共同研究・競争的資金等の研究課題

2001年 - 2003年

海洋起源の硫黄化合物(硫化ジメチル)からみた大気―海洋相互作用の研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)
  • 増沢 敏行
  • ,
  • 田中 浩
  • ,
  • 古賀 聖治
  • ,
  • 永尾 一平
  • ,
  • 石坂 隆
  • ,
  • 増澤 敏行

課題番号
13480156
体系的課題番号
JP13480156
配分額
(総額)
9,000,000円
(直接経費)
9,000,000円

海洋生物起源のDMSを通して大気と海洋間の相互作用に関わるプロセスを明らかにすることを目的として、本助成を受けて下記の項目の研究を行った。(1)大気DMSの自動連続測定システムを構築、(2)西部北太平洋上での観測船による大気と海水のDMSの測定、及びエアロゾルの化学組成の分析、(3)八丈島に観測点を設け、連続観測の実施。また、これらのデータ解析のため、気塊の輸送経路の解析、黄砂の飛来の確認、そして海洋の植物プランクトン量として、海色センサーを搭載した人工衛星SeaWiFSのデータを利用した。これらのデータと風速などの気象データからDMSの大気への放出量を推定し、大気DMS濃度との関係を解析した。また、DMSの測定と並行して大気エアロゾルの化学組成分析を行うための粒径別のエアロゾル採集と数濃度の測定を行った。
その結果、この海域の4月(春季)と12月(冬季)の海水中のDMS濃度を比較すると、4月が1.5〜2倍ほど濃度が高いことが分かった。植物プランクトンの季節変化をSeaWiFSによるクロロフィノル濃度から調べた結果、12月に比べ4月は特に沿岸でクロロフィルが増加しており、海洋生産の季節変化に対応したものであると考えられる。また、海洋生産の高い水塊から輸送されたきた気塊に覆わたときにエアロゾル中のメタンスルフォン酸(MSA)と硫酸塩エアロゾル濃度が有意に増加し、海洋からのインパクトが大気側に及んでいるケースを捉えることができた。一方、黄砂の飛来を確認できたが、黄砂が海洋生産に及ぼす影響を議論するに十分なデータを得ることはできなかった。

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-13480156
ID情報
  • 課題番号 : 13480156
  • 体系的課題番号 : JP13480156