宮内 哲

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/09 10:35
 
アバター
研究者氏名
宮内 哲
 
ミヤウチ サトル
URL
http://www2.nict.go.jp/advanced_ict/plan/s-brain/miyauchi/index.html
所属
国立研究開発法人 情報通信研究機構
部署
脳情報通信融合研究センター
職名
嘱託
学位
医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
国立研究開発法人情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター 嘱託
 
2003年10月
 - 
2015年3月
国立研究開発法人情報通信研究機構 未来ICT研究所 研究マネージャー
 
1993年10月
 - 
2003年10月
国立研究開発法人情報通信研究機構 脳機能研究室 室長
 
1990年1月
 - 
1993年10月
岡崎国立共同研究機構生理学研究所 高次神経性調節部門 助手
 
1988年4月
 - 
1990年1月
ブラウン大学 心理学科 客員研究員
 

学歴

 
 
   
 
早稲田大学大学院 文学研究科博士課程後期  
 
 
   
 
早稲田大学  
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本臨床神経生理学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本臨床神経生理学会  編集委員
 
 
   
 
日本ヒト脳機能マッピング学会  運営委員
 
 
   
 
日本生理心理学会  評議員
 

受賞

 
2004年
日本神経回路学会奨励賞
 

論文

 
Hans Bergerの夢 補遺
宮内 哲
臨床神経生理学   46(4) 153-163   2018年8月   [査読有り]
宮内 哲
臨床神経生理学   44(3) 106-114   2016年6月
宮内 哲
臨床神経生理学   44(2) 60-70   2016年4月
Hans Bergerの夢 その1
宮内 哲
臨床神経生理学   44(1) 20-27   2016年2月
光トポグラフィーによる精神疾患鑑別診断 -有効性の検討-
宮内哲 星詳子
臨床精神医学   45(1) 111-118   2016年   [査読有り]
Sumitani M, Misaki M, Kumagaya S, Yozu A, Otake Y, Osumi M, Miyauchi S
Medical Hypotheses   85(4) 500-505   2015年10月   [査読有り]
Sumitani M, Misaki M, Kumagaya S, Ogata T, Yamada Y, Miyauchi S
Brain and Cognition   90 151-156   2014年   [査読有り]
Uehara T, Yamasaki T, Okamoto T, Koike T, Kan S, Miyauchi S, Kira J, Tobimatsu S.
Cerebral Cortex   24(6) 1529-1539   2014年   [査読有り]
脳を測る -改訂 ヒトの脳機能の非侵襲的測定-
宮内 哲
心理学評論   26(3) 414-454   2013年12月   [査読有り]
Adaptation visuomotrice et représentations corporelles : de la négligence au syndrome douloureux régional complexe
Jacquin-Courtois S, Legrain V, Sumitani M, Miyauchi S, Rossetti Y
1-6   2012年   [査読有り]
Shimada Y, Hirayama K, Nakadomari S, Furuta A, Misaki M, Kan S, Koike T, Miyauchi S, Mori E.
Brain Research   2011(1408) 72-80   2011年   [査読有り]
Uematsu H, Shibata M, Miyauchi S, Mashimo T. 哲
70(1) 78-84   2011年   [査読有り]
European Journal of Neuroscience   19: 1425-1429    2004年
Attention-regulated activity in human primary visual cortex, T.Watanabe, S.Miyauchi, Y.Sasaki, , B,Puetz, N.Fjimaki, R.Takino, S.Miyakawa,
Journal of Neurophysiology, 79:4, 2218-2221, 1998   79(4): 2218-2221    1998年
Activation of human pre-supplementary motor area in learning of sequential procedures-a functional MRI study, O.Hikosaka, K.Sakai, S.Miyauchi, R.Takino, Y.Sasaki and B.Puetz,
Journal of Neurophysiology, Vol.76, No.1, 617-621, 1996   76(1): 617-621    1996年
Evoked potentials during REM sleep reflect dreaming. S.Miyauchi, R.Takino, M.Azakami
Electroenceph.clin.Neurophysiol., 76, 19-28, 1990   76: 19-28    1990年
Koike T, Kan S, Misaki M, Miyauchi S
69 322-330   [査読有り]
Miyauchi S, Misaki M, Kan S, Fukunaga T, Koike T.
Experimental Brain Research   
Brain activation during learning of sequential procedures. Hikosaka, S.Miyachi, K.Miyashita, K.Sakai, S.Miyauchi, R.Takino, Y.Sasaki, B,Puetz
Visualization of Information Processing in the Human Brain: Recent Advances in MEG and Functional MRI(EEG Suppl.47), 245-252, 1996   

Misc

 
浮かび上がる脳の陰の活動(翻訳)
Raichle ME
日経サイエンス   40(5)    2010年   [依頼有り]
脳から心へ(共著)宮下保司、下条信輔編
岩波書店、1995年   
脳と意識(共著)苧阪直行編
朝倉書店、1997年   
新生理心理学第一巻(共著)
1998年、北大路書房   
臨床精神医学講座 16巻(共著)
1999年、中山書店   
脳の高次機能(共著)
2001年、朝倉書店   
Perfumery,The psychology and biology of fragrance.(共著)(Ed.Toller,S.V.& Dodd,G.H.)
Chapman and Hall 1988   
Integrative and Molecular Approach to Brain Function(共著)(Ito M,Miyashita Y,eds)
Amsterdam:Elsevier,1996   
Attention and Performance XVI:Information Integration in Perception and Communication(共著)(Inui T,McClelland J,eds)
Cambridge,MA:MIT Press,1996   
High-level Motion Processing,T.Watanabe(ed)
Cambridge:The MIT Press,1999   

書籍等出版物

 
脳神経科学 脳はいま化学の言葉でどこまで語れるか
宮内 哲 (担当:共著)
化学同人   2018年3月   
生理心理学と精神生理学 第I巻 基礎
宮内 哲 (担当:共著)
北大路書房   2017年6月   
夢と表象
宮内 哲 (担当:共著)
勉誠出版   2017年1月   
脳のイメージング
宮内 哲 (担当:共著)
共立出版   2016年1月   
睡眠科学
宮内 哲 (担当:共著)
化学同人   2016年   

講演・口頭発表等

 
Missing auditory stimuli activate the primary and associative auditory cortices: combining MEG with FMRI studies. S.Miyauchi, R.Takino, Y.Sasaki, B.Puetz, H.Okamura
Visualization of Information Processing in the Human Brain: Recent Advances in MEG and Functional MRI(EEG Suppl.47), 233-239, 1996   
Voluntary attention to the motion of visually perceived objects can specifically activate either V1 or MT. S.Miyauchi, T.Watanabe, Y.Sasaki, R.Takino, and B.Puetz
Visualization of Information Processing in the Human Brain: Recent Adbances in MEG and Functional MRI(EEG Suppl.47), 155-160, 1996   

競争的資金等の研究課題

 
散乱光強度の角度分布情報を活用した生体計測技術の研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 兵頭 政春
7テスラMRIを用いた脳幹神経核の超高解像度イメージング
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年10月    代表者: 宮内 哲
視覚的注意、視覚イメージ、視覚と体性感覚の統合
情報通信分野における基礎研究推進制度
fMRIと脳波の同時計測
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
眼球運動

特許

 
高次脳機能障害検査用装置
3671225
高次脳機能障害検査用装置
3671226
脳機能測定装置及び脳機能測定方法
3735668