佐藤 ちひろ

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/08 21:17
 
アバター
研究者氏名
佐藤 ちひろ
eメール
chiagr.nagoya-u.ac.jp
URL
http://www.agr.nagoya-u.ac.jp/~kikan/index.html
所属
名古屋大学
部署
生物機能開発利用研究センター 基盤・育成部門
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京大学)

研究分野

 

経歴

 
1996年4月
 - 
1998年3月
日本学術振興会 特別研究員
 
1998年4月
 - 
2001年3月
日本学術振興会 特別研究員
 
2001年4月
 - 
2001年8月
名古屋大学生物分子応答研究センター 研究機関研究員
 
2001年9月
 - 
2005年1月
名古屋大学大学院生命農学研究科 助手
 
2005年2月
 - 
2007年3月
名古屋大学 生物機能開発利用研究センター 基盤・育成部門 助教授
 
2007年4月
 - 
現在
名古屋大学 生物機能開発利用研究センター 基盤・育成部門 准教授
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1997年3月
東京大学大学院 理学系研究科 生物化学専攻 (博士課程)
 
1992年4月
 - 
1994年3月
東京大学大学院 理学系研究科  生物化学専攻 (修士課程)
 
1988年4月
 - 
1992年3月
東京大学 理学部 生物化学科
 

受賞

 
2017年3月
日本農芸化学会 第1回農芸化学女性研究者賞
 
2010年3月
日本農芸化学会 2009年BBB論文賞 
 
2003年3月
日本糖質学会 第6回日本糖質学会奨励賞
 
1999年3月
日本糖質学会 第3回日本糖質学会ポスター賞
 

論文

 
New functions of polysialic acid and its relationship to schizophrenia
Sato C and Kitajima K
TIGG   23 221-238   2011年   [査読有り]

書籍等出版物

 
未来を創るグライコサイエンス-我が国のロードマップ-
佐藤 ちひろ (担当:共著, 範囲:統合失調症)
2018年   
Advanced Technologies in Sialic Acid and Sialoglycoconjugate Analysis in Top Curr Chem
Kitajima K, Varki N, Sato C. (担当:共著)
Springer   2015年   
ST8 alpha-N-acetyl-neuraminide alpha-2,8-sialyltransferase 2 (ST8SIA2)in Handbook of Glycosyltransferases and related genes
Sato C
Springer   2014年   
Polysialic acid in the Glycoscience: Biology and Medicine
Sato, C. and Kitajima, K. (担当:共著)
Springer,   2014年   
Polysialyltransferase assay in the Glycoscience: Biology and Medicine
Hane, M., Kitajima, K. and Sato, C. (担当:共著)
Springer   2014年   
Flagellasialin in the Glycoscience: Biology and Medicine
Kanazawa, T., Suzuki, E., Miyata, S., Sato, C. and Kitajima, K. (担当:共著)
Springer   2014年   
Frontal Affinity Chromatography in the Methods in Molecular Biology
Sato, C.
Springer   2014年   
Sialobiology: Structure, Function and Biosynthesis
Sato C (担当:共著)
Bentham Science   2013年   
Methods in Enzymology・ Analysis of glycan-protein interaction by frontal affinity chromatography and Biacore.
Sato, C., Yamakawa, N., and Kitajima, K. (担当:共著)
Elsevir science   2010年   
Carbohydrate Recognition: Biological problems, methods, and applications
Ken Kitajima and Chihiro Sato (Editors: Binghe Wang, Geer-Jan Boons) (担当:共著)
John Wiley and Sons   2009年   
Glycoscience Lab Manual・Labeling of oligosialic acid
C. Sato (担当:共著)
KINPO-DO   2008年   
Glycoscience Lab Manual・Structure analysis of oligo/polysialic acid
C. Sato and K. Kitajima (担当:共著)
KINPO-DO   2008年   
Membrane microdomain as a platform of carbohydrate-mediated interactions during early development of medaka fish.
Adachi, T., Sato, C., and Kitajima, K. (担当:共著)
KINPO-DO   2008年   
未来を拓く糖鎖科学・オリゴシアル酸の標識
金芳堂   2005年   
オリゴシアル酸の標識
遺伝子医学MOOK 糖鎖と病気・ポリシアル酸
佐藤ちひろ、北島 健 (担当:共著)
メディカルデュー   2005年   
Recent Research Developments in Analytical Biochemistry・Detection of di/oligo/polysialic acid units in glycoproteins
"C. Sato, and K. Kitajima" (担当:共著)
Transworld research network   2002年   
Leukocyte typing VII・Oligosialic acid as a differentiation-associated antigen in human haematopoietic cell line HL60.
C. Sato and K. Kitajima (担当:共著)
OXFORD   2001年   
Leukocyte typing VII・Carbohydrate-recognizing monoclonal antibodies as revealed by ELISA using phosphatidylethanolamine-conjugated oligosaccharides as antigens
C. Sato and K. Kitajima (担当:共著)
OXFORD   2001年   
Sialobiology and other novel form of glycosylation
Gakken Shuppan   1999年   
Sialobiology and Other Novel Form of Glycosylation・Occurrence of a2,8-linked oligosialic acid residues in mammalian glycoproteins.
K. Kitajima, C. Sato, N. Honda, T. Matsuda, M.-H. Yokoyama, B. E. Close, and K. J. Colley (担当:共著)
Gakushin   1999年   

講演・口頭発表等

 
魚類CMP-シアル酸合成酵素の構造と性質
藤田明子、安川裕子、佐藤ちひろ、北島健
日本農芸化学会2009年度大会   2009年3月29日   
ポリシアル酸と脳由来神経栄養因子の相互作用の解析
金戸幸弘、北島健、佐藤ちひろ
日本農芸化学会2009年度大会   2009年3月29日   
ポリシアル酸とFGF-2の相互作用の解析.
小野明日香、金戸幸弘、北島 健、佐藤ちひろ
日本農芸化学会2009年度大会   2009年3月29日   
ラクタム化シアル酸誘導体の合成とその分解反応に関する研究.
大野ひろみ、安藤弘宗、川上信彦、岩田章子、佐藤ちひろ、北島健、石田秀治、木曽真
日本農芸化学会2009年度大会   2009年3月29日   
Polysialic acid is not a negative regulator any longer in neurogenesis and neuronal functions: A new finding of its binding to a particular group of neurotransmitters.
Ken Kitajima, Ryo Isomura, and Chihiro Sato
Gordon Research Conference on Glycobiology,   2009年1月18日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
Specific labeling and chemical analysis of sialic acid and sialyloligo/polymers
その他   2011年
Carbohydrate analysis by gas-liquid chromatography
その他   2011年
Enzyme assay of polysialyltransferase (
その他   2011年
シアル酸と進化
その他   2006年
神経系におけるポリシアル酸の役割
その他   2004年
糖鎖生物学
その他   2003年
翻訳(一部)
オリゴ・ポリシアル酸の生合成
その他   2002年

競争的資金等の研究課題

 
ポリシアル酸による新しい細胞機能調節機構の分子基盤の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 佐藤ちひろ
精神疾患に関与するポリシアル酸転移酵素の機能解析
科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 佐藤ちひろ
微小糖鎖空間における酸性多糖が織りなす神経制御機構の解明
科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 佐藤ちひろ
脳に局在するポリシアル酸構造と脳由来神経栄養因子との相互作用の解析       
科学研究費助成事業
研究期間: 2008年       代表者: 佐藤 ちひろ
ミクログリア細胞におけるポリシアル酸の存在とその機能解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月
糖タンパク質のユニークなシアル酸重合体修飾の機能解析
科学研究費助成事業
研究期間: 2005年       代表者: 佐藤 ちひろ
神経細胞におけるシアル酸重合体の多様性と生物機能の解析
科学研究費助成事業
研究期間: 2004年       代表者: 佐藤 ちひろ