Hideki Hasegawa

J-GLOBAL         Last updated: Nov 7, 2019 at 13:33
 
Avatar
Name
Hideki Hasegawa
Affiliation
National Institute of Infectious Diseases

Research Areas

 
 

Education

 
Apr 1987
 - 
Mar 1993
Medicine, School of Medicine, Hokkaido University
 

Published Papers

 
Sun L, Kono N, Toh H, Xue H, Sano K, Suzuki T, Ainai A, Orba Y, Yamagishi J, Hasegawa H, Takahashi Y, Itamura S, Ohnishi K
Journal of visualized experiments : JoVE   (145)    Mar 2019   [Refereed]
Saito S, Sano K, Suzuki T, Ainai A, Taga Y, Ueno T, Tabata K, Saito K, Wada Y, Ohara Y, Takeyama H, Odagiri T, Kageyama T, Ogawa-Goto K, Multihartina P, Setiawaty V, Pangesti KNA, Hasegawa H
PLoS pathogens   15(1) e1007427   Jan 2019   [Refereed]
Kurosawa S, Sekiya N, Fukushima K, Ikeuchi K, Fukuda A, Takahashi H, Chen F, Hasegawa H, Katano H, Hishima T, Setoguchi K
BMC infectious diseases   19(1) 65   Jan 2019   [Refereed]
Ueno K, Urai M, Izawa K, Otani Y, Yanagihara N, Kataoka M, Takatsuka S, Abe M, Hasegawa H, Shimizu K, Kitamura T, Kitaura J, Miyazaki Y, Kinjo Y
Scientific reports   8(1) 17406   Nov 2018   [Refereed]
Sano K, Ainai A, Suzuki T, Hasegawa H
Expert review of vaccines   17(8) 687-696   Aug 2018   [Refereed]
Fujioka Y, Nishide S, Ose T, Suzuki T, Kato I, Fukuhara H, Fujioka M, Horiuchi K, Satoh AO, Nepal P, Kashiwagi S, Wang J, Horiguchi M, Sato Y, Paudel S, Nanbo A, Miyazaki T, Hasegawa H, Maenaka K, Ohba Y
Cell host & microbe   23(6) 809-818.e5   Jun 2018   [Refereed]
Terauchi Y, Sano K, Ainai A, Saito S, Taga Y, Ogawa-Goto K, Tamura SI, Odagiri T, Tashiro M, Fujieda M, Suzuki T, Hasegawa H
Human vaccines & immunotherapeutics   14(6) 1351-1361   Jun 2018   [Refereed]
Hasegawa H, Sano K, Ainai A, Suzuki T
Advances in biological regulation   68 10-12   May 2018   [Refereed]
Catton M, Gray G, Griffin D, Hasegawa H, Kent SJ, Mackenzie J, McSweegan E, Mercer N, Wang L
Antiviral research   153 60-69   May 2018   [Refereed]
Kaneko M, Shikata H, Matsukage S, Maruta M, Shinomiya H, Suzuki T, Hasegawa H, Shimojima M, Saijo M
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   24(4) 292-297   Apr 2018   [Refereed]
Iwatsuki-Horimoto K, Nakajima N, Kiso M, Takahashi K, Ito M, Inoue T, Horiuchi M, Okahara N, Sasaki E, Hasegawa H, Kawaoka Y
Frontiers in microbiology   9 844   May 2018   [Refereed]

Misc

 
【呼吸器感染症と経鼻ワクチン】 経鼻インフルエンザワクチンで誘導される分泌型IgA抗体の役割
長谷川 秀樹
炎症と免疫   27(2) 109-114   Feb 2019
インフルエンザは例年、国内で数千万人がワクチン接種しているにもかかわらず、毎年流行を繰り返す急性呼吸器感染症である。インフルエンザウイルスの感染の場は鼻や喉等の上気道の表面に存在する上皮細胞であるため、血中に分布する中和抗体を誘導する現行の皮下ワクチンではインフルエンザウイルスの感染を十分に阻止することができない。現在開発が進むのが不活化経鼻インフルエンザワクチンで、粘膜表面に分泌型IgA抗体を誘導する。分泌型IgA抗体は粘膜面の表面で感染を阻止することができ、さらに変異ウイルスに対する交...
インフルエンザワクチンの現状
長谷川 秀樹, 田村 愼一
呼吸器内科   35(1) 97-101   Jan 2019
【インフルエンザワクチン:再考と展望】 不活化経鼻インフルエンザワクチンと粘膜に誘導されるIgA抗体
長谷川 秀樹
外来小児科   21(3) 409-413   Nov 2018
新興・再興ウイルス感染症の流行状況と対策 先天性ジカ症候群の病理解析
鈴木 忠樹, 飛梅 実, 長谷川 秀樹
臨床とウイルス   46(4) 251-257   Oct 2018
【感染性疾患の病理】 (第2部)感染性疾患の病理 中枢神経領域 進行性多巣性白質脳症
高橋 健太, 鈴木 忠樹, 片野 晴隆, 長谷川 秀樹
病理と臨床   36(臨増) 116-119   Apr 2018
【感染性疾患の病理】 (第2部)感染性疾患の病理 新興・再興感染症 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の病理
長谷川 秀樹, 鈴木 忠樹
病理と臨床   36(臨増) 291-295   Apr 2018
【感染性疾患の病理】 (第2部)感染性疾患の病理 新興・再興感染症 先天性ジカウイルス感染症
鈴木 忠樹, 長谷川 秀樹
病理と臨床   36(臨増) 296-300   Apr 2018
経鼻不活化および生ワクチンの有効性評価
長谷川 秀樹
インフルエンザ   19(1) 51-55   Jan 2018
インフルエンザウイルス感染防御に重要な働きをする粘膜免疫は現行の注射によるワクチンでは誘導されない。分泌型IgA抗体に代表される粘膜免疫機構はインフルエンザウイルスの感染の標的となる粘膜上皮への感染阻止、および変異ウイルスに対する交叉防御効果がある。これら粘膜免疫を誘導するには粘膜経由のワクチン投与が必要であり経鼻ワクチンが有望である。経鼻ワクチンにはすでに欧米で認可された生ワクチンと現在開発途上の不活化ワクチンがある。本稿ではインフルエンザの経鼻不活化ワクチンおよび経鼻弱毒生ワクチンそれ...
【近未来のワクチン-開発研究の潮流と課題】 各種ワクチン開発の潮流と課題 新しいインフルエンザワクチン開発
長谷川 秀樹
医学のあゆみ   264(5) 438-443   Feb 2018
より効果の高いインフルエンザワクチンが求められており、そのためには新しいアプローチが必要である。インフルエンザの感染阻止には粘膜免疫の誘導が必要であるが、現行のワクチンにはその能力がない。感染を阻止するためには感染の場である上気道粘膜上に感染を阻止しうる免疫を誘導する必要がある。感染を阻止することが可能な粘膜免疫を誘導するワクチンが、経鼻インフルエンザワクチンである。新しいインフルエンザワクチンとしての経鼻インフルエンザワクチンについて、また欧米ですでに承認され、国内での承認がまたれる経鼻...