石川 裕子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/13 14:15
 
アバター
研究者氏名
石川 裕子
 
イシカワ ユウコ
eメール
yuko.ishikawa_07cpuhs.ac.jp
所属
千葉県立保健医療大学
部署
健康科学部歯科衛生学科
職名
教授
学位
博士(歯学)(新潟大学), 修士(人間生活学)(広島女学院大学)
科研費研究者番号
40401757

プロフィール

歯科衛生士教育の研究と歯髄幹細胞の研究をしています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年9月
 - 
現在
千葉県立保健医療大学 健康科学部歯科衛生学科 教授
 
2016年4月
 - 
2018年8月
九州看護福祉大学 看護福祉学部口腔保健学科 教授
 
2013年4月
 - 
2016年3月
新潟大学 歯学部口腔生命福祉学科 准教授
 
2007年4月
 - 
2013年3月
新潟大学 歯学部口腔生命福祉学科 助教
 
2005年4月
 - 
2007年3月
新潟大学 歯学部口腔生命福祉学科 助手
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2009年3月
新潟大学大学院 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻
 
2003年4月
 - 
2005年3月
武蔵野大学 通信教育部人間関係学部 人間関係学科
 
2000年4月
 - 
2002年3月
広島女学院大学大学院 人間生活学研究科 
 
1995年4月
 - 
1999年9月
日本女子大学 家政学部(通信教育課程) 食物学科
 
1982年4月
 - 
1984年3月
広島大学歯学部附属歯科衛生士学校  
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本歯科衛生教育学会  常任理事、副理事長
 
2013年4月
 - 
現在
日本歯科衛生教育学会  評議員
 
2006年
 - 
現在
歯科衛生士教育協議会  教育委員
 

受賞

 
2017年9月
日本歯科衛生学会 論文奨励賞
受賞者: 米澤大輔,石川裕子,葭原明弘
 
2016年9月
日本歯科衛生学会 論文奨励賞
受賞者: 植木麻有子,石川裕子,米澤大輔,高橋英樹,大内章嗣,吉原明弘
 
2015年8月
歯科医学教育学会 教育システム開発賞
受賞者: 小田陽平,石川裕子,小野和宏,藤井規考,小林正治,前田健康
 

論文

 
Nakaki T, Nakakura-Ohshima K, Nakagawa E, Ishikawa Y, Saito K, Ida-Yonemochi H, Ohshima H
Journal of Oral Biosciences   60(1) 21-30   2018年3月   [査読有り]
Ishikawa Y, Nakatomi M, Ida-Yonemochi H, Ohshima H
Cell and tissue research   369(3) 497-512   2017年9月   [査読有り]
米澤 大輔, 石川 裕子, 葭原 明弘
日本歯科衛生学会雑誌   11(2) 32-39   2017年2月   [査読有り]
石川 裕子, 米澤 大輔, 葭原 明弘, 齊藤 一誠, 早崎 治明
口腔衛生会誌   66(3) 338-343   2016年   [査読有り]
本研究の目的は,知的障害者施設における利用者に対して,在所期間から知的障害者の口腔および支援の状態について検討することである.歯科診療室が併設されている「N知的障害者総合援護施設」利用者77名を対象とし,利用者の口腔内状態および口腔管理の支援状態を調査した.<br> その結果,利用者の平均年齢は47.0 ± 12.7歳(無回答2名),在所期間は0~9年が24名,10~19年が41名,20年以上が12名であった.在所期間10~19年では,0 ~9年より障害支援区分の重い人が多く統計的に有意な...
植木 麻有子, 石川 裕子, 米澤 大輔
日本歯科衛生学会雑誌   10(1) 34-42   2015年8月   [査読有り]

Misc

 
8020研究事業公募課題の概要報告 新しい「成人歯科健診・指導プログラム」による行動変容の評価
八木稔,石川裕子,佐藤徹,大内章嗣,深井穫博
公益財団法人8020推進財団会誌   11 144-145   2012年1月
新しい「成人歯科健診・指導プログラム」による行動変容の評価
八木稔,石川裕子,佐藤徹,大内章嗣,深井穫博
平成22年度8020公募研究事業研究報告書   13-22   2011年6月
学士課程の専門教育における問題基盤型学習(PBL)の導入と口腔生命福祉学科カリキュラムの構築
石川裕子,小野和宏,大内章嗣,福島正義,山崎和久,富沢美惠子
2005年度全国歯科衛生士専任教員秋期学術研修会報告集   1-6   2006年6月
中田 二三江, 田村 裕子, 岩崎 代利子, 石川 裕子, 河村 誠, 森下 真行
日本歯周病学会会誌   35(0)    1993年9月
石川 裕子, Ishikawa Yuko
新潟歯学会雑誌   40(2) 169-170   2010年12月

書籍等出版物

 
ウィルキンス歯科衛生士の臨床 原著第11版
E・M・ウィルキンス (担当:共訳, 範囲:29章 歯磨剤と洗口)
医歯薬出版   2015年6月   
臨床実習 HAND BOOK
クインテッセンス出版   2010年3月   

講演・口頭発表等

 
マウス切歯・臼歯の静的幹細胞維持に関わるShhシグナルの役割
石川裕子、依田浩子、斎藤浩太郎、中富満城、大島勇人
第60回歯科基礎医学会学術大会   2018年9月7日   
他家歯胚移植におけるドナー・ホスト相互作用:歯周組織に着目して
中木哲朗,大島邦子,石川裕子,斎藤浩太郎,依田浩子,大島勇人
平成29年度新潟歯学会第2回例会   2017年11月   
Stem cell niche and enamel knot-like structure in mouse incisors
Nakatomi C, Ishikawa Y, Saito K, Nakatomi M, Jimi E, Ohshima H
Enamel Symposium 2016   2016年10月   
某市における施設入所要介護高齢者の咬合支持と全身状態の関連
佐藤夏奈,黒川孝一,ステガロユ・ロクサーナ,石川裕子,柴田佐都子,髙橋堅護,新澤秀樹
日本歯科衛生学会第11回学術大会   2016年9月   
Quiescent adult stem cells in murine teeth are regulated by Shh signaling
Ishikawa Y, Nakatomi M, Ohshima H
International Conference on Tooth Morphogenesis and Differentiation (TMD) 2016   2016年6月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 石川 裕子
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 石川 裕子
医科ー歯科連携口腔衛生管理のための多職種連携教育者養成プログラム
医学教育開発研究センター: 多職種連携医療教育協働開発事業
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 長谷 由紀子
8020財団: 平成22年度8020研究事業
研究期間: 2010年9月 - 2011年3月    代表者: 八木 稔

社会貢献活動

 
歯科衛生士専任教員講習会Ⅰ・Ⅱ
【講師】  歯科衛生士教育協議会  2010年 - 現在
生涯学習講座「食と健康」口腔ケアと健康
【講師】  熊本県山鹿市  2017年12月
九州看護福祉大学公開講座
【講師】  九州看護福祉大学  2017年10月 - 2017年11月
熊本県玉名市よい歯の広場
【その他】  玉名市歯科医師会  2016年6月 - 2017年6月
熊本地震ボランティア
【その他】  2016年5月22日