プレスリリース
RSS 2.0

プレスリリース

記事一覧 (66 件)

強固で安定したポラリトン状態の室温凝縮を実現

~レーザーや太陽電池の効率化、低消費電力での電子デバイス開発に寄与~ 〈ポイント〉 光と物質間のハイブリッドな量子状態として知られる「ポラリトン状態」が、全無機ペロブスカイトと呼ばれる材料の使用により、全く新しい物理形態で形成されており、...

硬くて柔らかいナノ多孔性材料が実現する室温核偏極

~医療で用いられるMRIの高感度化を目指した技術を開発~  化学分野や医療現場で活躍している核磁気共鳴(NMR)分光法や磁気共鳴画像法(MRI)は、物質が持つ原子の微小な磁石の性質(核スピン)を利用し、そこから放出・吸収される電磁波を観測...

サルモネラ菌の休眠・薬剤耐性に関与するたんぱく質の機能を解明

~病原性細菌に対する新しいタイプの薬剤開発に期待~ <ポイント> 病原性細菌であるサルモネラ菌の休眠や薬剤耐性獲得に関与するたんぱく質(TacT)の機能と、その特異性の分子メカニズムを明らかにしました。 TacTが1種類のアミノアシルtRN...

骨格筋の分化に働く新たな染色体基盤構造体を解明

<ポイント> マウス(Mus musculus)の新規ヒストンH3mm18を含むヌクレオソーム構造をクライオ電子顕微鏡解析により世界で初めて解明しました。 H3mm18が不安定で弛緩(しかん)したヌクレオソームを形成すること、そしてH3mm...

発達障害の関連遺伝子の欠損で網膜・視覚機能が変化

~発達障害において感覚の過敏や鈍麻が生じるメカニズムの解明に貢献~ <ポイント> マウスにおいて発達障害の関連遺伝子Cyfip2の欠損により網膜・視覚機能が異常を示す 感覚器に着目した発達障害の診断法や治療法の開発につながる 「注目すべきは...

室温で単一スキルミオンの電流駆動に成功

~スキルミオンの電子デバイスへの応用に期待~  理化学研究所(理研) 創発物性科学研究センター 電子状態マイクロスコピー研究チームのPeng Licong 基礎科学特別研究員、于 秀珍 チームリーダー、強相関物質研究グループの軽部 皓介 研究員、...

消毒薬のウイルスに対する残留消毒効果の評価

~ヒト皮膚上のウイルスの生存時間を大幅に短縮させる方法を構築~ <ポイント> 手指衛生に使用される消毒薬を手に塗布して乾燥した後も消毒効果が残存する(残留消毒効果がある)か、正確に評価できるモデルを構築し、手指衛生に使用される消毒薬の残留...

脳は記憶を力で刻む

~シナプスの力と圧感覚による新しい伝達様式の発見~ <ポイント> 長期記憶が形成される際、大脳のシナプスにおいて樹状突起スパインが増大することが知られていたが、このスパインの動きが、筋肉収縮と同程度の力でシナプス前部を押すことにより、伝達...

高速データ解析で極薄膜物質の原子配列解析を加速〜全反射高速陽電子回折における新しいデータ解析法の導入〜

概要:  鳥取大学工学部機械物理系学科・同大学同学部先進機械電子システム研究センターの星健夫准教授(兼任:高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所客員准教授)、同大学大学院博士前期(修士)課程の阪田大志郎氏、高エネルギー加速器研究機構...

鉄シリコン化合物における新しいトポロジカル表面状態

~ありふれた元素を用いたスピントロニクス機能の実現~ <ポイント> 地球上に豊富に存在する鉄(Fe)とシリコン(Si)から成る化合物FeSiにおいて強いスピン軌道相互作用を示す表面状態が現れることを発見し、その表面状態を用いてスピントロニ...