廣中直行

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/22 14:55
 
アバター
研究者氏名
廣中直行
eメール
nhironakamac.com
所属
(社)マーケティング共創協会
学位
博士(医学)(埼玉医科大学)
その他の所属
LSIメディエンス薬理研究部

プロフィール

東京大学文学部心理学科卒業
実験動物中央研究所,理化学研究所脳科学総合研究センター,科学技術振興機構ERATO下條潜在脳機能プロジェクト,NTTコミュニケーション科学基礎研究所等に勤務.

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
NTTコミュニケーション科学基礎研究所 人間情報研究部 リサーチスペシャリスト
 
2005年4月
 - 
2010年3月
科学技術振興機構 ERATO下條潜在脳機能プロジェクト グループリーダー
 
2001年4月
 - 
2005年3月
専修大学 文学部心理学科 教授
 
1997年4月
 - 
2001年3月
理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
 
1996年11月
 - 
1997年3月
イナリサーチ 薬理研究部 研究員
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1984年3月
東京大学大学院 人文科学研究科 心理学専攻
 
1975年4月
 - 
1979年3月
東京大学 文学部 心理学科
 

論文

 
Learning of efficient behaviour in spatial exploration through observation of behaviour of conspecific in laboratory rats
Takano Yuji, Ukezono Masatoshi, Nakashima Satoshi, Takahashi Nobuaki, Naoyuki Hironaka
The Royal Society Open Science   4(9) 170121   2017年9月   [査読有り]
依存・嗜癖の基礎研究からみたDSM-5
廣中直行
日本アルコール・薬物医学会誌   51(5) 268-274   2016年10月   [査読有り][招待有り]
マウスにおけるアルコールhangoverモデルに対するソルマックの効果
林田尚之・廣中直行・片山誠一
日本アルコール・薬物医学会誌   51(2) 109-117   2016年4月   [査読有り]
[Behavioral characteristics of nicotine seeking: a role of the nicotine-conditioned effects and other mechanisms].
Itasaka M, Hironaka N, Miyata H
Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai zasshi = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence   50(3) 135-143   2015年6月   [査読有り]
[Substance related disorders and addictive disorders].
Miyata H, Higuchi S, Hironaka N, Ikeda K, Iyo M, Komiyama T, Matsumoto T, Suzuki T, Takada K, Wada K, Saito T
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   116(11) 950-954   2014年   [査読有り]