共同研究・競争的資金等の研究課題

2021年4月 - 2024年3月

異種細胞間の細胞接着装置の恒常性維持機構の解析

日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

課題番号
21K08183
体系的課題番号
JP21K08183
配分額
(総額)
4,160,000円
(直接経費)
3,200,000円
(間接経費)
960,000円

フォルミン蛋白質は、哺乳類細胞において15種類の存在が確認されており、その中のFhodサブファミリーにはFhod1とFhod3の2つが存在する。我々の研究室では、Fhod3は心臓に発現し、心筋サルコメア内のアクチン線維形成を担うこと、心臓の発生に必須であること、さらに出生後の心臓においても、心機能の維持並びに負荷への肥大応答に必要であることを明らかにしてきた(Matsuyama et al., PNAS2018; Ushijima et al., JBC 2018他)。一方で、Fhod1は、細胞内のアクチン線維の形成に関与していること、ROCKキナーゼの下流でFhod1が活性化し機能すること(Takeya et al., EMBOJ 2008他)、Fhod1が肺組織に強く発現していること(Sanematsu et al., Cytoskeleton 2019)を明らかにしてきた。しかしながら、細胞レベルでのFhod1の機能は不明な点が多い。そこで、肺胞マクロファージに強く発現しているFhod1の機能を解析することとした。これまで、ショウジョウバエにおいて、Drosophila FHOD1-like forminが正常な細胞遊走及び接着に必要であることが報告されている(Small GTPases 2014)。現在、Fhod1欠損マウスとコントロールマウスを用いて、肺胞マクロファージを採取し、初代培養細胞の単独培養系を用いて、細胞遊走能、基質への接着装置形成の変容機構を詳細に解析している。

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-21K08183
ID情報
  • 課題番号 : 21K08183
  • 体系的課題番号 : JP21K08183