researchmapへようこそ
 
 
researchmapは、研究者が業績を管理・発信できるようにすることを目的とした、データベース型研究者総覧です。
簡単な登録で自身の研究者サイトを作成することができ、研究成果として、論文、講演・口頭発表、書籍、産業財産権、Works(作品等)、社会貢献活動などの業績を管理し、発信することができます。また、研究コミュニティなど、様々なツールを研究活動に活用できます。
また、今回リリースしましたresearchmap.V2では、検索・入力のしやすさを考慮したデザインと利便性の向上を図りました。レスポンシブなデザインで、利用デバイス(PC、タブレット、スマホ等)に最適化した画面を表示しています。
          

◎researchmap活用のメリット 

●簡単な操作で、情報発信用のホー ムページ(マイポータルと呼びます)を開設できます。
 ●所属機関を異動しても、マイポータルを利用し続けることができます。
 ●研究プロフィール(経歴・業績等)や業績情報の管理からWeb上の公開までを支援し、研究者の負担を軽減します。
   例えば、研究業績の入力は外部システムからのデータ取り込みにより、簡単・正確に登録することができます。
 ●JREC-IN PortalとID連携すると、researchmapに登録したご自身の情報が活用できます。
 ●researchmapで業績等の研究成果を管理すれば、テキストデータに素早く変換できます。
     各種補助金の書類や評価データの提出ファイル作成も簡単にできます。
 ●研究者が設定する権限により、本人以外が業績情報を更新し、研究者の負担なく業績情報の蓄積ができます。


     *AIは業績を自動的に収集し、研究者の業績の追加や業績情報の足りない項目を補完します。

    ●reserchmapのSNS機能(コミュニティ等)を使って、研究分野・立場を問わず、
   研究者同士で情報交換や情報共有等を行うことができます。
 
 ●転入、新規採用した研究者の業績をすぐに把握し、自機関の研究者総覧・業績入力システムに反映することができます。
 ●researchmapを利用して、自機関研究者の情報を一元的に管理できます。
   ☆researchmap情報はWebAPIを利用して取得し、機関の研究者総覧でそのまま公開することができます。
    または、研究者紹介ページなどでリンクを利用し、researchmapの研究者のページに移動させることもできます。
   ☆これまで、情報を入力する画面を作り、情報を集め、データを作り、公開していく等を行われていた場合は、
      その手間が省け、コストの削減にも貢献します。
   ☆統一したフォーマットで管理できます。
 ●機関では契約していなくても有料の論文データベースから、業績の取り込みができます。
   ☆研究者が外部システムから取り込んだ業績を、reserchmapのWebAPIを使って機関DBに反映することができます。
   ☆機関が個別に外部のシステムと契約する手間を省けます。    
 ●researchmapのWebAPIを利用して取得した情報を元に、機関が統計・分析を行うためのデータベースとして
  researchmapが利用できます。

◎researchmapの特長 
 ●知名度と信頼度 
   現在、30万人を超える日本国内で研究活動を行っている研究者、海外で研究活動を行っている日本人研究者や、
   URA(リサーチアドミニストレーター)などの研究支援者や、博士課程の学生が登録しています。
 ●検索エンジンに強い
   検索エンジンで研究者の名前を検索すると、researchmapのページが上位にヒットします。
 ●完全無料
   すべての機能が無料で利用できます。
   
◎検索機能 
*研究者検索 メニューの「研究者をさがす」から検索できます。
  研究者氏名・所属による検索に加え、研究キーワード、研究者番号など、幅広い条件で研究者を検索できます。

(研究者検索画面)


◎外部との連携 
researchmapは外部システムと連携しています。
researchmapに登録した情報は、他のシステムでも活用することができます。


◎業績の登録方法 
researchmapは、研究者の負担無く業績情報を蓄積するため、研究者本人以外による業績情報の更新機能を実装しています。



研究者    researchmapのアカウントを持つ研究者本人 
代理人    研究者または所属機関事務担当者の要請により、研究者情報の管理を代理で行える権限
機関担当者  自機関に所属する研究者の研究者情報の管理および一括入力・出力機能を使える権限
researchmapプロジェクト

サービスの提供 科学技術振興機構 情報基盤事業部                 
     〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3 サイエンスプラザ   

システムの研究開発 国立情報学研究所 社会共有知研究センター
     〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センタービル      

 

researchmapに関するお問い合わせは、問い合わせフォームよりお願いします。

 

◎researchmapパンフレットのダウンロード

researchmapパンフレット