基本情報

所属
宇都宮大学 大学院工学研究科 教授
学位
工学博士(東京工業大学)
工学修士(東京工業大学)

ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-5830-2234
J-GLOBAL ID
200901082648516163
Researcher ID
F-3849-2012

外部リンク

経歴

  6

委員歴

  140

論文

  264

MISC

  17

書籍等出版物

  22

講演・口頭発表等

  970

社会貢献活動

  18

メディア報道

  2

その他

  22
  • 2019年3月 - 2019年3月
    “重イオンビーム慣性核融合とWarm Dense Matter物理” (Heavy Ion Inertial Fusion and Related Warm Dense Matter Physics) : 一橋大学一橋講堂
  • 2019年2月 - 2019年2月
    平成31年2月8日(金)13:30~,電気電子棟イベントスペース4-101 室にて, 村上 匡且 教授,大阪大学レーザー科学研究所の講演“High energy particle acceleration using micro-bubble implosion”, 先方負担
  • 2019年2月 - 2019年2月
    Prof. J. J. Honrubia, School of Aerospace Engineering, Universidad Politécnica de Madrid, Spain, 2019 年2月8 日(金)13:30~,電気電子棟イベントスペース4-101 室にて講演, “Three- dimensional hybrid modelling of high intensity ion beam propagation in plasmas”, 先方負担
  • 2018年11月 - 2018年11月
    Dr. Wei-Min Wang, Researcher of Inst. of Physics, Chinese Academy of Sciences(C.A.S.), China, 2018 年11 月14 日(水)10:00~,電気電子棟セミナー室4-401 室にて講演, “Theoretical and experimental studies on THz radiation via two-color laser scheme”, 先方負担
  • 2018年11月 - 2018年11月
    平成30年11月5日〜11日に,11月5日〜6日に米国オレゴン州ポートランドで開催される米国物理学会プラズマ物理分科会に参加し,重イオン慣性核融合と高エネルギー密度物質に関する最新の研究発表を行う。校費負担。また11月7日〜11日までBrookhaven National Laboratoryを訪問し重イオン慣性核融合と高エネルギー密度物質に関する共同研究打ち合わせ(30核研研第4021号)を行う。NIFS負担。
  • 2018年11月 - 2018年11月
    「IFEフォーラム」(http://www.ilt.or.jp/forum/)の慣性核融合研究推進を支援する目的により,若手研究者の養成支援を受け,AAPPS-DPP2018の参加費免除。(2nd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics (AAPPS-DPP2018), November 12(Monday) -17(Saturday), 2018. http://aappsdpp.org/DPP2018/index.html) 対象論文3件: R. Sato, K. Uchibori, H. Katoh, T. Karino, S. Kawata and A. I. Ogoyski: “Uniform implosion of fuel target in heavy ion fusion” H. Nakamura, T.Kubo, T.Karino, H.Kato and S.Kawata: “Fuel pellet alignment control in heavy-ion inertial fusion reactor” K. Uchibori, R. Sato, T. Karino, S. Kawata and A. I. Ogoysky: “Influence of beam non-uniformity on fuel implosion in heavy ion inertial fusion
  • 2018年4月 - 2018年4月
    Dr. Yanjun Gu Senior Reseacher of ELI-Beamlines, Institute of Physics, AS CR, v. v. i.平成30年4月18日~20日にかけて川田研究室にてレーザー粒子加速に関する共同研究を行う。また4月19日, 電気電⼦システム⼯学専攻棟2F電気会議室にて講演, “Plasma Physics in High field and ELI project introduction”,
  • 2018年4月 - 2018年4月
    国立 2018年4月~2019年3月 大学法人電気通信大学レーザー新世代研究センター共同研究員
  • 2018年3月 - 2018年3月
    平成30年3月1日に行われた一般社団法人電気学会東京支部栃木支所・群馬支所合同研究発表会においてB4 Helanka, Weerasekaraさんが優秀発表賞を受賞。発表題目:「重イオンビーム慣性核融合の燃料標的の爆縮について」
  • 2017年7月 - 2017年7月
    Prof. Claude Deutsch(Paris University), 平成29年7月14日, 電気電子棟4-401セミナー室にて講演, “/Cluster ion beam stopping in cold and hot targets of ICF //(Inertial Confinement Fusion)////concern/”.Fusion)////concern/”
  • 2017年5月 - 2017年5月
    平成29年5月~狩野貴宏D1、理化学研究所、JRA(ジュニアリサーチアソシエイト)に合格。3年間理研から米国ニューヨークのBNL(Brookhave National Lab.)に派遣。
  • 2017年4月 - 2017年4月
    平成29年4月14日~18日にかけて川田研究室にてレーザー粒子加速に関する共同研究を行う。 Dr. Yanjun Gu氏(国籍:中華人民共和国, Senior Reseacher of ELI-Beamlines, Institute of Physics, AS CR, v. v. i. プラハ在住)
  • 2017年4月 - 2017年4月
    国立大学法人電気通信大学レーザー新世代研究センター共同研究員(2017年4月1日~2018年3月31日)
  • 2017年3月 - 2017年3月
    平成29年3月2日に行われた一般社団法人電気学会東京支部栃木支所・群馬支所合同研究発表会においてB4伊藤慎太郎くんが優秀発表賞を受賞。発表題目:「高強度短パルスレーザーと薄膜との相互作用によるイオンビームの生成について。
  • 2017年3月 - 2017年3月
    平成28年度日米事業報告会, “重イオンビーム慣性核融合とWarm Dense Matter物理” 一橋大学一橋講堂, 2017年3月3日
  • 2017年3月 - 2017年3月
    平成29年3月2日に行われた一般社団法人電気学会東京支部栃木支所・群馬支所合同研究発表会においてB4伊藤慎太郎くんが優秀発表賞を受賞。 発表題目:「高強度短パルスレーザーと薄膜との相互作用によるイオンビームの生成について」
  • 2017年 - 2017年
    「Terahertz Radiation Generation for Medical Applications」 Ms. Reenu Gill, Indian Institute of Technology Delhi (博士論文審査委員:川田重夫2017年12月)
  • 2016年12月 - 2016年12月
    旦大学現代物理研究所3-111, 2016年12月12日, 復旦大学現代物理研究所3-111, 「Beam quality improvement of accelerated particles from laser-plasma interaction」余芹, 「Electron acceleration and radiation in the bubble regime for the interaction between ultra-intense laser and underdense plasma」李暁鋒
  • 2016年7月 - 2016年7月
    A member of International Advisory and Scientific Program Committee (Astana, Kazakhstan)