講演・口頭発表等

四万十帯日向層群における透水性割れ目の性状と発達過程の検討

日本応用地質学会平成27年度研究発表会
  • 大野 卓也
  • ,
  • 吉田 英一*

開催年月日
2015年9月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
宇治
国・地域
日本

地下水の水みちとなる透水性割れ目の性状と発達過程について、付加体堆積岩における研究事例は非常に少ない。地層処分において、将来付加体がサイトの候補岩種となることも考えられる。この背景のもと、本研究では九州南部に分布する四万十帯日向層群で掘削されたボーリングコアを調査し、割れ目充填鉱物および割れ目周辺母岩中の変質鉱物の薄片観察, SEM観察, XRD分析, WDX分析を行った。その結果、付加体中の割れ目の性状、透水性割れ目、炭酸塩鉱物による自己シーリングの様子が明らかとなった。本報告では、付加体岩石中のそれらの性状について報告する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5052452