データ交換について

データ交換とは、researchmapと各研究機関で構築している研究者情報に関するシステムとの間の「researchmapデータのやり取り」を言います。

 ※データ交換の対象となる情報はデータ交換実施機関に所属する研究者等の情報になります。

 

データ交換では、研究機関のデータベースから抽出した情報をresearchmapへ一括で反映できます。
また、研究機関に転入された方の情報をresearchmapから抽出し、各機関のデータベースへ取り込んで初期データとしてお使いいただくことができます。

 ※データ交換を行うことができるのは、各研究機関の機関事務担当者の方に限ります。

 

データ交換の実施にあたり、以下の条件を成立させておくことが必要になります。

  • データ交換実施機関に対して所属機関コードが採番されていること。
  • 個々の研究者に付与される、研究者コードが採番されていること。(※)
  • 個々の研究者がresearchmapの設定画面の「権限設定」にて、所属機関事務担当者による編集を許可していること。

 ※)researchmapに登録のある方はすでに採番されています。

未登録の場合、研究者自身でresearchmapに新規登録いただく、または機関事務担当者の方が
管理画面の「会員管理」で新規登録することができます。

  ◇研究者コードの確認方法
    自機関研究者の研究者コードの確認は、「研究者・業績・代理人エクスポート」画面で研究者情報をエクスポートして  確認することができます。
    詳細は利用者マニュアルを参照してください。

   

(1)データ交換の形式

V2フォーマット: JSON形式、CSV形式

 

 (2)更新方法

V2フォーマットで作成した研究者情報のファイルをresearchmapにアップロードします。
アップロードしたファイル中にエラーが無くなるまで「整合性チェック」を行ってください。
エラーが無くなると、researchmapへの「インポート」を行うことができます。

 

データ交換についてのご質問・ご要望等ありましたら、JSTサービス支援センターまでお問い合わせください。

制限事項
 

<V2フォーマットを利用したデータ交換、V2の更新用API>

V2フォーマットやresearchmap.V2更新用APIを利用して、業績情報の新規登録を行うことができます。
また、業績情報の更新について、 AI や研究者本人または 代理人 、 共著者 が一度でも更新した業績情報は、更新ができません
それ以外の業績情報(※1)は更新することができます。
業績情報の削除は、業績IDを指定した場合に限り行えますが、 AI や研究者本人または 代理人 、 共著者 が更新した業績情報については削除ができません。 (※2)

 

※1 researchmap.V1から移行された業績情報およびデータ交換、更新用APIで登録した業績情報のうち、 AI や研究者本人、 代理人 、 共著者 による更新がない業績情報など。
※2  所属機関事務担当者IDまたはデータ交換担当者ID にてresearchmap.V2の画面にログインして、1名分ずつ業績情報の更新、削除を行うことは可能です。

 

researchmap.V2では、論文、 MISC の業績情報について、AIにより業績情報を自動的に収集し、研究者の業績情報の追加や、不足項目の補完を行います。その情報を修正/削除することがないように制限を設けています。