柴田 欣秀

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/06 13:01
 
アバター
研究者氏名
柴田 欣秀
所属
岐阜工業高等専門学校
部署
電気情報工学科
職名
講師
学位
博士(工学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
20633209

研究分野

 
 

経歴

 
2018年3月
 - 
現在
独立行政法人 国立高等専門学校機構 岐阜工業高等専門学校 電気情報工学科 講師
 
2018年4月
 - 
2019年3月
University of California, San Diego Center for Energy Research Visiting scholar
 
2018年4月
 - 
2019年3月
General Atomics Plasma Control and Operations Group DIII-D National Fusion Facility Visiting researcher
 
2015年4月
 - 
2018年2月
独立行政法人 国立高等専門学校機構 岐阜工業高等専門学校 電気情報工学科 助教
 
2012年4月
 - 
2015年3月
独立行政法人 日本原子力研究開発機構 核融合研究開発部門 博士研究員
 

委員歴

 
2016年8月
 - 
現在
プラズマ・核融合学会  広報委員
 

受賞

 
2012年11月
第29回プラズマ核融合学会年会 若手学会発表賞
 
2012年6月
第9回核融合エネルギー連合講演会 若手優秀発表賞
 

論文

 
Analysis of the initial phase of current quenches in the DIII-D tokamak
Y. Shibata, M. Okamoto, N. Eidietis, K.Y. Watanabe, V. Lukash, R. Khayrutdinov
Proceedings of 46th EPS conference on plasma physics   43C P4.1049   2019年7月
岐阜高専電気情報工学科における学習管理システムを用いた学生実験管理
柴田欣秀、田島孝治、白木英二、山田博文、所哲郎
工学教育   67(3) 62-65   2019年3月   [査読有り]
岐阜高専における外部機関との連携による体験型原子力教育の実践
柴田欣秀, 所哲郎
工学教育   66(6) 88-93   2018年11月   [査読有り]
Y. Shibata, A. Isayama, S. Miyamoto, S. Kawakami, K.Y. Watanabe, G. Matsunaga, Y. Kawano, V.E Lukash, R.R. Khayrutdinov
Plasma Physics and Controlled Fusion   56 045008   2014年   [査読有り]
Y. Shibata, A. Isayama, G. Matsunaga, Y. Kawano, S. Miyamoto, V.E Lukash, R.R. Khayrutdinov, and JT-60 team
Plasma and Fusion Research   9 3402084   2014年   [査読有り]

書籍等出版物

 
デザコン2017 岐阜 official book
一般社団法人全国高等専門学校連合会 (担当:分担執筆, 範囲:【プレデザコン部門】課題テーマ「気になる「もの」」)
建築資料研究社   2018年4月   

講演・口頭発表等

 
Study of the plasma response on external RMP field in a small tokamak device HYBTOK-II
Y. Shibata, M. Okamoto, N. Yoshimoto, K.Y. Watanabe , N. Ohno, Y. Kikuchi
28th International Toki conference   2019年11月5日   
Analysis of the initial phase of current quenches in the DIII-D tokamak
Y. Shibata, M. Okamoto, N. Eidietis, K.Y. Watanabe, V. Lukash, R. Khayrutdinov
46th EPS conference on plasma physics   2019年7月8日   
Study of the plasma response on external rotating RMP field in a small tokamak device HYBTOK-II
Y. Shibata, M. Okamoto, N. Yoshimoto, K.Y. Watanabe , N. Ohno, Y. Kikuchi
23rd Workshop on MHD Stability Control – A US-Japan Workshop   2018年11月12日   
Current quench analysis of during the initial phase of current quench in DIII-D tokamak
Y. Shibata, M. Okamoto, H. Horie, K.Y. Watanabe, N. Eidietis
Joint Meeting of US-Japan MHD Workshop "Toward development of integrated studies of 3D magnetic field effects in fusion devices" and 31st ITPA MHD Disruption and Control Topical Group   2018年3月   
Simulation study of the plasma vertical displacement event(VDE) and driven halo current in a tokamak DEMO reactor
Y. Shibata,A. Matsuyama,S. Miyamoto, N. Asakura, H. Tanaka, N. Ohno, Y. Sakamoto, V. Lukash, R. Khayrutdinov
The 26th International Toki conference and The 11th Asia plasma and fusion association conference   2017年12月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
外部摂動磁場を用いた能動的MHD診断法の開発
核融合科学研究所: 核融合科学研究所LHD計画共同研究
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 柴田 欣秀
ディープラーニングを用いたプラズマ不安定性の予測検知法の開発
岐阜高専地域連携協力会: 岐阜高専地域連携協力会助成「研究プロジェクト」助成金
研究期間: 2016年10月 - 2017年12月    代表者: 柴田 欣秀
LHDにおけるトロイダル電流減衰時間の決定機構の研究
核融合科学研究所: 核融合科学研究所LHD共同研究
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 柴田 欣秀
トカマク型核融合発電炉に向けた高精度なハロー電流発生予測モデルの構築
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 柴田 欣秀
トカマクプラズマにおけるディスラプション時の電流減衰モデルの検証
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 柴田 欣秀

その他

 
2017年12月   平成29年度全国高等専門学校デザインコンペティション
現地実行委員 プレデザコン部門 副部門長
2015年11月   第32回プラズマ・核融合学会 年会
現地実行委員