講演・口頭発表等

福島第一原子力発電所事故後の東海再処理施設における放射線管理

日本保健物理学会第49回研究発表会
  • 渡邊 裕貴
  • ,
  • 中村 圭佑
  • ,
  • 赤須 昂平
  • ,
  • 奥山 駿
  • ,
  • 並木 篤

開催年月日
2016年6月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
弘前
国・地域
日本

福島第一原子力発電所事故により放出された放射性核種(以下、福島原発由来核種)が東海再処理施設に降り注ぎ、$\beta$線核種に対する通常管理が困難となった。そのため、福島原発由来核種の影響時における放射線管理方法について定め、運用してきた。その後、福島原発由来核種の影響が低減したことから、平成26年4月1日より放射線管理方法を福島原発事故前の通常管理へと復帰させた。本発表では、福島事故直後から現在までの福島原発由来核種による影響の推移について報告する。そのうえで福島原発事故前の通常管理へ復帰したことの妥当性を検証した。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5055820