釜野 さおり

J-GLOBALへ         更新日: 09/02/27 00:00
 
アバター
研究者氏名
釜野 さおり
 
カマノ サオリ
所属
国立社会保障・人口問題研究所
部署
人口動向研究部
職名
室長
学位
Ph.D

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1995年
スタンフォード大学 社会学研究科 社会学
 
 
 - 
1985年
アリゾナ州立大学 教養学部 社会学科
 

委員歴

 
2004年
   
 
日本女性学会  委嘱幹事,幹事
 
2007年
   
 
クィア学会  幹事
 

受賞

 
1995年
National Women’s Studies Association 博士論文奨学金コンテスト佳作入賞
 

Misc

 
Same-Sex Sexual/Intimate Relationships: A Cross-National Analysis of the Interlinkages among Naming, the Gender System, and Gay and Lesbian Resistance Activities.
Ph.D. Dissertation, Department of Sociology, Stanford University      1995年
Cross-National Analysis of the Social Construction of Homosexuality and Gender,
National Women’s Studies Association (NWSA) Journal,   2: 696-698    1990年
Toward an Understanding of Cross-National Differences in the Naming of Same-Sex Sexual/Intimate Relationships,
National Women’s Studies Association (NWSA) Journal,   8: 124-141 (with Diana Khor).    1996年
A Cross-National Analysis of the Relationship between Genderedness in the Legal Naming of Same-Sex Sexual/Intimate Relationships and the Gender System
Data Science, Classification and Related Methods:Proceedings of IFCS-96, edited by Hayashi, Ohsumi, Yajima, Tanaka, Bock & Baba, Tokyo: Springer-Verlag.   Pp. 669-675    1998年
KAMANO S
Social Science Research,   28(1) 1-35   1999年

書籍等出版物

 
「第1章 家庭・結婚」「第8章 不安感」
統計数理研究所国民性国際比較調査委員会(編)『国民性七か国比較』出光書店,   1998年   
「レズビアンカップルとゲイカップル-社会環境による日常生活の相違」善積京子編『スウェーデンの家族とパートナー関係』
青木書店   2004年   ISBN:4-250-20430-8
「Q5 女性は子どもを産めない体だと、無駄で価値がないのですか?」「Q17 男女共同参画社会では、家族は高齢者介護をしなくなるのではありませんか?」 『男女共同参画/ジェンダーフリー/バッシング:バックラッシュへの徹底反論』日本女性学会ジェンダー研究会編
明石書店   2006年   ISBN:4-7503-2348-9
"Lesbians" in East Asia: Diversity, Identities and Resistance (edited with Diana Khor)
Haworth Press: New York   2006年   ISBN:1-56023-692-2
「Q6 結婚する人は減っているのでしょうか?実態を教えてください。」「Q23 スウェーデンのパートナーシップ制度について詳しく教えてください。」「 『プロブレムQ&A パートナーシップ・生活と制度[結婚、事実婚、同性婚]』 杉浦郁子・野宮亜紀・大江千束編
緑風出版   2007年   ISBN:978-4-8461-0701-7

講演・口頭発表等

 
Sex Sexual/Intimate Relationships and the Gender System
Kamano, Saori, 1996, “A Cross-National Analysis of the Relationship between Genderedness in the Legal Naming of Same-IFCS-96: Fifth Conference of International Federation of Classification Societies in Kobe   1996年   
ゲイ・レズビアンのサブカルチャーおよびリベレーション運動の国際比較
第22回数理社会学会   1996年   
アメリカ社会学界における『ジェンダー』分野の位置付け―高等教育機関の研究者・教育者の募集要項の分析
第69回日本社会学会大会   1996年   
意識調査の質問文と選択肢の中のジェンダーバイヤス
第70回日本社会学会大会, 11月9日, 千葉大学.   1997年   
同性間の性愛に対する社会の反応とジェンダーシステムの関係―仮説とその検証の試み―」
日本女性学会1997年秋季大会, 11月23日, 長岡短期大学   1997年   

Works

 
WHO Multi-Country Study on Domestic Violence Against Women and Women's Health
1998年
日本スウェーデン家族比較研究
1995年

競争的資金等の研究課題

 
レズビアンカップルの生活実態、同性カップルの法的保障、家族のかたち、家族に関する意識