角谷 基文

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/31 18:51
 
アバター
研究者氏名
角谷 基文
 
スミヤ モトフミ
eメール
msumiyanips.ac.jp
URL
https://scholar.google.co.jp/citations?user=HUsvwKAAAAAJ&hl=ja
所属
生理学研究所
部署
システム脳科学研究領域
職名
特任研究員
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学)
科研費研究者番号
10802796
ORCID ID
0000-0002-2021-0414

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
自然科学研究機構 生理学研究所 心理生理学研究部門 特任研究員
 
2013年4月
 - 
2017年3月
自然科学研究機構 生理学研究所 心理生理学研究部門 RA
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2017年3月
総合研究大学院大学 生命科学研究科 生理科学専攻
 
2010年4月
 - 
2012年3月
白百合女子大学大学院 文学研究科 発達心理学専攻 発達臨床心理学コース
 
2004年9月
 - 
2006年8月
University of Arizona(米国)  
 
2002年6月
 - 
2004年8月
University of North Alabama(米国)  
 

受賞

 
2014年10月
第4回社会神経科学研究会 トラベルアワード
 
2014年4月
総合研究大学院大学 学長賞
 

論文

 
Sumiya M, Igarashi K, Miyahara M
PLoS ONE   13(2) e0191538   2018年2月   [査読有り]
Mikkonen M, Laakso I, Sumiya M, Koyama S, Hirata A, Tanaka S
Frontiers in neuroscience   12 426   2018年   [査読有り]
Sumiya M, Koike T, Okazaki S, Kitada R, Sadato N
Neuroscience research      2017年5月   [査読有り]
Scheres A, Tontsch C, Thoeny AL, Sumiya M
Frontiers in psychology   5 711   2014年   [査読有り]
Scheres A, Sumiya M, Thoeny AL
International journal of methods in psychiatric research   19(3) 167-176   2010年9月   [査読有り]

Misc

 
菅原 翔, 角谷 基文, 定藤 規弘
こころの科学   (196) 30-34   2017年11月

講演・口頭発表等

 
Neural correlates of being imitated and imitating: a hyperscanning fMRI study.
Miyata K, Koike T, Nakagawa E, Harada T, Sumiya M, & Sadato N.
The 47th Annual meeting of Society for Neuroscience   2017年11月   
A rewarding nature of conversation: An fMRI study on the contingency between own actions and positive outcome.
Sumiya M, Koike T, Okazaki S, Kitada R, & Norihiro S.
The 45th Annual meeting of Society for Neuroscience   2015年10月   
みつめあい状態における.社会的随伴性の神経基盤:Hyperscanning fMRIを用いた研究
小池耕彦, 中川恵理, 角谷基文, 岡崎俊太郎, 定藤規弘.
日本認知科学会 第32回大会   2015年9月   
聞き手の肯定的反応が話し手にもたらす報酬効果の神経基盤の解明.
角谷基文, 小池耕彦, 岡崎俊太郎, 定藤規弘.
第61回中部日本生理学会.   2014年11月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
自閉スペクトラム症における自他随伴性に伴う報酬生成過程の神経メカニズム解明
科学研究費補助金: 研究活動スタート支援
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 角谷 基文