広田 喜一

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/10 18:24
 
アバター
研究者氏名
広田 喜一
 
ヒロタ キイチ
URL
http://blog.hypoxia.jp/
所属
関西医科大学
部署
附属生命医学研究所 侵襲反応制御部門
職名
教授
学位
博士(医学)(京都大学)

研究分野

 
 

論文

 
Hirota K
Free radical biology & medicine      2018年7月   [査読有り]
Sumi C, Okamoto A, Tanaka H, Kusunoki M, Shoji T, Uba T, Adachi T, Iwai T, Nishi K, Harada H, Bono H, Matsuo Y, Hirota K
Scientific reports   8(1) 8987   2018年6月   [査読有り]
【酸素療法】(Part 1)酸素の生理学 低酸素の生物学 低酸素誘導性因子(HIF)の果たす役割
広田 喜一
Intensivist   10(2) 259-269   2018年4月
<文献概要>Main points ●生体内では酸素は欠乏しやすい。●生体の低酸素状態は,低酸素分圧性低酸素,貧血性低酸素,高酸素分圧性低酸素,組織低灌流・虚血,組織酸素代謝失調に分類できる。●貧血性低酸素は,低酸素分圧性低酸素に匹敵する強さの生体応答を惹起する。●転写因子である低酸素誘導性因子1(HIF-1)は,生体の低酸素応答で重要な役割を果たしている。●生体の低酸素による細胞毒性の発揮には,活性酸素種が重要な役割を果たす。●低酸素は炎症の進展とクロストークをする。●乳酸は生体の酸素失...
小胞体内レドックスバランスの維持機構
松尾 禎之, 広田 喜一
細胞   50(4) 208-209   2018年4月
小胞体内にはチオレドキシン様の活性ドメインをもつ酸化還元酵素が多数存在し、複雑なレドックス制御ネットワークを形成している。タンパク質の酸化還元状態の変動を指標として、小胞体ストレスが細胞内レドックス環境に及ぼす影響を検討した。小胞体へのタンパク質の蓄積は膜貫通型の酸化還元酵素TMX1の酸化型への変換を誘導した。小胞体ストレスによるTMX1の酸化は可逆的であり、細胞内の抗酸化機能を担うグルタチオンシステムと連動した小胞体内のレドックス恒常性維持機構が存在することが示唆された。(著者抄録)
Hirai K, Furusho H, Hirota K, Sasaki H
International journal of oral science   10(2) 12   2018年4月   [査読有り]
Sumi C, Okamoto A, Tanaka H, Nishi K, Kusunoki M, Shoji T, Uba T, Matsuo Y, Adachi T, Hayashi JI, Takenaga K, Hirota K
PloS one   13(2) e0192796   2018年   [査読有り]
Matsuo Y, Hirota K
FEBS open bio   7(11) 1768-1777   2017年11月   [査読有り]
Okamoto A, Sumi C, Tanaka H, Kusunoki M, Iwai T, Nishi K, Matsuo Y, Harada H, Takenaga K, Bono H, Hirota K
Scientific reports   7(1) 3816   2017年6月   [査読有り]
Inada T, Sumi C, Hirota K, Shingu K, Okamoto A, Matsuo Y, Kamibayashi T.
Immunopharmacology and Immunotoxicology   1-8   2017年   [査読有り]
【生体ガスと臓器保護】 硫化水素はミトコンドリア依存的に低酸素誘導性遺伝子応答を調節する
甲斐 慎一, 広田 喜一
ICUとCCU   40(8) 549-554   2016年8月
硫化水素(H2S)は一酸化窒素、一酸化炭素と同様多岐にわたる生理的薬理的作用を有する重要なガス状伝達物質として認識され、その生理的作用の解明と医療応用に注目が集まっている。これまでにH2Sが低酸素に対する生体反応にも重要な役割を果たすことが明らかになってきている。低酸素誘導性因子1(HIF-1)は低酸素により活性化する転写因子であり、遺伝子発現誘導により生体内の酸素需給バランスを制御する。哺乳類における低酸素下でのHIF-1活性に対するH2Sの効果についてはまだ不明な点も多い。われわれは培...
Yamaguchi R, Harada H, Hirota K.
Tumor Biology   37(10) 13295-13306   2016年   [査読有り]
Yamaguchi R, Harada H, Hirota K.
Tumour biology : the journal of the International Society for Oncodevelopmental Biology and Medicine   37(10) 13295-13306   2016年   [査読有り]
Umegaki T, Uba T, Sumi C, Sakamoto S, Jomura S, Hirota K, Shingu K.
Korean Journal of Anesthesiology   69(5) 460-467   2016年   [査読有り]
Hirota K.
Neuropathology of Drug Addictions and Substance Misuse   3 497-507   2016年   [査読有り]
Daijo H, Hoshino Y, Kai S, Suzuki K, Nishi K, Matsuo Y, Harada H, Hirota K.
Scientific Reports   6    2016年   [査読有り]
Okamoto A, Tanaka M, Sumi C, Oku K, Kusunoki M, Nishi K, Matsuo Y, Takenaga K, Shingu K, Hirota K.
BMC Anesthesiology   16(1)    2016年   [査読有り]
Suzuki K, Sato Y, Kai S, Nishi K, Adachi T, Matsuo Y, Hirota K.
PeerJ   2015(12)    2015年   [査読有り]
Goto Y, Zeng L, Yeom C.J, Zhu Y, Morinibu A, Shinomiya K, Kobayashi M, Hirota K, Itasaka S, Yoshimura M, Tanimoto K, Torii M, Sowa T, Menju T, Sonobe M, Kakeya H, Toi M, Date H, Hammond E.M, Hiraoka M, Harada H.
Nature Communications   6    2015年   [査読有り]
Tani M, Sato M, Son I, Tanabe H, Hirota K, Shirakami G, Fukuda K.
Japanese Journal of Anesthesiology   64(6) 603-609   2015年   [査読有り]
Yamaguchi R, Perkins G, Hirota K.
FEBS Letters   589(24) 4097-4105   2015年   [査読有り]
Hirota K.
Cardiovascular and Hematological Disorders - Drug Targets   15(1) 29-40   2015年   [査読有り]
Nakamoto T, Hirota K, Iwai T, Shingu K.
Korean Journal of Anesthesiology   68(2) 193-195   2015年   [査読有り]
Zeng L, Morinibu A, Kobayashi M, Zhu Y, Wang X, Goto Y, Yeom C.J, Zhao T, Hirota K, Shinomiya K, Itasaka S, Yoshimura M, Guo G, Hammond E.M, Hiraoka M, Harada H.
Oncogene   34(36) 4758-4766   2015年   [査読有り]
低酸素-低酸素誘導性因子-肺胞炎症
広田 喜一, 西 憲一郎, 新宮 興
関西医科大学雑誌   64 16-17   2014年5月
【呼吸器病学 TOPICS 2013-14】 呼吸管理 肺胞低酸素と炎症 低酸素誘導性因子活性化の観点から
広田 喜一
分子呼吸器病   18(1) 73-75   2014年3月
肺内酸素環境と肺疾患 低酸素-HIF-炎症
広田 喜一
呼吸器内科   25(3) 270-275   2014年3月
Miyatake S, Manabe Y, Inagaki A, Furuichi Y, Takagi M, Taoka M, Isobe T, Hirota K, Fujii N.L.
Biochemical and Biophysical Research Communications   444(4) 496-501   2014年   [査読有り]
生体ガスと臓器保護 硫化水素はミトコンドリア依存的に低酸素誘導性遺伝子応答を調節する
広田 喜一, 甲斐 慎一
Medical Gases   15(1) 25-27   2013年8月
【背景】硫化水素(hydrogen sulfid, H2S)が臓器虚血耐性の獲得を促し臓器保護効果を持つという報告が多数なされている。一方、低酸素誘導性因子hypoxia-inducible factor 1(HIF-1)は低酸素下で活性化し、様々な低酸素誘導性遺伝子応答を担う転写因子であり臓器虚血耐性を正に制御するという報告も存在する。今回我々は、H2Sが低酸素下でのHIF-1の活性化に及ぼす影響について分子生物学的に検討した。【方法】ヒト由来培養細胞株を使用し、20%O2(常酸素下)と...
【低酸素ストレス応答の疾患生物学】 疾患の病態生理学と低酸素誘導性因子
広田 喜一
細胞   45(9) 415-418   2013年8月
酸素ホメオスターシスはヒトの生理学または病態生理学の基本的な原理の一つである。Hypoxia-Inducible Factors(HIFs)は酸素ホメオスターシス維持のマスター制御因子といえる転写因子である。培養細胞や実験動物を用いた研究によりHIF1の比較的に短時間における生理的な役割に一定の結論が導かれてきた。一方各種の疾患の病態生理に慢性の酸素ホメースターシスの乱れとそれに伴うHIFの役割が明らかになってきている。本稿ではHIF活性調節の視点からいくつかの疾患の病態生理を概説する。(...
【通電療法アップデート】 日帰り電気けいれん療法の麻酔・周術期管理
佐藤 雅美, 広田 喜一, 諏訪 太朗, 挾間 雅章, 白神 豪太郎, 村井 俊哉, 福田 和彦
臨床精神医学   42(4) 443-450   2013年4月
日帰り電気痙攣療法における全身麻酔の安全性
佐藤 雅美, 広田 喜一, 白神 豪太郎, 角山 正博, 田辺 寛子, 福田 和彦
麻酔   62(1) 52-59   2013年1月
40名の患者に対する累積計762件の日帰り電気痙攣療法(ECT)の周術期の安全性について、後ろ向きに検討した。麻酔薬としてはプロポフォール、チオペンタールまたはセボフルラン、筋弛緩薬としては全症例でスキサメトニウムが使用され、フェイスマスクで気道確保、パルス波治療器で通電が行われた。麻酔中高血圧が281件(37%)、頻脈が214件(28%)、覚醒時譫妄が54件(7%)に生じ、161件(21%)に麻酔後回復室において酸素投与が行われた。平均滞在(来院から帰宅まで)時間は172分、全症例で日帰...
Hara R, Hirota K, Sato M, Tanabe H, Yazawa T, Habara T, Fukuda K.
Korean Journal of Anesthesiology   65(2) 142-146   2013年   [査読有り]
Kato K, Mizota T, Hirota K, Fukuda K.
Journal of Anesthesia   27(1) 141-142   2013年   [査読有り]
Tani M, Hirota K, Habara T, Fukuda K.
Journal of Anesthesia   27(5) 789-790   2013年   [査読有り]
Sato M, Hirota K, Shirakami G, Kakuyama M, Tanabe H, Fukuda K.
Japanese Journal of Anesthesiology   62(1) 52-59   2013年   [査読有り]
Liu Y, Higashitsuji H, Higashitsuji H, Itoh K, Sakurai T, Koike K, Hirota K, Fukumoto M, Fujita J.
Biochemical and Biophysical Research Communications   432(1) 22-27   2013年   [査読有り]
Zhu Y, Zhao T, Itasaka S, Zeng L, Yeom C.J, Hirota K, Suzuki K, Morinibu A, Shinomiya K, Ou G, Yoshimura M, Hiraoka M, Harada H.
Oncogene   32(16) 2058-2068   2013年   [査読有り]
Tanaka T, Kai S, Matsuyama T, Adachi T, Fukuda K, Hirota K.
PLoS ONE   8(12)    2013年   [査読有り]
Harada H, Inoue M, Itasaka S, Hirota K, Morinibu A, Shinomiya K, Zeng L, Ou G, Zhu Y, Yoshimura M, McKenna W.G, Muschel R.J, Hiraoka M.
Nature Communications   4    2013年   [査読有り]
Hamano N, Nishi K, Onose A, Okamoto A, Umegaki T, Yamazaki E, Hirota K, Ookura H, Takahashi H, Shingu K.
Journal of Intensive Care   1(1)    2013年   [査読有り]
Suzuki K, Nishi K, Takabuchi S, Kai S, Matsuyama T, Kurosawa S, Adachi T, Maruyama T, Fukuda K, Hirota K.
PeerJ   2013(1)    2013年   [査読有り]
Harada H, Inoue M, Itasaka S, Hirota K, Morinibu A, Shinomiya K, Zeng L, Ou G, Zhu Y, Yoshimura M, Mckenna W.G, Muschel R.J, Hiraoka M.
Nature Communications   4    2013年   [査読有り]
【がんと代謝 何故がん細胞が好んで解糖系を使うのか?メタボローム解析が明かすがん細胞の本質から代謝研究がもたらす創薬・診断まで】 (第2章)がん特異的代謝 グルタミノリシス がん細胞における代謝リプログラミング
広田 喜一
実験医学   30(15) 2400-2406   2012年9月
強烈な顔つきのOtto Warburgの名前を冠したワールブルグ効果で象徴されるグルコース代謝(解糖)に比してキーパーソンに欠けて目立たず、さらに非必須アミノ酸という「不名誉な」分類をされているグルタミンの代謝(グルタミノリシス)は、実は、細胞培養法がHeLa細胞で成功した当初からその重要性は十分に認識されていた。本稿では、近代的な研究成果であるがん細胞におけるグルタミノリシスの役割を解説し、現代的な手法で明らかになりつつあるグルタミノリシスとがんとの本質的な関連について説明して診断・治療...
Yamashita K, Ishii H, Hirota K, Sato M, Tanabe H, Fukuda K.
Korean Journal of Anesthesiology   62(5) 484-487   2012年   [査読有り]
Yazawa T, Hirota K, Miyai Z, Fukuda K.
Japanese Journal of Anesthesiology   61(7) 769-770   2012年   [査読有り]
Kai S, Tanaka T, Daijo H, Harada H, Kishimoto S, Suzuki K, Takabuchi S, Takenaga K, Fukuda K, Hirota K.
Antioxidants and Redox Signaling   16(3) 203-216   2012年   [査読有り]
Kawano Y, Kawaguchi M, Hirota K, Kai S, Konishi N, Furuya H.
Resuscitation   83(2) 249-252   2012年   [査読有り]
Harada H, Inoue M, Itasaka S, Hirota K, Morinibu A, Shinomiya K, Zeng L, Ou G, Zhu Y, Yoshimura M, McKenna W.G, Muschel R.J, Hiraoka M.
Nature Communications   3    2012年   [査読有り]
炎症の制御点としての低酸素誘導性因子
広田 喜一, 大条 紘樹, 甲斐 慎一, 鈴木 賢悟, 岸本 俊, 松山 智紀
麻酔   60(増刊) S69-S74   2011年11月
周術期医学としてのハイポキシア生物学の探究
広田 喜一
麻酔   60(増刊) S183-S188   2011年11月
Hirota K, Daijo H, Kai S, Suzuki K, Kishimoto S, Matsuyama T.
Japanese Journal of Anesthesiology   60(SUPPL. NOVEMBER)    2011年   [査読有り]
Tanaka T, Kai S, Koyama T, Daijo H, Adachi T, Fukuda K, Hirota K.
PLoS ONE   6(12)    2011年   [査読有り]
Daijo H, Kai S, Tanaka T, Wakamatsu T, Kishimoto S, Suzuki K, Harada H, Takabuchi S, Adachi T, Fukuda K, Hirota K.
European Journal of Pharmacology   667(1-3) 144-152   2011年   [査読有り]
Kishimoto S, Hirota K, Segawa H, Fukuda K.
Journal of Anesthesia   25(1) 104-107   2011年   [査読有り]
Kadonosono T, Kuchimaru T, Yamada S, Takahashi Y, Murakami A, Tani T, Watanabe H, Tanaka T, Hirota K, Inoue M, Tsukamoto T, Toyoda T, Urano K, Machida K, Eto T, Ogura T, Tsutsumi H, Ito M, Hiraoka M, Kondoh G, Kizaka-Kondoh S.
PLoS ONE   6(11)    2011年   [査読有り]
Hirota K.
Japanese Journal of Anesthesiology   60(SUPPL. NOVEMBER)    2011年   [査読有り]
Tanaka T, Takabuchi S, Nishi K, Oda S, Wakamatsu T, Daijo H, Fukuda K, Hirota K.
Journal of Anesthesia   24(1) 54-60   2010年   [査読有り]
Koga T, Miyao M, Sato M, Hirota K, Kakuyama M, Tanabe H, Fukuda K.
Journal of Anesthesia   24(3) 476-478   2010年   [査読有り]
Tanaka T, Wakamatsu T, Daijo H, Oda S, Kai S, Adachi T, Kizaka-Kondoh S, Fukuda K, Hirota K.
American Journal of Physiology - Regulatory Integrative and Comparative Physiology   298(3)    2010年   [査読有り]
Shinohara H, Hirota K, Sato M, Kakuyama M, Fukuda K.
Journal of Anesthesia   24(4) 611-613   2010年   [査読有り]
ハイポキシア生物学と周術期医学
広田 喜一
臨床麻酔   33(12) 1911-1919   2009年12月
ハイポキシア生物学 酸素代謝から見る生命現象
広田 喜一, 若松 拓彦, 田中 具治, 大条 紘樹, 甲斐 慎一
麻酔   58(増刊) S138-S146   2009年11月
Wakamatsu T, Tanaka T, Oda S, Nishi K, Harada H, Daijo H, Takabuchi S, Kai S, Fukuda K, Hirota K.
European Journal of Pharmacology   617(1-3) 17-22   2009年   [査読有り]
Oda S, Oda T, Takabuchi S, Nishi K, Wakamatsu T, Tanaka T, Adachi T, Fukuda K, Nohara R, Hirota K.
European Journal of Pharmacology   606(1-3) 130-136   2009年   [査読有り]
Hara Y, Hirota K, Fukuda K.
Journal of Anesthesia   23(4) 630-632   2009年   [査読有り]
Kizaka-Kondoh S, Itasaka S, Zeng L, Tanaka S, Zhao T, Takahashi Y, Shibuya K, Hirota K, Semenza G.L, Hiraoka M.
Clinical Cancer Research   15(10) 3433-3441   2009年   [査読有り]
Hirota K, Wakamatsu T, Tanaka T, Daijo H, Kai S.
Japanese Journal of Anesthesiology   58(SUPPL. NOVEMBER)    2009年   [査読有り]
【ハイポキシア生物学 酸素代謝からみる生命現象の方程式】 Lack of oxygen and beyond 序にかえて
広田 喜一
医学のあゆみ   225(13) 1283-1286   2008年6月
Kawai A, Nishinaka Y, Arai T, Hirota K, Mori H, Endo N, Miyoshi T, Yamashita K, Sasada M.
Journal of Pharmacological Sciences   108(4) 545-549   2008年   [査読有り]
Kimura M, Takabuchi S, Tanaka T, Murata M, Nishi K, Oda S, Oda T, Kanai M, Fukuda K, Kizaka-Kondoh S, Adachi T, Takabayashi A, Semenza G.L, Hirota K.
Biochemical Journal   411(1) 97-105   2008年   [査読有り]
Oda S, Oda T, Nishi K, Takabuchi S, Wakamatsu T, Tanaka T, Adachi T, Fukuda K, Semenza G.L, Hirota K.
PLoS ONE   3(5)    2008年   [査読有り]
Nishi K, Oda T, Takabuchi S, Oda S, Fukuda K, Adachi T, Semenza G.L, Shingu K, Hirota K.
Antioxidants and Redox Signaling   10(5) 983-995   2008年   [査読有り]
【微小環境からみる新たな癌の姿 癌の低酸素バイオロジー】 細胞の低酸素応答機構 低酸素センサーをめぐる論争
広田 喜一
実験医学   25(14) 2120-2126   2007年9月
酸素は、ネズミを長命に保つことのできる「脱フロギストン空気」として18世紀にJoseph Priestleyによって記述され、当初から生命の維持に重要な役割を果たす物質と考えられていた。酸素ホメオスタシスの破綻は、今やほとんどすべての疾患の病態生理の通奏低音として存在する。ホメオスタシスの維持機構の解明はそれゆえ、基礎生物学的な課題であるとともに医学的にも大きな課題である。ここでは、転写因子hypoxia-inducible factor 1をモデル分子に選び低酸素応答のアップデートを低酸...
Zhou J, Hara K, Inoue M, Hamada S, Yasuda H, Moriyama H, Endo H, Hirota K, Yonezawa K, Nagata M, Yokono K.
Kobe Journal of Medical Sciences   53(6) 283-296   2007年   [査読有り]
Sommani P, Yamashita K, Miyoshi T, Tsunemine H, Kodaki T, Mori H, Hirota K, Arai T, Sasada M, Makino K.
Biological and Pharmaceutical Bulletin   30(11) 2181-2184   2007年   [査読有り]
Li X, Kimura H, Hirota K, Sugimoto H, Kimura N, Takahashi N, Fujii H, Yoshida H.
Nephrology Dialysis Transplantation   22(4) 1041-1051   2007年   [査読有り]
Hiraga T, Kizaka-Kondoh S, Hirota K, Hiraoka M, Yoneda T.
Cancer Research   67(9) 4157-4163   2007年   [査読有り]
Adachi T, Hirota K, Hara T, Sasaki Y, Hara Y.
Anesthesia and Analgesia   105(3) 696-699   2007年   [査読有り]
Umegaki T, Kikuchi O, Hirota K, Adachi T.
Journal of Anesthesia   21(1) 110-111   2007年   [査読有り]
Hirota K, Semenza G.L.
Critical Reviews in Oncology/Hematology   59(1) 15-26   2006年   [査読有り]
Li X, Kimura H, Sugimoto H, Hirota K, Kimura N, Takahashi N, Yoshida H.
Therapeutic Research   27(9) 1775-1779   2006年   [査読有り]
Tsukiyama F, Nakai Y, Yoshida M, Tokuhara T, Hirota K, Sakai A, Hayashi H, Katsumata T.
Biochemical and Biophysical Research Communications   351(1) 234-239   2006年   [査読有り]
Adachi T, Hara T, Hara Y, Sasaki Y, Yunoki K, Uetsuki N, Miyazaki Y, Hirota K.
Anesthesia and Resuscitation   42(4) 45-47   2006年   [査読有り]
Oda T, Hirota K, Nishi K, Takabuchi S, Oda S, Yamada H, Arai T, Fukuda K, Kita T, Adachi T, Semenza G.L, Nohara R.
American Journal of Physiology - Cell Physiology   291(1)    2006年   [査読有り]
腎間質線維化における低酸素と炎症性サイトカインの関与 特にPAI-1,TIMP-1動態からの検討
李 軒, 木村 秀樹, 広田 喜一, 糟野 健司, 淀井 淳二, 吉田 治義
Pharma Medica   23(5) 97-99   2005年5月
ヒト培養近位尿細管上皮細胞(HRC)において,低酸素とTNF-α刺激が細胞外基質(ECM)分解抑制因子であるプラスミノーゲンアクチベーターインヒビター1(PAI-1)とtissue inhibitor of matrix metalloproteinase-1(TIMP-1)産生へ与える影響を検討した.炎症性変化が高度の半月体形成性糸球体腎炎では,近位尿細管上皮細胞にPAI-1発現を認めた.培養HRCでは,低酸素とTNF-αが転写レベルでPAI-1発現を活性化し,両刺激では相乗効果を認めた...
Hirota K, Hara T, Hosoi S, Sasaki Y, Hara Y, Adachi T.
Journal of Anesthesia   19(1) 75-77   2005年   [査読有り]
Nishi K, Hirota K, Takabuchi S, Oda S, Fukuda K, Adachi T, Shingu K.
Journal of Anesthesia   19(1) 54-59   2005年   [査読有り]
Li X, Kimura H, Hirota K, Kasuno K, Torii K, Okada T, Kurooka H, Yokota Y, Yoshida H.
Kidney International   68(2) 569-583   2005年   [査読有り]
Hirota K, Semenza G.L.
Biochemical and Biophysical Research Communications   338(1) 610-616   2005年   [査読有り]
Takabuchi S, Hirota K, Oda S, Nishi K, Oda T, Shingu K, Adachi T, Fukuda K.
Journal of Anesthesia   19(3) 263-265   2005年   [査読有り]
Hisano T, Namba T, Hashiguchi-Ikeda M, Ito T, Hirota K, Fukuda K.
Journal of Anesthesia   19(1) 1-6   2005年   [査読有り]
Li X, Kimura H, Hirota K, Sugimoto H, Yoshida H.
Biochemical and Biophysical Research Communications   335(4) 1026-1034   2005年   [査読有り]
カテキンによるHIF-1α,ITFを介した腸管粘膜保護作用
木村 元英, 金井 陸行, 広田 喜一, 笹田 哲朗, 木下 浩一, 高林 有道
消化器と免疫   (40) 80-83   2004年6月
Hypoxia inducible factor-1α(HIF-1α)は,低酸素環境下において種々の下流遺伝子を誘導する転写因子である.低酸素環境下の腸管において,HIF-1を介しIntestinal trefoil factor(ITF)が誘導され,腸管の粘膜保護に関与していると報告されている.そこで,カテキンがHIF-1を介し,ITFを発現させるのではないかと考えた.n-PGによってHIF-1αの蛋白は,濃度・時間依存的に増加した.それに伴いITF,VEGFのmRNAも増加した.よって...
Itoh T, Hirota K, Hisano T, Namba T, Fukuda K.
Journal of Anesthesia   18(3) 203-209   2004年   [査読有り]
Takabuchi S, Hirota K, Nishi K, Oda S, Oda T, Shingu K, Takabayashi A, Adachi T, Semenza G.L, Fukuda K.
FEBS Letters   577(3) 434-438   2004年   [査読有り]

Misc

 
腸骨鼠径・腸骨下腹神経ブロック後の一過性大腿神経麻痺 成人鼠径ヘルニア手術患者での超音波ガイド法とランドマーク法の比較
谷 美登利, 佐藤 雅美, 孫 寅碩, 田辺 寛子, 広田 喜一, 白神 豪太郎, 福田 和彦
麻酔   64(6) 603-609   2015年6月
成人鼠径ヘルニア手術患者を対象に全身麻酔下に0.5%ロピバカインを用いて施行された腸骨鼠径・腸骨下腹神経ブロック(IINB)後の一過性大腿神経麻痺(TFNP)の発症率をランドマーク法(LM群、n=17)と超音波ガイド法(US群、n=16)で後ろ向きに検討した。TFNP発症率はLM群(41%)よりUS群(6%)で低かった(P=0.019)。超音波ガイド法はIINB後のTFNP発症率低下に有用である可能性が示唆された。(著者抄録)
公刊されてからのほうがより重要なのだ
広田 喜一
LiSA   21(9) 912-913   2014年9月
手術用ナビゲーションシステムが経皮的酸素飽和度モニターに及ぼす影響
矢澤 智子, 広田 喜一, 宮井 善三, 福田 和彦
麻酔   61(7) 769-770   2012年7月