researchmapからのお知らせ

AIのデフォルト設定、外部データベースからの取り込み時の類似チェック方法追加のご案内

いつもresearchmapをご利用いただきまして、ありがとうございます。

 

researchmapでは、2021年8月25日のシステムメンテナンスにより、自動業績登録機能を備えたAIのデフォルト設定と外部データベースからの業績登録の際の類似チェック方法を変更しました。


新しいデフォルト設定について、誤りがありましたので訂正いたしました(9/3更新)。

 

【AIのデフォルト設定】
自動業績登録機能を備えたAIのデフォルト設定が以下のように変更されました。

変更点は「AIの活用の範囲」で、本人が登録した内容を優先するようになったことです。

なお、AIサジェストによる登録情報更新と権限の設定方法については、こちらをご覧ください。

 

●新しいデフォルト設定:「AIの活用の範囲」が、本人が登録した内容優先に

 

●従来のデフォルト設定:「AIの活用の範囲」が、AIが取得した情報を優先していた

 

【類似チェック方法の追加】

外部データベースから業績を登録する際、既に登録されている業績データとの類似チェック方法が4種類となり、選択できるようになりました。

取り込みデータを主にマージ

新規登録業績をベースとして、不足分を既登録業績から補完する方法

〈新〉類似データを主にマージ

既登録業績をベースとして、不足分を新規登録業績から補完する方法

〈新〉取り込みデータを強制追加

既登録業績を類似とみなさず、新規登録業績を別業績として新規登録する方法

〈新〉登録しない

既登録業績と新規登録業績の類似の有無や程度にかかわらず、業績を追加登録しない方法

 

業績を登録する際の画面は、下のようになります。

 

引き続き、researchmapをよろしくお願いいたします。

新機能のご案内

いつもresearchmapをご利用いただきまして、ありがとうございます。

 

researchmapでは、2021年8月25日のシステムメンテナンスにより、以下の新機能をリリースしました。

 

今回リリースしました新機能は、

・業績検索

・競争的資金業績とりまとめプラグイン

・Google アカウントによるログイン連携(SSO)

 です。

【業績検索】

これまでの「研究者をさがす」に加え、「業績をさがす」にて業績の検索ができるようになりました。
また、研究者検索を追加して、絞り込み検索ができるようにもなりました。

 

【競争的資金業績とりまとめプラグイン】

共同研究や競争的資金等に申請・報告の際、業績のとりまとめに苦労した経験はありませんか。

この度、研究課題によって業績をとりまとめることができる「競争的資金業績とりまとめプラグイン」機能を実装しました。

この機能は下記のような手順を経ることで、使用できます。
・研究代表者がコミュニティに「競争的資金業績とりまとめプラグイン」を設置する
・その他の研究者は研究課題に関連づけて、業績を登録する
・「競争的資金業績とりまとめプラグイン」に研究課題に関連づけられた業績が表示される

例えば、CSVエクスポート等を利用して報告書の作成に利用することや、コミュニティページで競争的資金業績とりまとめプラグインを公開し業績を公開することなどができます。

【Google アカウントによるログイン連携(SSO)】

これまでも他の機関IdPによるshibbolethログインをご利用いただいていますが、この度、Google アカウントによるログインができるようになりました。

 

上記、新機能を含め、今回のリリースの詳細につきましては、更新履歴をご覧ください。

機関担当者向け説明会資料公開のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

 

2021年8月6日に開催した、researchmap機関担当者向け説明会の資料を下記ページに掲載しております。

2021年8月機関担当者向け説明会

 

 なお、質疑応答の資料および動画に関しましては、準備ができ次第順次公開いたします。

 引き続き、researchmapをどうぞよろしくお願いいたします。

 

プレスリリース機能のご案内

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

 

researchmap V2でリリースされた「プレスリリース機能」のご案内です。

 

本機能では機関の公式なプレスリリースを掲載することが出来ます。

現在は、機関担当者様のみ掲載が可能となっておりますが、

2021年8月下旬予定のリリースで研究者の皆様も掲載が可能となる予定です。

下記に詳細を記載いたしましたので、ご確認の上ぜひご利用ください。

 

プレスリリース機能のご案内(PDF 2.7MB)

 

researchmapへプレスリリースを掲載するメリット

①   多くの研究者がアクセスするresearchmapへプレスリリースを掲載することで、機関のプレスリリースへのアクセス増が期待できます。

②   通常のプレスリリースと異なり関連研究者を登録することが出来るため、研究者のアピールにつながります。

 

researchmapプレスリリース機能URL:

https://researchmap.jp/public/pressrelease

 

掲載対象:以下の条件を全て満たすもの

・ご自身の所属機関から公式に発表された記事

・上記がわかるURLが入力された記事

・researchmap 研究者情報とリンクできる記事

(関連研究者にresearchmap会員を1人以上登録してください)

 

マニュアル:

https://guide.researchmap.jp/index.php/Researchmap利用者マニュアル/機関担当者用/プレスリリース/プレスリリースの掲載依頼をする

 

注意事項:

投稿後、JSTが内容を確認・承認したのちに公開されます。掲載対象でない記事は公開されません。

AI機能理解のためのクイックガイド掲載のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

 

このたびresearchmapでは、2020年2月に実装しましたAI自動業績登録機能を理解いただくために、AIの機能をよりわかりやすく解説したAI機能理解のためのクイックガイドをご用意いたしました。

AIの設定と挙動についてご理解いただき、ご自身に合ったご利用方法を選択して、よりスムーズな業績登録にお役立てください。

 

researchmapでは、今後も利用者のみなさまに満足いただけるよう、サービスの向上に努めますので、引き続きresearchmapをよろしくお願いいたします。

機関担当者向け説明会開催のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

 researchmapでは、来る2021年8月6日(金)に、機関担当者向け説明会をオンラインで開催します。

 日ごろから実務でresearchmapを利用している機関担当者の方を対象に、使い方や機能の疑問を解消し、よりスム

ーズに利用していただけるような実践的な内容となっています。

 

また当日は、researchmapの開発責任者である国立情報学研究所 新井紀子教授の講演もございます。

貴重な機会ですので、ぜひご視聴ください。

 

このたびの説明会がresearchmapへの理解を深めていただき、研究者や機関担当者のみなさまの業績管理業務の負

担軽減や効果的な業績情報利用の機会となりますよう、みなさまの参加を心よりお待ちしております。

 

1.日時

  2021年8月6日(金)13:00 ~15:15(12:30開場)

 

2.主催

  国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST )

 

3.開催方法

  Zoomによるオンラインセミナー

  ※参加には、ZoomアプリのインストールまたはZoomアカウントへのサインインが必要です。

 

4.参加費用

  無料

 

5.テーマ

  機関担当者対象 researchmap実践的活用法

 

6.内容・スケジュール

  13:00~13:05   開会のあいさつ

  13:05~13:20   新井紀子教授講演 (テーマ決定次第、更新します)

            テーマ:researchmap.V2について(2021年7月30日更新)

  13:20~13:50   初心者向け説明

  13:50~13:55   休憩

  13:55~14:40   中上級者向け説明

  14:40~15:10   質疑応答

  15:10~15:15   閉会のあいさつ

 

7. 対象者

  ①researchmapをゼロから学びたい機関担当者(初心者)

  ②researchmapを実際に活用しており、さらに理解を深めたいと考えている機関担当者(中上級者)

  ③researchmap利用に関心のある機関担当者

 

8.お申し込み方法

  以下のURLの参加申し込みフォームにて、お申し込みください。

  URL:https://researchmap.jp/public/organ

  お申し込みが完了すると申込受付メールが送信されます。

  開催2日前にオンラインセミナー参加のためのURLをメールにてお送りいたします。

  開催当日、お時間になりましたら同メールに記載のURLからセミナーへご参加ください。

 

  ※席に限りがありますので、原則一機関あたり2名様までといたします。

   ただし、申し込み状況により、調整をお願いさせていただくことがありますことをご了承ください。

  ※同機関より2名様で参加される場合は、1名様ずつ個別にお申し込みください。

 

9.締め切り

  2021年07月30日(金)

  なお定員に達し次第、参加受付を締め切らせていただきます。

  2021年7月30日現在、席に若干の余裕がありますので、締め切りを延長しました。

   締め切り:2021年8月4日(水)

  参加を希望される方は早めにお申し込みください。

 

 

10.Zoomオンラインセミナーへの参加について

  以下の事項につきまして予めご理解いただけますようお願いします。

  ・本セミナーへは以下のいずれかの方法でご参加ください。

   - Zoomアプリからの参加:事前にZoomアプリをインストールする必要があります

   - ブラウザからの参加:事前にZoomアカウントを取得し、参加時にサインインする必要があります

  ・Zoomのミーティングテストページ等による視聴端末・ネットワーク設定の事前確認をお勧めします。

  ・当日は安定した通信環境にてご参加ください。

  ・参加者の通信環境および視聴端末・ネットワーク設定等により当日視聴できない場合、JSTは対応いたしか 

  ねます。また、Zoomの利用に関して参加者にいかなる不都合が生じた場合も、JSTは一切責任を負いませ

  ん。

  ・本セミナーでは、参加者のビデオはオフ、音声はミュートでの参加となります。

 

11.その他

  ・参加申し込みフォームにて事前に質問を募集します。質問がありましたら、ぜひこの機会に質問をお寄せく 

  ださい。お寄せいただいた質問に対して、当日できるだけ回答します。

  ・時間の都合上、説明会当日は音声による質問はお受けできません。当日の質問はウェビナーのチャット機能

  をご利用ください。

  ・質問は説明会終了後も承ります。説明会終了後にウェビナーにてアンケートのご協力をお願いしますので、

  その際に質問をお寄せください。後日、HP上で公開する資料内にて回答します。

   ・説明会終了後、当日の動画を公開する予定です。詳細はresearchmap HPにてお知らせします。

12.お問い合わせ

  国立研究開発法人 科学技術振興機構 情報基盤事業部 人材情報グループ researchmap担当

  e-mail :rmap_event★researchmap.jp (「★」を「@」に置き換えてください)

 以上

メンテナンス完了のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

以下日時にて、システムメンテナンスを実施しました。

 

日時:2021年5月26日(水) 10:00~17:00

 

実施内容については、更新内容をご覧ください。

引き続き、researchmapをどうぞよろしくお願いいたします。

メンテナンス実施のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

以下日時にて、メンテナンスを実施いたします。

 

日時:2021年5月26日(水) 10:00~18:00(予定)

   ※メンテナンス中は、researchmapにログインできません。

   ※web上での検索および閲覧、APIによる情報の取得は可能です。

利用者満足度調査結果(令和2年度)の掲載のお知らせ

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

皆さまのご意見をサービス運営・向上の参考にさせていただく目的で、2021年1月から3月にかけて実施した利用者満足度調査の調査結果を下記に掲載いたしました。

利用者満足度調査結果

調査にご協力いただきました多くの利用者のみなさまに、この場をお借りして、お礼申し上げます。
researchmapでは、今後もさらに利用者のみなさまに満足していただけるよう、サービスの向上に努めますので、引き続き、researchmapをご利用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

セキュリティ強化に伴う一部の古い端末/ブラウザからの閲覧不可について

以下日時にて、セキュリティ強化のためのネットワーク機器メンテナンスを予定しており、繋がりにくくなる場合がございます。

日時:2021年4月25日(日) 18:00 ~ 25:00

このメンテナンス以降、一部の古いOS/ブラウザ(Windows XP/Internet Explorer 8等)からはアクセスできなくなります。

現在サポートされているOS/主要ブラウザの最新バージョンをご使用の場合には影響ございません。
万が一アクセスできない状況となりました場合には、最新バージョンにアップデートをお願い致します。