講演・口頭発表等

国際会議

年代測定鉱物に関する研究の現状と今後の展開

Joint Meeting of Symposium on Metamorphism and Metamorphic Rocks; Further Perspectives \& 14th International Symposium on Water Dynamics
  • 阿部 健康

開催年月日
2017年3月
記述言語
英語
会議種別
国・地域
日本

希土類元素(REE: Y+La$\sim$Lu)やアクチノイド元素(U, Th)を含有する鉱物は、ホストとなる岩石の生成過程を議論するために重要な地球化学的情報や地質年代を保持している(cf. Harlov, 2016 review article, Journal of the Indian Institute of Science)。変成岩の研究では、ジルコンやザクロ石, 燐灰石, モナズ石, ゼノタイムが主に重要とされ、多くの先行研究がこれまで行われてきた(e.g. Hoskin and Schaltegger, 2003, Reviews in Mineralogy and Geochemistry; Meagher, 1982, Reviews in Mineralogy and Geochemistry; Spear and Pyle, 2002, Reviews in Mineralogy and Geochemistry)。本講演では、それら年代測定鉱物に関する最近の研究動向と、それを踏まえた今後の研究の方向性について、モナズ石を中心に議論を行う。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5058616