白川治

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/28 15:43
 
アバター
研究者氏名
白川治
 
シラカワ オサム
eメール
sirakawamed.kindai.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/40243307.ja.html
所属
近畿大学
部署
医学部精神神経科学教室
職名
教授
学位
医学博士(神戸大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年7月
   
 
近畿大学 医学部 教授
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1986年3月
神戸大学大学院医学研究科  
 
1974年4月
 - 
1980年3月
神戸大学 医学部 
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本うつ病センター  理事
 
2013年4月
 - 
現在
先進医薬研究振興財団  評議員
 
2012年4月
 - 
現在
大阪府  自殺対策審議会委員
 
2011年6月
 - 
現在
メンタルヘルス岡本記念財団  評議員
 
2008年4月
 - 
現在
大阪狭山市  医療扶助審議会委員
 

論文

 
Yamaki N, Otsuka I, Numata S, Yanagi M, Mouri K, Okazaki S, Boku S, Horai T, Ohmori T, Shirakawa O, Sora I, Hishimoto A
Psychiatry research   269 115-117   2018年8月   [査読有り]
Hirose T, Tsujii N, Mikawa W, Shirakawa O
Psychiatry research. Neuroimaging   280 15-21   2018年8月   [査読有り]
Takaya M, Ishii K, Hosokawa C, Saigoh K, Shirakawa O
International psychogeriatrics   30(5) 641-646   2018年5月   [査読有り]
Tsujii N, Mikawa W, Adachi T, Hirose T, Shirakawa O
Scientific reports   8(1) 4686   2018年3月   [査読有り]
Yamamoto A, Tsujimoto E, Taketani R, Tsujii N, Shirakawa O, Ono H
Depression research and treatment   2018 4201897   2018年   [査読有り]
Kimura A, Hishimoto A, Otsuka I, Okazaki S, Boku S, Horai T, Izumi T, Takahashi M, Ueno Y, Shirakawa O, Sora I
PloS one   13(1) e0190667   2018年1月   [査読有り]
Furuno T, Nakagawa M, Hino K, Yamada T, Kawashima Y, Matsuoka Y, Shirakawa O, Ishizuka N, Yonemoto N, Kawanishi C, Hirayasu Y
Journal of affective disorders   225 460-465   2017年8月   [査読有り]
Otsuka I, Izumi T, Boku S, Kimura A, Zhang Y, Mouri K, Okazaki S, Shiroiwa K, Takahashi M, Ueno Y, Shirakawa O, Sora I, Hishimoto A
Scientific reports   7(1) 3176   2017年6月   [査読有り]
Takaya M, Atsumi M, Ishii K, Shirakawa O
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   17(6) 495-497   2017年4月   [査読有り]
Shirakawa O
Psychiatry and clinical neurosciences   71(1) 1   2017年1月   [査読有り]
Tsujii N, Mikawa W, Tsujimoto E, Adachi T, Niwa A, Ono H, Shirakawa O
PloS one   12(4) e0175249   2017年4月   [査読有り]
Shimmyo N, Hishimoto A, Otsuka I, Okazaki S, Boku S, Mouri K, Horai T, Takahashi M, Ueno Y, Shirakawa O, Sora I
Neuropsychiatric disease and treatment   13 899-908   2017年   [査読有り]
Okazaki S, Boku S, Otsuka I, Mouri K, Aoyama S, Shiroiwa K, Sora I, Fujita A, Shirai Y, Shirakawa O, Kokai M, Hishimoto A
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   70 85-91   2016年10月   [査読有り]
Tsujii Noa, Mikawa Wakako, Tsujimoto Emi, Akashi Hiroyuki, Adachi Toru, Kirime Eiji, Shirakawa Osamu
PSYCHIATRY RESEARCH-NEUROIMAGING   253 26-35   2016年7月   [査読有り]
Takaya M, Atsumi M, Hirose T, Ishii K, Shirakawa O
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   16(3) 221-221   2016年5月   [査読有り]
Tsujii N, Mikawa W, Tsujimoto E, Akashi H, Adachi T, Kirime E, Shirakawa O
Psychiatry research   253 26-35   2016年7月   [査読有り]
Harada E, Shirakawa O, Satoi Y, Marangell LB, Escobar R
Neuropsychiatric disease and treatment   12 89-97   2016年   [査読有り]
Ratta-Apha W, Mouri K, Boku S, Ishiguro H, Okazaki S, Otsuka I, Sora I, Arinami T, Shirakawa O, Hishimoto A
Psychiatry research   230(2) 424-429   2015年12月   [査読有り]
Ratta-apha W, Boku S, Mouri K, Okazaki S, Otsuka I, Watanabe Y, Nunokawa A, Someya T, Shirakawa O, Sora I, Hishimoto A
Psychiatry research   229(1-2) 627-628   2015年9月   [査読有り]
Inoue T, Inagaki Y, Kimura T, Shirakawa O
Journal of affective disorders   174 535-541   2015年3月   [査読有り]
Akashi H, Tsujii N, Mikawa W, Adachi T, Kirime E, Shirakawa O
Journal of affective disorders   174 165-172   2015年3月   [査読有り]
Mikawa W, Tsujii N, Akashi H, Adachi T, Kirime E, Shirakawa O
Journal of affective disorders   173 193-200   2015年3月   [査読有り]
Sakai M, Watanabe Y, Someya T, Araki K, Shibuya M, Niizato K, Oshima K, Kunii Y, Yabe H, Matsumoto J, Wada A, Hino M, Hashimoto T, Hishimoto A, Kitamura N, Iritani S, Shirakawa O, Maeda K, Miyashita A, Niwa S, Takahashi H, Kakita A, Kuwano R, Nawa H
Molecular cytogenetics   8(1)    2015年7月   [査読有り]
Otsuka I, Watanabe Y, Hishimoto A, Boku S, Mouri K, Shiroiwa K, Okazaki S, Nunokawa A, Shirakawa O, Someya T, Sora I
Neuropsychiatric disease and treatment   11 1381-1393   2015年   [査読有り]
Tsujii N, Mikawa W, Akashi H, Tsujimoto E, Adachi T, Kirime E, Takaya M, Yanagi M, Shirakawa O
Journal of psychiatric research   55(1) 1-7   2014年8月   [査読有り]
Tsujii N, Akashi H, Mikawa W, Tsujimoto E, Niwa A, Adachi T, Shirakawa O
Journal of affective disorders   161 144-149   2014年6月   [査読有り]
Okazaki S, Watanabe Y, Hishimoto A, Sasada T, Mouri K, Shiroiwa K, Eguchi N, Ratta-Apha W, Otsuka I, Nunokawa A, Kaneko N, Shibuya M, Someya T, Shirakawa O, Sora I
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   50 151-156   2014年4月   [査読有り]
Ratta-apha W, Hishimoto A, Mouri K, Shiroiwa K, Sasada T, Yoshida M, Okazaki S, Supriyanto I, Asano M, Ueno Y, Shirakawa O, Sora I
Psychiatry research   215(1) 249-251   2014年1月   [査読有り]
Ratta-Apha W, Hishimoto A, Mouri K, Shiroiwa K, Sasada T, Yoshida M, Supriyanto I, Ueno Y, Asano M, Shirakawa O, Togashi H, Takai Y, Sora I
Neuroscience research   77(4) 222-227   2013年12月   [査読有り]
Ratta-Apha W, Hishimoto A, Yoshida M, Ueno Y, Asano M, Shirakawa O, Sora I
Psychiatry research   209(3) 734-736   2013年10月   [査読有り]
Supriyanto I, Watanabe Y, Mouri K, Shiroiwa K, Ratta-Apha W, Yoshida M, Tamiya G, Sasada T, Eguchi N, Okazaki K, Shirakawa O, Someya T, Hishimoto A
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   40(1) 347-352   2013年1月   [査読有り]
Yoshida M, Shiroiwa K, Mouri K, Ishiguro H, Supriyanto I, Ratta-Apha W, Eguchi N, Okazaki S, Sasada T, Fukutake M, Hashimoto T, Inada T, Arinami T, Shirakawa O, Hishimoto A
Schizophrenia research   140(1-3) 185-191   2012年9月   [査読有り]
Cui H, Supriyanto I, Sasada T, Shiroiwa K, Fukutake M, Shirakawa O, Asano M, Ueno Y, Nagasaki Y, Hishimoto A
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   35(4) 1108-1111   2011年6月   [査読有り]
Supriyanto I, Sasada T, Fukutake M, Asano M, Ueno Y, Nagasaki Y, Shirakawa O, Hishimoto A
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   35(1) 252-256   2011年1月   [査読有り]
Kyogoku C, Yanagi M, Nishimura K, Sugiyama D, Morinobu A, Fukutake M, Maeda K, Shirakawa O, Kuno T, Kumagai S
Psychiatry research   185(1-2) 16-19   2011年1月   [査読有り]
Cui H, Nishiguchi N, Yanagi M, Fukutake M, Mouri K, Kitamura N, Hashimoto T, Shirakawa O, Hishimoto A
Schizophrenia research   121(1-3) 172-178   2010年8月   [査読有り]
Cui H, Supriyanto I, Asano M, Ueno Y, Nagasaki Y, Nishiguchi N, Shirakawa O, Hishimoto A
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   34(6) 992-996   2010年8月   [査読有り]
Shiroiwa K, Hishimoto A, Mouri K, Fukutake M, Supriyanto I, Nishiguchi N, Shirakawa O
Neuroscience letters   472(3) 194-198   2010年3月   [査読有り]
Association study of RGS2 gene polymorphisms with panic disorder in Japanese.
Mouri K, Hishimoto A, Fukutake M, Nishiguchi N, Shirakawa O, Maeda K
The Kobe journal of medical sciences   55(5) E116-21   2010年4月   [査読有り]
Mouri K, Hishimoto A, Fukutake M, Shiroiwa K, Asano M, Nagasaki Y, Ueno Y, Shirakawa O, Nishiguchi N, Maeda K
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   33(8) 1546-1550   2009年11月   [査読有り]
Tsujii N, Okada A, Kaku R, Kuriki N, Hanada K, Shirakawa O
Psychiatry and clinical neurosciences   63(3) 336-343   2009年6月   [査読有り]
Maeda Kiyoshi, Shirakawa Osamu, Nishiguchi Naoki, Fukutake Masaaki
NEUROPSYCHIATRIC DISORDERS   287-297   2010年   [査読有り]
[Psychiatric care at the general ward of a hospital with a specific function and operated under the DPC system].
Shirakawa O, Hitomi Y, Kirimi E, Azuma M
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   111(5) 567-571   2009年   [査読有り]
Fukutake M, Hishimoto A, Nishiguchi N, Nushida H, Ueno Y, Shirakawa O, Maeda K
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   32(6) 1428-1433   2008年8月   [査読有り]
Cui H, Nishiguchi N, Ivleva E, Yanagi M, Fukutake M, Nushida H, Ueno Y, Kitamura N, Maeda K, Shirakawa O
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology   33(7) 1537-1544   2008年6月   [査読有り]
Yanagi M, Hashimoto T, Kitamura N, Fukutake M, Komure O, Nishiguchi N, Kawamata T, Maeda K, Shirakawa O
Schizophrenia research   100(1-3) 291-301   2008年3月   [査読有り]
Lack of association between the dopamine transporter gene 3' VNTR polymorphism and attention deficit hyperactivity disorder in Chinese Han children: case-control and family-based studies.
Wang Y, Wang Z, Yao K, Tanaka K, Yang Y, Shirakawa O, Maeda K
The Kobe journal of medical sciences   53(6) 327-333   2008年2月   [査読有り]
Lack of association between endoplasmic reticulum stress response genes and suicidal victims.
Sakurai K, Nishiguchi N, Shirakawa O, Nushida H, Ueno Y, Maeda K, Hayashi Y
The Kobe journal of medical sciences   53(4) 151-155   2007年   [査読有り]
Genetic association and postmortem immunoreactivity of RGS2 in suicide victims
Cui Huxing, Nishiguchi Naoki, Ivleva Elena, Yanagi Masaya, Fukutake Masaaki, Nushida Hideyuki, Ueno Yasuhiro, Kitamura Noboru, Shirakawa Osamu, Maeda Kiyoshi
AMERICAN JOURNAL OF MEDICAL GENETICS PART B-NEUROPSYCHIATRIC GENETICS   141B(7) 758   2006年10月   [査読有り]
Microarray analysis in the prefrontal cortex of schizophrenia
Yanagi Masaya, Hashimoto Takeshi, Kitamura Noboru, Fukutake Masaaki, Mouri Kentarou, Nishiguchi Naoki, Shirakawa Osamu, Maeda Kiyoshi
AMERICAN JOURNAL OF MEDICAL GENETICS PART B-NEUROPSYCHIATRIC GENETICS   141B(7) 778   2006年10月   [査読有り]
Oshimo Takashi, Shirakawa Osamu, Takashima Mitiko, Nisiguti Naoki, Ohta Masayuki, Maeda Kiyoshi
INTERNATIONAL CLINICAL PSYCHOPHARMACOLOGY   21(4) A2-A3   2006年7月   [査読有り]
Oshimo Takashi, Shirakawa Osamu, Yanagi Masaya, Nisiguti Naoki, Ohta Masayuki, Maeda Kiyoshi
INTERNATIONAL CLINICAL PSYCHOPHARMACOLOGY   21(4) A3   2006年7月   [査読有り]
Kunugi H, Ida I, Owashi T, Kimura M, Inoue Y, Nakagawa S, Yabana T, Urushibara T, Kanai R, Aihara M, Yuuki N, Otsubo T, Oshima A, Kudo K, Inoue T, Kitaichi Y, Shirakawa O, Isogawa K, Nagayama H, Kamijima K, Nanko S, Kanba S, Higuchi T, Mikuni M
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology   31(1) 212-220   2006年1月   [査読有り]
No evidence of an association between tyrosine hydroxylase gene polymorphisms and suicide victims.
Hattori H, Shirakawa O, Nishiguchi N, Nushida H, Ueno Y, Maeda K
The Kobe journal of medical sciences   52(6) 195-200   2006年   [査読有り]
Okamura K, Shirakawa O, Nishiguchi N, Ono H, Nushida H, Ueno Y, Maeda K
Psychiatry and clinical neurosciences   59(3) 345-349   2005年6月   [査読有り]
Yanagi M, Shirakawa O, Kitamura N, Okamura K, Sakurai K, Nishiguchi N, Hashimoto T, Nushida H, Ueno Y, Kanbe D, Kawamura M, Araki K, Nawa H, Maeda K
Journal of human genetics   50(4) 210-216   2005年   [査読有り]
Hishimoto A, Shirakawa O, Nishiguchi N, Aoyama S, Ono H, Hashimoto T, Maeda K
Psychiatry and clinical neurosciences   58(5) 579-581   2004年10月   [査読有り]
Matsushita S, Suzuki K, Murayama M, Nishiguchi N, Hishimoto A, Takeda A, Shirakawa O, Higuchi S
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics   128B(1) 114-117   2004年7月   [査読有り]
Ono H, Shirakawa O, Nushida H, Ueno Y, Maeda K
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology   29(7) 1374-1377   2004年7月   [査読有り]
Miyasaka K, Yoshida Y, Matsushita S, Higuchi S, Shirakawa O, Shimokata H, Funakoshi A
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics   127B(1) 78-80   2004年5月   [査読有り]
[Psychotic symptoms in old age].
Shirakawa O, Fukutake M
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   62 Suppl 4 56-61   2004年4月   [査読有り]
Aoyama S, Shirakawa O, Ono H, Hashimoto T, Kajimoto Y, Maeda K
Psychiatry and clinical neurosciences   57(5) 545-547   2003年10月   [査読有り]
Kajimoto Y, Shirakawa O, Lin XH, Hashimoto T, Kitamura N, Murakami N, Takumi T, Maeda K
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology   28(10) 1831-1839   2003年10月   [査読有り]
[Graft schizophrenia].
Shirakawa O, Yanagi M, Hattori H
Ryoikibetsu shokogun shirizu   (38) 68-70   2003年   [査読有り]
Toyooka K, Iritani S, Makifuchi T, Shirakawa O, Kitamura N, Maeda K, Nakamura R, Niizato K, Watanabe M, Kakita A, Takahashi H, Someya T, Nawa H
Journal of neurochemistry   83(4) 797-806   2002年11月   [査読有り]
Lin XH, Hashimoto T, Kitamura N, Murakami N, Shirakawa O, Maeda K
Synapse (New York, N.Y.)   44(3) 181-187   2002年6月   [査読有り]
Nishiguchi N, Shirakawa O, Ono H, Nishimura A, Nushida H, Ueno Y, Maeda K
American journal of medical genetics   114(4) 423-425   2002年5月   [査読有り]
Ono H, Shirakawa O, Nishiguchi N, Nishimura A, Nushida H, Ueno Y, Maeda K
American journal of medical genetics   114(3) 340-342   2002年4月   [査読有り]
Yamamoto H, Kitamura N, Lin XH, Ikeuchi Y, Hashimoto T, Shirakawa O, Maeda K
The international journal of neuropsychopharmacology   2(3) 155-163   1999年9月   [査読有り]

Misc

 
川久保善宏, 柳雅也, 池田真優子, 土屋有希, 高屋雅彦, 白川治
精神神経学雑誌   120(3) 235   2018年3月
細見史治, 高屋雅彦, 明石浩幸, 安達融, 矢野貴詩, 山形祥礼, 白川治
精神神経学雑誌   120(3) 232   2018年3月
三川和歌子, 辻井農亜, 廣瀬智之, 平野愛佳, 高屋雅彦, 白川治
精神神経学雑誌   120(3) 234‐235   2018年3月
白川治
臨床精神薬理   21(3) 303‐312   2018年3月
【過剰診断・過小診断と薬物療法】 うつ病診断の基本問題と薬物療法の役割
白川 治
臨床精神薬理   21(3) 303-312   2018年3月
うつ病診断の増加には、DSMといった操作的診断基準の普及、SSRIに代表される広い適応症と高い忍容性を示す新規抗うつ薬の導入、うつ病を生み出す社会経済的状況など、複合的な要因が絡んでいる。三環系抗うつ薬に対する反応性が想定された内因性(メランコリー型)うつ病は、その後の臨床研究からは抗うつ薬反応性との関連を実証できず、むしろうつ病の重症度が抗うつ薬反応性と関連しているとされている。操作的診断基準では、症候の質的ではなく量的な評価が重視されることで、うつ病の裾野が拡がり軽症のうつ病への対応が...
抑肝散の関与が疑われた重篤な不整脈を伴う低カリウム血症の1例
細見 史治, 高屋 雅彦, 明石 浩幸, 安達 融, 矢野 貴詩, 山形 祥礼, 白川 治
精神神経学雑誌   120(3) 232-232   2018年3月
うつ病の完全寛解に至る要因について
三川 和歌子, 辻井 農亜, 廣瀬 智之, 平野 愛佳, 高屋 雅彦, 白川 治
精神神経学雑誌   120(3) 234-235   2018年3月
持続性筋注製剤を導入し良好に経過した統合失調症の1例
川久保 善宏, 柳 雅也, 池田 真優子, 土屋 有希, 高屋 雅彦, 白川 治
精神神経学雑誌   120(3) 235-235   2018年3月
土屋有希, 辻井農亜, 三川和歌子, 廣瀬智之, 安達融, 川久保善宏, 細見史治, 白川治
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   114th S.545   2018年
廣瀬智之, 高屋雅彦, 土屋有希, 川久保善宏, 細見史治, 柳雅也, 辻井農亜, 白川治
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   114th S.389   2018年
辻井農亜, 白川治
最新精神医学   22(6) 483‐488   2017年11月
辻井 農亜, 白川 治
最新精神医学   22(6) 483-488   2017年11月
【精神科薬物療法の基本思想:適切な処方のための原則と工夫】 抗うつ薬
辻井 農亜, 白川 治
最新精神医学   22(6) 483-488   2017年11月
青年期の精神疾患患者における光トポグラフィー検査を用いた抑うつ状態の鑑別診断補助についての予備的検討
辻井 農亜, 三川 和歌子, 明石 浩幸, 丹羽 篤, 平野 愛佳, 白川 治
日本児童青年精神医学会総会抄録集   58回 265-265   2017年10月
安達融, 細見史治, 廣瀬智之, 辻井農亜, 白川治
精神神経学雑誌   119(9) 705   2017年9月
和田照平, 和田照平, 明石浩幸, 柳雅也, 川久保善宏, 矢野貴詩, 丹羽篤, 辻井農亜, 白川治
精神神経学雑誌   119(9) 700   2017年9月
白川治
精神科治療学   32(9) 1147‐1154   2017年9月
白川治
臨床精神薬理   20(9) 1071‐1073-1073   2017年9月
白川 治
精神科治療学   32(9) 1147-1154   2017年9月
社会的機能回復を目指すうつ病治療における抗うつ薬の位置づけ
白川 治
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   39回・47回 144-144   2017年9月
自殺既遂者におけるテロメア異常短縮(Shorter telomere length in suicide completers)
大塚 郁夫, 菱本 明豊, 泉 剛, 朴 秀賢, 木村 敦, 張 園, 毛利 健太朗, 岡崎 賢志, 高橋 玄倫, 上野 易弘, 白川 治, 曽良 一郎
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   39回・47回 156-156   2017年9月
日本人自殺既遂者におけるMIF遺伝子プロモーター領域機能的多型の関連解析(Association study of MIF promoter polymorphosms with suicide completers in the Japanese population)
新名 尚史, 菱本 明豊, 大塚 郁夫, 岡崎 賢志, 朴 秀賢, 毛利 健太朗, 蓬莱 政, 江口 典臣, 木村 敦, 山木 愛久, 平田 尚士, 高橋 玄倫, 上野 易弘, 白川 治, 曽良 一郎
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   39回・47回 190-190   2017年9月
白川治
臨床精神医学   46(5) 652‐653   2017年5月
Near-Infrared Spectroscopy(NIRS)を用いた安静時脳血流賦活の測定
細見 史治, 柳 雅也, 川久保 義宏, 土屋 有希, 広瀬 智之, 三川 和歌子, 辻井 農亜, 白川 治
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   39回・47回 195-195   2017年9月
辻本江美, 山本亞実, 竹谷怜子, 辻井農亜, 白川治, 小野久江
日本自殺予防学会総会プログラム・抄録集   41st 91   2017年8月
平野愛佳, 辻井農亜, 三川和歌子, 阪中聡一郎, 安達融, 柳雅也, 白川治
精神神経学雑誌   119(4) 274   2017年4月
丹羽篤, 山田妃沙子, 下田重朗, 和田照平, 細見史治, 杉本麻衣, 岡村和哉, 辻井農亜, 白川治
日本自殺予防学会総会プログラム・抄録集   41st 112   2017年8月
丹羽篤, 和田照平, 和田照平, 細見史治, 廣瀬智之, 矢野貴詩, 後藤雄一朗, 辻井農亜, 藤田のぶ, 藤田のぶ, 上村眞須子, 岡田縁, 白川治
精神神経学雑誌   119(4) 271   2017年4月
廣瀬智之, 明石浩幸, 切目栄司, 高屋雅彦, 池田真優子, 川久保善宏, 白川治
精神神経学雑誌   119(4) 276   2017年4月
なかなか回復しないうつ病を診ている治療者と患者へのワンポイントアドバイス うつ病診療で考えておくべきこと
白川 治
臨床精神医学   46(5) 652-653   2017年5月
辻井農亜, 白川治
日本臨床   507‐511   2017年3月
井上猛, 稲垣芳文, 木村敏史, 田辺肇, 白川治
臨床精神医学   46(2) 215‐226-226   2017年2月
Japanese epidemiological trial with latest measure of bipolar disorder(JET-LMBP study)で得られた情報をもとに、大うつ病エピソードを呈する外来気分障害患者448例(20〜65歳)を対象に、大うつ病エピソードを呈する双極性障害および大うつ病性障害における自殺関連事象の発現頻度、小児期虐待、人口動態学因子、臨床的因子を含む75の包括的因子を対象に、自殺関連事象に関連する因子について検討した。双極性障害において強...
辻井農亜, 白川治
児童青年精神医学とその近接領域   58(1) 84‐89   2017年2月
未服薬統合失調症患者の死後脳前頭前野におけるヘモグロビンタンパク量の変化
柳 雅也, Tamminga Carol A., 白川 治
先進医薬研究振興財団研究成果報告集   2016年度 52-53   2017年3月
【精神医学症候群(第2版)-発達障害・統合失調症・双極性障害・抑うつ障害-】 抑うつ障害群 うつ病(DSM-5)/大うつ病性障害
辻井 農亜, 白川 治
日本臨床   別冊(精神医学症候群I) 507-511   2017年3月
辻井 農亜, 白川 治
児童青年精神医学とその近接領域   58(1) 84-89   2017年
白川治
日本神経精神薬理学会プログラム・抄録集   47th 144   2017年
辻井農亜, 三川和歌子, 安達融, 川久保善宏, 廣瀬智之, 細見史治, 土屋有希, 白川治
日本臨床精神神経薬理学会プログラム・抄録集   27th 142   2017年
白川 治
近畿大学医学雑誌 = Medical Journal of Kindai University   41(3)    2016年12月
池田真優子, 廣瀬智之, 白川治
診断と治療   104(12) 1592‐1595-1595   2016年12月
白川治
日本線維筋痛症学会学術集会プログラム・抄録集   9th 32   2017年
細見史治, 柳雅也, 川久保義宏, 土屋有希, 広瀬智之, 三川和歌子, 辻井農亜, 白川治
日本神経精神薬理学会プログラム・抄録集   47th 195   2017年
辻井農亜, 三川和歌子, 明石浩幸, 丹羽篤, 平野愛佳, 白川治
日本児童青年精神医学会総会抄録(Web)   58th 265 (WEB ONLY)   2017年
廣瀬智之, 辻井農亜, 三川和歌子, 白川治
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   113th S301   2017年
川久保善宏, 柳雅也, 細見史治, 廣瀬智之, 辻井農亜, 白川治
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   113th S354   2017年
児童領域の薬物療法の問題点 児童思春期患者に対する向精神薬の適応外使用について
辻井 農亜, 白川 治
児童青年精神医学とその近接領域   58(1) 84-89   2017年2月
辻井農亜, 三川和歌子, 明石浩幸, 安達融, 廣瀬智之, 川久保善宏, 細見史治, 白川治
日本うつ病学会総会プログラム・抄録集   14th 270   2017年
辻本江美, 山本亞実, 竹谷怜子, 辻井農亜, 白川治, 小野久江
日本うつ病学会総会プログラム・抄録集   14th 280   2017年
廣瀬 智之, 髙屋 雅彦, 渥美 正彦, 白川 治
精神医学   58(6) 511-511   2016年6月
近年,特発性レム睡眠行動障害(REM sleep behavior disorder;RBD)は,α-シヌクレイノパチーなどの神経変性疾患の前駆症状である可能性が指摘されている。特発性RBDでは動作緩慢・認知機能低下などが出現し得ることから,クロナゼパムを第1選択薬とした薬物治療においては副作用に注意すべきである。ラメルテオンは鎮静・筋弛緩作用や認知機能低下へのリスクが比較的少ない薬剤であり,神経変性疾患を考慮した薬物治療として有用な可能性がある。しかし,ラメルテオンの特発性RBDに対する...
廣瀬智之, 辻井農亜, 三川和歌子, 白川治
日本うつ病学会総会プログラム・抄録集   14th 273   2017年
山本亞実, 竹谷怜子, 辻本江美, 辻井農亜, 白川治, 小野久江
日本うつ病学会総会プログラム・抄録集   14th 252   2017年
【[改訂版]精神科・わたしの診療手順】(第4章)双極性障害および関連障害群 双極性障害(ラピッドサイクラー)
白川 治
臨床精神医学   45(増刊号) 154-156   2016年12月
治療抵抗性症例に対する急性期医療の工夫 治療抵抗性統合失調症治療のための地域ネットワーク構築の試み
島本 卓也, 岩崎 理一, 西倉 秀哉, 岩田 和彦, 籠本 孝雄, 出口 裕彦, 井上 幸紀, 三井 浩, 木下 利彦, 小深田 博紀, 黒田 健治, 渡邊 治夫, 出口 靖之, 天正 雅美, 澤 温, 和田 照平, 白川 治, 山森 英長, 木下 真也, 米田 博
日本精神科救急学会学術総会プログラム・抄録集   24回 78-78   2016年10月
阪中聡一郎, 白川治
月刊精神科   29(3) 184‐189   2016年9月
【従来型向精神薬再考-従来型薬が使われるのはどのような場合か-】 三環系抗うつ薬
阪中 聡一郎, 白川 治
精神科   29(3) 184-189   2016年9月
阪中 聡一郎, 白川 治
精神科 = Psychiatry   29(3) 184-189   2016年9月
大学生の抑うつ状態に対する対人関係カウンセリングの効果
竹谷 怜子, 辻本 江美, 山本 亞実, 辻井 農亜, 白川 治, 小野 久江
日本認知療法学会プログラム・抄録集   16回 157-157   2016年11月
廣瀬智之, 辻井農亜, 白川治
最新医学   71 1429‐1434   2016年7月
【うつ病】 うつ病-周辺疾患(双極性障害、適応障害、パーソナリティ障害、発達障害)との鑑別
廣瀬 智之, 辻井 農亜, 白川 治
最新医学   71(7月増刊) 1429-1434   2016年7月
うつ病の中核症状である抑うつ症状は,多くの精神疾患で見られ,その鑑別が問題となることも少なくない.本稿では,抑うつ症状を呈することがある,双極性障害,適応障害,パーソナリティ障害,発達障害と,うつ病との鑑別について述べた.抑うつ症状は日常診療で遭遇するありふれた精神症状であり,うつ病に対する適切な対応のためにもうつ病以外の背景精神疾患,うつ病周辺疾患についての理解が求められる.(著者抄録)
花田一志, 花田一志, 花田一志, 河野政子, 岡島聡, 齋藤努, 前田和成, 渡辺紗弥佳, 三木仁美, 河野政子, 岡島聡, 齋藤努, 前田和成, 渡辺紗弥佳, 三木仁美, 中西利恵, 内橋隆行, 内橋隆行, 大洞佳代子, 大洞佳代子, 西郷和真, 三井良之, 楠進, 西郷和真, 三井良之, 楠進, 白川治, 福田寛二
老年精神医学雑誌   27 264   2016年6月
白川治
産業精神保健   24 90   2016年6月
白川治
Bipolar Disorder   14 57‐68   2016年6月
辻井農亜, 三川和歌子, 明石弘幸, 辻本江美, 辻本江美, 丹羽篤, 矢野貴詩, 細見史治, 小野久江, 白川治
Bipolar Disorder   14 25‐31   2016年6月
発達障害と双極性障害 衝動性・攻撃性の視点から 精神医学における衝動性と攻撃性
白川 治
Bipolar Disorder   14 57-68   2016年6月
双極性障害における自殺傾性と脳機能の関連 Near-Infrared spectroscopyを用いた検討
辻井 農亜, 三川 和歌子, 明石 弘幸, 辻本 江美, 丹羽 篤, 矢野 貴詩, 細見 史治, 小野 久江, 白川 治
Bipolar Disorder   14 25-31   2016年6月
双極性患者における自殺企図歴の有無による実行機能課題中の脳機能の差異をnear-infrared spectroscopy(NIRS)により評価し、自殺傾性と関連する脳部位に機能失調が見られるか否かについて検討した。対象は双極性障害患者62例で、自殺企図歴あり群が22例、自殺企図歴なし群が40例であった。診断はDSM-IVに準拠し、精神疾患簡易構造化面接法(MINI)を用いた。双極性障害I型障害と診断されたのが25例、双極性障害II型と診断されたのが37例であった。健常対照群は56例で、M...
うつ病における不安焦燥の位置づけとその対応
白川 治
産業精神保健   24(増刊) 90-90   2016年6月
神経難病在宅療養支援の職種によるニーズの差異に関する検討 研修会アンケートの分析を中心に
花田 一志, 河野 政子, 岡島 聡, 齋藤 努, 前田 和成, 渡辺 紗弥佳, 三木 仁美, 中西 利恵, 内橋 隆行, 大洞 佳代子, 西郷 和真, 三井 良之, 楠 進, 白川 治, 福田 寛二
老年精神医学雑誌   27(増刊II) 264-264   2016年6月
統合失調症における攻撃性と脳機能との関連
安達 融, 辻井 農亜, 三川 和歌子, 辻本 江美, 明石 浩幸, 川久保 善宏, 廣瀬 智之, 細見 史治, 白川 治
精神神経学雑誌   (2016特別号) S355-S355   2016年6月
定型および非定型抗精神病薬によるKv3.2カリウムイオンチャネルの発現調節
柳 雅也, 白川 治, Carol Tamminga
精神神経学雑誌   (2016特別号) S530-S530   2016年6月
白川治
精神科臨床Legato   2(1) 32‐35   2016年2月
【DSM-5の新機軸と課題(1)-新たに登場した病名-】 DSM-5における特定用語「混合性の特徴」の意義と課題
白川 治, 柳 雅也, 辻井 農亜
臨床精神医学   45(2) 171-179   2016年2月
丹羽篤, 和田照平, 和田照平, 白川治
臨床精神医学   45(1) 77‐84   2016年1月
丹羽 篤, 和田 照平, 白川 治
臨床精神医学   45(1) 77-84   2016年1月
【臨床現場から見た精神疾患の変貌】 わが国における自殺とその動向
丹羽 篤, 和田 照平, 白川 治
臨床精神医学   45(1) 77-84   2016年1月
【職場のメンタルヘルスの不調に気づく】 知っておくとタメになる、専門医の対応 職場のうつ病への早期発見と介入
明石 浩幸, 川久保 善宏, 白川 治
Modern Physician   36(1) 40-43   2016年1月
<ポイント>職場のメンタルヘルス対策として、うつ病の早期発見と早期治療は発症予防と並んで非常に重要である。うつ病では、時に身体症状が前景化し、見逃されるケースが少なくない。プライマリケアの現場では、簡便かつ効率的なうつ病スクリーニングの方法として2項目法(TQ)が有用である。うつ病が疑われた場合、まず速やかに専門の医療機関への受診を勧めるべきケースかどうかを判断する。治療を導入する際には、患者の心理的側面に十分配慮したうえで、あらかじめ治療の限界を設定することが望ましい。(著者抄録)
丹羽篤, 和田照平, 和田照平, 藤田のぶ, 上村眞須子, 岡田縁, 白川治
日本自殺予防学会総会プログラム・抄録集   40th 246   2016年
安達融, 辻井農亜, 三川和歌子, 辻本江美, 明石浩幸, 川久保善宏, 廣瀬智之, 細見史治, 白川治
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   112th S355   2016年
船津 浩二, 白川 治
Equilibrium Research   73(4) 246-253   2014年8月
島本卓也, 岩崎理一, 西倉秀哉, 岩田和彦, 籠本孝雄, 出口裕彦, 井上幸紀, 三井浩, 木下利彦, 小深田博紀, 黒田健治, 渡邊治夫, 出口靖之, 天正雅美, 澤温, 和田照平, 白川治, 山森英長, 木下真也, 米田博
日本精神科救急学会学術総会プログラム・抄録集   24th 78   2016年
白川治
日本神経精神薬理学会プログラム・抄録集   46th 54   2016年
柳雅也, 白川治, CAROL Tamminga
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   112th S530   2016年
白川治
日本神経精神薬理学会プログラム・抄録集   46th 186   2016年
山本亞実, 辻本江美, 竹谷怜子, 辻井農亜, 白川治, 小野久江
日本生物学的精神医学会(Web)   38th 192 (WEB ONLY)   2016年
三川和歌子, 辻井農亜, 辻本江美, 辻本江美, 丹羽篤, 阪中聡一郎, 川久保善宏, 矢野貴詩, 細見史治, 柳雅也, 小野久江, 白川治
日本うつ病学会総会プログラム・抄録集   13th 167   2016年
辻本江美, 山本亞実, 竹谷怜子, 辻井農亜, 白川治, 小野久江
日本うつ病学会総会プログラム・抄録集   13th 156   2016年
辻井農亜, 三川和歌子, 辻本江美, 辻本江美, 安達融, 池田真優子, 平野愛佳, 廣瀬智之, 明石浩幸, 高屋雅彦, 小野久江, 白川治
日本うつ病学会総会プログラム・抄録集   13th 167   2016年
白川治
総合病院精神医学   27(Supplement) S.120   2015年11月
和田照平, 和田照平, 高屋雅彦, 島岡昌生, 貫戸明子, 青木稚人, 宮川知保, 藤島理沙, 今村美生, 水谷さくら, 川久保善宏, 廣瀬智之, 細見史治, 阪中聡一郎, 矢野貴詩, 丹羽篤, 切目栄司, 白川治
総合病院精神医学   27(Supplement) S.152   2015年11月
白川治, 辻井農亜
精神科診断学   8(1) 21‐25   2015年11月
船津浩二, 白川治
精神科治療学   30 127-129   2015年10月
【精神科治療における処方ガイドブック】 (第4章)抑うつ障害群 仮面うつ病
船津 浩二, 白川 治
精神科治療学   30(増刊) 127-129   2015年10月
メランコリー型うつ病におけるQOLと脳機能の関連
辻井 農亜, 三川 和歌子, 辻本 江美, 明石 浩幸, 安達 融, 切目 栄司, 白川 治
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   37回・45回 167-167   2015年9月
統合失調症における細胞周期関連遺伝子に着目した3段階mRNA発現解析(A three-stage mRNA expression study to identify cell cycle-related genes associated with schizophrenia)
岡崎 賢志, 菱本 明豊, 朴 秀賢, 毛利 健太朗, 白岩 恭一, 大塚 郁夫, 白井 豊, 藤田 愛子, 白川 治, 湖海 正尋, 曽良 一郎
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   37回・45回 172-172   2015年9月
統合失調症におけるCadherin13遺伝子多型解析(Association analysis of the Cadherin 13 gene with schizophrenia in the Japanese population)
大塚 郁夫, 渡部 雄一郎, 菱本 明豊, 朴 秀賢, 毛利 健太朗, 白岩 恭一, 岡崎 賢志, 布川 綾子, 白川 治, 染矢 俊幸, 曽良 一郎
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   37回・45回 201-201   2015年9月
児童領域の薬物療法の問題点 児童思春期患者に対する向精神薬の適応外使用について
辻井 農亜, 白川 治
日本児童青年精神医学会総会抄録集   56回 np59-np59   2015年9月
川久保善宏, 柳雅也, 池田真優子, 辻井農亜, 丹羽篤, 白川治
精神神経学雑誌   117(8) 682   2015年8月