関 慶太郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/09 03:18
 
アバター
研究者氏名
関 慶太郎
 
セキ ケイタロウ
所属
日本大学
部署
文理学部体育学科
職名
助手
学位
修士(体育学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
2017年3月
埼玉県立大学 非常勤講師
 
2018年4月
   
 
日本大学 文理学部 助手
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2012年3月
日本大学 文理学部 体育学科
 
2013年4月
 - 
2015年3月
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 体育学専攻
 
2017年8月
 - 
2018年3月
University of Jyväskylä Faculty of Sport and Health Sciences Biology of Physical Activity
 

委員歴

 
2012年4月
   
 
関東学生陸上競技連盟  総務委員
 
2011年4月
 - 
2012年3月
関東学生陸上競技連盟  幹事長
 
2010年4月
 - 
2011年3月
関東学生陸上競技連盟  副幹事長
 
2008年4月
 - 
2010年3月
関東学生陸上競技連盟  常任幹事
 

受賞

 
2017年12月
日本陸上競技学会 学会賞 最大下努力度でのリバウンドジャンプにおける下肢筋群の負荷特性
受賞者: 関慶太郎,村越雄太,青山清英
 
2017年9月
フィンランド教育庁 フィンランド政府奨学金
 
2017年3月
ランニング学会 奨励賞 高強度走行中のランニングフォームと経済性
受賞者: 丹治史弥,関慶太郎,榎本靖士,鍋倉賢治
 
2012年5月
関東学生陸上競技連盟 学生功労賞
 

論文

 
Keitaro Seki, Heikki Kyröläinen, Naoki Numazu, Keigo Ohayama-Byun, Yasushi Enomoto
Medicine & Science in Sports & Exercise   in press    2018年   [査読有り]
リバウンドジャンプにおける主観的努力度の変化が下肢セグメントの貢献に与える影響
関慶太郎・井川純一・村越雄太
陸上競技研究   in press    2018年12月   [査読有り]
Jun Mizushima, Keitaro Seki, Justin W. L. Keogh, Kei Maeda, Atsushi Shibata, Hiroyuki Koyama, Keigo Ohyama-Byun
PeerJ   6 e5188   2018年7月   [査読有り]
ジャンプ運動における個人の反動動作特性を評価する方法の開発
梶谷亮輔,前村公彦,山元康平,関慶太郎,尾縣 貢,木越清信
体育学研究   63 139-149   2018年6月   [査読有り]
Effect of shoes and tights with the support function on support leg during running
Takanori Nishiura, Keitaro Seki, Yasushi Enomoto, Daisuke Kogawa
Proceedings of 35th International Conference of Biomechanics in Sports   627-630   2017年6月   [査読有り]

Misc

 
Influence of trunk posture on lower extremity energetics during running
関 慶太郎
陸上競技研究   103 53-53   2015年12月
2014甲府インターハイ パフォーマンス分析 前編 女子100mH
杉本和那美,山元康平,関慶太郎,森丘保典
陸上競技マガジン   64(18) 129-129   2014年10月
Relationship between running mechanics, running economy, and performance
関 慶太郎
陸上競技研究   97 62-62   2014年6月
男女エリート中長距離選手のRunning Economyの違い
関 慶太郎
陸上競技研究   93 53-57   2013年6月

講演・口頭発表等

 
投能力向上のための学習プログラムが女子中学生の投動作に与える影響—バイオメカニクス的観点から—
松原拓也,井川純一,関慶太郎,青山清英
日本陸上競技学会第17回大会   2018年11月10日   
男子円盤投における高い初速度獲得のための動作要因間の因果構造
前田奎,大山卞圭悟,水島淳,関慶太郎,広瀬健一,梶谷亮輔,尾縣貢
日本陸上競技学会第16回大会   2017年12月16日   
Effect Of Biomechanical Factors On Energy Cost During Running At Varying Inclines
Keitaro Seki, Kanami Sugimoto, Heikki Kyröläinen, Yasushi Enomoto
35th International Conference on Biomechanics in Sports   2017年6月18日   
The Interrelationship Of Joint Stiffness In Drop Jump Under Different Conditions: A Single-subject Design
Kanami Sugimoto, Yasushi Enomoto, Keitaro Seki
35th International Conference on Biomechanics in Sports   2017年6月17日   
Estimation Of The Centre Of Mass And Pelvis Movement In Running Using An Inertia Sensor Mounted On Sacrum
Yasushi Enomoto, Takehiro Aibara, Kanami Sugimoto, Keitaro Seki, Toshiharu Yokozawa, Ryota Murata
35th International Conference on Biomechanics in Sports   2017年6月16日   

担当経験のある科目