日   
林 秀樹, 小塩 真司, 辻 大樹, 井上 和幸, 内野 智信, 小菅 和仁, 宮嵜 靖則, 山田 浩, 伊藤 邦彦, 賀川 義之
日本医療薬学会年会講演要旨集   2012年10月10日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
パーソナリティの生涯発達に関する総合的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 小塩真司
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 小塩 真司
本研究は,ものごとを「白と黒」「善と悪」「勝者と敗者」のように中間を排除した二種類のいずれかとして二項対立でとらえる二分法的思考が適応・不適応にどのように関わるかを解明することを目的としている。平成25年度においては,二分法的思考と適応・不適応の指標となる諸変数との関連を探索的に検討した。特に,外的な問題行動として敵意や攻撃行動との関連を検討した。全国の大学生を対象としたインターネット調査を行い,男性371名,女性429名,計800名から回答を得た。平均年齢は20.0歳であった。使用した尺...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 小塩 真司
二分法的思考とは,ものごとを白と黒,善と悪など極端な二項対立として捉える思考態度である。本研究では,この二分法的思考の基本的な性質を明らかにし,変容の可能性を探ることを目的とした。二分法的思考の持ち主は能力を固定的なものととらえ,歪んだ身体イメージや摂食障害傾向に関連し,パーソナリティ障害傾向に関連することが明らかにされた。また,ディベートの授業において二分法的思考の変容の可能性が検討された。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 小塩 真司
青年期は自己の再構成が重要な課題であり,児童期までにいったん確立された自己の構造が大きく変化する時期であると言われている。そしてそのような自己の再構成の時期には,自己愛的な状態に陥りやすいことが指摘されている。このような自己愛的な人格を中心とした青年期の心理的特徴を探ることが本研究の目的である。第1に,自己愛傾向と自尊感情が,集団での活動の自他評定に対してどのような影響を及ぼしているのかを検討した。実際に数名の集団活動を行う授業内で調査を実施し,一連の授業のほぼ終了時に調査を行った。調査で...