大森 純子

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/17 17:10
 
アバター
研究者氏名
大森 純子
 
オオモリ ジュンコ
URL
http://www.med.tohoku.ac.jp/about/laboratory/060.html
所属
東北大学
部署
大学院医学系研究科・医学部 保健学専攻 基礎・健康開発看護学講座 公衆衛生看護学分野・地域ケアシステム看護学分野(兼)・地域保健学分野(兼)
職名
教授、看護師・保健師
学位
看護学博士(聖路加看護大学)
科研費研究者番号
50295391

研究分野

 
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年3月
聖路加看護大学大学院 看護学研究科 
 
1999年4月
 - 
2001年3月
東北福祉大学大学院 社会福祉学研究科 
 
1984年4月
 - 
1988年3月
聖路加看護大学 看護学部看護学科 
 

委員歴

 
2018年8月
 - 
現在
宮城県  宮城県保健師育成検討会委員
 
2018年7月
 - 
現在
厚生労働省  保健師基礎教育検討委員
 
2018年6月
 - 
現在
日本公衆衛生看護学会 編集委員会  副委員長
 
2018年6月
 - 
現在
全国保健師教育機関協議会  理事
 
2018年6月
 - 
現在
全国保健師教育機関協議会  編集委員会 委員長
 

受賞

 
2016年
日本公衆衛生看護学会 学術奨励賞(優秀論文部門)
 
2016年
第4回日本公衆衛生看護学会学術集会 優秀ポスター賞
 
2014年
日本看護科学学会 論文優秀賞
 
2010年
日本公衆衛生学会 奨励賞
 
2007年
the 1st KOREA-JAPAN Joint Conference on Community Health Care Poster Award
 

論文

 
Kobayashi M, Asahara K, Omori J, Miyazaki M, Miyazaki T, Anzai Y, Ono W, Mitsumori Y
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   65(1) 25-33   2018年   [査読有り]
Ohashi Y, Taguchi A, Omori J, Ozaki A
Public health nursing (Boston, Mass.)   34(4) 380-387   2017年7月   [査読有り]
Kamei T, Takahashi K, Omori J, Arimori N, Hishinuma M, Asahara K, Shimpuku Y, Ohashi K, Tashiro J
Revista latino-americana de enfermagem   25 e2839   2017年1月   [査読有り]
Sakai T, Omori J, Takahashi K, Mitsumori Y, Kobayashi M, Ono W, Miyazaki T, Anzai H, Saito M
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   64(4) 226   2017年   [査読有り]
Kawasaki C, Omori J, Ono W, Konishi E, Asahara K
Public health nursing (Boston, Mass.)   33(4) 335-342   2016年7月   [査読有り]
Sakai T, Omori J, Takahashi K, Mitsumori Y, Kobayashi M, Ono W, Miyazaki T, Anzai H, Saito M
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   63(11) 664-674   2016年   [査読有り]
Asahara K, Ono W, Kobayashi M, Omori J, Momose Y, Todome H, Konishi E
Japan journal of nursing science : JJNS   10(1) 98-108   2013年6月   [査読有り]
Asahara K, Ono W, Kobayashi M, Omori J, Todome H
Journal of nursing measurement   21(1) 43-54   2013年   [査読有り]
Asahara K, Kobayashi M, Ono W, Omori J, Todome H, Konishi E, Miyazaki T
Public health nursing (Boston, Mass.)   29(3) 266-275   2012年5月   [査読有り]
[A framework for assessing essential public health nursing skills and achievement levels required for students graduating from schools that provide education for obtaining a license as a public health nurse in Japan].
Asahara K, Omori J, Kobayashi M, Hirano Y, Suzuki Y, Arakida M, Oki S, Okamoto R, Okuyama N, Kaihara I, Sudo H, Nagae H, Miyazaki M, Murashima S
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   57(3) 184-194   2010年3月   [査読有り]
Omori J
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   54(9) 605-614   2007年9月   [査読有り]

Misc

 
市民と保健医療従事者とのパートナーシップに基づく「People-Centered Care」の概念の再構築
高橋 恵子, 亀井 智子, 大森 純子, 有森 直子, 麻原 きよみ, 菱沼 典子, 新福 洋子, 田代 順子, 大橋 久美子, 朝澤 恭子
聖路加国際大学紀要   4 9-17   2018年3月
【目的】聖路加国際大学では,わが国の少子超高齢社会の課題に向け,2003年より市民と保健医療従事者とのパートナーシップに基づくPeople-Centered Care(以下,PCC)の創生に取り組んできた。今回は,旧版PCCの構成要素と概念図を,現状のPCC事業に照らし,精錬し再構築することを目的とした。【方法】2016年度に活動したPCC事業責任者から,旧版PCCの構成要素と概念図について意見を収集した。その内容を基に,10名の研究者間でPCCの構成概念と概念図を精錬し更新した。【結果】...
保健師養成機関における「公衆衛生看護の倫理」教育の実態
小林 真朝, 麻原 きよみ, 大森 純子, 宮崎 美砂子, 宮崎 紀枝, 安齋 由貴子, 小野 若菜子, 三森 寧子
日本公衆衛生雑誌   65(1) 25-33   2018年1月
目的 公衆衛生看護の倫理に関するモデルカリキュラム・教育方法・教材開発のために、全国の保健師養成機関における倫理教育に関する実態を把握することを目的とした。方法 全国の保健師養成機関(専修学校(1年課程の保健師養成所、4年課程の保健看護統合カリキュラム校)、短大専攻科、大学)229校に質問紙を送付し、公衆衛生看護教育を担当する教員に回答を求めた。質問紙の内容は、回答者および所属機関の属性や保健師資格教育の形態のほか、公衆衛生看護の倫理の独立・関連科目の有無と導入予定、公衆衛生看護以外の倫理...
市民と看護職とのパートナーシップに基づく「People-Centered Care」の概念の再構築
高橋 恵子, 亀井 智子, 大森 純子, 麻原 きよみ, 菱沼 典子, 有森 直子, 新福 洋子, 大橋 久美子, 田代 順子
日本看護科学学会学術集会講演集   37回 [PA-06   2017年12月
乳がん検診の受診行動を促進、または阻害する要因に関する文献検討
菅野 史夏, 竹田 香織, 大森 純子
日本公衆衛生学会総会抄録集   76回 420-420   2017年10月
看護拠点を立ち上げた看護師の地域におけるケアの特徴
吉澤 彩, 田口 敦子, 大森 純子
日本公衆衛生学会総会抄録集   76回 537-537   2017年10月

書籍等出版物

 
グレッグ 美鈴, 麻原 きよみ, 横山 美江, 大森 純子, 萱間 真美, 大久保 功子, 吉岡 京子, 河井 伸子, 岡本 玲子
医歯薬出版   2016年   ISBN:9784263236765
≪系統看護学講座 専門基礎分野≫健康支援と社会保障制度[2]
大森 純子 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 公衆衛生の活動対象・第7章 地域保健)
2015年1月   
これからの保健医療福祉行政論―地域づくりを推進する保健師活動 (第2版)
大森 純子 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 保健師が担う政策化のプロセスと方法論)
2014年11月   
公衆衛生看護学テキスト2公衆衛生看護技術
大森 純子 (担当:分担執筆, 範囲:第3章 地域全体への公衆衛生看護技術)
医歯薬出版   2014年4月   
インタビューという実践
大森 純子 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 知の創出と洗練―科学の実践としてのインタビュー)
新曜社   2014年4月   

競争的資金等の研究課題

 
東北の被災地におけるポジティブ・デビエンスを生かした社会的包摂の実践モデルの開発
科研費: 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 大森 純子
地域特性に応じた保健活動推進ガイドラインの開発
厚生労働科学研究費補助金: 
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 麻原 きよみ
地域の底力を高める「地域への愛着メソッド」の汎用性開発
科研費: 基盤(B)
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 大森 純子