講演・口頭発表等

再処理工場における放射線管理の経験; プロセス溶液分析用グローブボックスの解体作業

日本放射線安全管理学会第8回学術大会
  • 塩谷 聡
  • ,
  • 平山 努*
  • ,
  • 江橋 勤
  • ,
  • 並木 篤
  • ,
  • 百瀬 琢麿

開催年月日
2009年12月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
長崎
国・地域
日本

現在、東海再処理施設では、高経年化対策として施設内の設備の更新作業を行っている。施設内の機器は長年の運転により、放射性物質による汚染のレベルが高いため、機器の取扱いには汚染拡大防止や被ばく防護措置を図ることが重要である。本稿では、再処理工場の工程管理や安全確保等を目的としたプロセス溶液の分析によって汚染されたグローブボックス解体時のプルトニウム等の$\alpha$線放出核種による内部被ばく防止に重点をおいた放射線管理について報告する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5022314