YOSHIDA Hiromu

J-GLOBAL         Last updated: Nov 29, 2019 at 10:23
 
Avatar
Name
YOSHIDA Hiromu
Affiliation
National Institute of Infectious Diseases

Published Papers

 
Ozawa H, Yoshida H, Usuku S
Applied and environmental microbiology      Oct 2019   [Refereed]
田中敏博, 浅沼理子, 前畑高明, 和田裕久, 吉田弘
日本小児科学会雑誌   121(11) 1912   Nov 2017
【公衆衛生学的観点からの課題】 環境水サーベイランスの意義並びに実態から見えてくる予防医学に関わる知見
吉田 弘
東京小児科医会報   36(1) 26-30   Jul 2017
わが国では2012年9月より経口生ポリオワクチン(OPV)に代わり不活化ポリオワクチン(IPV)を定期接種用ワクチンとして用いることとなった。これに伴い輸入を想定したウイルス監視の強化が必要であるため、翌年から環境水サーベイランスが始まった。全国13の自治体の協力を得て調査を開始し、2017年3月時点では、18の自治体(下水道利用人口のべ600万人)にて流入下水を用いたポリオウイルスの監視を行っている。環境水サーベイランスでは流入下水を濃縮し、ウイルス分離を行う。IPVに切り替え後、2回ワ...
Tao Z, Wang Z, Lin X, Wang S, Wang H, Yoshida H, Xu A, Song Y
Scientific reports   6 31474   Aug 2016   [Refereed]
Lu J, Zheng H, Guo X, Zhang Y, Li H, Liu L, Zeng H, Fang L, Mo Y, Yoshida H, Yi L, Liu T, Rutherford S, Xu W, Ke C
Applied and environmental microbiology   81(7) 2311-2319   Apr 2015   [Refereed]
Nakamura T, Hamasaki M, Yoshitomi H, Ishibashi T, Yoshiyama C, Maeda E, Sera N, Yoshida H
Applied and environmental microbiology   81(5) 1859-1864   Mar 2015   [Refereed]
Wang H, Tao Z, Li Y, Lin X, Yoshida H, Song L, Zhang Y, Wang S, Cui N, Xu W, Song Y, Xu A
Applied and environmental microbiology   80(15) 4683-4691   Aug 2014   [Refereed]
Tang J, Yoshida H, Ding Z, Tao Z, Zhang J, Tian B, Zhao Z, Zhang L
Scientific reports   4 6058   Aug 2014   [Refereed]
Nidaira M, Kuba Y, Saitoh M, Taira K, Maeshiro N, Mahoe Y, Kyan H, Takara T, Okano S, Kudaka J, Yoshida H, Oishi K, Kimura H
Microbiology and immunology   58(4) 227-238   Apr 2014   [Refereed]
Li TC, Yang T, Shiota T, Yoshizaki S, Yoshida H, Saito M, Imagawa T, Malbas FF, Lupisan SP, Oshitani H, Wakita T, Ishii K
The American journal of tropical medicine and hygiene   90(4) 764-766   Apr 2014   [Refereed]
Iwai-Itamochi M, Yoshida H, Obara-Nagoya M, Horimoto E, Kurata T, Takizawa T
Journal of virological methods   195 148-155   Jan 2014   [Refereed]
Huanying Zheng, Jing Lu, Jing Lu, Yong Zhang, Hiromu Yoshida, Xue Guo, Leng Liu, Hui Li, Hanri Zeng, Ling Fang, Yanling Mo, Lina Yi, Lina Yi, Toru Chosa, Wenbo Xu, Changwen Ke
Applied and Environmental Microbiology   79 7679-7683   Dec 2013
The human-pathogenic viruses in urban sewage have been extensively monitored to obtain information on circulating viruses in human communities. Enteroviruses (EVs) excreted by patients who present with diverse clinical syndromes can remain infecti...
Zheng H, Lu J, Zhang Y, Yoshida H, Guo X, Liu L, Li H, Zeng H, Fang L, Mo Y, Yi L, Chosa T, Xu W, Ke C
Applied and environmental microbiology   79(24) 7679-7683   Dec 2013   [Refereed]
Tao Z, Zhang Y, Liu Y, Xu A, Lin X, Yoshida H, Xiong P, Zhu S, Wang S, Yan D, Song L, Wang H, Cui N, Xu W
PloS one   8(12) e83975   Dec 2013   [Refereed]
Li Y, Yoshida H, Wang L, Tao Z, Wang H, Lin X, Xu A
Journal of virological methods   186(1-2) 62-67   Dec 2012   [Refereed]
Tao Z, Song Y, Wang H, Zhang Y, Yoshida H, Ji S, Xu A, Song L, Liu Y, Cui N, Ji F, Li Y, Chen P, Xu W
Applied and environmental microbiology   78(19) 6946-6953   Oct 2012   [Refereed]
Yang J, Cui N, Wang H, Tao Z, Liu Y, Zhang H, Yoshida H, Song Y, Zhang Y, Song L, Li Y, Lin X, Ji S, Xu W, Xu A
Virus genes   44(3) 388-394   Jun 2012   [Refereed]
Sasaki A, Haraguchi Y, Yoshida H
Frontiers in microbiology   3 178   May 2012   [Refereed]
SupraMapにより作成したエンテロウイルス71時空系統樹の解析
宗村 徹也, 藤本 嗣人, 吉田 弘, 清水 博之, 岡部 信彦
感染症学雑誌   86(2) 233-233   Mar 2012
Fujimoto T, Iizuka S, Enomoto M, Abe K, Yamashita K, Hanaoka N, Okabe N, Yoshida H, Yasui Y, Kobayashi M, Fujii Y, Tanaka H, Yamamoto M, Shimizu H
Emerging infectious diseases   18(2) 337-339   Feb 2012   [Refereed]
De W, Huanying Z, Hui L, Corina M, Xue G, Leng L, Hanri Z, Ling F, Yanling M, Huiqiong Z, Huan Z, Jing K, Caiyun L, Yoshida H, Changwen K
Virology journal   9 41   Feb 2012   [Refereed]
[Genetic characterization of poliovirus isolates from environmental sewage surveillance in Shandong, 2010].
Zhang Y, Ji SX, Zhang XL, Li Y, Zhang Y, Tao ZX, Wang HY, Zhu SL, Song LZ, Feng Y, Liu Y, Ji F, Lin XJ, Feng L, Hiromu Y, Xu AQ
Bing du xue bao = Chinese journal of virology   27(4) 337-341   Jul 2011   [Refereed]
Tao Z, Wang H, Li Y, Xu A, Zhang Y, Song L, Yoshida H, Xu Q, Yang J, Zhang Y, Liu Y, Feng L, Xu W
Applied and environmental microbiology   77(11) 3786-3792   Jun 2011   [Refereed]
An enterovirus 71 epidemic in Guangdong Province of China, 2008: epidemiological, clinical, and virogenic manifestations.
Sun LM, Zheng HY, Zheng HZ, Guo X, He JF, Guan DW, Kang M, Liu Z, Ke CW, Li JS, Liu L, Guo RN, Yoshida H, Lin JY
Japanese journal of infectious diseases   64(1) 13-18   2011   [Refereed]
Endemic transmission of echovirus 30 in Toyama, Japan in 2010 is verified by environmental surveillance.
Iwai M, Horimoto E, Obara M, Obuchi M, Kurata T, Kawagoshi K, Nakamura S, Shimizu H, Yoshida H, Takizawa T
Japanese journal of infectious diseases   64(2) 165-167   2011   [Refereed]
吉田 弘
臨床と微生物   37(5) 437-442   Sep 2010
ウイルス検査の現場でも遺伝子解析が身近になりつつある。本稿ではDNAオートシーケンサーを用いる遺伝子解析法について、(1)DNAシークエンシング手技、(2)得られた塩基配列の情報解析の問題点について考えてみたい。(著者抄録)
Tao Z, Wang H, Xu A, Zhang Y, Song L, Zhu S, Li Y, Yan D, Liu G, Yoshida H, Liu Y, Feng L, Chosa T, Xu W
Virus research   150(1-2) 56-60   Jun 2010   [Refereed]
Iwai M, Yoshida H, Obara M, Horimoto E, Nakamura K, Takizawa T, Kurata T, Mizuguchi M, Daikoku T, Shiraki K
Clinical and vaccine immunology : CVI   17(5) 764-770   May 2010   [Refereed]
Perera D, Shimizu H, Yoshida H, Tu PV, Ishiko H, McMinn PC, Cardosa MJ
Journal of medical virology   82(4) 649-657   Apr 2010   [Refereed]
Arita M, Ling H, Yan D, Nishimura Y, Yoshida H, Wakita T, Shimizu H
BMC infectious diseases   9 208   Dec 2009   [Refereed]
ラオスの水環境における微生物病原体の観察調査(Observation of Microbial Pathogens in the Water Environment of Lao PDR)
Nakamura Satoshi, Nakatsu Masami, Midorikawa Yutaka, Watanabe Toru, Miura Takayuki, Yoshida Hiromu, Chosa Toru, Yano Kazuyoshi, Omura Tatsuo, Boungnong Boupha
国際保健医療   24(3) 193-194   Oct 2009
Wakatsuki K, Kawamoto D, Hiwaki H, Watanabe K, Yoshida H
Journal of clinical microbiology   46(9) 3144-3146   Sep 2008   [Refereed]
吉田 弘
臨床とウイルス   36(3) 121-126   Jul 2008
Bingjun T, Yoshida H, Yan W, Lin L, Tsuji T, Shimizu H, Miyamura T
Journal of medical virology   80(4) 670-679   Apr 2008   [Refereed]
MUNEMURA Tetsuya, FUJIMOTO Tsuguto, CHIKAHIRA Masatsugu, KIMURA Hirokazu, NISHIO Osamu, YOSHIDA Hiromu, OKABE Nobuhiko, TSUJI Tsutomu
感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   82(1) 55-57   Jan 2008
Tetsuya Munemura, Tsuguto Fujimoto, Masatsugu Chikahira, Hirokazu Kimura, Osamu Nishio, Hiromu Yoshida, Nobuhiko Okabe, Tsutomu Tsuji
Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   82 55-57   Jan 2008
Iwai M, Takizawa T, Nakayama T, Matsuura K, Yoshida H, Hasegawa S, Obara M, Horimoto E, Kurata T, Horie H
Scandinavian journal of infectious diseases   40(3) 247-253   2008   [Refereed]
Measles outbreak after a post-honeymoon period in Mongolia, 2001.
Rentsen T, Enkhtuya B, Nymadawa P, Kobune F, Suzuki K, Yoshida H, Hachiya M
Japanese journal of infectious diseases   60(4) 198-199   Jul 2007   [Refereed]
Iwai M, Yoshida H, Matsuura K
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   54(3) 178-189   Mar 2007   [Refereed]
Neutralization assays for echovirus 18 isolates in 2006.
Takao S, Wakatsuki K, Yoshida H, Shimizu H, Wakita T
Japanese journal of infectious diseases   60(1) 65-66   Feb 2007   [Refereed]
Detection of dual-infected cases of adenoviruses and coxsackieviruses type B by real-time PCR but not by the conventional viral culture technique.
Fujimoto T, Shinohara M, Ito M, Okafuji T, Okafuji T, Nishio O, Yoshida H, Shimizu H, Chikahira M, Phan GT, Ushijima H
Clinical laboratory   53(9-12) 605-609   2007   [Refereed]
M. Iwai, T. Nakayama, K. Matsuura, S. Hasegawa, S. Ando, M. Obara, Y. Nagai, H. Yoshida, H. Horie
Acta Virologica   50(2) 139-143   Dec 2006   [Refereed]
Virulent Sabin-like poliovirus (VSLP) was isolated from river and sewage waters between October 1993 and September 1995 in Toyama Prefecture, Japan (Yoshida et al., Lancet 356, 1461-1463, 2000). In this study, to assess the possibility of an epide...
Iwai M, Yoshida H, Matsuura K, Fujimoto T, Shimizu H, Takizawa T, Nagai Y
Applied and environmental microbiology   72(9) 6381-6387   Sep 2006   [Refereed]
Intrafamilial transmission of a Sabin 1-related poliovirus in Shizuoka Prefecture, Japan.
Sugieda M, Adachi S, Inayoshi M, Masuda T, Tsubota M, Mano H, Iwama M, Murakami Y, Yoshida H, Shimizu H
Japanese journal of infectious diseases   59(4) 277-278   Aug 2006   [Refereed]
M. Kuramitsu, C. Kuroiwa, H. Yoshida, M. Miyoshi, J. Okumura, H. Shimizu, L. Narantuya, D. Bat-Ochir
Epidemiology and Infection   133(6) 1131-1142   Dec 2005   [Refereed]
Studies of non-polio enterovirus prevalence and transmissibility in developing countries are limited and few studies have investigated specific risk factors for infection. An epidemiological survey of non-polio enterovirus among families in Mongol...
Arita M, Zhu SL, Yoshida H, Yoneyama T, Miyamura T, Shimizu H
Journal of virology   79(20) 12650-12657   Oct 2005   [Refereed]
FUJIMOTO Tsuguto, CHIKAHIRA Masatsugu, YOSHIDA Shinsaku, MUNEMURA Tetsuya, OKAFUJI Teruo, OKAFUJI Takao, YOSHIDA Hiromu, NISHIO Osamu
臨床とウイルス   33(3) 141-145   Aug 2005
藤本嗣人, 近平雅嗣, 吉田真策, 宗村徹也, 岡藤輝夫, 岡藤隆夫, 吉田弘, 西尾治
臨床とウイルス   33(3) 141-145   Jun 2005
SHIMIZU Hiroyuki, YOSHIDA Hiroshi, MIYAMURA Tatsuo
Uirusu   55(1) 161-178   Jun 2005
 本稿は,WHO global action plan for laboratory containment of wild polioviruses (Second edition) の全訳である.天然痘やSARSコロナウイルスの例を挙げるまでもなく,実験室に由来する感染症流行の社会的リスクは,きわめて現実的な問題である.野生株ポリオウイルス根絶が間近となり,ポリオワクチン接種停止について議論されている現在,野生株ポリオウイルスの実験室封じ込めについても具体的な行動が求められている.日本...
Hansman GS, Kuramitsu M, Yoshida H, Katayama K, Takeda N, Ushijima H, Surenkhand G, Gantolga D, Kuroiwa C
Emerging infectious diseases   11(1) 180-182   Jan 2005   [Refereed]
Shimizu H, Thorley B, Paladin FJ, Brussen KA, Stambos V, Yuen L, Utama A, Tano Y, Arita M, Yoshida H, Yoneyama T, Benegas A, Roesel S, Pallansch M, Kew O, Miyamura T
Journal of virology   78(24) 13512-13521   Dec 2004   [Refereed]
TAKAO Shinichi, SHIMOZONO Hiroyuki, KASHIWA Hiroshi, MATSUBARA Keita, SAKANO Takashi, IKEDA Masanori, OKAMOTO Naoko, YOSHIDA Hiromu, SHIMAZU Yukie, FUKUDA Shinji
感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   78(2) 129-137   Feb 2004
Shinichi Takao, Hiroyuki Shimozono, Hiroshi Kashiwa, Keita Matsubara, Takashi Sakano, Masanori Ikeda, Naoko Okamoto, Hiromu Yoshida, Yukie Shimazu, Shinji Fukuda
Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   78 129-137   Jan 2004
Human metapneumovirus (hMPV) was newly discovered as a pathogen in 2001 and is thought to be associated with respiratory disease. To elucidate the prevalence and clinical significance of hMPV among children, we investigated the positive cases of h...
Surveillance of poliovirus-isolates in Japan, 2002.
Shimizu H, Yoshida H, Utama A, Nakayama T, Saito T, Watanabe K, Iizuka S, Noda S, Yoneyama T, Miyamura T
Japanese journal of infectious diseases   56(5-6) 218-219   Oct 2003   [Refereed]
Kimura H, Saitoh M, Miyakubo H, Yoshida H, Kato M, Nagai A, Kozawa K
The Pediatric infectious disease journal   22(8) 758-759   Aug 2003   [Refereed]
【新世紀の感染症学 ゲノム・グローバル時代の感染症アップデート】 感染症の遺伝子学 ウイルスの遺伝子学 プラス1本鎖RNAウイルス ピコルナウイルス科 ヒトエンテロウイルス
吉田 弘
日本臨床   61(増刊3 新世紀の感染症学(下)) 463-467   Mar 2003
[Human enterovirus].
Yoshida H
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   61 Suppl 3 463-467   Mar 2003   [Refereed]
Horie H, Yoshida H, Matsuura K, Miyazawa M, Wakabayashi K, Nomoto A, Hashizume S
Journal of medical virology   68(3) 445-451   Nov 2002   [Refereed]
Yoshida H, Horie H, Matsuura K, Kitamura T, Hashizume S, Miyamura T
The Journal of general virology   83(Pt 5) 1107-1111   May 2002   [Refereed]
Horie H, Yoshida H, Matsuura K, Miyazawa M, Ota Y, Nakayama T, Doi Y, Hashizume S
Applied and environmental microbiology   68(1) 138-142   Jan 2002   [Refereed]
Surveillance of poliovirus-isolates in Japan, 2001.
Yoneyama T, Sasagawa A, Kikuchi M, Noda N, Shinkawa N, Yoshida K, Miyamura T
Japanese journal of infectious diseases   55(2) 57-58   Apr 2002   [Refereed]
Tetsuo Yoneyama, Hiromu Yoshida, Kumiko Yoshii, Junko Wada, Hiroyuki Shimizu, Tatsuo Miyamura
Japanese Journal of Infectious Diseases   54(6) 250-251   Dec 2001   [Refereed]
Hitoshi Horie, Miwako Miyazawa, Yoshihiro Ota, Kengo Wakabayashi, Hiromu Yoshida, Yutaka Doi, So Hashizume
Vaccine   19(11-12) 1456-1459   Jan 2001   [Refereed]
To confirm the safety of oral poliomyelitis vaccine (OPV) cultured in Vero cells, the genetic stability of cultured polio vaccine viruses was analysed by MAPREC (mutant analysis by PCR and restriction enzyme cleavage). The rates of mutant accumula...
Masaaki Keino, Kanno Masahiko, Kyoko Hirasawa, Tomoko Watari, Masahide Mikawa, Kimio Saito, Kazuo Kato, Masahiko Katayose, Hiromu Yoshida
Japanese Journal of Infectious Diseases   54 249-250   Dec 2001
T. Yoneyama, H. Yoshida, H. Shimizu, K. Yoshii, N. Nagata, O. Kew, T. Miyamura
Developments in biologicals   105 93-98   Jan 2001   [Refereed]
We have analysed the neurovirulence of Sabin 1-derived isolates which persisted more than nine years in an immunodeficient patient in the U.S.A. Samples were collected from stool specimens at days 11 (St1), 23 (St2), 48 (St3), 126 (St5), and 200 (...
K. Matsuura, M. Ishikura, H. Yoshida, T. Nakayama, S. Hasegawa, S. Ando, H. Horie, T. Miyamura, T. Kitamura
Applied and Environmental Microbiology   66(11) 5087-5091   Nov 2000   [Refereed]
Seventy-eight poliovirus strains isolated from river water and sewage in Toyama Prefecture, Japan, during 1993 to 1995 were characterized by the PCR-restriction fragment length polymorphism (RFLP) method and by partially sequencing the VP3 and VP1...
Hiromu Yoshida, Hitoshi Horie, Kumiko Matsuura, Tatsuo Miyamura
Lancet   356(9240) 1461-1463   Oct 2000   [Refereed]
Background. A nucleotide change from U to C at position 472 in the 5' non-coding region of the type 3 poliovirus is associated with increased neurovirulence. Moreover, the proportion of type 3 polioviruses containing this mutation (472-C revertant...
Yasuo Chiba, Hitoshi Murakami, Makoto Kobayashi, Hiroyuki Shimizu, Hiromu Yoshida, Tetsuo Yoneyama, Tatsuo Miyamura, Yu Jingjin, Zhang Libi
Japanese Journal of Infectious Diseases   53(3) 135-136   Oct 2000   [Refereed]
鍬塚真, 上田竜生, 右田雄二, 野口英太郎, 米山徹夫, 清水博之, 吉田弘, 吉井久美子, 萩原昭夫
臨床とウイルス   28(3) 143-150   Jul 2000
KUWAZUKA Makoto, UEDA Tatsuo, MIGITA Yuji, NOGUCHI Hidetaro, YONEYAMA Tetsuo, SHIMIZU Hiroyuki, YOSHIDA Hiroshi, YOSHII Kumiko, HAGIWARA Akio
臨床とウイルス   28(3) 151-154   Jul 2000
CHIBA Yasuo, MURAKAMI Hitoshi, KOBAYASHI Makoto, SHIMIZU Hiroyuki, YOSHIDA Hiromu, YONEYAMA Tetsuo, MIYAMURA Tatsuo, YU Jingjin, ZHANG Libi
臨床とウイルス   28(3) 138-142   Jul 2000
Akio Hagiwara, Tetsuo Yoneyama, Kumiko Yoshii, Hiromu Yoshida, Hiroyuki Shimizu, Junko Wada, Nguyen Thi Hien Thanh, Phan Van Tu, Tatsuo Miyamura
Japanese Journal of Infectious Diseases   52(4) 146-149   Aug 1999   [Refereed]
Since a laboratory network to eradicate poliomyelitis in the Western Pacific Region started in 1991, the Department of Virology II, National Institute of Infectious Diseases, has been functioning as a Regional Reference Laboratory. From 1992 to 19...

Misc

 
吉田弘, 伊藤雅, 皆川洋子, 北川和寛, 近藤眞規子, 高橋雅輝, 中田恵子, 濱崎光宏, 峯岸俊貴, 山下育孝, 山下照夫
地方衛生研究所における病原微生物検査に対する外部精度管理の導入と継続的実施に必要な事業体制の構築に関する研究 平成28年度 総括研究報告書(Web)   19‐26 (WEB ONLY)   2017
吉田弘
国内の病原体サーベイランスに資する機能的なラボネットワークの強化に関する研究 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web)   201617011A0004 (WEB ONLY)   2017
濱崎光宏, 吉冨秀亮, 芦塚由紀, 中村麻子, 世良暢之, 吉田弘
福岡県保健環境研究所年報   (43) 65‐69   Dec 2016
吉田弘
国内の病原体サーベイランスに資する機能的なラボネットワークの強化に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   75‐78   2016
調恒明, 高橋雅輝, 滝澤剛則, 長島真美, 秋葉哲哉, 皆川洋子, 安井善宏, 加瀬哲男, 山下育孝, 濱崎光宏, 川上千春, 吉田弘
国内の病原体サーベイランスに資する機能的なラボネットワークの強化に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   31‐50   2016
吉田弘, 皆川洋子, 四宮博人, 岸本剛, 北川和寛, 高橋雅輝, 児玉洋江, 濱崎光宏, 調恒明
地方衛生研究所における病原微生物検査の外部精度管理の導入と継続的実施のための事業体制の構築に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   191‐207   2016
清水博之, 吉田弘
国内の病原体サーベイランスに資する機能的なラボネットワークの強化に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   75-83   2015
吉田弘, 滝澤剛則, 濱崎光宏, 山崎謙治, 中田恵子, 高橋雅輝, 堀田千恵美, 筒井理華, 内野清子, 小澤広規, 岩切章, 神保達也, 下野尚悦, 北川和寛, 葛口剛, 伊藤雅
不活化ポリオワクチンの有効性・安全性の検証及び国内外で進められている新規腸管ウイルスワクチン開発に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   41‐46   2015
調恒明, 皆川洋子, 安井善宏, 吉田弘
科学的根拠に基づく病原体サーベイランス手法の標準化に関する緊急研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   222‐227   2015
調恒明, 高橋和郎, 皆川洋子, 三崎貴子, 丸山絢, 山下照夫, 砂川富正, 吉田弘
科学的根拠に基づく病原体サーベイランス手法の標準化に関する緊急研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   147‐178   2015
中村朋史, 吉冨秀亮, 石橋哲也, 世良暢之, 吉田弘
エンテロウイルス感染症制御のための診断・予防治療に関する国際連携研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   34-37   2013
吉田弘, 滝澤剛則, 濱崎光宏, 山崎謙治, 中田恵子, 高橋雅輝, 堀田千恵美, 筒井理華, 内野清子, 小澤広規, 岩切章, 神保達也, 下野尚悦, 北川和寛, 葛口剛
不活化ポリオワクチンの有効性・安全性の検証及び国内外で進められている新規腸管ウイルスワクチン開発に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   40-45   2014
吉田弘, TAO Zexin, WANG Haiyan, LI Yan, XU Aiqiang
エンテロウイルス感染症制御のための診断・予防治療に関する国際連携研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   17-20   2013
吉田弘, ZEXIN Tao, HAIYAN Wang, YAN Li, AIQIANG Xu
エンテロウイルス感染症制御のための診断・予防治療に関する国際連携研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   17-22   2012
藤本嗣人, 花岡希, 吉田弘, 小長谷昌未, 木村愛, 榎本美貴, 小林正明, 近野真由美, 吉岡政純, 杉江真理子, 馬口敏和, 中村剛, 木澤正人, 梅垣康弘, 石川和弘
エンテロウイルス感染症制御のための診断・予防治療に関する国際連携研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   46-51   2012
岩井雅恵, 吉田弘, 小原真弓, 堀元栄詞, 倉田毅, 滝澤剛則
富山県衛生研究所年報   (34) 80-87   Dec 2011
環境サーベイランスにおけるワクチン様のポリオウイルス{Oral polio vaccine(OPV)-likeポリオウイルス}の迅速な検出及び定量に資するために、リアルタイムPCR法を開発し、検出感度及び特異性を細胞培養法と比較した。今回開発したリアルタイムPCR法の感度は細胞培養法と同等であり、10-1 TCID50/25uLの各型のポリオウイルスが検出可能であった。また、OPV-likeポリオウイルスの血清型別判定が可能であり、1型Mahoney及び3型Saukett以外の野生型ポリオ...
世良暢之, 石橋哲也, 前田詠里子, 吉冨秀亮, 吉田弘
エンテロウイルス感染症制御のための診断・予防治療に関する国際連携研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   36-39   2012
帖佐徹, 吉田弘
ウイルス感染症の効果的制御のための病原体サーベイランスシステムの検討 平成20年度 総括・分担研究報告書   27-29   2009
清水博之, 小池智, 帖佐徹, 吉田弘, 有田峰太郎, 西村順裕, 岩井雅恵, 山下照夫, 伊藤雅, 皆川洋子, 佐々木潤, 町田早苗, 吾郷昌信, 中野貴司, 中村貴史
ウイルス感染症の効果的制御のための病原体サーベイランスシステムの検討 平成20年度 総括・分担研究報告書   19-26   2009
清水博之, 多屋馨子, 小池智, 帖佐徹, 吉田弘, 有田峰太郎, 西村順裕, 岩井雅恵, 山下照夫, 伊藤雅, 皆川洋子, 佐々木潤, 町田早苗, 吾郷昌信, 中野貴司, 中村貴史
ウイルス感染症の効果的制御のための病原体サーベイランスシステムの検討 平成19-21年度 総合研究報告書   21-36   2010
清水博之, 多屋馨子, 小池智, 帖佐徹, 吉田弘, 有田峰太郎, 西村順裕, 岩井雅恵, 山下照夫, 伊藤雅, 皆川洋子, 佐々木潤, 町田早苗, 吾郷昌信, 中野貴司, 中村貴史
ウイルス感染症の効果的制御のための病原体サーベイランスシステムの検討 平成21年度 総括・分担研究報告書   19-28   2010
帖佐徹, 吉田弘
ウイルス感染症の効果的制御のための病原体サーベイランスシステムの検討 平成21年度 総括・分担研究報告書   29-32   2010
清水博之, 小池智, 帖佐徹, 吉田弘, 有田峰太郎, 西村順裕, 岩井雅恵, 山下照夫, 伊藤雅, 皆川洋子, 佐々木潤, 町田早苗, 吾郷昌信, 中野貴司, 中村貴史
ウイルス感染症の効果的制御のための病原体サーベイランスシステムの検討 平成19年度 総括・分担研究報告書   17-24   2008
吉田弘
ウイルス感染症の効果的制御のための病原体サーベイランスシステムの検討 平成19年度 総括・分担研究報告書   49-51   2008
帖佐徹, 岩井雅恵, 吉田弘
ウイルス感染症の効果的制御のための病原体サーベイランスシステムの検討 平成19年度 総括・分担研究報告書   25-26   2008
吉田弘
ポリオ根絶計画推進事業報告書 平成14年度   3-4   2003
松浦久美子, 石倉康宏, 永井美之, 吉田弘, 堀江均
富山県衛生研究所年報   (26) 105-110   Oct 2003
岩井雅恵, 松浦久美子, 永井美之, 吉田弘
富山県衛生研究所年報   (27) 101-105   Oct 2004
吉田弘
ポリオ野生株ウイルスの封じ込め対策に関する研究 平成17年度 総括・分担研究報告書   21-26   2006
西村順裕, 有田峰太郎, 吉田弘, 清水博之, 宮村達男
ポリオ野生株ウイルスの封じ込め対策に関する研究 平成17年度 総括・分担研究報告書   31-33   2006
吉田弘
ポリオ野生株ウイルスの封じ込め対策に関する研究 平成18年度 総括・分担研究報告書   39-40   2007
吉田弘
ポリオ根絶計画推進事業報告書 平成13年度   6-7   2002
岩井雅恵, 滝澤剛則, 松浦久美子, 吉田弘, 中山喬, 長谷川澄代, 小原真弓, 堀元栄詞, 永井美之
富山県衛生研究所年報   (29) 107-115   Oct 2006
松浦久美子, 石倉康宏, 北村敬, 吉田弘, 堀江均
富山県衛生研究所年報   (24) 106-109   Oct 2001
田野良夫, 清水博之, 米山徹夫, 吉田弘, 宮村達男, 堀江均, 清水文七, 橋爪壮
ポリオ根絶計画推進事業報告書 平成13年度   13-16   2002
米山徹夫, 清水博之, 吉田弘, 宮村達男, KEW O
ポリオ根絶計画推進事業報告書 平成13年度   3-5   2002
清水博之, 田野良夫, 吉田弘, 米山徹夫, 宮村達男, PALADIN F, THORLEY B
ポリオ根絶計画推進事業報告書 平成13年度   8-12   2002
岩井雅恵, 松浦久美子, 長谷川澄代, 小原真弓, 堀元栄詞, 永井美之, 田中有易知, 吉田弘, 清水博之
富山県衛生研究所年報   (28) 80-84   Nov 2005
中村哲, 中津雅美, 翠川裕, 渡部徹, 三浦尚之, 吉田弘, 帖佐徹, 矢野一好, 大村達夫, ブーパ ブニョン
Tropical Medicine and Health   113   Oct 2008
岡部信彦, 井上栄, 梅田珠美, 清水博之, 吉田弘, 萩原昭夫, 宮村達夫
長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集   1998 134-136   1998
富山県内河川のウイルス汚染に関する定点観測
岩井 雅恵, 松浦 久美子, 永井 美之, 吉田 弘
富山県衛生研究所年報   (27) 101-105   Oct 2004
これまでに生活水と関わりの深い河川のウイルス汚染状況に関して,1979年から断続的に調査を行い,富山県内の河川は多種類の腸管系ウイルスで汚染されていること,検出されたウイルスはほとんどヒト由来であることなどを報告してきた.今回,第4回目の調査を2002年4月から2003年3月まで行った.河川水からポリオウイルス,エコーウイルス,B群コクサッキーウイルスおよびレオウイルスが検出された.レオウイルスは高い頻度で検出されたが,夏期より冬期に検出率が高かった.ポリオウイルスはワクチン由来であり,エ...

Conference Activities & Talks

 
世界ポリオ根絶計画の現状と環境水サーベイランスについて
吉田 弘
外来小児科   Aug 2019   
松岡由美子, 吉田弘
日本公衆衛生学会総会抄録集   9 Oct 2018   
吉田弘, 後藤明子, 筒井理華, 堀田千恵美, 小澤広規, 西澤佳奈子, 濱島洋介
日本公衆衛生学会総会抄録集   9 Oct 2018   
小澤広規, 吉田弘
日本公衆衛生学会総会抄録集   9 Oct 2018   
後藤明子, 吉田弘
日本公衆衛生学会総会抄録集   9 Oct 2018   
西澤佳奈子, 吉田弘
日本公衆衛生学会総会抄録集   9 Oct 2018   
堀田千恵美, 吉田弘
日本公衆衛生学会総会抄録集   9 Oct 2018   
濱島洋介, 寺杣文男, 吉田弘
日本公衆衛生学会総会抄録集   9 Oct 2018   
感染症発生動向調査における病原ウイルス検査への外部精度調査(External Quality Assurance:EQA)導入
皆川 洋子, 伊藤 雅, 北川 和寛, 濱崎 光宏, 中田 恵子, 高橋 雅輝, 峯岸 俊貴, 長谷川 道弥, 新開 敬行, 板持 雅恵, 木田 浩司, 佐野 貴子, 吉田 弘, 近藤 真規子, 小澤 広規, 豊嶋 千俊, 吉冨 秀亮, 西澤 香織
臨床とウイルス   Apr 2018   
帖佐徹, 帖佐徹, 吉田弘, 滝澤剛則
日本公衆衛生学会総会抄録集   15 Oct 2017   
濱崎光宏, 世良暢之, 吉田弘
日本公衆衛生学会総会抄録集   15 Oct 2017   
吉田 弘, 筒井 理華, 堀田 千恵美, 小澤 広規, 滝澤 剛則, 中田 恵子, 世良 暢之, 濱崎 光宏
日本公衆衛生学会総会抄録集   15 Oct 2017   
環境水ウイルスサーベイランスとは
吉田 弘
臨床とウイルス   May 2016   
中村朋史, 吉冨秀亮, 石橋哲也, 前田詠里子, 世良暢之, 吉田弘
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   29 Oct 2013   
中村朋史, 吉冨秀亮, 石橋哲也, 前田詠里子, 世良暢之, 吉田弘
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   31 Oct 2012   
宗村徹也, 藤本嗣人, 吉田弘, 清水博之, 岡部信彦
日本感染症学会東日本地方会学術集会・日本化学療法学会東日本支部総会合同学会プログラム・抄録集   Sep 2011   
岡上晃, 野島康弘, 菊野理津子, 嶋崎典子, 吉田弘, 篠原克明
日本防菌防ばい学会年次大会要旨集   30 Aug 2011   
篠原克明, 嶋崎典子, 吉田弘, 岡上晃, 野島康弘, 菊野理津子, 熊谷慎介, 小野澤哲夫, 長澤秀俊, 佐藤清
空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会予稿集   2011   
中村哲, 中津雅美, 翠川裕, 渡部徹, 三浦尚之, 吉田弘, 帖佐徹, 矢野一好, 大村達夫, ブーパ ブニョン
Trop Med Health   25 Oct 2008   
岩井雅恵, 中村一哉, 吉田弘, 帖佐徹, 小原真弓, 長谷川澄代, 堀元栄詞, 滝澤剛則, 倉田毅
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   1 Oct 2008   

Association Memberships