梶 光一

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 05:49
 
アバター
研究者氏名
梶 光一
eメール
kkajicc.tuat.ac.jp
URL
http://www.tuat.ac.jp/~wildlife/
所属
東京農工大学
部署
農学研究院自然環境保全学部門
職名
教授
学位
農学博士(北海道大学)
その他の所属
東京農工大学東京農工大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1987年4月
 - 
1989年3月
- 日本学術振興会特別研究員
 
1991年6月
 - 
2000年3月
- 北海道環境科学研究センター自然環境部野生動物科長
 
2000年4月
 - 
2004年3月
- 北海道環境科学研究センター自然環境部自然環境保全科長
 
2004年4月
 - 
2006年3月
- 北海道環境科学研究センター自然環境部主任研究員兼自然環境保全科長
 
2006年4月
   
 
- 東京農工大学大学院共生科学技術研究院 教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
北海道大学 農学部 林学科
 
 
 - 
1986年
北海道大学 農学研究科 林学専攻
 

委員歴

 
2009年3月
   
 
応用動物行動学会  副会長
 
2009年1月
   
 
日本哺乳類学会  表彰選考委員長
 
2008年1月
   
 
日本哺乳類学会  Mammal Study編集委員
 
2000年1月
 - 
2000年12月
日本生態学会  日本生態学会北海道地区会役員
 
1997年
   
 
日本哺乳類学会  評議委員
 

受賞

 
2016年9月
一般社団法人日本哺乳類学会 一般社団法人日本哺乳類学会学会賞 授賞題目:個体群生態学に基づく大型哺乳類の個体群管理に関する日本の哺乳類学発展への寄与 授賞概要:「哺乳類学に関する一連の研究を通じて国際的にも評価される成果をあげ,哺乳類学の発展に多大な貢献をした会員に与えられる賞」
 
2014年3月
日本生態学会 日本生態学会第61回全国大会ポスター優秀賞 奄美大島におけるフイリマングース(Herpestes auropunctatus) の残存地域特性の解析と残存リスクの地域別評価
受賞者: 小峰浩隆・竹下和貴・阿部 愼太郎・石川拓哉・橋本琢磨・北浦 賢次・諸澤崇裕・関 香菜子・梶光一
 
2013年6月
第23回日本景観生態学会ポスター最優秀賞 エゾシカの高密度化により植生構造が改変した洞爺湖中島におけるヤブサメの生息地選択
受賞者: 上原裕世・川路則友・梶光一・吉田剛司
 
2012年11月
21th International Association for Bear Research and Management.Best Poster Presentation
受賞者: Nakajima A, Koike S, Masaki T, Sugita A, Yamazaki K, Kaji K.
 
2011年10月
日本野生生物保護学会 第17回野生生物保護学会北海道大会最優秀ポスター賞 エゾシカ個体群の群れ構成調査におけるカメラトラップ法の評価
受賞者: 池田 敬・高橋 裕史・吉田 剛司・伊吾田 宏正・梶 光一
 

論文

 
Ueno M, Iijima H, Takeshita K, Takahashi H, Yoshida T, Uhara H, Igota H, Matsuura Y, Ikeda T, Azumaya M, and Kaji K
Wildlife Research   45(2) 143-154   2018年10月   [査読有り]
Demographic analysis of irruptive dynamics of an introduced sika deer population
Takeshita K, Ueno M, Takahashi H, Ikeda T, Mitsuya R, Yoshida T, Igota H, Yamamura K, Yoshizawa R, and Kaji K
Ecosphere   in press    2018年9月   [査読有り]
東アジアのモデルとなる野生動物管理を
横山真弓・梶光一
グリーンパワー   2018(1)(8-9)    2017年12月
Umeruma Y, Koike S, Kozakai C, Yamazaki K, Nemoto Y, Nakajima A, Kohari M, Abe S, Masaki T, Kaji K.
Mammalia   82(3)    2017年10月   [査読有り]
Takeshita, Kazutaka; Tanikawa, Kiyoshi; Kaji, Koichi
EUROPEAN JOURNAL OF WILDLIFE RESEARCH   63(4)    2017年8月   [査読有り]
At the landscape scale, localised culling is often conducted to achieve various deer management aims. However, few studies have assessed the effects of localised culling on deer population dynamics, owing to the spatially and temporally insufficie...

Misc

 
エゾシカの個体群動態と保護管理
梶 光一
獣医畜産新報 JVM   50(2) 171-174   1997年
特集森林動物-ニホンジカ:国内最大の激害地を抱えて
梶 光一
林業技術   (680) 11-14   1998年
エゾシカのハビタット改変に伴う分布変化の解析
金子正美,梶光一,小野理
哺乳類科学   38(1) 49-59   1998年
リレーメッセージ 研究から現場から4 野生動物保護管理の視点から
梶 光一
森林科学   (26) 45-47   1999年
北海道におけるシカ個体群の管理
梶 光一
季刊環境研究   (114) 78-85   1999年

書籍等出版物

 
Wildlife Policy and laws in Asia In:North American Wildlife Policy and Law.
Misook Kim (South Korea), Leonid M. Baskin (Russian Far East), Kun Shi, Wu Qian, Haibin Wang, and Chen Ying (China), Kurtis Jai-Chyi Pei and Richard Taber (deceased)(Taiwan), Koichi Kaji and Arthur Müller (Japan) (担当:共著)
the Boone and Crockett Clubs   2017年12月   
日本のシカー増えすぎた個体群の科学と管理
梶光一・飯島勇人 (担当:共著)
東京大学出版会   2017年8月   
大型陸上哺乳類の調査法
小池伸介・山﨑晃司・梶光一 (担当:共著)
共立出版   2017年7月   
野生動物の管理システム クマ,シカ,イノシシとの共存をめざして
梶光一・小池伸介 (担当:共著)
講談社   2015年6月   
野生動物管理システム
梶光一・土屋俊幸編 (担当:共著)
東京大学出版会   2014年9月   

講演・口頭発表等

 
Distribution, Status and Management of Large Mammals in Japan,
Koichi Kaji
The 6th International Workshop on Tropical Biodiversity Conservation Focusing on Large Animal Studies   2017年10月17日   Wildlife Research Center of Kyoto University
北海道とスカンジナビアのヒグマとヒトの歴史 ~駆除から保全管理へ~
梶 光一
平成28年兵庫県森林動物研究センター開設10周年記念シンポジウム 「絶滅の危機を乗り越えたツキノワグマの保全管理」   2017年2月25日   兵庫県森林動物研究センター
ニホンジカの爆発的増加と管理
梶 光一
林業へのシカ被害対策を考える   2016年11月29日   森林総合研究所四国支所
シカ・イノシシの爆発的増加と野生動物管理
梶 光一
GITIフォーラム ― IoT・AI・ビッグデータを考える農業・林業・海洋・自然環境との連携 ―   2016年6月3日   早稲田大学GITIフォーラム
増え続けるニホンジカとどうつきあうか?
梶 光一
「ブナ林シンポジウム 2015」-野生動物とブナ林の生態―   2015年2月28日   河合谷高原の森林復元を考える会

Works

 
タイ王国「発展途上国の道路セクタ-に係わる環境影響調査のガイドライン作成」による野生動物の生息状況の現地調査(OECF)
その他   1989年 - 1989年
チベット高原の有蹄類の生息調査
大泰紀之、三浦信悟   その他   1985年 - 1985年

競争的資金等の研究課題

 
ニホンジカの低密度過程における生態系レジリエンス機能の評価手法の検討
研究期間: 2016年 - 2019年
生態・形態・遺伝情報に基づくニホンジカの島嶼化プロセスとメカニズムの解明
研究期間: 2014年 - 2015年
過採食のもたらす植生とシカへのフィードバック効果:過採食の生態学的意義
研究期間: 2013年 - 2015年
生態系許容限界密度指標を用いた自然公園の管理方法の開発
研究期間: 2010年 - 2010年
長期的餌資源制限がニホンジカの生活史特性へ及ぼすフィードバック効果の解明
研究期間: 2009年 - 2012年