KOBAYASHI Ryuji

J-GLOBAL         Last updated: Aug 19, 2019 at 07:56
 
Avatar
Name
KOBAYASHI Ryuji
Affiliation
Tokyo Metropolitan University
Job title
Professor
Degree
Doctor of health Sciences(Hiroshima University), Master of health Sciences(Hiroshima University)
Research funding number
70337989

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2014
 - 
Today
Professor, Faculty of Health Sciences, Tokyo Metoropolitan University
 

Education

 
 
 - 
2001
Graduate School, Division of Medical Sciences, Hiroshima University
 
 
 - 
1991
Faculty of Literature, Aoyama Gakuin University
 

Published Papers

 
The effect on subjective quality of life of occupational therapy based on adjusting the challenge-skill balance: a randomaized controlled traia
I Yoshida, K Hirao, R Kobayashi
Clinical Rehabilitation      Jul 2019   [Refereed]
高齢者の生活期リハビリテーションに携わる作業療法士に必要なコンピテンシーの抽出 デルファイ法による内容的妥当性の検討
横井 安芸, 大嶋 伸雄, 小林 隆司, 小林 法一
作業療法   38(3) 253-265   Jun 2019
高齢者の生活期リハビリテーションに携わる作業療法士(以下、OTR)に必要なコンピテンシー項目を抽出し、その内容的妥当性を検討することを目的に、生活期専門家OTRを対象として4段階のデルファイ調査を行った。結果、第1次調査では【専門職としての態度】、【クライエント(以下、CL)を中心としたチーム作り】、【CL中心の根拠に基づく作業療法実践】、【リスクマネジメント】、【OTR業務の運営】、【地域に根ざした支援】、【地域作業療法発展への寄与】の7カテゴリ64項目の原案が作成され、第2次調査以降は...
A Qualitative Study on the Practice Structure of Home-Based Occupational Therapy for the Realisation of Daily Living Activities in the Elderly: Promoting Co-Operative Construction of the Life Performance
Seigo Minami, Ryuji Kobayashi
Asian Journal of Occupational Therapy   15(1) 19-25   Mar 2019   [Refereed]
Effect of Adjusting the Challenge-Skill Balance for Occupational Therapy in a Recovery Rehabilitation Unit: A Pilot Study
Ippei Yoshida, Kazuki Hirao, Ryuji Kobayashi
Asian Journal of Occupational Therapy   15(1) 11-18   Mar 2019   [Refereed]
非利き手での箸操作の獲得に関する文献レビュー
丁子 雄希, 角畑 智彬, 吉原 有佐, 渡邊 雅行, 小林 隆司
日本臨床作業療法研究   6(1) 7-11   2019
本研究の目的は、非利き手での箸の訓練方法に関する国内文献の研究の質と訓練方法を整理し、今後の課題を明らかにすることとした。方法は、医中誌Web、Medical Online、国立情報学研究所論文情報ナビゲータを用いて、「箸」、「利き手交換」、「非利き手」、「左手」のキーワードをもとに検索し、得られた結果はレビューマトリックスを用いて整理した。結果として、検索基準を満たしたものは14編抽出された。非利き手の訓練方法として箸操作訓練が、成果指標については箸操作速度が多く用いられていた。また、訓...
脳卒中当事者が介護保険下の通所リハビリテーション利用を終了していく経験プロセス
長尾 宗典, 小林 隆司
作業療法   37(6) 637-645   Dec 2018
介護保険下の通所リハビリテーション(以下、通所リハ)には、利用者を通所リハから他の社会参加の場へ移行させる役割が求められている。本研究では、以前に通所リハを利用していた脳卒中当時者4名にインタビューを行い、どのような経験を経て通所リハ利用を終了したのか、複線径路等至性アプローチ(Trajectory Equifinality Approach:TEA)を用いて解明した。4名は生活や身体の改善実感を得て、生活への自信を強めて活動圏を拡大させていた。外部からの働きかけで、4名は通所リハ利用終了...
Ippei Yoshida, Kazuki Hirao, Ryuji Kobayashi
BMJ Open   8    Dec 2018   [Refereed]
© 2019 BMJ Publishing Group.All Rights Reserved. Introduction: Occupational therapy (OT) is defined as the promotion of client health and well-being through a client-centred practice. However, there is a tendency to rely on the therapist's experie...
通所リハビリテーション利用者の作業療法における生活行為申し送り表の効果 ランダム化比較試験による検討
大森 大輔, 井村 亘, 両部 善紀, 狩長 弘親, 小林 隆司
作業療法   37(2) 188-196   Apr 2018   [Refereed]
作業療法士が生活行為申し送り表を使用して、介護支援専門員へ情報提供することが、通所リハビリテーション(以下、通所リハ)利用者63名のQOLやADL・IADLへ及ぼす効果を、ランダム化比較試験(RCT)によって検討した。介入群では対照群に比べると、日常生活動作の自立度(BI)、健康状態の自己評価(EQ VAS)、開始時より3ヵ月後では生活目標の満足度、6ヵ月後では生活目標の実行度・満足度が、有意に高い値を示した。生活行為申し送り表による情報提供は、通所リハ利用者の生活行為向上に貢献できること...
主観的ADL尺度に影響するFIMとWHO QOL 26の因子について
土屋 景子, 金山 祐里, 小野 健一, 小林 隆司, 吉村 洋輔
作業療法   37(2) 121-127   Apr 2018   [Refereed]
選択されたADL満足感の評価法(以下、SSADL)は、対象者の重要度と満足度を鑑みた主観的なADL評価法である。本研究の目的は、回復期リハビリテーション病院入院患者、通所介護・通所リハビリテーション利用者、計93名を対象とし、SSADLがFIM、WHO QOL 26のどの要因を強く反映しているか検証することである。その結果、採択された変数は、FIM運動項目、WHO QOL 26の心理的領域、社会的関係、全体であった。SSADLは、ADLの自立度と、QOLの要因を含んだADLの主観的満足感の...
通所リハビリテーションにおける認知機能評価としての山口符号テストの有用性 基準関連妥当性と絶対信頼性、解釈可能性の検証
吉田 一平, 溝江 敦子, 林 真由美, 土田 哲, 平尾 一樹, 小林 隆司
日本認知症予防学会誌   7(2) 20-26   Feb 2018   [Refereed]
通所リハビリテーションサービスにおける認知機能評価として、山口符号テスト(YKSST)の有用性を示すために、当通所リハビリテーションサービスを利用する高齢者68名を対象に、YKSSTの基準関連妥当性に加え、最小可検変化量(MDC)を用いた絶対信頼性と、臨床的に意義のある最小変化量(MIC)を用いた解釈可能性を検討した。結果、YKSSTとHDS-RにおけるPearsonの相関係数は0.54となり(p<0.01)、YKSSTのMDC95は7.8点、MICは6点となった。YKSSTは通所系サービ...

Misc

 
【作業療法士の教育-指定規則・指導ガイドラインの改正のポイント】 新しいカリキュラムについて
小林 隆司
作業療法ジャーナル   52(13) 1313-1317   Dec 2018
【新たな臨床実習スタイル!クリニカル・クラークシップ】 これからの臨床実習のあり方
小林 隆司
臨床作業療法   15(3) 206-209   Aug 2018

Conference Activities & Talks

 
Factors Associated with Activity Limitations in Elderly People in Bangladesh
Salma Begum, Ryuji Kobayashi
13th International society of physical and rehabilitation medicine world congress   11 Jun 2019   
Effect of Supplementary Functional Electrical Stimulation of the Upper Extremity Surface Stimulation for Chronic Hemiplegia: Development of a Purposeful Activity and Electrical Stimulation Rehabilitation Programme
Seigo Minami, Hidetoshi Nakagawa, Ryuji Kobayashi, Hideaki Aoki
13th International society of physical and rehabilitation medicine world congress   11 Jun 2019   
Effects of Itinerant Occupational Therapy Service in after School Day Service for Children with Disabilities
Ryuji Kobayashi, Asuka Urano, Yuko Ito
13th International society of physical and rehabilitation medicine world congress   11 Jun 2019   
The Effect of Adjusting the Challenge-Skill Balance for Occupational Therapy on Subjective QOL in Recovery Rehabilitation Unit: A Randomized Controlled Trial
Ippei Yoshida, Kazuki Hirao, Ryuji Kobayashi
13th International society of physical and rehabilitation medicine world congress   11 Jun 2019   
The Using of Music as Complementary Rehabilitation for Children with Autism Spectrum Disorder
Erayanti Saloko, Erna Ariyanti Kurnianingsih, Samuel Cahyo Sembodo, Yuko Ito, Ryuji Kobayashi
13th International society of physical and rehabilitation medicine world congress   10 Jun 2019   
コミュニケーションロボット「パロ」による認知症の高齢者に対する効果 ランダム化比較試験の文献調査より
井上 薫, 佐々木 千寿, 柴田 崇徳, 小林 隆司, 繁田 雅弘
日本認知症ケア学会誌   Apr 2019   
Improving occupational therapy student's motivation - analyzing with trajectory equifinality approach -
Nakamura E, Kobayahsi R
The 1st Transnational Meeting on TEA   2 Mar 2019   
慢性重度片麻痺に対して補助的上肢を目途とした機能的電気刺激の効果 中間報告 生活行為に焦点を当てた訪問作業療法
南 征吾, 青木 秀哲, 高村 幸太, 小林 隆司, 坂本 仁志
日本作業療法学会抄録集   7 Sep 2018   
作業療法士を目指す学生の学習動機の変化 複線経路等至性アプローチによる分析
中村 恵理子, 小林 隆司
日本作業療法学会抄録集   7 Sep 2018   
生活行為向上リハビリテーション実施可算対象者の支援プロセス 当通所リハビリテーション利用者2名の質的事例研究
長尾 宗典, 小林 隆司
日本作業療法学会抄録集   7 Sep 2018   

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2003 - 2005    Investigator(s): Yuko BESSHO
1.ObjectiveTo develop a nursing intervention program for facilitating the activity of daily living and communication ability of the elderly with dementia (EWD)2.MethodsSubjects were the EWD who were institutionalized in 7 care homes. Data was gath...
occupational therapy
Cooperative Research