Pino Cutrone

J-GLOBAL         Last updated: Nov 27, 2019 at 11:57
 
Avatar
Name
Pino Cutrone

Profile

The general goal of my research program is to inform EFL pedagogy in Japan. To this end, my research agenda involves bringing together a wide variety of my interests in applied linguistics to address issues that affect Japanese EFL/ESL learners. Specifically, with a focus on spoken discourse, my research is concentrated on answering questions framed in the following areas: intercultural pragmatics, sociocultural influences on language use, motivation, second language acquisition, and pedagogical interventions.
私が研究課程において全般的に目指すものは、日本におけるEFL(外国語としての英語)の教授法について有効な情報を提供することである。具体的には、対話(会話)を重点的に取り扱いながら、以下に示す分野の疑問・質問に答えることが研究の中心となる。 (1)異文化間の語用論 (2)言語使用に関する社会言語学から見た影響 (3)動機づけ (4)第二言語習得上の問題点 (5)言語学習上の異なるアプローチ、種々の教授法