MORIHARA Takashi

J-GLOBAL         Last updated: Dec 4, 2018 at 15:24
 
Avatar
Name
MORIHARA Takashi
Affiliation
Osaka University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Yamaguchi-Kabata Y, Morihara T, Ohara T, Ninomiya T, Takahashi A, Akatsu H, Hashizume Y, Hayashi N, Shigemizu D, Boroevich KA, Ikeda M, Kubo M, Takeda M, Tsunoda T
Human genetics      Jul 2018   [Refereed]
Hirano A, Ohara T, Takahashi A, Aoki M, Fuyuno Y, Ashikawa K, Morihara T, Takeda M, Kamino K, Oshima E, Okahisa Y, Shibata N, Arai H, Akatsu H, Ikeda M, Iwata N, Ninomiya T, Monji A, Kitazono T, Kiyohara Y, Kubo M, Kanba S
Psychiatric genetics   25(4) 139-146   Aug 2015   [Refereed]
Gan KJ, Morihara T, Silverman MA
BioEssays : news and reviews in molecular, cellular and developmental biology   37(2) 131-141   Feb 2015   [Refereed]
Omi T, Tanimukai H, Kanayama D, Sakagami Y, Tagami S, Okochi M, Morihara T, Sato M, Yanagida K, Kitasyoji A, Hara H, Imaizumi K, Maurice T, Chevallier N, Marchal S, Takeda M, Kudo T
Cell death & disease   5 e1332   Jul 2014   [Refereed]
Morihara T, Hayashi N, Yokokoji M, Akatsu H, Silverman MA, Kimura N, Sato M, Saito Y, Suzuki T, Yanagida K, Kodama TS, Tanaka T, Okochi M, Tagami S, Kazui H, Kudo T, Hashimoto R, Itoh N, Nishitomi K, Yamaguchi-Kabata Y, Tsunoda T, Takamura H, Katayama T, Kimura R, Kamino K, Hashizume Y, Takeda M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   111(7) 2638-2643   Feb 2014   [Refereed]
Miyashita A, Wen Y, Kitamura N, Matsubara E, Kawarabayashi T, Shoji M, Tomita N, Furukawa K, Arai H, Asada T, Harigaya Y, Ikeda M, Amari M, Hanyu H, Higuchi S, Nishizawa M, Suga M, Kawase Y, Akatsu H, Imagawa M, Hamaguchi T, Yamada M, Morihara T, Takeda M, Takao T, Nakata K, Sasaki K, Watanabe K, Nakashima K, Urakami K, Ooya T, Takahashi M, Yuzuriha T, Serikawa K, Yoshimoto S, Nakagawa R, Saito Y, Hatsuta H, Murayama S, Kakita A, Takahashi H, Yamaguchi H, Akazawa K, Kanazawa I, Ihara Y, Ikeuchi T, Kuwano R
Journal of Alzheimer's disease : JAD   41(4) 1031-1038   2014   [Refereed]
Hashimoto R, Ohi K, Yasuda Y, Fukumoto M, Yamamori H, Kamino K, Morihara T, Iwase M, Kazui H, Takeda M
The world journal of biological psychiatry : the official journal of the World Federation of Societies of Biological Psychiatry   14(2) 114-120   Mar 2013   [Refereed]
Ohi K, Hashimoto R, Yasuda Y, Fukumoto M, Nemoto K, Ohnishi T, Yamamori H, Takahashi H, Iike N, Kamino K, Yoshida T, Azechi M, Ikezawa K, Tanimukai H, Tagami S, Morihara T, Okochi M, Tanaka T, Kudo T, Iwase M, Kazui H, Takeda M
The world journal of biological psychiatry : the official journal of the World Federation of Societies of Biological Psychiatry   14(2) 100-113   Mar 2013   [Refereed]
Miyashita A, Koike A, Jun G, Wang LS, Takahashi S, Matsubara E, Kawarabayashi T, Shoji M, Tomita N, Arai H, Asada T, Harigaya Y, Ikeda M, Amari M, Hanyu H, Higuchi S, Ikeuchi T, Nishizawa M, Suga M, Kawase Y, Akatsu H, Kosaka K, Yamamoto T, Imagawa M, Hamaguchi T, Yamada M, Morihara T, Takeda M, Takao T, Nakata K, Fujisawa Y, Sasaki K, Watanabe K, Nakashima K, Urakami K, Ooya T, Takahashi M, Yuzuriha T, Serikawa K, Yoshimoto S, Nakagawa R, Kim JW, Ki CS, Won HH, Na DL, Seo SW, Mook-Jung I, Alzheimer Disease Genetics Consortium., St George-Hyslop P, Mayeux R, Haines JL, Pericak-Vance MA, Yoshida M, Nishida N, Tokunaga K, Yamamoto K, Tsuji S, Kanazawa I, Ihara Y, Schellenberg GD, Farrer LA, Kuwano R
PloS one   8(4) e58618   2013   [Refereed]
Ohi K, Hashimoto R, Yasuda Y, Fukumoto M, Yamamori H, Umeda-Yano S, Okada T, Kamino K, Morihara T, Iwase M, Kazui H, Numata S, Ikeda M, Ohnuma T, Iwata N, Ueno S, Ozaki N, Ohmori T, Arai H, Takeda M
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics   159B(4) 405-413   Jun 2012   [Refereed]
Hashimoto R, Ohi K, Yasuda Y, Fukumoto M, Yamamori H, Kamino K, Morihara T, Iwase M, Kazui H, Numata S, Ikeda M, Ueno S, Ohmori T, Iwata N, Ozaki N, Takeda M
Schizophrenia research   129(1) 80-84   Jun 2011   [Refereed]
Kato K, Tanaka T, Sadik G, Baba M, Maruyama D, Yanagida K, Kodama T, Morihara T, Tagami S, Okochi M, Kudo T, Takeda M
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   11(2) 90-97   Jun 2011   [Refereed]
Yoshida T, Kazui H, Tokunaga H, Kito Y, Kubo Y, Kimura N, Morihara T, Shimosegawa E, Hatazawa J, Takeda M
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   11(1) 40-45   Mar 2011   [Refereed]
Kimura R, Morihara T, Kudo T, Kamino K, Takeda M
Neuroscience letters   487(3) 354-357   Jan 2011   [Refereed]
Kazui H, Yoshida T, Takaya M, Sugiyama H, Yamamoto D, Kito Y, Wada T, Nomura K, Yasuda Y, Yamamori H, Ohi K, Fukumoto M, Iike N, Iwase M, Morihara T, Tagami S, Shimosegawa E, Hatazawa J, Ikeda Y, Uchida E, Tanaka T, Kudo T, Hashimoto R, Takeda M
Dementia and geriatric cognitive disorders extra   1(1) 20-30   Jan 2011   [Refereed]
[Apolipoprotein E and neuro-psychiatric diseases].
Takeda M, Cacabelos R, Kudo T, Tanaka T, Tagami S, Okochi M, Morihara T, Hashimoto R
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   113(8) 773-781   2011   [Refereed]
Hashimoto R, Ohi K, Yasuda Y, Fukumoto M, Iwase M, Iike N, Azechi M, Ikezawa K, Takaya M, Takahashi H, Yamamori H, Okochi T, Tanimukai H, Tagami S, Morihara T, Okochi M, Tanaka T, Kudo T, Kazui H, Iwata N, Takeda M
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics   153B(8) 1459-1464   Dec 2010   [Refereed]
Takeda M, Martínez R, Kudo T, Tanaka T, Okochi M, Tagami S, Morihara T, Hashimoto R, Cacabelos R
Psychiatry and clinical neurosciences   64(6) 592-607   Dec 2010   [Refereed]
Yasuda Y, Hashimoto R, Ohi K, Fukumoto M, Takamura H, Iike N, Yoshida T, Hayashi N, Takahashi H, Yamamori H, Morihara T, Tagami S, Okochi M, Tanaka T, Kudo T, Kamino K, Ishii R, Iwase M, Kazui H, Takeda M
The world journal of biological psychiatry : the official journal of the World Federation of Societies of Biological Psychiatry   11(7) 852-857   Oct 2010   [Refereed]
Mori K, Okochi M, Tagami S, Nakayama T, Yanagida K, Kodama TS, Tatsumi S, Fujii K, Tanimukai H, Hashimoto R, Morihara T, Tanaka T, Kudo T, Funamoto S, Ihara Y, Takeda M
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   10(3) 117-123   Sep 2010   [Refereed]
Takeda M, Hashimoto R, Kudo T, Okochi M, Tagami S, Morihara T, Sadick G, Tanaka T
BMC complementary and alternative medicine   10 28   Jun 2010   [Refereed]
Ohi K, Hashimoto R, Yasuda Y, Yoshida T, Takahashi H, Iike N, Iwase M, Kamino K, Ishii R, Kazui H, Fukumoto M, Takamura H, Yamamori H, Azechi M, Ikezawa K, Tanimukai H, Tagami S, Morihara T, Okochi M, Yamada K, Numata S, Ikeda M, Tanaka T, Kudo T, Ueno S, Yoshikawa T, Ohmori T, Iwata N, Ozaki N, Takeda M
Schizophrenia research   116(2-3) 126-132   Feb 2010   [Refereed]
Hayashi N, Kazui H, Kamino K, Tokunaga H, Takaya M, Yokokoji M, Kimura R, Kito Y, Wada T, Nomura K, Sugiyama H, Yamamoto D, Yoshida T, Currais A, Soriano S, Hamasaki T, Yamamoto M, Yasuda Y, Hashimoto R, Tanimukai H, Tagami S, Okochi M, Tanaka T, Kudo T, Morihara T, Takeda M
Dementia and geriatric cognitive disorders   30(4) 302-308   2010   [Refereed]
Yanagi K, Tanaka T, Kato K, Sadik G, Morihara T, Kudo T, Takeda M
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   9(4) 157-166   Dec 2009   [Refereed]
Kimura R, Yamamoto M, Morihara T, Akatsu H, Kudo T, Kamino K, Takeda M
Neuroscience letters   461(2) 177-180   Sep 2009   [Refereed]
Yanagida K, Okochi M, Tagami S, Nakayama T, Kodama TS, Nishitomi K, Jiang J, Mori K, Tatsumi S, Arai T, Ikeuchi T, Kasuga K, Tokuda T, Kondo M, Ikeda M, Deguchi K, Kazui H, Tanaka T, Morihara T, Hashimoto R, Kudo T, Steiner H, Haass C, Tsuchiya K, Akiyama H, Kuwano R, Takeda M
EMBO molecular medicine   1(4) 223-235   Jul 2009   [Refereed]
Ohi K, Hashimoto R, Yasuda Y, Kiribayashi M, Iike N, Yoshida T, Azechi M, Ikezawa K, Takahashi H, Morihara T, Ishii R, Tagami S, Iwase M, Okochi M, Kamino K, Kazui H, Tanaka T, Kudo T, Takeda M
Genes, brain, and behavior   8(4) 473-480   Jun 2009   [Refereed]
Ohi K, Hashimoto R, Yasuda Y, Yoshida T, Takahashi H, Iike N, Fukumoto M, Takamura H, Iwase M, Kamino K, Ishii R, Kazui H, Sekiyama R, Kitamura Y, Azechi M, Ikezawa K, Kurimoto R, Kamagata E, Tanimukai H, Tagami S, Morihara T, Ogasawara M, Okochi M, Tokunaga H, Numata S, Ikeda M, Ohnuma T, Ueno S, Fukunaga T, Tanaka T, Kudo T, Arai H, Ohmori T, Iwata N, Ozaki N, Takeda M
Schizophrenia research   109(1-3) 80-85   Apr 2009   [Refereed]
Kamagata E, Kudo T, Kimura R, Tanimukai H, Morihara T, Sadik MG, Kamino K, Takeda M
Biochemical and biophysical research communications   379(3) 691-695   Feb 2009   [Refereed]
Sadik G, Tanaka T, Kato K, Yamamori H, Nessa BN, Morihara T, Takeda M
Journal of neurochemistry   108(1) 33-43   Jan 2009   [Refereed]
Itoh N, Okochi M, Tagami S, Nishitomi K, Nakayama T, Yanagida K, Fukumori A, Jiang J, Mori K, Hosono M, Kikuchi J, Nakano Y, Takinami Y, Dohi K, Nishigaki A, Takemoto H, Minagawa K, Katoh T, Willem M, Haass C, Morihara T, Tanaka T, Kudo T, Hasegawa H, Nishimura M, Sakaguchi G, Kato A, Takeda M
Neuro-degenerative diseases   6(5-6) 230-239   2009   [Refereed]
Takahashi H, Iwase M, Ishii R, Ohi K, Fukumoto M, Azechi M, Ikezawa K, Kurimoto R, Canuet L, Nakahachi T, Iike N, Tagami S, Morihara T, Okochi M, Tanaka T, Kazui H, Yoshida T, Tanimukai H, Yasuda Y, Kudo T, Hashimoto R, Takeda M
Neuroscience research   62(3) 187-194   Nov 2008   [Refereed]
Ohi K, Hashimoto R, Sugai F, Yasuda Y, Tagami S, Takamura H, Morihara T, Okochi M, Tanaka T, Kudo T, Sakoda S, Takeda M
Psychiatry and clinical neurosciences   62(5) 625   Oct 2008   [Refereed]
Begum AN, Jones MR, Lim GP, Morihara T, Kim P, Heath DD, Rock CL, Pruitt MA, Yang F, Hudspeth B, Hu S, Faull KF, Teter B, Cole GM, Frautschy SA
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   326(1) 196-208   Jul 2008   [Refereed]
Kudo T, Kanemoto S, Hara H, Morimoto N, Morihara T, Kimura R, Tabira T, Imaizumi K, Takeda M
Cell death and differentiation   15(2) 364-375   Feb 2008   [Refereed]
Tagami S, Okochi M, Yanagida K, Ikuta A, Fukumori A, Matsumoto N, Ishizuka-Katsura Y, Nakayama T, Itoh N, Jiang J, Nishitomi K, Kamino K, Morihara T, Hashimoto R, Tanaka T, Kudo T, Chiba S, Takeda M
Molecular and cellular biology   28(1) 165-176   Jan 2008   [Refereed]
Aidaralieva NJ, Kamino K, Kimura R, Yamamoto M, Morihara T, Kazui H, Hashimoto R, Tanaka T, Kudo T, Kida T, Okuda J, Uema T, Yamagata H, Miki T, Akatsu H, Kosaka K, Takeda M
Journal of human genetics   53(4) 296-302   2008   [Refereed]
Tagami S, Okochi M, Fukumori A, Jiang J, Yanagida K, Nakayama T, Morihara T, Tanaka T, Kudo T, Takeda M
Neuro-degenerative diseases   5(3-4) 160-162   2008   [Refereed]
Ma QL, Teter B, Ubeda OJ, Morihara T, Dhoot D, Nyby MD, Tuck ML, Frautschy SA, Cole GM
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   27(52) 14299-14307   Dec 2007   [Refereed]
Goodenowe DB, Cook LL, Liu J, Lu Y, Jayasinghe DA, Ahiahonu PW, Heath D, Yamazaki Y, Flax J, Krenitsky KF, Sparks DL, Lerner A, Friedland RP, Kudo T, Kamino K, Morihara T, Takeda M, Wood PL
Journal of lipid research   48(11) 2485-2498   Nov 2007   [Refereed]
Kudo T, Okumura M, Imaizumi K, Araki W, Morihara T, Tanimukai H, Kamagata E, Tabuchi N, Kimura R, Kanayama D, Fukumori A, Tagami S, Okochi M, Kubo M, Tanii H, Tohyama M, Tabira T, Takeda M
Biochemical and biophysical research communications   344(2) 525-530   Jun 2006   [Refereed]
Fukumori A, Okochi M, Tagami S, Jiang J, Itoh N, Nakayama T, Yanagida K, Ishizuka-Katsura Y, Morihara T, Kamino K, Tanaka T, Kudo T, Tanii H, Ikuta A, Haass C, Takeda M
Biochemistry   45(15) 4907-4914   Apr 2006   [Refereed]
Zhao L, Ma QL, Calon F, Harris-White ME, Yang F, Lim GP, Morihara T, Ubeda OJ, Ambegaokar S, Hansen JE, Weisbart RH, Teter B, Frautschy SA, Cole GM
Nature neuroscience   9(2) 234-242   Feb 2006   [Refereed]
Calon F, Lim GP, Morihara T, Yang F, Ubeda O, Salem N Jr, Frautschy SA, Cole GM
The European journal of neuroscience   22(3) 617-626   Aug 2005   [Refereed]
Morihara T, Teter B, Yang F, Lim GP, Boudinot S, Boudinot FD, Frautschy SA, Cole GM
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology   30(6) 1111-1120   Jun 2005   [Refereed]
Lim GP, Calon F, Morihara T, Yang F, Teter B, Ubeda O, Salem N Jr, Frautschy SA, Cole GM
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   25(12) 3032-3040   Mar 2005   [Refereed]
Zhao L, Teter B, Morihara T, Lim GP, Ambegaokar SS, Ubeda OJ, Frautschy SA, Cole GM
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   24(49) 11120-11126   Dec 2004   [Refereed]
Cole GM, Morihara T, Lim GP, Yang F, Begum A, Frautschy SA
Annals of the New York Academy of Sciences   1035 68-84   Dec 2004   [Refereed]
Calon F, Lim GP, Yang F, Morihara T, Teter B, Ubeda O, Rostaing P, Triller A, Salem N Jr, Ashe KH, Frautschy SA, Cole GM
Neuron   43(5) 633-645   Sep 2004   [Refereed]
Morihara T, Chu T, Ubeda O, Beech W, Cole GM
Journal of neurochemistry   83(4) 1009-1012   Nov 2002   [Refereed]

Misc

 
アルツハイマー病の新規発症メカニズム Aβを制御するリスク遺伝子と分子パスウエイ
森原 剛史, 永田 健一, Paillard Luc, 赤津 裕康, 橋詰 良夫, 吉山 顕次, 池田 学
Dementia Japan   32(3) 425-425   Sep 2018
前立腺癌化学療法中に意識障害を発症し診断に難渋した一症例
石井 良平, 森原 剛史, 中嶋 真一郎, 金井 菜穂子, 池田 俊一郎, 岩瀬 真生, 畑 真弘, 池田 学
日本サイコオンコロジー学会総会・日本臨床死生学会総会合同大会プログラム・抄録集   30回・23回 170-170   Oct 2017
脳内Aβ蓄積規定因子Kinesin Light Chain-1 variant E(KLC1vE)
森原 剛史, 佐藤 真広, 赤津 裕康, Paillard Luc, 木村 展之, 鈴木 利治, 数井 裕光, 橋本 亮太, 武田 雅俊, 池田 学
Dementia Japan   30(4) 562-562   Oct 2016
Aβ脳蓄積の鍵の一つとなる遺伝子産物の同定とアルツハイマー病血中バイオマーカーの開発
森原 剛史, 佐藤 真広, 赤津 裕康, 林 紀行, Silverman Michael, Paillard Luc, 木村 展之, 橋本 亮太, 紙野 晃人, 武田 雅俊
日本老年医学会雑誌   53(Suppl.) 127-128   May 2016
特別養護老人ホームの認知症高齢者における認知トレーニングに関する一研究 読み・書き・計算を用いた認知機能維持への取り組み
桑田 直弥, 畑 八重子, 野村 麻衣, 数井 裕光, 森原 剛史, 林 紀行, 河野 あゆみ, 武田 雅俊, 奥田 益弘
日本認知症ケア学会誌   15(1) 250-250   Apr 2016
【認知症の最前線】 認知症の分子病理 アルツハイマー病の遺伝子研究の最近の成果から
森原 剛史
精神科   27(5) 318-323   Nov 2015
【認知症研究におけるCell Biology】 アルツハイマー病の原因としての細胞内輸送障害 遺伝子研究から見えてきたこと
森原 剛史
Dementia Japan   29(4) 460-466   Oct 2015
培養細胞培地中およびヒトCSF中におけるAβ分解産物の同定
水田 直樹, 大河内 正康, 田上 真次, 柳田 寛太, 児玉 高志, 佐野 聖三, 朝長 毅, 森原 剛史, 田中 稔久, 武田 雅俊
日本老年医学会雑誌   52(4) 445-446   Oct 2015
脳内Aβ蓄積量を規定する遺伝子産物KLC1vEの同定とその機能解析
森原 剛史, 佐藤 真広, 赤津 裕康, Paillard Luc, 林 紀行, 木村 展之, 鈴木 利治, 橋本 亮太, 柳田 寛太, 武田 雅俊
Dementia Japan   29(3) 337-337   Sep 2015
ヒト血漿中に存在するAβペプチドのサロゲートマーカーAPL1βのLC-MS/MSによる測定
児玉 高志, 大河内 正康, 田上 真次, 柳田 寛太, 森原 剛史, 田中 稔久, 朝長 毅, 工藤 喬, 武田 雅俊, 独立行政法人医薬基盤健康栄養研究所プロテオームリサーチプロジェクト
Dementia Japan   29(3) 373-373   Sep 2015
加齢医学 Alzheimer病のあらたな発症メカニズム 細胞内輸送の障害によるアミロイド病理促進
森原 剛史
医学のあゆみ   252(8) 895-896   Feb 2015
注目の遺伝子(第27回) KLC1 アルツハイマー病の中心病理を規定する遺伝子
森原 剛史
分子精神医学   14(4) 297-299   Oct 2014
認知症研究におけるCell Biology II 細胞内輸送 遺伝子研究からみえてきたこと アルツハイマー病理形成の原因としての細胞内輸送障害
森原 剛史, 赤津 裕康, 佐藤 真広, 鈴木 利治, 木村 展之, 林 紀行, 柳田 寛太, 西道 隆臣, 紙野 晃人, 武田 雅俊
Dementia Japan   28(4) 432-432   Oct 2014
脳脊髄液中のAβ分解産物の同定
水田 直樹, 大河内 正康, 田上 真次, 柳田 寛太, 児玉 高志, 佐野 聖三, 朝長 毅, 森原 剛史, 田中 稔久, 武田 雅俊
Dementia Japan   28(4) 465-465   Oct 2014
アルツハイマー病の現状とその克服への取り組み
森原 剛史
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   14回 112-112   Jun 2014
特別養護老人ホームにおける認知機能と生活行為のアプローチ 認知トレーニングと作業回想法を通じて
桑田 直弥, 畑 八重子, 森原 剛史, 數井 裕光, 林 紀行, 河野 あゆみ, 武田 雅俊, 奥田 益弘
日本認知症ケア学会誌   12(1) 154-154   Apr 2013
モデル動物や発現解析といった新たな手法によるアルツハイマー病関連遺伝子の同定とその機能解析
林 紀行, 森原 剛史, 武田 雅俊
精神薬療研究年報   (45) 91-92   Mar 2013
アルツハイマー病の早期診断と治療薬開発の現状
武田 雅俊, 大河内 正康, 田上 真司, 森原 剛史, 田中 稔久, 工藤 喬
脳21   15(4) 513,409-518,409   Oct 2012
これまで多くのアルツハイマー病治療薬はアミロイドカスケード仮説にのっとり進められてきた。期待されたγセクレターゼ阻害剤もγセクレターゼモジュレイターも動物実験では良好な成績を収めたものの、臨床治験においては十分な結果を示すことができなかった。2012年8月にはアルツハイマー病の治療薬として期待されていた二種類の抗体治療薬(bapineuzumab、solanezumab)の臨床治験の結果が発表されたが、残念なことに、これらの臨床治験も失敗であった。このようなアルツハイマー病治療薬の開発の失...
ヒト脳脊髄液中APL1βペプチドの高感度定量
児玉 高志, 大河内 正康, 田上 真次, 柳田 寛太, 森原 剛史, 田中 稔久, 工藤 喬, 朝長 毅, 武田 雅俊
Dementia Japan   26(4) 482-482   Oct 2012
Aβ蓄積規定因子Kinesin Light Chain 1スプライシングバリアントの同定
森原 剛史, 横小路 貴美子, 林 紀行, 木村 展之, 斉藤 有紀, 鈴木 利治, 柳田 寛太, 佐藤 真広, 田中 稔久, 武田 雅俊
Dementia Japan   26(4) 486-486   Oct 2012
APL2βの産生メカニズムの解析 APLP2はプレセニリン1と2で異なる切断を受ける
柳田 寛太, 大河内 正康, 田上 真次, 児玉 高志, 森原 剛史, 田中 稔久, 工藤 喬, 武田 雅俊
Dementia Japan   26(4) 515-515   Oct 2012
APL2βの産生メカニズムの解析 APL2βはネプリライシンで切断される
柳田 寛太, 大河内 正康, 田上 真次, 児玉 高志, 森原 剛史, 田中 稔久, 工藤 喬, 岩田 修永, 西道 隆臣, 武田 雅俊
Dementia Japan   26(4) 515-515   Oct 2012
デイサービス利用者に対する認知トレーニングの効果 多施設無作為割付単盲検研究
森原 剛史, 林 紀行, 数井 裕光, 河野 あゆみ, 浜崎 俊光, 奥田 益弘, 武田 雅俊
日本老年医学会雑誌   49(5) 658-658   Sep 2012
【精神疾患の生物学的検査法の近未来】 近未来のアルツハイマー病の診断検査法 生化学的マーカー
武田 雅俊, 大河内 正康, 田上 真次, 森原 剛史, 田中 稔久, 工藤 喬
臨床精神医学   41(7) 853-862   Jul 2012
認知症臨床に役立つ生物学的精神医学(No.21) 認知症の予防
武田 雅俊, 大河内 正康, 田上 真次, 森原 剛史, 田中 稔久, 工藤 喬
老年精神医学雑誌   23(7) 863-870   Jul 2012
【認知症update】 認知症関連遺伝子
森原 剛史, 武田 雅俊
日本医師会雑誌   141(3) 514-514   Jun 2012
地域への出張教室における学習活動の効果検討 無作為化比較試験による認知機能の観点から
桑田 直弥, 畑 八重子, 村田 州央, 數井 裕光, 森原 剛史, 林 紀行, 河野 あゆみ, 丸尾 智実, 武田 雅俊, 奥田 益弘
日本認知症ケア学会誌   11(1) 279-279   Apr 2012
【神経変性疾患のゲノム・遺伝学研究】 アルツハイマー病関連遺伝子 トランスレーショナルアプローチによるAβ蓄積修飾遺伝子Klc1の同定も含めて
森原 剛史, 横小路 美貴子, 林 紀行, 田中 稔久, 武田 雅俊
Dementia Japan   26(2) 138-144   Apr 2012
【高齢者の認知機能低下を規定するもの】 高齢者の認知機能を規定する遺伝子
森原 剛史, 林 紀行, 武田 雅俊
老年精神医学雑誌   23(4) 403-407   Apr 2012
遺伝的因子は高齢者においても知能や認知機能に大きく関与している。しかしながら健常高齢者の認知機能を規定する遺伝子としてコンセンサスが得られている遺伝子はまだない。高齢者の認知機能を議論するにあたって正常加齢に伴う変化と、認知症初期の変化を区別する必要があろう。アルツハイマー病のリスク遺伝子であるApoE ε4は中年までの知能に影響はないようである。高齢者においても正常加齢による認知機能の変化にApoE ε4は影響を与えてないと思われる。(著者抄録)
認知症のゲノム・遺伝学 アミロイドβ蛋白の沈着を規定する遺伝子Klc1の同定:a translational approach
森原 剛史, 林 紀行, 横小路 美貴子, 武田 雅俊
Dementia Japan   25(3) 261-261   Oct 2011
βAPPファミリータンパクは脳内では主にBACEによってsheddingを受けるが培養細胞に過剰発現させるとα-セクレターゼによる切断が増加する
柳田 寛太, 大河内 正康, 田上 真次, 児玉 高志, 森原 剛史, 田中 稔久, 工藤 喬, 武田 雅俊
Dementia Japan   25(3) 409-409   Oct 2011
BACEとγセクレターゼによって産生される脳内Aβ様ペプチドを末梢血中で検出・同定する
田上 真次, 大河内 正康, 柳田 寛太, 児玉 高志, 池内 健, 佐野 聖三, 渡邊 史生, 数井 裕光, 森原 剛史, 谷向 仁, 田中 稔久, 工藤 喬, 朝長 毅, 武田 雅俊
Dementia Japan   25(3) 414-414   Oct 2011
Abeta蓄積修飾遺伝子KLC1 splicing variantの同定 APPTgマウスを用いた網羅的解析
林 紀行, 横小路 美貴子, 森原 剛史, 田上 真次, 大河内 正康, 田中 稔久, 工藤 喬, 武田 雅俊
Dementia Japan   25(3) 417-417   Oct 2011
背景遺伝子が異なるAPP Tgマウスの網羅的解析により同定されたAbeta蓄積修飾遺伝子KLC1 splicing variantの同定 ヒトの脳、末梢リンパ球での発現解析
横小路 美貴子, 森原 剛史, 林 紀行, 木村 展之, 赤津 裕康, 高村 明孝, 片山 泰一, 斎藤 有紀, 鈴木 利治, 加藤 希世子, 辰巳 真一, 柳田 寛太, 児玉 高志, 田中 稔久, 武田 雅俊
Dementia Japan   25(3) 418-418   Oct 2011
KCNH2遺伝子は認知機能及び統合失調症のリスクに関連する(The KCNH2 gene is associated with neurocognition and the risk of schizophrenia)
大井 一高, 橋本 亮太, 安田 由華, 福本 素由己, 山森 英長, 紙野 晃人, 森原 剛史, 岩瀬 真生, 数井 裕光, 武田 雅俊
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   21回・41回 174-174   Oct 2011
非薬物療法は本当に効くのか?高齢者認知機能への介入 認知トレーニングと作業療法による大規模多施設単盲検RCT
林 紀行, 森原 剛史, 数井 裕光, 河野 あゆみ, 奥田 益弘, 畑 八重子, 桑田 直弥, 村田 州央, 新家 亜矢子, 横小路 美貴子, 岩瀬 真生, 濱崎 俊光, 武田 雅俊
精神神経学雑誌   (2011特別) S-203   Oct 2011
背景遺伝子が異なるAPP Tgマウスの網羅的解析 Abeta蓄積量を変化させる遺伝子KLC 1の同定
横小路 美貴子, 森原 剛史, 林 紀行, 田上 真次, 大河内 正康, 田中 稔久, 工藤 喬, 武田 雅俊
精神神経学雑誌   (2011特別) S-397   Oct 2011
KCNH2遺伝子は神経認知と統合失調症のリスクと関連がある(The KCNH 2 Gene Is Associated with Neurocognition and the Risk of Schizophrenia)
橋本 亮太, 大井 一高, 安田 由華, 福本 素由己, 山森 英長, 紙野 晃人, 森原 剛史, 岩瀬 真生, 数井 裕光, 武田 雅俊
精神神経学雑誌   (2011特別) S-458   Oct 2011
精神医学のフロンティア アポリポ蛋白Eと精神神経疾患
武田 雅俊, ラモン・カカベロス, 工藤 喬, 田中 稔久, 田上 真次, 大河内 正康, 森原 剛史, 橋本 亮太
精神神経学雑誌   113(8) 773-781   Aug 2011
アポリポ蛋白(ALP)は血清中に存在する脂質・蛋白質複合体の蛋白質の総称であるが、ALPEは脂質代謝やコレステロール代謝の調節に重要な役割を果たしている。ALPEは、アルツハイマー病を含む多くの精神神経疾患のリスク遺伝子で、高齢者の認知機能低下に関与する重要な遺伝子の一つであることが明らかになっている。ALPEは、遺伝子と環境因子との相互作用を介して、認知症その他の精神神経疾患に共通する神経細胞の変性・脱落に関与している可能性がある。精神神経疾患とALPEとの関係についてこれまでに報告され...
アルツハイマー病のリスク遺伝子の探索研究
森原 剛史, 木村 亮, 横小路 美貴子, 林 紀行, 福永 知子, 永野 恵子, 北川 一夫, 工藤 喬, 紙野 晃人, 武田 雅俊
日本老年医学会雑誌   48(4) 412-412   Jul 2011
アルツハイマー病とSORL1遺伝子多型との関連について
木村 亮, 山本 美都子, 森原 剛史, 赤津 裕康, 工藤 喬, 紙野 晃人, 武田 雅俊
日本老年医学会雑誌   48(4) 412-413   Jul 2011
アルツハイマー病モデルマウス(APP Tg)のアミロイド病理はgenetic backgroundで大きく変わる
横小路 美貴子, 森原 剛史, 林 紀行, 田中 稔久, 工藤 喬, 武田 雅俊
日本老年医学会雑誌   48(4) 413-413   Jul 2011
デイサービス施設での非薬物療法 認知トレーニング(計算・音読)と創作活動(図画・工作)による無作為割付単盲検多施設研究
林 紀行, 森原 剛史, 横小路 美貴子, 数井 裕光, 河野 あゆみ, 畑 八重子, 桑田 直弥, 星野 貴之, 奥田 益弘, 武田 雅俊
日本老年医学会雑誌   48(4) 413-413   Jul 2011
脳血管性認知症の早期発見のための認知機能検査の検討
福永 知子, 竹内 直子, 横小路 美貴子, 森原 剛史, 永野 恵子, 北川 一夫, 武田 雅俊
日本老年医学会雑誌   48(4) 413-413   Jul 2011
デイサービス利用者に対する認知トレーニングの効果 多施設無作為割付単盲検試験
森原 剛史, 林 紀行, 数井 裕光, 河野 あゆみ, 濱崎 俊光, 畑 八重子, 桑田 直弥, 奥田 益弘, 武田 雅俊
老年精神医学雑誌   22(増刊III) 210-210   Jun 2011
Aβ42産生を阻害するγセクレターゼ修飾薬はNotchシグナルに影響を及ぼすか?
田上 真次, 大河内 正康, 柳田 寛太, 児玉 高志, 森 康治, 藤井 加奈, 谷向 仁, 橋本 亮太, 森原 剛史, 田中 稔久, 工藤 喬, 武田 雅俊
精神薬療研究年報   (43) 51-52   Mar 2011
認知症臨床に役立つ生物学的精神医学(No.2) アルツハイマー病と遺伝要因
森原 剛史, 林 紀行, 横小路 美貴子, 武田 雅俊
老年精神医学雑誌   21(11) 1261-1269   Nov 2010
デイサービス施設での非薬物療法 認知トレーニング(計算・音読)と作業療法(図画・工作)による無作為割付単盲検多施設研究
林 紀行, 森原 剛史, 数井 裕光, 河野 あゆみ, 奥田 益弘, 畑 八重子, 桑田 直弥, 星野 貴之, 横小路 美貴子, 岩瀬 真生, 濱崎 俊光, 武田 雅俊
Dementia Japan   24(3) 358-358   Sep 2010
ε切断からみたγセクレターゼ修飾薬の作用点
森 康治, 大河内 正康, 田上 真次, 中山 泰亮, 柳田 寛太, 児玉 高志, 辰巳 真一, 藤井 加奈, 谷向 仁, 森原 剛史, 橋本 亮太, 田中 稔久, 工藤 喬, 舟本 聡, 井原 康夫, 武田 雅俊
Dementia Japan   24(3) 382-382   Sep 2010
APLP2はPresenilin1 FAD mutantによってβAPPやAPLP1と異なる切断を受ける
柳田 寛太, 大河内 正康, 田上 真次, 児玉 高志, 森 康治, 辰巳 真一, 中山 泰亮, 田中 稔久, 橋本 亮太, 森原 剛史, 工藤 喬, 武田 雅俊
Dementia Japan   24(3) 385-385   Sep 2010
異なる背景遺伝子を持つAPP Tgマウスの解析によるアミロイド蓄積量修飾遺伝子KLC1の同定
横小路 美貴子, 林 紀行, 赤津 裕康, 辰巳 真一, 加藤 希世子, 柳田 寛太, 児玉 高志, 森 康治, 田上 真次, 大河内 正康, 田中 稔久, 工藤 喬, 森原 剛史, 武田 雅俊
Dementia Japan   24(3) 390-390   Sep 2010
Aβ42の代替マーカー(APL1β28)は孤発性アルツハイマー病患者の脳脊髄液中で臨床的症状発症前から増加する(Levels of the surrogate marker for A β 42 (i.e.,APL1β) in CSF of sporadic Alzheimer disease patients increase before the onset of its clinical symptoms)
柳田 寛太, 大河内 正康, 田上 真次, 中山 泰亮, 児玉 高志, 西冨 晃平, 姜 経緯, 森 康治, 辰巳 真一, 數井 裕光, 田中 稔久, 森原 剛史, 橋本 亮太, 工藤 喬, 武田 雅俊
神経化学   49(2-3) 485-485   Aug 2010
アルツハイマー病モデルマウス(APP Tg)のアミロイド病理は背景遺伝子で大きく変わる(Identification of a gene which controls Abeta accumulation using APP Tg mice with mixed genetic background)
横小路 美貴子, 森原 剛史, 林 紀行, 加藤 希世子, 柳田 寛太, 田中 稔久, 工藤 喬, 武田 雅俊
神経化学   49(2-3) 487-487   Aug 2010
統合失調症におけるTCIによるパーソナリティー傾向 日本人患者対照研究及びメタ解析からのエビデンス
大井 一高, 橋本 亮太, 安田 由華, 福本 素由己, 井池 直美, 山森 英長, 谷向 仁, 田上 真次, 森原 剛史, 大河内 正康, 田中 稔久, 工藤 喬, 岩瀬 真生, 数井 裕光, 武田 雅俊
精神神経学雑誌   (2010特別) S-213   May 2010
【脳老化の神経科学】 動物の老化、ヒトの老化
横小路 美貴子, 森原 剛史, 林 紀行, 武田 雅俊
分子精神医学   10(2) 113-118   Apr 2010
ヒトの老化と動物の老化を後生殖期間の違いに着目し考察してみた。動物とヒトともに発生、分化、成熟、生殖に対しては強い遺伝的制御があるが、両者では後生殖期間が違い、その期間でのホメオスタシスの破綻が老化というものに関連すると思われる。最近の老化に関する知見からは生体のホメオスタシスの破綻プロセスにかかわるものが数多く散見している。昨年サルにおいてはカロリー制限の結果が公表され、ヒトにおいても2002年からカロリー制限の臨床研究が始まっており、多くのstudyが実施され、進行中である。(著者抄録)
CHI3L1遺伝子プロモーター領域多型と統合失調症のリスク及び性格傾向の関連
大井 一高, 橋本 亮太, 安田 由華, 吉田 哲彦, 高橋 秀俊, 井池 直美, 岩瀬 真生, 紙野 晃人, 石井 良平, 数井 裕光, 福本 素由己, 疇地 道代, 池澤 浩二, 谷向 仁, 田上 真次, 森原 剛史, 大河内 正康, 沼田 周助, 池田 匡志, 上野 修一, 田中 稔久, 工藤 喬, 大森 哲郎, 岩田 仲生, 尾崎 紀夫, 武田 雅俊
精神薬療研究年報   (42) 17-18   Mar 2010
認知症予防自立支援プロジェクトによるデイサービスでの研究報告 非薬物療法に基づく認知トレーニング
桑田 直弥, 畑 八重子, 増田 康介, 星野 貴之, 森原 剛史, 數井 裕光, 林 紀行, 河野 あゆみ, 武田 雅俊, 奥田 益弘
日本認知症ケア学会誌   8(2) 220-220   Oct 2009
【精神医学におけるゲノム医学とファルマコゲノミックス】 アルツハイマー病の遺伝子研究
森原 剛史, 林 紀行, 横小路 美貴子, 数井 裕光, 紙野 晃人, 武田 雅俊
臨床精神医学   38(8) 1007-1014   Aug 2009
【老年精神医学の臨床最前線】 アルツハイマー病の薬物療法-Update アルツハイマー病治療法開発の現状
武田 雅俊, 田中 稔久, 大河内 正康, 田上 真次, 森原 剛史, 工藤 喬
老年精神医学雑誌   20(増刊III) 61-65   Aug 2009
アセチルコリンエステラーゼ阻害薬はアルツハイマー病の治療薬として広く使用されているが、その限界も明らかにされている。現在は、アルツハイマー病の病理過程そのものを抑制することのできる薬剤(disease-modifying drug)の開発が推し進められている。アルツハイマー病の基本病理として、アミロイド沈着、神経原線維変化形成、神経細胞脱落が挙げられることが多いが、それぞれを標的として、病理過程を抑制する薬剤の開発が進められている。β-セクレターゼ阻害薬、γ-セクレターゼ阻害薬、Aβ重合阻...
微量脳内ペプチドリストの作成
児玉 高志, 大河内 正康, 田上 真次, 柳田 寛太, 中山 泰亮, 辰巳 真一, 森 康治, 谷向 仁, 橋本 亮太, 森原 剛史, 田中 稔久, 工藤 喬, 武田 雅俊
Dementia Japan   23(2) 203-203   Aug 2009
プレセニリン/γ-セクレターゼによるニューレグリン1のタンパク質分解の分析(Analysis of proteolysis of Neuregulin1 by Presenilin/gamma-secretase)
辰巳 真一, 大河内 正康, 田上 真次, Willem Michael, 柳田 寛太, 中山 泰亮, 児玉 高志, 森 康治, Fleck Daniel, 田中 稔久, 橋本 亮太, 森原 剛史, 谷向 仁, 工藤 喬, 武田 雅俊
Dementia Japan   23(2) 204-204   Aug 2009
アルツハイマー病モデルマウス(APP-Tg)のアミロイド病理はgenetic background(背景遺伝子)で大きく変わる
横小路 美貴子, 森原 剛史, 林 紀行, 加藤 希世子, 森 康治, 辰巳 真一, 柳田 寛太, 中山 泰亮, 児玉 高志, 田上 真次, 大河内 正康, 田中 稔久, 工藤 喬, 武田 雅俊
Dementia Japan   23(2) 206-206   Aug 2009
デイサービス施設での非薬物療法 認知トレーニング(計算・音読)と創作活動(図画・工作)による無作為割付単盲検多施設研究
林 紀行, 森原 剛史, 横小路 貴美子, 河野 あゆみ, 畑 八重子, 増田 康介, 桑田 直弥, 数井 裕光, 濱崎 俊光, 田中 稔久, 工藤 喬, 武田 雅俊
Dementia Japan   23(2) 238-238   Aug 2009
KIBRA遺伝子の遺伝子多型と日本人における記憶の関連について(A genetic variation of the KIBRA gene is associated with memory performance in Japanese healthy subjects)
安田 由華, 橋本 亮太, 大井 一高, 高村 孝則, 福本 素己, 高橋 秀俊, 吉田 哲彦, 井池 直美, 山森 英長, 森原 剛史, 田上 真次, 大河内 正康, 田中 稔久, 工藤 喬, 紙野 晃人, 石井 良平, 岩瀬 真生, 数井 裕光, 武田 雅俊
神経化学   48(2-3) 223-223   Jun 2009
【精神疾患ゲノム研究】 Alzheimer病の遺伝子研究 これまでの成果とこれからの課題
森原 剛史, 武田 雅俊
医学のあゆみ   229(3) 205-210   Apr 2009
Alzheimer病(AD)の遺伝子研究は、単一遺伝子が原因となる家族性AD研究で大きな成果を上げ、孤発性ADも含めた病態理解や新規治療薬の開発に結びついた。また、リスク遺伝子についてはオッズ比が3〜4という強力なApoEが得られている。しかし、ApoE以外に確実なリスク遺伝子は同定されていない。本稿では、AD遺伝子研究の成功とその理由を考察し、さらに現在の状況と課題について述べる。(著者抄録)
認知症をどう診るか? 認知症診療の実際 誌上ディベート 初老期発症と高齢発症アルツハイマー病の異同 分子生物学の立場から
森原 剛史, 武田 雅俊
Cognition and Dementia   8(2) 134-137   Apr 2009
APP Tgマウスを用いたアルツハイマー病治療戦略にかかわる研究
森原 剛史
神経化学   48(1) 23-28   Mar 2009
アルツハイマー病薬としてのNSAIDのマイクログリアとアミロイド病理への作用の検討
森原 剛史, 林 紀行, 森 康治, 工藤 喬, 田中 稔久, 大河内 正康, 田上 真次, 横小路 美貴子, Cole Greg, 武田 雅俊
精神薬療研究年報   (41) 85-86   Mar 2009
アルツハイマー病におけるDynamin2の減少がAPPおよびAβに関する代謝の変化
鎌形 英一郎, 工藤 喬, 木村 亮, 谷向 仁, 森原 剛史, 紙野 晃人, 武田 雅俊
Dementia Japan   22(2) 131-131   Aug 2008
APP TgマウスのAβ蓄積量はマウス背景遺伝子の違いで大きく変わる
森原 剛史, 横小路 美貴子, 林 紀行, 熨斗 英理子, 田上 真次, 工藤 喬, 武田 雅俊
Dementia Japan   22(2) 139-139   Aug 2008
デイサービス施設での非薬物療法 認知トレーニング(計算・音読)と創作活動(図画・工作)による無作為割付単盲検多施設研究
林 紀行, 森原 剛史, 数井 裕光, 河野 あゆみ, 奥田 益弘, 畑 八重子, 吉田 浩美, 増田 康介, 桑田 直弥, 武田 雅俊
Dementia Japan   22(2) 205-205   Aug 2008
精神神経疾患のリスク遺伝子 認知症のリスク遺伝子(Risk Genes for Dementia)
森原 剛史, 紙野 晃人, 木村 亮, 鎌形 英一郎, 林 紀行, 高屋 雅彦, 横小路 美貴子, 徳永 博正, 数井 裕光, 田中 稔久, 工藤 喬, 武田 雅俊
神経化学   47(2-3) 217-217   Aug 2008
日本人における統合失調症と疾患感受性遺伝子G72多型の関連研究(Associations of candidate gene G72 polymorphisms with schizophrenia in a Japanese population)
大井 一高, 橋本 亮太, 安田 由華, 吉田 哲彦, 高橋 秀俊, 井池 直美, 岩瀬 真生, 紙野 晃人, 石井 良平, 数井 裕光, 喜多村 祐里, 疇地 道代, 池澤 浩二, 鎌形 英一郎, 谷向 仁, 田上 真次, 森原 剛史, 大河内 正康, 大沼 徹, 沼田 周助, 池田 匡志, 上野 修一, 福永 知子, 田中 稔久, 工藤 喬, 新井 平伊, 大森 哲郎, 岩田 仲生, 尾崎 紀夫, 武田 雅俊
神経化学   47(2-3) 228-228   Aug 2008
γ-セクレターゼ阻害薬のWntシグナル抑制作用にPresenilinは関与しない(Presenilins are independent of the inhibitory effects of γ-secretase inhibitors on Wnt signaling)
中山 泰亮, 大河内 正康, 田上 真次, 児玉 高志, 柳田 寛太, 姜 経緯, 森 康治, 辰巳 真一, 森原 剛史, 橋本 亮太, 田中 稔久, 工藤 喬, 武田 雅俊
神経化学   47(2-3) 243-243   Aug 2008
遺伝子背景によるAPPトランジェニックマウスにおけるAβ集積に対する影響(Impact on Abeta accumulation in APP Tg mice by genetic background)
横小路 美貴子, 森原 剛史, 林 紀行, 田上 真次, 武田 雅俊
神経化学   47(2-3) 243-243   Aug 2008
KIBRA遺伝子の遺伝子多型は日本人の健常者の記憶に関連する(A genetic variation of the KIBRA gene is associated with memory performance in Japanese healthy subjects)
安田 由華, 橋本 亮太, 大井 一高, 高村 明孝, 福本 素己, 井池 直美, 桐林 雅子, 吉田 哲彦, 高橋 秀俊, 森原 剛史, 田上 真次, 大河内 正康, 田中 稔久, 工藤 喬, 紙野 晃人, 石井 良平, 岩瀬 真生, 数井 裕光, 武田 雅俊
神経化学   47(2-3) 255-255   Aug 2008
【神経変性疾患とゲノム】 アルツハイマー病とゲノム
田中 稔久, 紙野 晃人, 森原 剛史, 工藤 喬, 大河内 正康, 田上 真次, 谷向 仁, 武田 雅俊
ゲノム医学   8(2) 93-98   Jun 2008
【4大認知症疾患の臨床】 4大認知症疾患の危険因子
森原 剛史, 武田 雅俊
精神科治療学   22(12) 1373-1378   Dec 2007
アルツハイマー病(AD)、血管性認知症(VD)、レビー小体型認知症(DLB)と前頭側頭型認知症(FTD)の危険因子について概説する。ADとVDについては最近注目されている両疾患に共通する危険因子について述べる。次に一般の方からの質問も多い事項(アルコール、DHA、脳トレなど)に触れる。危険遺伝子はApoEについて述べる。ApoE4はADだけでなくVDにおいても危険遺伝子であると考えられている。一方ApoE2はADでは防御因子であるが、FTDでは逆に危険遺伝子であるという報告が続いていること...
【アルツハイマー病のゲノミックス ファルマコゲノミックスとニュートリゲノミックスによる治療と予防】
武田 雅俊, 紙野 晃人, 田中 稔久, 工藤 喬, 大河内 正康, 田上 真二, 森原 剛史, 橋本 亮太, 谷向 仁, Cacabelos Ramon
Cognition and Dementia   6(Suppl.) 1,5-3,5   Jul 2007
アルツハイマー病(Alzheimer's disease;AD)は、先進国も発展途上国も含めて、いまやすべての国における重大な健康問題であり、21世紀に人類が克服すべき最大の悪性疾患ともいわれている。ADの薬剤開発を目指して研究が進められているが、ADの分子神経生物学は発展段階にあり、大きな飛躍のためにはさらなる研究推進が必要である。ADに関わる直接費用の10%が薬物療法に費やされ、この20年間に世界では5つの薬剤【4種類のコリンエステラーゼ(ChE)阻害薬[タクリン(tacrine)、塩...
【精神科医育成のための後期研修プログラム 卒後3年目以降の精神科専門研修】 これからの精神科医に求められる研修経験
武田 雅俊, 紙野 晃人, 田中 稔久, 大河内 正康, 橋本 亮太, 田上 真次, 森原 剛史, 工藤 喬
臨床精神医学   36(3) 297-304   Mar 2007
タウの蛋白修飾制御に基づいた認知症性疾患治療法の開発
田中 稔久, Sadik Golam, 加藤 希世子, Nessa Begum Nurun, 紙野 晃人, 工藤 喬, 大河内 正康, 田上 真次, 森原 剛史, 橋本 亮太, 木村 亮, 姜 経緯, Nuripa Aidaralieva, 鎌形 英一郎, 田渕 信彦, 森 康治, 武田 雅俊
精神薬療研究年報   (39) 251-256   Mar 2007
アルツハイマー病脳内には神経原線維変化として異常なリン酸化および自己重合をしたタウ蛋白の存在が知られているが、そのリン酸化の生物学的意義は未だ明らかではない。タウ蛋白のリン酸化に依存して14-3-3蛋白との結合親和性が増強することを見出し、研究を行った。Protein Kinase Bを活性化するリチウムと同様、PKAを活性化するForskolinによってもタウ蛋白と14-3-3蛋白との結合が亢進した。胎児期のタウ蛋白はSer214部位が高度にリン酸化され、成獣脳からのタウ蛋白と比較して出...
皮膚の色調に対して特異な妄想を呈した妄想性障害の一症例
森 康治, 森原 剛史, 工藤 喬, 武田 雅俊
精神神経学雑誌   108(12) 1346-1347   Dec 2006
【アルツハイマー病診断・治療の新しい展開】 治療薬開発 NSAIDとその誘導体
疇地 道代, 森原 剛史, 武田 雅俊
Pharma Medica   24(7) 47-50   Jul 2006
武田 雅俊, 紙野 晃人, 田中 稔久, 大河内 正康, 谷井 久志, 田上 真次, 森原 剛史, 工藤 喬
日本未病システム学会雑誌   12(1) 49-51   Jul 2006
認知症の病因を探る 最新の知見から 精神医学における認知症研究
武田 雅俊, 紙野 晃人, 田中 稔久, 大河内 正康, 谷井 久志, 田上 真次, 森原 剛史, 工藤 喬
臨床精神薬理   9(5) 1021-1029   May 2006
BACEによるアミロイドベータ蛋白の切断について
田上 真次, 大河内 正康, 福森 亮雄, 姜 経緯, 伊藤 尚弘, 生田 亜希子, 中山 泰亮, 田中 稔久, 紙野 晃人, 森原 剛史, 金山 大祐, 木村 亮, 鎌形 英一郎, 田渕 信彦, Nessa Begum Nurun, Md.Sadik Golam, 工藤 喬, 武田 雅俊
精神薬療研究年報   (38) 5-10   Mar 2006
β-セクレターゼ(BACE)がアミロイドベータ蛋白(Aβ)自体を基質として認識し,切断するメカニズムを検討した.アミロイドベータ前駆体蛋白(βAPP)を切断し,CTF-βを産生するBACEがAβを少なくとも2箇所で切断することを見出した.切断されたAβは全長Aβよりも凝集しにくいことより,BACEはAβの分解を促進している可能性が示唆された.BACEがβAPPを切断する活性をAβが阻害するか検討し,in vitroでは阻害効果を認めた.Aβ産生機構においてγ-セクレターゼの上流に位置するB...
森原 剛史, 武田 雅俊, Frautschy Sally A, Cole Greg M
神経研究の進歩   49(3) 445-452   Jun 2005
【痴呆研究の最前線】 NSAIDs これまでにあきらかになった抗AD効果とこれからの問題点
森原 剛史, 武田 雅俊, Cole Greg M
Dementia Japan   18(1) 46-53   May 2004
【痴呆に対する治療法と治療環境 現状・可能性・限界】 NSAIDsによるアルツハイマー病治療・予防法開発の進展
森原 剛史, 武田 雅俊
Cognition and Dementia   3(2) 138-143   Apr 2004
Nonsteroidal anti-inflammatory drugs(NSAIDs)のアルツハイマー病(AD)治療の可能性を示す研究結果が疫学,基礎研究の両方から蓄積されてきている.しかしながら,最終的結論が導き出される厳密な大規模臨床治験ではNSAIDsの抗AD効果はまだ確認されていない.NSAIDsの抗ADメカニズムは抗炎症作用に基づく神経細胞変性の抑制にあると考えられていたが,最近の一連の研究はアルツハイマー病理のより上流にあるアミロイド病理の抑制も示唆する.特に一部のNSAID...
【アルツハイマー病 アミロイド制圧戦略の最前線】 NSAIDsの抗アミロイド病理効果
森原 剛史, Cole Greg
Molecular Medicine   41(4) 451-456   Mar 2004
NSAIDs(非ステロイド性抗炎症剤)の作用は抗炎症作用による神経細胞死の防御が想定されているが,加えてアルツハイマー病の中核病理であるアミロイド病理抑制が示された.特に一部のNSAIDsはアミロイドβタンパク質(Aβ)42産生を抑制することがわかり,γセクレターゼモジュレーターとしても注目を集めている.β,γセクレターゼ阻害剤の開発が困難に直面しているときに,イブプロフェンのように30年以上前から広く使われ安価な薬剤がγセクレターゼモジュレーターであったことが判明したわけである.そこで,...
アルツハイマー病 その発症メカニズムと創薬への展望 アルツハイマー病における炎症とNSAIDs
森原 剛史
HUMAN SCIENCE   14(6) 35-35   Nov 2003
NSAIDsの抗アルツハイマー病効果
森原 剛史, Cole Greg M
Dementia Japan   17(2) 148-148   Aug 2003
【ここまで解った神経変性疾患の最先端研究-アルツハイマー,パーキンソン病を中心に】 アルツハイマー病 アルツハイマー病における炎症とNSAIDs
森原 剛史, Cole Gren M
遺伝子医学   7(1) 32-38   Mar 2003
【老年期痴呆性疾患の薬物療法】 抗炎症剤の抗アルツハイマー病効果
森原 剛史, Cole Greg M
臨床精神医学   31(10) 1171-1176   Oct 2002
Mevalonate pathwayの酵素であるIPP isomeraseは神経切断後及び生直後大脳皮質の神経細胞で発現が上昇する
森原 剛史, 今泉 和則, 米田 託成, 田辺 勝久, 武田 雅俊, 遠山 正彌
神経化学   38(3) 333-333   Sep 1999
タウ蛋白リン酸化抑制機序によるアルツハイマー病治療薬開発の研究
武田 雅俊, 田中 稔久, 工藤 喬, 中村 祐, 柏木 雄次郎, 車谷 隆宏, 辻尾 一郎, 森原 剛史, 谷向 仁, 橋本 亮太, 中野 有香, 田上 真次, 森 裕, 小池 裕子
精神薬療基金研究年報   (31) 202-210   Mar 1999
神経細胞脱落を防止するために,タウ蛋白異常リン酸化を抑制する方法の探索を行った.タウ蛋白を脱リン酸化するフォスファターゼを活性化する方法として2価イオンを培地に添加した場合,コバルトが最も効果的にタウ蛋白を脱リン酸化させた.タウ蛋白をリン酸化するキナーゼであるグリコーゲンシンターゼキナーゼ3を抑制するために,その直接の上流にあるプロテインキナーゼBのトランスフェクションやインシュリンの添加を行うと,どちらの場合もタウ蛋白は脱リン酸化された.二つの方面からタウ蛋白のリン酸化を補正してアルツハ...
アルツハイマー病の診断マーカーとしての脳脊髄液中のタウ蛋白量上昇について
森原 剛史
日本老年医学会雑誌   34(8) 678-678   Aug 1997
わが国における家族性アルツハイマー病
武田 雅俊, 工藤 喬, 森原 剛史
老年精神医学雑誌   8(6) 565-570   Jun 1997
アルツハイマー病の診断マーカーとしての脳脊髄液中のタウ蛋白量上昇について
森原 剛史
日本老年医学会雑誌   34(Suppl.) 71-71   May 1997
アルツハイマー病の診断マーカーとしての脳脊髄液中のタウ蛋白上昇
森原 剛史
精神科診断学   8(1) 83-84   Apr 1997