Press releases
RSS 2.0

Press releases

Article list (63 items)

Life sciences / Neuroscience - general

強迫症のメカニズムを解明 ~不安を伴う繰り返し行動を生み出す計算論モデルを確立、治療の最適化に応用可能~

強迫症のメカニズムを解明 ~不安を伴う繰り返し行動を生み出す計算論モデルを確立、治療の最適化に応用可能~
強迫症のメカニズムを解明 ~不安を伴う繰り返し行動を生み出す計算論モデルを確立、治療の最適化に応用可能~ 【概要】 奈良先端科学技術大学院大学(学長:塩崎一裕) 先端科学技術研究科 情報科学領域の田中沙織特任准教授、株式会社国際電気通信基礎技...
Nanotechnology/Materials / Structural/physical organic chemistry

高分子の結晶構造が現れる臨界長を決定

高分子の結晶構造が現れる臨界長を決定
~結晶構造から高分子と小分子の境界が見えた~ ポイント・化学的に純粋な単分散ポリケトンの網羅的な結晶構造解析を達成。・小分子的な結晶化と高分子的結晶化の境界を観測。・繰り返し単位が5つから高分子的結晶構造が現れることを解明。 概要  北海...
Informatics / Computational science

先端量子ビーム計測技術向け汎用データ解析ソフトウェア2DMATの開発〜2次元物質研究の新展開〜

鳥取大学工学部機械物理系学科・同大学同学部先進機械電子システム研究センターの星健夫准教授(兼任:高エネルギー加速器研究機構(KEK)物質構造科学研究所 客員准教授)、同大学大学院博士前期(修士)課程の岩本晴道氏・一ノ瀬颯人氏、東京大学物性研...
Energy / Earth resource engineering, energy science

画期的な水分解光触媒の理論的提案:リン化ホウ素の単原子層膜

画期的な水分解光触媒の理論的提案:リン化ホウ素の単原子層膜
 化石燃料や原子力エネルギーに代わる、クリーンでサスティナブルなエネルギー資源として、水分解光触媒を用いた水素生成が注目されています。光触媒とは、光を当てるだけで、水を水素と酸素に分解することのできる物質です。光触媒を用いた水素生成シス...
Life sciences / Virology

新型コロナウイルスの新たな細胞侵入経路とその阻害薬の発見 ~COVID-19の複雑な病態解明・治療薬開発に期待~

新型コロナウイルスの新たな細胞侵入経路とその阻害薬の発見 ~COVID-19の複雑な病態解明・治療薬開発に期待~
1.発表者:  山本 瑞生 (東京大学医科学研究所 附属アジア感染症研究拠点 特任講師) 合田 仁  (東京大学医科学研究所 附属アジア感染症研究拠点 特任准教授) 越川 直彦 (東京工業大学生命理工学院 健康医療科学分野 教授) 清木 元...
Informatics / Software

研究情報基盤サービスresearchmapの研究開発で文部科学大臣表彰・科学技術賞(科学技術振興部門)を受賞

文部科学省が4月8日(金)に発表した「令和4年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰」において、「研究者の業績管理を効率化する研究情報基盤サービスの振興」の業績により、新井紀子 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII教授)、舛川竜治(NII特...

電流中の“スピン”の制御により水電解の効率化を実現

電流中の“スピン”の制御により水電解の効率化を実現
~水素エネルギーによる持続可能な社会へ大きく貢献~  京都大学 大学院工学研究科の須田 理行 准教授、辺 智芸 同博士課程学生、筒井 祐介 同助教、関 修平 同教授、加藤 研一 同助教、生越 友樹 同教授らの研究グループは、二硫化モリブデン(MoS2...

生物の耐熱性を支える「錠前」の発見

生物の耐熱性を支える「錠前」の発見
~可逆的なリン酸化修飾がRNAを安定化する~ <ポイント> たんぱく質はリン酸化と脱リン酸化によってその機能や細胞内における局在がダイナミックに制御されている。本研究は、たんぱく合成のアダプター分子であるtRNAにおいて可逆的なリン酸化修飾(...

グラフェン光源チップによる赤外分析の新技術を開発

グラフェン光源チップによる赤外分析の新技術を開発
~理論限界も超える性能を安価・小型で実現、新たなバイオ・医療・新物質開発へ~  慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学科の牧 英之 教授と中川 鉄馬 訪問研究員、同大学院 修士課程の志村 惟らの研究グループは、多層グラフェン光源チップによる新しい原...

細菌の生存競争に関わるたんぱく質の活性化の分子機構を解明

細菌の生存競争に関わるたんぱく質の活性化の分子機構を解明
~翻訳因子のこれまで知られていなかった新たな機能の発見~ <ポイント> 腸管出血性大腸菌EC869株の接触依存性増殖阻害(CDI)に関与するたんぱく質(CdiA-CTEC869)は、隣接する細菌内の翻訳伸長因子によって活性化され、特定のt...