大坪亮介

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 16:48
 
アバター
研究者氏名
大坪亮介
 
オオツボ リョウスケ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/10713117.ja.html
学位
博士(文学)(大阪市立大学)
科研費研究者番号
10713117

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年9月
 - 
現在
神戸松蔭女子学院大学 文学部 非常勤講師
 
2018年4月
 - 
現在
大阪市立大学 教務課全学共通科目 非常勤講師
 
2013年
 - 
現在
大阪市立大学 大学院・文学研究科 研究員
 
2014年4月
 - 
2018年3月
神戸松蔭女子学院大学 文学部 非常勤講師
 
2015年10月
 - 
2016年9月
大阪市立大学 文学部 非常勤講師
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2004年3月
大阪市立大学 文学部 言語文化学科(国語国文学コース)
 
2004年4月
 - 
2007年3月
大阪市立大学大学院(前期博士課程) 文学研究科 言語文化学専攻(国語国文学専修)
 
2007年4月
 - 
2013年3月
大阪市立大学大学院(後期博士課程) 文学研究科 言語文化学専攻(国語国文学専修)
 

受賞

 
2007年3月
大阪市立大学大学院文学研究科教育促進支援機構 優秀修士論文賞
 
2009年3月
大阪市立大学大学院文学研究科教育促進支援機構 研究奨励賞
 

論文

 
天正本『太平記』巻四「呉越戦事」の増補傾向―姑蘇城・姑蘇台と西施の記述を端緒として―
大坪亮介
『文学史研究』   (58) 1-20   2018年3月   [査読有り]
『明徳記』における山名氏清と新田義貞―朝敵認定との関わり―
大坪亮介
『国語国文』   85(3) 38-56   2016年3月   [査読有り]
『明徳記』における義満・頼之体制とその背景―寺社本所領保護への注視―
大坪亮介
『文学史研究』   55 39-52   2015年3月   [査読有り]
『太平記』における怨霊記事と政道批判―巻三十四「吉野御廟神霊事」を中心に―
大坪亮介
『文学史研究』   53 23-40   2013年3月   [査読有り]
『太平記』の構想論的研究―「北野通夜物語」を中心に―
大坪亮介
大阪市立大学      2013年3月   [査読有り]

Misc

 
蓮体『観音冥応集』人名・地名・書名索引
池上保之・旅田孟・大坪亮介・久留島元・原田寛子・森田貴之
上方文化研究センター研究年報   18 1-39   2018年3月

書籍等出版物

 
『軍記物語の窓』第五集
関西軍記物語研究会 (担当:共著, 範囲:「天正本『太平記』の増補―真言関係記事を例に―」)
和泉書院   2017年12月   
『近世寺社伝資料『和州寺社記』・『伽藍開基記』』
神戸説話研究会
和泉書院   2017年2月   
『『太平記』をとらえる』第二巻
『太平記』研究国際集会 (担当:共著, 範囲:「『太平記』と仁和寺―天正本系の一増補箇所から―」)
笠間書院   2015年10月   
『論集 中世・近世説話と説話集』
神戸説話研究会 (担当:共著, 範囲:「公武関係の転換点と大内裏―『太平記』の大内裏造営記事をめぐって―」)
和泉書院   2014年9月   
『宝永版本観音冥応集 本文と説話目録』
神戸説話研究会
和泉書院   2006年11月   

講演・口頭発表等

 
『太平記』巻三十五「北野通夜物語」と後醍醐天皇の怨霊
大坪亮介
Osaka City University-University of Illinois Exchange Symposium   2018年3月   
天正本『太平記』と真言圏
大坪亮介
関西軍記物語研究会第87回例会   2016年7月   
『明徳記』における土地政策と公武関係
大坪亮介
軍記・語り物研究会2013年度大会   2013年8月   
『太平記』の怨霊記事と政道批判―巻三十四「吉野御廟神霊事」を中心に―
大坪亮介
関西軍記物語研究会第75回例会   2012年7月   
万里小路藤房と『太平記』第三部世界―「武家の棟梁」をめぐって―
大坪亮介
軍記・語り物研究会第384回例会   2009年11月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
中世高野山一心院における文芸生成に関する総合的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 大坪亮介
南北朝期歴史叙述における歴史認識形成と土地政策に関する研究―軍記物語を中心に―
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2013年8月 - 2015年3月    代表者: 大坪亮介