金 吉晴

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/09 12:11
 
アバター
研究者氏名
金 吉晴
 
キン ヨシハル
URL
https://www.ncnp.go.jp/nimh/behavior/
所属
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
部署
精神保健研究所
職名
所長
学位
医学博士(京都大学)

プロフィール

精神科医師、医学博士
1984年京都大学医学部卒業。臨床活動を経て1990年より国立精神神経医療研究センター研究員。1995年ロンドン精神医学研究所在外研究を経て2002年より国立精神神経 医療研究センター 成人精神部長。2019年1月より同センター精神保健研究所所長。2007年ペルー大使公邸人質占拠事件での医療活動に対して厚生大臣表彰。ニューヨーク大学精神科教授、東京大学医学部連携教授、東北大学医学部連携教授を併任。国際トラウマティックストレス学会理事、日本トラウマティックストレス学会理事、編集委員長、等。宮城県および福島県心のケアセンター顧問。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2019年1月
 - 
現在
国立精神・神経医療研究センター  精神保健研究所 所長
 
2011年12月
 - 
現在
国立精神・神経医療研究センター 災害時こころの情報支援センター(現ストレス・災害時こころの情報支援センター) センター長
 
2002年3月
 - 
現在
国立精神・神経医療研究センター 成人精神保健部(現行動医学研究部) 部長
 
1990年
 - 
1992年
国立精神・神経医療研究センター 研究員
 
1995年
 - 
1995年
Institute of Psychiatry, London, U. K. 在外研究 
 
2017年9月
 - 
現在
【併任】New York State Universicy, Department of Psychiatry 招聘教授
 
2016年8月
 - 
現在
【併任】東京大学大学院 医学系研究科 連携教授
 
2017年4月
 - 
現在
【併任】東北大学 医学部 客員教授
 
2018年4月
 - 
現在
【併任】東京女子医科大学 客員教授
 
2002年4月
 - 
現在
【併任】京都大学 医学部精神科 講師
 

学歴

 
 
 - 
1984年
京都大学 医学部 
 

委員歴

 
 
 - 
現在
International Society for Traumatic Stress Studies  理事
 
 
 - 
現在
日本不安症学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本自殺予防学会  理事
 
2002年
 - 
現在
日本トラウマティック・ストレス学会  理事
 

受賞

 
1997年
厚生省 厚生大臣表彰 ペルー日本大使公邸占拠事件における医療救助活動への参加に対して
 

論文

 
Hori H, Teraishi T, Nagashima A, Koga N, Ota M, Hattori K, Kim Y, Higuchi T, Kunugi H
Journal of affective disorders   217 8-15   2017年8月   [査読有り]
Yoshiike T, Honma M, Yamada N, Kim Y, Kuriyama K
Physiology & behavior   194 268-276   2018年10月   [査読有り]
Suzuki Y, Fukasawa M, Obara A, Kim Y
Journal of occupational health   59(2) 156-164   2017年3月   [査読有り]
Hakamata Y, Mizukami S, Komi S, Sato E, Moriguchi Y, Motomura Y, Maruo K, Izawa S, Kim Y, Hanakawa T, Inoue Y, Tagaya H
Journal of affective disorders   238 472-481   2018年10月   [査読有り]
Itoh M, Ujiie Y, Nagae N, Niwa M, Kamo T, Lin M, Hirohata S, Kim Y
Asian journal of psychiatry   25 1-5   2017年2月   [査読有り]
Hori H, Nakamura S, Yoshida F, Teraishi T, Sasayama D, Ota M, Hattori K, Kim Y, Higuchi T, Kunugi H
Journal of psychiatric research   104 202-210   2018年9月   [査読有り]
[Series: Physicians and Disaster Medical Care: Anxiety Management and Psychological First Aid after Disaster].
Ohnuma A, Shinozaki Y, Kim Y
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   106(1) 130-132   2017年1月   [査読有り]
Narita-Ohtaki R, Hori H, Itoh M, Lin M, Niwa M, Ino K, Imai R, Ogawa S, Sekiguchi A, Matsui M, Kunugi H, Kamo T, Kim Y
Journal of affective disorders   236 306-312   2018年8月   [査読有り]
Hirata-Mogi S, Koike S, Toriyama R, Matsuoka K, Kim Y, Kasai K
Psychiatry and clinical neurosciences   70(8) 362   2016年8月   [査読有り]
Imai R, Hori H, Itoh M, Lin M, Niwa M, Ino K, Ogawa S, Ishida M, Sekiguchi A, Matsui M, Kunugi H, Akechi T, Kamo T, Kim Y
Journal of psychiatric research   102 192-200   2018年7月   [査読有り]
Hori H, Koga N, Hidese S, Nagashima A, Kim Y, Higuchi T, Kunugi H
Journal of psychiatric research   77 27-34   2016年6月   [査読有り]
Honda T, Wynter K, Yokota J, Tran T, Ujiie Y, Niwa M, Nakayama M, Ito F, Kim Y, Fisher J, Kamo T
Journal of women's health (2002)   27(5) 716-723   2018年5月   [査読有り]
Lin M, Soi-Kawase S, Narita-Ohtaki R, Itoh M, Kim Y
Japan journal of nursing science : JJNS   13(1) 196-201   2016年1月   [査読有り]
Fukasawa M, Suzuki Y, Obara A, Kim Y
Disaster medicine and public health preparedness   1-9   2018年2月   [査読有り]
Hori H, Sasayama D, Teraishi T, Yamamoto N, Nakamura S, Ota M, Hattori K, Kim Y, Higuchi T, Kunugi H
Scientific reports   6 18776   2016年1月   [査読有り]
Hakamata Y, Komi S, Moriguchi Y, Izawa S, Motomura Y, Sato E, Mizukami S, Kim Y, Hanakawa T, Inoue Y, Tagaya H
Scientific reports   7(1) 8313   2017年8月   [査読有り]
Nakamura K, Kitamura K, Kim Y, Someya T
Journal of public health (Oxford, England)   37(3) 398-405   2015年9月   [査読有り]
Fukasawa M, Suzuki Y, Nakajima S, Asano K, Narisawa T, Kim Y
Disaster medicine and public health preparedness   9(4) 359-366   2015年8月   [査読有り]
Nagamine M, Noguchi H, Takahashi N, Kim Y, Matsuoka Y
Scientific reports   7(1) 10158   2017年8月   [査読有り]
Fukasawa M, Suzuki Y, Obara A, Kim Y
International journal of behavioral medicine   22(1) 1-10   2015年2月   [査読有り]
Nishi D, Hashimoto K, Noguchi H, Kim Y, Matsuoka Y
Neuropsychobiology   71(4) 196-201   2015年   [査読有り]
Itoh M, Ujiie Y, Nagae N, Niwa M, Kamo T, Lin M, Hirohata S, Kim Y
European journal of psychotraumatology   8(1) 1364119   2017年   [査読有り]
Yoshiike T, Kuriyama K, Honma M, Ikeda H, Kim Y
Psychophysiology   51(4) 396-406   2014年4月   [査読有り]
Honma M, Yoshiike T, Ikeda H, Kim Y, Kuriyama K
PloS one   9(1) e85734   2014年   [査読有り]
Mental health distress and related factors among prefectural public servants seven months after the great East Japan Earthquake.
Suzuki Y, Fukasawa M, Obara A, Kim Y
Journal of epidemiology   24(4) 287-294   2014年   [査読有り]
311 disaster and mental health countermeasures.
Kim Y
European journal of psychotraumatology   5 26515   2014年   [査読有り]
Nishi D, Noguchi H, Yonemoto N, Nakajima S, Kim Y, Matsuoka Y
Psychosomatics   54(3) 263-271   2013年5月   [査読有り]
Fukasawa M, Suzuki Y, Nakajima S, Narisawa T, Kim Y
Journal of traumatic stress   26(2) 201-208   2013年4月   [査読有り]
Kuriyama K, Honma M, Yoshiike T, Kim Y
Neuropharmacology   64 424-431   2013年1月   [査読有り]
[Series: physicians and disaster medical care; the management of anxiety and related disorders].
Kim Y
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   102(1) 183-189   2013年1月   [査読有り]
Matsuoka Y, Nishi D, Noguchi H, Kim Y, Hashimoto K
Neuropsychobiology   68(1) 44-50   2013年   [査読有り]
Kuriyama K, Honma M, Yoshiike T, Kim Y
Scientific reports   3 2227   2013年   [査読有り]
Reifels L, Pietrantoni L, Prati G, Kim Y, Kilpatrick DG, Dyb G, Halpern J, Olff M, Brewin CR, O'Donnell M
European journal of psychotraumatology   4    2013年   [査読有り]
Usuki M, Matsuoka Y, Nishi D, Yonemoto N, Matsumura K, Otomo Y, Kim Y, Kanba S
Critical care (London, England)   16(5) R196   2012年10月   [査読有り]
Suzuki Y, Fukasawa M, Nakajima S, Narisawa T, Kim Y
International journal of mental health systems   6(1) 7   2012年7月   [査読有り]
Sawamura K, Tachimori H, Koyama T, Koyama A, Naganuma Y, Kim Y, Takeshima T
Community mental health journal   48(3) 309-316   2012年6月   [査読有り]
Ito M, Nakajima S, Fujisawa D, Miyashita M, Kim Y, Shear MK, Ghesquiere A, Wall MM
PloS one   7(2) e31209   2012年   [査読有り]
[Recovery plan and middle-to-long term support after the Great East Japan Earthquake].
Kim Y, Kitamura H
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   114(3) 209-210   2012年   [査読有り]
Honma M, Endo N, Osada Y, Kim Y, Kuriyama K
Scientific reports   2 749   2012年   [査読有り]
[Historical perspective of PTSD and future revision in DSM-5].
Kim Y
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   114(9) 1031-1036   2012年   [査読有り]
Kim Y, Tsutsumi A, Izutsu T, Kawamura N, Miyazaki T, Kikkawa T
The British journal of psychiatry : the journal of mental science   199(5) 411-416   2011年11月   [査読有り]
Kim Y
Psychiatry and clinical neurosciences   65(6) 539-548   2011年10月   [査読有り]
Kim Y, Akiyama T
Lancet (London, England)   378(9788) 317-318   2011年7月   [査読有り]
Kuriyama K, Mishima K, Soshi T, Honma M, Kim Y
Neuroscience research   70(1) 104-110   2011年5月   [査読有り]
Prevalence of mental disorders and suicidal thoughts among community-dwelling elderly adults 3 years after the niigata-chuetsu earthquake.
Suzuki Y, Tsutsumi A, Fukasawa M, Honma H, Someya T, Kim Y
Journal of epidemiology   21(2) 144-150   2011年   [査読有り]
Kuriyama K, Honma M, Shimazaki M, Horie M, Yoshiike T, Koyama S, Kim Y
Scientific reports   1 127   2011年   [査読有り]
Fujisawa D, Miyashita M, Nakajima S, Ito M, Kato M, Kim Y
Journal of affective disorders   127(1-3) 352-358   2010年12月   [査読有り]
Kuriyama K, Soshi T, Kim Y
Biological psychiatry   68(11) 991-998   2010年12月   [査読有り]
Honma M, Soshi T, Kim Y, Kuriyama K
PloS one   5(9) e12923   2010年9月   [査読有り]
Nishi D, Matsuoka Y, Kim Y
BioPsychoSocial medicine   4 7   2010年6月   [査読有り]
Nishi D, Matsuoka Y, Yonemoto N, Noguchi H, Kim Y, Kanba S
Psychiatry and clinical neurosciences   64(2) 149-156   2010年4月   [査読有り]
Kuriyama K, Soshi T, Fujii T, Kim Y
Learning & memory (Cold Spring Harbor, N.Y.)   17(3) 130-133   2010年3月   [査読有り]
Soshi T, Kuriyama K, Aritake S, Enomoto M, Hida A, Tamura M, Kim Y, Mishima K
PloS one   5(1) e8395   2010年1月   [査読有り]
Matsuoka Y, Nishi D, Yonemoto N, Nakajima S, Kim Y
Psychotherapy and psychosomatics   79(1) 56-57   2010年   [査読有り]
Matsuoka Y, Nishi D, Nakajima S, Yonemoto N, Hashimoto K, Noguchi H, Homma M, Otomo Y, Kim Y
Social psychiatry and psychiatric epidemiology   44(4) 333-340   2009年4月   [査読有り]
Matsuoka Y, Nishi D, Nakajima S, Yonemoto N, Noguchi H, Otomo Y, Kim Y
Psychiatry and clinical neurosciences   63(2) 235-237   2009年4月   [査読有り]
Nishi D, Matsuoka Y, Noguchi H, Sakuma K, Yonemoto N, Yanagita T, Homma M, Kanba S, Kim Y
General hospital psychiatry   31(1) 75-79   2009年1月   [査読有り]
[Psychological effects brought about by the exposure to the atomic bomb].
Kim Y, Kawamura N, Tsutsumi A, Izutsu S, Miyazaki T, Yoshikawa T
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   111(4) 400-404   2009年   [査読有り]
[Morbidity survey on community-residing aged individuals 3 years after Niidata-Chuetsu Earthquake].
Suzuki Y, Honma H, Tsutsumi A, Kim Y
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   111(4) 405-410   2009年   [査読有り]
[Study on psychiatric disorders that develop one month after injuries associated with traffic accidents and factors to predict the development of such disorders].
Matsuoka Y, Nishi D, Nakajima S, Kim Y
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   111(4) 417-422   2009年   [査読有り]
Kim Y, Asukai N, Konishi T, Kato H, Hirotsune H, Maeda M, Inoue H, Narita H, Iwasaki M
Psychiatry and clinical neurosciences   62(6) 646-652   2008年12月   [査読有り]
Nishi D, Matsuoka Y, Nakajima S, Noguchi H, Kim Y, Kanba S, Schnyder U
Comprehensive psychiatry   49(4) 393-398   2008年7月   [査読有り]
Matsuoka Y, Nishi D, Nakajima S, Kim Y, Homma M, Otomo Y
Critical care medicine   36(1) 74-80   2008年1月   [査読有り]
Hori H, Nagamine M, Soshi T, Okabe S, Kim Y, Kunugi H
Neuropsychobiology   57(1-2) 61-69   2008年   [査読有り]
Hara E, Matsuoka Y, Hakamata Y, Nagamine M, Inagaki M, Imoto S, Murakami K, Kim Y, Uchitomi Y
The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences   20(3) 302-308   2008年   [査読有り]
Hakamata Y, Matsuoka Y, Inagaki M, Nagamine M, Hara E, Imoto S, Murakami K, Kim Y, Uchitomi Y
Neuroscience research   59(4) 383-389   2007年12月   [査読有り]
Kitayama N, Brummer M, Hertz L, Quinn S, Kim Y, Bremner JD
The Journal of nervous and mental disease   195(12) 1027-1029   2007年12月   [査読有り]
Nagamine M, Matsuoka Y, Mori E, Imoto S, Kim Y, Uchitomi Y
Journal of traumatic stress   20(5) 727-736   2007年10月   [査読有り]
Nagamine M, Matsuoka Y, Mori E, Fujimori M, Imoto S, Kim Y, Uchitomi Y
Psychiatry and clinical neurosciences   61(4) 441-443   2007年8月   [査読有り]
Matsuoka Y, Nagamine M, Mori E, Imoto S, Kim Y, Uchitomi Y
The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences   19(3) 335-338   2007年   [査読有り]
Matsuoka K, Uno M, Kasai K, Koyama K, Kim Y
Psychiatry and clinical neurosciences   60(3) 332-339   2006年6月   [査読有り]
[Paranoid schizophrenia].
Kim Y
Ryoikibetsu shokogun shirizu   (38) 34-37   2003年   [査読有り]
[Residual schizophrenia].
Kim Y
Ryoikibetsu shokogun shirizu   (38) 50-52   2003年   [査読有り]
Renaming the term schizophrenia in Japan.
Kim Y, Committee of Renaming the Term Schizophrenia of the Japanese Society of Pyschiatry and Neurology.
Lancet (London, England)   360(9336) 879   2002年9月   [査読有り]
Reliability and validity of the Japanese-language version of the impact of event scale-revised (IES-R-J): four studies of different traumatic events.
Asukai N, Kato H, Kawamura N, Kim Y, Yamamoto K, Kishimoto J, Miyake Y, Nishizono-Maher A
The Journal of nervous and mental disease   190(3) 175-182   2002年3月   [査読有り]
[Current status of studies of schizophrenia after DSM-III].
Kim Y
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   104(1) 76-85   2002年   [査読有り]

Misc

 
【精神疾患の背景にあるトラウマに気づく】 統合失調症の背後にあるトラウマに気づく
金 吉晴
臨床精神医学   47(7) 769-774   2018年7月
ストレス脆弱性についての表現型と末梢血トランスクリプトームの統合解析
堀 弘明, 中村 誠二, 吉田 冬子, 寺石 俊也, 篠山 大明, 太田 深秀, 服部 功太郎, 金 吉晴, 樋口 輝彦, 功刀 浩
臨床薬理の進歩   (39) 140-152   2018年6月
【複雑性悲嘆の治療】 複雑性悲嘆の集団認知行動療法(ENERGY)の実践
黒澤 美枝, 佐々木 志帆子, 上田 光世, 中島 聡美, 金 吉晴
トラウマティック・ストレス   16(1) 17-23   2018年6月
本邦では、複雑性悲嘆症状を有する遺族に対する、集団認知行動療法プログラム(ENERGY:Enhancing Natural Emotional Recovery For Enduring Grief and Yearning-悲しみとともに生きる)が開発されている。本研究では、ENERGYの有効性と実施可能性を、対照群をおかない前後比較試験によって予備的な検証を行った。本稿では地域での実践にもとづいて、その準備や経過、事例を含めて、ENERGYの具体的内容を報告した。今後は、効果検証の継続...
【複雑性PTSDの理論と治療】 複雑性PTSDの診断と治療
金 吉晴, 中山 未知, 丹羽 まどか, 大滝 涼子
トラウマティック・ストレス   16(1) 27-35   2018年6月
児童期の反復的、持続的虐待による長期的な影響を念頭において提案された複雑性PTSD概念は、PTSDとの症候論的な鑑別がさまざまに試みられてきたが、ICD-11においてPTSD症状とDSO(自己組織化の困難)症状からなる診断カテゴリーとして認められた。ただし出来事基準はPTSDと同一である。中核モデルである児童期虐待を主要な対象としてSTAIR/NST療法が考案され、効果が実証されてきた。STAIRではDSO症状である感情制御の困難、否定的な自己概念、対人関係の困難のそれぞれに対して、修正的...
【複雑性PTSDの理論と治療】 性的虐待による複雑性PTSD患者に対するSTAIR/NST
丹羽 まどか, 加茂 登志子, 金 吉晴
トラウマティック・ストレス   16(1) 48-53   2018年6月
本稿では、幼少期より性的虐待を受け、いじめ被害や家庭環境により症状が増悪した、複雑性PTSD女性に対してSTAIR/NSTを実施した症例を報告する。合計22回のセッションを行ったが、治療前後でPTSD症状、解離症状、感情調整困難、対人関係の問題には、いずれも顕著な改善が見られた。クライエントの機能水準の改善も大きく、STAIR/NSTは複雑性PTSDに対する治療の選択肢を広げるものと考えられる。(著者抄録)
不安障害における良好な予後のための治療導入の実践〜評価、心理教育、初期治療を中心に〜 PTSDの初期心理教育の重要性と効果
金 吉晴
精神神経学雑誌   (2018特別号) S264-S264   2018年6月
司法解剖時遺族対応に関する法医学者の意識ならびに対応の実態 面接調査に基づく質的検討
辻村 貴子[伊藤], 成澤 知美, 中島 聡美, 金 吉晴
犯罪学雑誌   84(2) 41-49   2018年4月
【日常診療における病識・病感・負担感の取り扱い-治療効果を高めるための工夫-】 統合失調症と病識
金 吉晴, 酒井 佳永
臨床精神医学   46(12) 1457-1462   2017年12月
Administration Psychiatry 災害精神保健 現場での対処法
篠崎 康子, 金 吉晴
精神科臨床Legato   3(4) 224-226   2017年10月
自然災害と精神保健医療
金 吉晴
熊精協会誌   (173) 3-30   2017年10月
災害時精神保健医療活動の包括的ガイドライン 先行文献の解体(dismantling)的検討
島津 恵子, 小林 真綾, 篠崎 康子, 金 吉晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (30) 229-229   2017年10月
PTSD女性患者における認知機能
堀 弘明, 伊藤 真利子, 林 明明, 丹羽 まどか, 井野 敬子, 今井 理紗, 小川 成, 関口 敦, 功刀 浩, 加茂 登志子, 金 吉晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (30) 229-229   2017年10月
PTSD女性患者における炎症マーカー(Inflammatory markers in adult women with posttraumatic stress disorder)
堀 弘明, 伊藤 真利子, 林 明明, 丹羽 まどか, 井野 敬子, 今井 理紗, 小川 成, 関口 敦, 功刀 浩, 加茂 登志子, 金 吉晴
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   39回・47回 175-175   2017年9月
PTSD 依存との関連を踏まえて
金 吉晴
日本アルコール・薬物医学会雑誌   52(4) 131-131   2017年8月
健常成人女性における幼少期トラウマと認知バイアスの関連
伊藤 真利子, 林 明明, 丹羽 まどか, 堀 弘明, 金 吉晴
日本心理学会大会発表論文集   81回 241-241   2017年8月
【認知行動療法をはじめとする精神療法の使い分け-症例から考える-】 持続エクスポージャー療法からみたPTSD
金 吉晴
精神科治療学   32(7) 901-907   2017年7月
PTSDの病態の理解のためには横断的な記述症状論だけではなく、症状の形成過程と治癒過程とを治療実践を通じて検討する必要がある。持続エクスポージャー療法はもっとも信頼できるエビデンスに基づいた治療というだけではなく、トラウマ体験に関する体験、知覚、感情、認知といった多様な情報を患者の発話を通じて治療者も追体験することができ、PTSDの慢性化につながる記憶の断片化、病理形成における解離症状の意義、回復過程における感情的馴化、認知再構成を通じた本来的自己像の回復などを知ることができる。PTSD概...
【精神医学症候群(第2版)-不安症から秩序破壊的・衝動制御・素行症まで-】 心的外傷およびストレス因関連障害群 PTSDの治療
金 吉晴
日本臨床   別冊(精神医学症候群II) 187-192   2017年6月
神経症性障害はどこまで薬物療法で治せるのか〜その限界と多角的治療の実際、そして可能性 PTSDの薬物療法: 現状と展望
金 吉晴
精神神経学雑誌   (2017特別号) S259-S259   2017年6月
日本における複雑性悲嘆の認知行動療法(CGT)の有効性についての予備的研究
中島 聡美, 伊藤 正哉, 白井 明美, 小西 聖子, 新明 一星, 松田 陽子, 片柳 章子, 淺野 敬子, 成澤 知美, 正木 智子, 石丸 径一郎, 竹林 由武, 金 吉晴
精神神経学雑誌   (2017特別号) S463-S463   2017年6月
PTSDの持続エクスポージャー法の多様性と有効性 持続エクスポージャー法によるPTSDの回復と意味の再建
金 吉晴
精神神経学雑誌   (2017特別号) S590-S590   2017年6月
【認知行動療法の現在とこれから-医療現場への普及と質の確保に向けて】 PTSDに対する持続エクスポージャー療法
井野 敬子, 金 吉晴
精神医学   59(5) 441-447   2017年5月
【メンタルヘルス研究と社会との接点】 長崎市被爆未指定地域住民における原爆目撃体験と関連する精神状態についての調査研究について
金 吉晴
精神保健研究   (30) 25-30   2017年3月
急性期性暴力被害者のための支援情報ハンドブックの有用性評価
淺野 敬子, 中島 聡美, 成澤 知美, 中澤 直子, 金 吉晴, 小西 聖子
女性心身医学   21(3) 325-335   2017年3月
【背景・目的】性暴力被害者が被害後の急性期に被害による心身への影響や司法手続きおよび支援に関する情報を得ることは、被害後のストレスを軽減し、被害者を適切な治療や支援に繋げやすくすると考えられる。しかし、被害後急性期の被害者に総合的な支援情報を提供する媒体は少なく、その有用性について評価されたものはない。そこで、急性期性暴力被害者のための情報提供用ハンドブック(以下、冊子)を作成し、性暴力被害者の支援者または治療者(以下、支援・治療者)を対象に本冊子の有用性について評価を行った。【方法】先行...
内科医と災害医療 災害時の不安対応と心理的応急処置PFA(サイコロジカル・ファーストエイド)
大沼 麻実, 篠崎 康子, 金 吉晴
日本内科学会雑誌   106(1) 130-132   2017年1月
【PTSDとエクスポージャー】 持続エクスポージャー療法とPTSD臨床
金 吉晴
トラウマティック・ストレス   14(2) 117-121   2016年12月
持続エクスポージャー療法(PE)は開発者のマニュアルに厳密に準拠して進めることが求められていると同時に、さまざまな状況にある患者に対してさまざまに工夫されながら、その応用可能性が検討されてきた。エクスポージャーという技法が強調されているが、その基礎となる感情処理理論においては、恐怖刺激、反応、思考などのさまざまな要素が不適切に関連づけれた認知構造(恐怖構造)が想定されており、その適正化のためにはエクスポージャーにおける感情面での馴化などの治療要素が恐怖構造の文脈の中に適切に位置づけられる必...
犯罪被害者支援活動における警察職員の二次的外傷性ストレスと関連要因
上田 鼓, 中島 聡美, 金 吉晴
トラウマティック・ストレス   14(2) 141-150   2016年12月
本研究は、犯罪被害者支援活動に従事した経験を有する全国警察職員を対象に、これまでに最も強い心的ストレスを受けた事案による支援活動後のPTSD症状、支援活動の累積によるバーンアウトと全般的精神健康への影響およびそれらの関連要因について、質問紙調査を行った。有効回答者は862名であり、PTSD該当者は男性で2.8%、女性で9.0%、K6ハイリスク者は男性1.2%、女性2.6%であった。PTSD症状の強い群は、女性であること、ストレス対処法として、支援活動を振り返る、上司・同僚に支援活動について...
複雑性悲嘆の認知行動療法の適応性および有効性に関する研究
中島 聡美, 伊藤 正哉, 白井 明美, 小西 聖子, 松田 陽子, 新明 一星, 成澤 知美, 片柳 章子, 正木 智子, 淺野 敬子, 石丸 径一郎, 金 吉晴, Shear K.M.
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (29) 241-241   2016年10月
健常成人における主観的不安と認知・生物学的指標の関連 PTSDの客観的診断指標開発に向けて
伊藤 真利子, 丹羽 まどか, 林 明明, 大滝 涼子, 堀 弘明, 関口 敦, 金 吉晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (29) 241-241   2016年10月
インターネットを使用した災害時の精神保健・心理社会的支援に関する研究
大滝 涼子, 井筒 節, 富田 博秋, 堤 敦朗, 大沼 麻実, 種市 康太郎, 宮本 有紀, 中谷 優, 金 吉晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (29) 242-242   2016年10月
【神経症性障害と抑うつ-その相互作用と臨床的意義,治療について-】 外傷性悲嘆とトラウマ
金 吉晴
精神神経学雑誌   118(7) 516-521   2016年7月
外傷性悲嘆は1990年代後半にPrigersonによって主張されたが,その後,遷延性悲嘆,複雑性悲嘆などの概念に取って代わられた.病理としては愛着対象の喪失が重視される傾向にあるが,喪失の出来事がPTSDの出来事基準を満たすようなトラウマ的性質をもっている場合にはトラウマ的性質については忘却を,故人については追想を願うという矛盾した心理が生じ,臨床的にもトラウマ反応の視点を取り入れた格別の配慮が求められる.DSM-5の持続性複雑死別障害の診断基準においても外傷性死別が下位項目として挙げられ...
長崎原子爆弾に対する曝露後の持続的な精神的苦悩
金 吉晴
トラウマティック・ストレス   14(1) 14-20   2016年6月
性暴力被害後急性期の被害者のための支援情報冊子の有用性の評価
淺野 敬子, 中島 聡美, 成澤 知美, 中澤 直子, 金 吉晴, 小西 聖子
女性心身医学   21(1) 96-96   2016年6月
PTSDの多様性とエクスポージャーに基づいた治療法 PTSDとエクスポージャー療法 概観
金 吉晴
精神神経学雑誌   (2016特別号) S260-S260   2016年6月
災害と嗜癖関連行動 トラウマと嗜癖
金 吉晴
精神神経学雑誌   (2016特別号) S300-S300   2016年6月
不安障害の予後 再発の問題を含めて PTSDの治療と生活への適応 持続エクスポージャー療法の立場から
金 吉晴
精神神経学雑誌   (2016特別号) S434-S434   2016年6月
PTSDの回復とその経路
金 吉晴
精神神経学雑誌   (2016特別号) S549-S549   2016年6月
運動習慣によるストレス反応の緩和 主観評価と自律神経活動評価による実験的検討
伊藤 真利子, 林 明明, 金 吉晴
若手研究者のための健康科学研究助成成果報告書   (31) 11-16   2016年4月
健康成人女性36名(平均37.6歳)を対象に、運動習慣が主観的な精神健康評価および自律神経ストレス反応とどのように関連するか検討した。精神健康に関する主観的評価として、状態・特性不安、抑鬱、精神疾患、生活の質、睡眠の問題に関する尺度を用いた。過去1ヵ月間で運動習慣をもつ者は16名(運動あり群、平均41歳)、もたない者は20名(運動なし群、平均34歳)であった。主観的評価の平均値はいずれも、運動あり群の方がなし群に比べ健康上望ましい値であった。精神疾患に関しては、1週間の運動頻度が高いほど、...
【出口を見据えた精神医療-何処をめざし如何に診るか-】 不安障害、PTSDの治癒と再燃に関わる要因
金 吉晴, 中島 聡美, 堀 弘明, 関口 敦
精神保健研究   (29) 35-39   2016年3月
ドメスティック・バイオレンス被害母子に対する親子相互交流療法の効果に関する研究
加茂 登志子, 氏家 由里, 伊東 史ヱ, 中山 未知, 伊藤 まどか, 金 吉晴
東京女子医科大学雑誌   86(臨増1) E48-E58   2016年1月
ドメスティック・バイオレンス(DV)は被害者のみならず、その子どもたちの精神面・行動面にも深刻な影響を与える。今回の研究では子どもの問題行動を主訴とするDV被害母子に対し、親子相互交流療法(Parent-Child Interaction Therapy:PCIT)の効果を検討した。DV被害があり、精神健康障害を発症し、東京女子医科大学附属女性生涯健康センターを受診した女性のうち、すでに被害の場から離れ、2歳から8歳の子どもと同居しており、子どもの問題行動が主訴の一つとなっている母子8組を...
家族への司法解剖を経験した遺族に対する法医学者対応と精神健康状態
辻村 貴子, 成澤 知美, 中島 聡美, 金 吉晴, 吉田 謙一
日本法医学雑誌   69(2) 136-136   2015年12月
服薬していない外来うつ病患者における末梢血遺伝子発現プロファイル 網羅的遺伝子発現と候補遺伝子発現の統合的解析(Blood-based gene expression signatures of medication-free outpatients with major depressive disorder: integrative genome-wide and candidate gene analyses)
堀 弘明, 篠山 大明, 寺石 俊也, 山本 宜子, 中村 誠二, 太田 深秀, 服部 功太郎, 金 吉晴, 樋口 輝彦, 功刀 浩
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   37回・45回 199-199   2015年9月
健康なヒトにおいてCOMT Val158Met多型は性別と相互作用し恐怖の条件付けと消滅に影響を及ぼす(COMT Val158Met polymorphism interacts with sex to influence fear conditioning and extinction in healthy humans)
栗山 健一, 吉池 卓也, 本間 元康, 池田 大樹, 金 吉晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (28) 253-253   2015年8月
成人精神保健研究部 日本語版感情表出尺度の信頼性および妥当性の検討
林 明明, 河瀬 さやか, 伊藤 真利子, 大滝 涼子, 金 吉晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (28) 253-253   2015年8月
災害時こころの情報支援センター DPAT体制整備状況と災害時精神医療体制について
渡 路子, 小見 めぐみ, 吉田 航, 中神 里江, 小菅 清香, 金 吉晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (28) 260-260   2015年8月
災害時こころの情報支援センター 平成26年度DPAT関連研修について
吉田 航, 渡 路子, 小見 めぐみ, 中神 里江, 金 吉晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (28) 260-260   2015年8月
ナショナルデータベースを用いた外来診療における抗不安薬・睡眠薬の処方実態の検討
荒川 亮介, 奥村 泰之, 池野 敬, 金 吉晴, 伊藤 弘人
臨床精神医学   44(7) 1003-1010   2015年7月
ナショナルデータベースを用いた外来診療における抗不安薬・睡眠薬の処方実態について検討した。全患者979756例中、外来区分は755247例で、医薬品情報を有するものは682545例であった。通院精神療法を算定されているもの(精神科)は32968例、通院精神療法を算定されていないもの(非精神科)は649577例であった。精神科では、抗不安薬は54.0%、睡眠薬は49.9%に処方され、いずれかの薬剤は75.3%に処方された。非精神科では、抗不安薬は7.8%、睡眠薬は8.7%、いずれかの薬剤は1...
自己覚醒習慣と関連する睡眠習慣の調査研究
池田 大樹, 栗山 健一, 吉池 卓也, 大村 英史, 金 吉晴, 林 光緒
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   40回 252-252   2015年7月
IPV被害女性に対する持続エクスポージャー療法におけるPTSD症状とうつ症状の関係(Association between PTSD and Depression during Prolonged Exposure Therapy for Intimate-Partner Violence and a Single Incident of Interpersonal Violence of Female Victims)
堀江 美智子, 金 吉晴, 加茂 登志子, 清水 悟, 大澤 真木子
東京女子医科大学雑誌   85(3) 102-113   2015年6月
[緒言]対人暴力被害によって外傷後ストレス障害(PTSD)を発症した成人女性に持続エクスポージャー療法(Prolonged Exposure therapy:PE)を実施し、治療経過におけるPTSD症状とうつ症状の変化の関係性を検討し、またパートナーからの暴力被害者(group of victims of intimate partner violenc:IPV)とそれ以外の単回性対人暴力被害者(group of victims of not intimate partner violen...
PTSD治療の最前線 PTSDからの回復とエクスポージャー療法の治療原理
金 吉晴
精神神経学雑誌   (2015特別) S280-S280   2015年6月
神経症性障害と抑うつ その相互作用と臨床的意義、治療について PTSDと外傷性悲嘆
金 吉晴
精神神経学雑誌   (2015特別) S294-S294   2015年6月
HDLコレステロールと心的外傷後ストレス障害の発症リスク
松岡 豊, 浜崎 景, 西 大輔, 金 吉晴
精神神経学雑誌   (2015特別) S581-S581   2015年6月
性暴力被害者の精神科臨床 一般精神科臨床現場で、性暴力被害者への治療をどのように組み立てるか パートナー間暴力被害に潜む性暴力のインパクト
加茂 登志子, 三上 由里, 本田 朋子, 横田 仁子, 伊藤 まどか, 中山 未知, 伊東 史ヱ, 金 吉晴
精神神経学雑誌   (2015特別) S726-S726   2015年6月
東日本大震災とメンタルヘルス 災害後の中期的支援について
金 吉晴
病院・地域精神医学   57(3) 236-238   2015年5月
【産業ストレスに関する研究プロジェクトの最近の成果】 産業ストレスと災害トラウマ対策研究
大沼 麻実, 金 吉晴
産業ストレス研究   22(2) 107-111   2015年4月
【PTSDの現在と治療】 PTSDと持続エクスポージャー療法
大滝 涼子, 金 吉晴
精神科   26(2) 129-133   2015年2月
外傷後ストレス障害患者の症状と生活支障度に関連する要因の比較検討 トラウマや症状に対する認知的評価、対処方略を用いた検討
伊藤 大輔, 中澤 佳奈子, 加茂 登志子, 氏家 由里, 鈴木 伸一, 金 吉晴
行動療法研究   41(1) 19-29   2015年1月
本研究の目的は、PTSD症状と生活支障度の関連を検討し、認知行動的要因がそれぞれに及ぼす影響を明らかにすることであった。主にDVをきっかけに医療機関を受診した女性のPTSD患者41名を対象に、出来事チェックリスト(ECL)、PTSD症状(IES-R)、生活支障度(SDISS)、認知的評価(CARS)、PTSD症状に対する否定的解釈(NAP)、対処方略(TAC)を実施した。IES-RとSDISSに弱い相関が見られたため、階層的重回帰分析を行った結果、PTSD症状には、トラウマの脅威性の認知、...
災害精神保健医療情報支援システム(DMHISS)の開発と運用
吉田 航, 荒川 亮介, 渡 路子, 小見 めぐみ, 中神 里江, 金 吉晴
日本集団災害医学会誌   19(3) 515-515   2014年12月
東日本大震災とメンタルヘルス 震災後の中期的支援について
金 吉晴
日本病院・地域精神医学会総会抄録集   57回 28-28   2014年10月
ひろがる災害医療と看護 身につけるべき知識とスキル(第11回) 被災者・支援者の心理反応 災害直後のこころのケア WHO版心理的応急処置(サイコロジカル・ファーストエイド)の支援とは
大沼 麻実, 大滝 涼子, 金 吉晴
看護教育   55(9) 902-907   2014年9月
【DSM-5発行にともなう病名変更と診断基準の変更】 DSM-5におけるトラウマ・ストレス関連疾患の診断基準について
菊池 美名子, 金 吉晴
心と社会   45(3) 48-52   2014年9月
HDLコレステロールと心的外傷後ストレス障害の発症リスク
松岡 豊, 浜崎 景, 西 大輔, 米本 直裕, 野口 普子, 金 吉晴
脂質栄養学   23(2) 169-169   2014年8月
各種災害関連ストレスが東日本大震災沿岸部被災者の精神的健康に及ぼす影響の検討
鈴木 大輔, 中谷 直樹, 中村 智洋, 中島 聡美, 金 吉晴, 辻 一郎, 寳澤 篤, 富田 博秋
日本社会精神医学会雑誌   23(3) 259-259   2014年8月
Delphi法を用いたエキスパートコンセンサスによる犯罪被害者の急性期心理社会支援ガイドラインの開発
中島 聡美, 鈴木 友理子, 成澤 知美, 淺野 敬子, 深澤 舞子, 金 吉晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (27) 245-245   2014年8月
被災地の県職員の精神的不調と業務との関連 東日本大震災から2ヵ月後に行われた健康調査の結果より
深澤 舞子, 鈴木 友理子, 小原 聡子, 金 吉晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (27) 245-245   2014年8月
身体部位の自己所有感覚におけるCOMT遺伝子多型の影響
池田 大樹, 本間 元康, 栗山 健一, 吉池 卓也, 金 吉晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (27) 246-246   2014年8月
東日本大震災のメディア報道による子どもたちのメンタルヘルスへの影響調査
大沼 麻実, 神尾 陽子, 金 吉晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (27) 255-255   2014年8月
東日本大震災こころのケアチーム活動の把握 宮城県、仙台市、福島県の個票調査
荒川 亮介, 渡 路子, 小見 めぐみ, 吉田 航, 金 吉晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (27) 255-255   2014年8月
都道府県・政令指定都市の災害精神保健医療体制の整備状況とDPATが携行する薬剤リストについて
吉田 航, 渡 路子, 荒川 亮介, 小見 めぐみ, 中神 里江, 金 吉晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (27) 256-256   2014年8月
学習後ストレスの効果へ認知スタイルが及ぼす影響
林 明明, 丹野 義彦, 金 吉晴
日本心理学会大会発表論文集   78回 320-320   2014年8月
災害時における組織のマネジメント 災害直後のメンタル対応
金 吉晴
日本災害看護学会誌   16(1) 59-59   2014年7月
恐怖消去学習における高照度光照射の有用性
吉池 卓也, 本間 元康, 池田 大樹, 金 吉晴, 栗山 健一
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   39回 233-233   2014年7月
幼少期のトラウマによる複雑性PTSDのための認知行動療法 STAIR(感情調整と対人関係調整スキルトレーニング)とNST(ナラティブ・ストーリィ・テリング)
大滝 涼子, 大沼 麻実, 河瀬 さやか, 金 吉晴
トラウマティック・ストレス   12(1) 71-78   2014年6月
心理的トラウマによるPTSDのための精神療法は近年発展を遂げているが、幼少期の虐待によるトラウマを抱えたまま成人し、複雑性PTSDを発症している患者への治療は困難を極めてきた。本稿では、Dr Marylene Cloitreによって開発された、STAIR(Skills Training in Affect and Interpersonal Regulation:感情調整と対人関係調整スキルトレーニング)とNST(Narrative Story Telling:ナラティブ・ストーリィ・テリ...
レクチャーシリーズ 用語集 シェルショック(shell shock;砲弾恐怖症)
金 吉晴
トラウマティック・ストレス   12(1) 108-108   2014年6月
現在の神経症性障害(不安障害)にみられる難治性 その特徴、そして対応 PTSD治療困難例に対する持続エクスポージャー療法とD-Cycloserine
金 吉晴
精神神経学雑誌   (2014特別) S516-S516   2014年6月
トラウマ論の現在
金 吉晴
臨床精神病理   35(1) 84-85   2014年4月
PTSDの記憶機能と治療的意義
伊藤 真利子, 金 吉晴
精神保健研究   (27) 35-39   2014年3月
震災における脳画像研究
荒川 亮介, 金 吉晴
精神保健研究   (27) 97-100   2014年3月
PTSDに対するパロキセチンおよびセルトラリンの臨床試験
荒川 亮介, 金 吉晴
トラウマティック・ストレス   11(2) 177-180   2013年12月
災害医療に求められる精神医療対応
金 吉晴
日本集団災害医学会誌   18(3) 269-269   2013年12月
災害保健医療活動マニュアルの標準化に向けて 精神医療からみた災害時マニュアルについて
金 吉晴
日本集団災害医学会誌   18(3) 306-306   2013年12月
東日本大震災・福島第一原発事故と精神科医の役割(第8回) 放射線災害への不安と精神科医
丹羽 真一, 金 吉晴, 秋山 剛
精神医学   55(9) 899-908   2013年9月
高次脳機能障害者は自らの障害とリハビリテーションをどのように語るか
松岡 恵子, 山川 百合子, 小谷 泉, 金 吉晴
認知リハビリテーション   18(1) 38-49   2013年9月
地域に住む成人の高次脳機能障害者10名を対象とし、自らの障害についてどの要素が語られやすく、どの要素が語られにくいのかを定量化により検討した。その結果、「罹患受傷状況」「仕事上の変化」「他人に行いたいリハビリテーション」はよく語られ、「認知面の変化」「家族の変化」「いまいちだったりリハビリテーション」はあまり語られなかった。「脳の障害部位」「仕事上の変化」をよく語ることはMMSEの見当識と有意な相関を示し、「罹患受傷状況」「脳の障害部位」をよく語ることはCIQ総得点と有意な相関を示した。こ...
東日本大震災こころのケアチームの全国の活動実績に基づいた災害時こころの情報支援センターの活動
渡 路子, 小見 めぐみ, 荒川 亮介, 金吉 晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (26) 235-235   2013年9月
東日本大震災と新潟県中越地震におけるこころのケアチームリーダーの活動の比較
小見 めぐみ, 渡 路子, 荒川 亮介, 金吉 晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (26) 235-235   2013年9月
緊急時における心理的応急処置(サイコロジカル・ファーストエイド:PFA)に関する指導者育成システムの検証
大滝 涼子, 大沼 麻実, 金吉 晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (26) 236-236   2013年9月
東日本大震災後の宮城県職員の精神健康とストレス要因
鈴木 友理子, 深澤 舞子, 小原 聡子, 金吉 晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (26) 244-244   2013年9月
Delphi法を用いた災害支援者のストレス対応ガイドラインの作成
成澤 知美, 鈴木 友理子, 深澤 舞子, 中島 聡美, 金吉 晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (26) 244-244   2013年9月
高照度光照射による恐怖条件付け消去学習促進効果の検討
吉池 卓也, 栗山 健一, 本間 元康, 小山 さより, 木村 美貴子, 金吉 晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (26) 245-245   2013年9月
災害後支援 災害後支援
金 吉晴
認知療法研究   6(2) 113-116   2013年8月
Delphi法を用いた犯罪被害者の急性期心理社会支援ガイドラインの開発
中島 聡美, 鈴木 友理子, 成澤 知美, 淺野 敬子, 深澤 舞子, 金 吉晴
日本社会精神医学会雑誌   22(3) 378-378   2013年8月
東日本大震災後の宮城県職員の健康調査における業務と精神健康との関連 被災状況別の検討
深澤 舞子, 鈴木 友理子, 小原 聡子, 金 吉晴
日本社会精神医学会雑誌   22(3) 388-389   2013年8月
睡眠が身体平衡学習に与える効果
本間 元康, 吉池 卓也, 池田 大樹, 金 吉晴, 栗山 健一
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   38回 175-175   2013年6月
神経症人格特性は両外側前頭前野活動性に基づき日中の認知活動を促進し睡眠満足度を低下させる
吉池 卓也, 本間 元康, 池田 大樹, 金 吉晴, 栗山 健一
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   38回 228-228   2013年6月
嫌悪出来事後の睡眠と夢の質に関するインターネット調査研究
池田 大樹, 吉池 卓也, 本間 元康, 金 吉晴, 金子 雅美, 栗山 健一
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   38回 243-243   2013年6月
東日本大震災が精神医療に残したもの 二年が過ぎた今 効果的な災害時精神医療対応に向けて
金 吉晴
精神神経学雑誌   (2013特別) S-264   2013年5月
DSM-5改訂による外傷後ストレス障害(PTSD)の診断の変化
金 吉晴
精神神経学雑誌   (2013特別) S-322   2013年5月
交通外傷直後のプロポフォール投与がPTSD症状に与える影響について
臼杵 理人, 松岡 豊, 西 大輔, 金 吉晴, 神庭 重信
精神神経学雑誌   (2013特別) S-360   2013年5月
東日本大震災沿岸部被災者の精神的健康の変遷と現況
鈴木 大輔, 築田 美抄, 上田 穫, 中谷 直樹, 金 吉晴, 辻 一郎, 寶澤 篤, 富田 博秋
精神神経学雑誌   (2013特別) S-568   2013年5月
自然災害とメンタルヘルス対応
金 吉晴
東京内科医会会誌   28(3) 228-238   2013年4月
【精神保健・医療・福祉の今がわかる キーワード126】 (第4章)精神科治療トピックス サイコロジカル・ファーストエイド/被災者への心の支援
大滝 涼子, 金 吉晴
精神科臨床サービス   13(2) 220-221   2013年4月

書籍等出版物

 
みすず書房   2017年8月   ISBN:4622086239
加藤 寛, 最相 葉月, 金 吉晴, 斎藤 環, 飛鳥井 望, 香山 リカ, 北山 修, 信田 さよ子 (担当:共著)
青土社   2016年3月   
加藤寛, 最相葉月, 金吉晴, 斎藤環, 飛鳥井望, 香山リカ, 北山修, 信田さよ子 (担当:共著)
青土社   2016年3月   ISBN:4791713192
ケリー・R・クレストマン, エヴァ・ギルボア=シェヒトマン, エドナ・B・フォア (担当:共訳)
星和書店   2014年5月   ISBN:4791108744
エドナ・B・フォア, ケリー・R・クレストン, エヴァ・ギルボア=シェヒトマン (担当:共訳)
星和書店   2014年5月   ISBN:4791108736
金剛出版   2014年5月   ISBN:4772413677
B・O・ロスバウム, E・B・フォア, E・A・ハンブリー (担当:監修)
星和書店   2012年7月   ISBN:4791108116
誠信書房   2012年4月   ISBN:4414400708
エドナ・B. フォア, バーバラ・O. ロスバウム, エリザベス・A. ヘンブリー (担当:共訳)
星和書店   2009年3月   ISBN:4791106989
金 吉晴
新興医学出版社   2007年9月   ISBN:4880026603
International Psycho, 金吉晴 (担当:共著)
メディカルフロントインターナショナルリミ   2007年5月   ISBN:4902090503
松岡恵子, 金吉晴 (担当:共著)
新興医学出版社   2006年10月   ISBN:4880026654
金 吉晴
じほう   2006年3月   ISBN:4840735433
Edna B. Foa, Allen Frances, Jonathan R.T. Davidson (担当:共訳)
アルタ出版   2005年3月   ISBN:4901694146
金 吉晴, 加藤 寛, 広幡 小百合, 小西 聖子, 飛鳥井 望 (担当:共著)
星和書店   2004年2月   ISBN:479110529X
R.J. ウォールディンガー, J.G. ガンダーソン (担当:共訳)
金剛出版   1993年4月   ISBN:4772404074

講演・口頭発表等

 
PTSDの初期心理教育の重要性と効果
金 吉晴
第114回日本精神神経学会学術総会   2018年6月21日   
複雑性PTSDの診断評価について
金 吉晴
第17回日本トラウマティック・ストレス学会   2018年6月9日   
PTSDの理解と恐怖記憶の治療
金 吉晴
第9回近江精神医学会   2018年2月8日   
エビデンスに基づいた災害メンタルヘルス対応と防災に向けた展望〜効果的な国際協力にむけて〜.
金 吉晴
世界防災フォーラム   2017年11月27日   
S?-3 解離からみたPTSD概念の再検討と治療上の意義
金 吉晴
第40回日本精神病理学会大会   2017年10月20日   
PTSD;依存との関連を踏まえて
金 吉晴
平成29年度日本アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会   2017年9月8日   
持続エクスポージャー法によるPTSDの回復と意味の再建
金 吉晴
第113回日本精神神経学会シンポジウム66   2017年6月24日   
PTSDの薬物療法:現状と展望
金 吉晴
第113回日本精神神経学会シンポジウム12   2017年6月22日   
解離を伴う外傷性死別症例のPE
金 吉晴
第16回日本トラウマティック・ストレス学会シンポジウムB-3   2017年6月11日   
PTSDの持続性エクスポージャー療法(PE)
金 吉晴
第16回日本トラウマティック・ストレス学会プレコングレス2   2017年6月9日   
支援活動委員会企画シンポジウム「支援活動の裾野を広げるために」話題提供者
金 吉晴
日本心理臨床学会第35回秋季大会   2016年9月6日   
トラウマ反応の治療はどこまで来ているのか?シンポジスト
金 吉晴
武蔵野大学臨床心理学国際シンポジウム   2016年8月27日   
市民公開講座「震災ストレスから眠りと健康をいかに守るか」
金 吉晴
日本睡眠学会第41回定期学術集会   2016年7月8日   
教育講演20 PTSDの回復とその経路
金 吉晴
第112回日本精神神経学会学術総会   2016年6月4日   
PTSDの治療と生活への適応:持続エクスポージャー療法の立場から
金 吉晴
第112回日本精神神経学会学術総会シンポジウム37不安障害の予後〜再発の問題を含めて   2016年6月2日   
トラウマと嗜癖
金 吉晴
第112回日本精神神経学会学術総会シンポジウム30災害と嗜癖関連行動   2016年6月2日   
PTSDの多様性とエクスポージャー療法:概観
金 吉晴
第112回日本精神神経学会学術総会シンポジウム13 PTSDの多様性とエクスポージャーに基づいた治療法   2016年6月2日   
心的トラウマと自殺
金 吉晴
第7回国際自殺予防学会アジア・太平洋地域大会/第40回日本自殺予防学会総会ランチョンセミナー1   2016年5月18日   
PTSDのPE療法の研修
金 吉晴
第8回日本不安症学会学術大会   2016年2月7日   
“不安とかかわる病態への早期介入”
金 吉晴
第19回日本精神保健・予防学会学術集会   2015年12月11日   
災害と精神保健医療対応
金 吉晴
第2回日本心療内科学会災害支援プロジェクト報告会および研修会   2015年6月28日   
長崎原子爆弾に対する曝露後の持続的な精神的苦悩
金 吉晴
第14回日本トラウマティック・ストレス学会 JSTSS&ISTSSコラボ企画シンポジウム「Trauma Around the world」   2015年6月20日   
PTSDと外傷性悲嘆
金 吉晴
第111回日本精神神経学会学術総会 シンポジウム14 神経症性障害と抑うつ:その相互作用と臨床的意義、治療について   2015年6月5日   
PTSDからの回復とエクスポージャー療法の治療原理
金 吉晴
第111回日本精神神経学会学術総会 シンポジウム8 PTSD治療の最前線   2015年6月4日   
自然災害と精神医療対応
金 吉晴
第199回精神科医会および第155回学術講演会   2015年4月22日   
“外傷後ストレスと妊娠”〜過去のトラウマ(虐待)と精神健康障害が妊娠とホルモンの状態に与える影響
金 吉晴
第11回月経関連医学研究会 合同特別講演   2015年3月22日   
トラウマをめぐる臨床と研究の現状
金 吉晴
第11回月経関連医学研究会 特別講演   2015年3月22日   
災害・緊急時の初期対応はどうあるめきか?専門家へ「つなぐ」ことの意義
金 吉晴
国連防災世界会議パブリックフォーラム「子どもと養育者のための心理社会的ケア〜子供にやさしい災害時の支援を考える〜」   2015年3月14日   
PTSDの理解と治療
金 吉晴
第7回日本不安症学会学術大会   2015年2月15日   
次に災害が起きたら
金 吉晴
こころの防災市民フォーラム〜第3回国連防災世界会議に向けて〜   2015年2月7日   
シンポジウムA「東日本大震災とメンタルヘルス」
金 吉晴
第57回日本病院・地域精神医学会総会   2014年10月31日   
ビデオメッセージ(スポンサードセッションA『災害時における子どもにやさしい空間(Child Friendly Spaces-CFS)支援の意義と可能性:東日本大震災支援活動における試みから考える』)
金 吉晴
子ども虐待防止世界会議名古屋2014   2014年9月14日   
PTSDの実際
金 吉晴
第14回日本認知療法学会・第18回日本摂食障害学会学術合同集会合同学会   2014年9月14日   
新たなコミュニティづくりに向けて〜住民と支援者の心のケア〜
金 吉晴
第8回震災心のケア交流会みやぎin南三陸〜明日へ向かう支援〜   2014年9月5日   
シンポジウム1 災害時における組織のマネジメント「災害直後のメンタル対応」
金 吉晴
日本災害看護学会第16回年次大会   2014年8月19日   
ワークショップ21災害時精神医療の経験と備え
金 吉晴
第110回日本精神神経学会学術総会   2014年6月28日   
委員会シンポジウム18 来たるべき災害に必要な備えと支援は何か?東日本大震災で津波被災した精神科病院での体験を通して考える
金 吉晴
第110回日本精神神経学会学術総会   2014年6月28日   
PTSD治療困難例に対する持続性エクスポージャー療法とD-cycloserine
金 吉晴
第110回日本精神神経学会学術総会 シンポジウム44,   2014年6月27日   
東日本大震災後の精神保健医療の歩みを振り返る
金 吉晴
第13回日本トラウマティック・ストレス学会 パネルディスカッション   2014年5月17日   
日本における認知処理療法の可能性
金 吉晴
第13回日本トラウマティック・ストレス学会 シンポジウムB-4   2014年5月17日   
PTSD心理治療の新しい潮流
金 吉晴
第11回Prolonged Exposure Therapy講習会(武蔵野大学)   2014年4月28日   
教育講演1 災害医療に求められる精神医療対応
金 吉晴
第19回日本集団災害医学会総会・学術集会   2014年2月25日   
特別セッション6-2 精神医療からみた災害時マニュアルについて
金 吉晴
第19回日本集団災害医学会総会・学術集会   2014年2月25日   
不安障害に対する認知行動療法のエビデンス
金 吉晴
第6回日本不安障害学会学術大会   2014年2月2日   
災害後の心理支援におけるコラボレーション−検証と課題−(指定討論者)
金 吉晴
心理臨床学会支援活動委員会企画シンポジウム,日本心理臨床学会第32回秋季大会   2013年8月26日   
トラウマケア〜臨床心理士が知っておくべき最新の知識〜
金 吉晴
(社)日本臨床心理士会 第15回被害者支援研修会   2013年7月14日   
DSM-5改訂による外傷後ストレス障害(PTSD)の診断の変化(トピック・フォーラムDSM-5改訂により不安障害の診断・臨床はどうなるか−その是非、注意点を中心に−)
金 吉晴
第109回日本精神神経学会学術総会   2013年5月23日   
効果的な災害時精神医療対応に向けて(メインシンポジウム2東日本大震災が精神医療に残したもの−二年が過ぎた今)
金 吉晴
第109回日本精神神経学会学術総会   2013年5月23日   
トラウマ治療の包括的ネットワーク−病態に応じた認知行動療法の確立と連携−(シンポジウム)
金 吉晴
第12回日本トラウマティック・ストレス学会   2013年5月12日   
災害後支援
金 吉晴
第12回日本認知療法学会   2012年11月23日   
(教育セミナー)震災におけるPTSDと心のケア
金 吉晴
第107回日本小児精神神経学会   2012年6月16日   
座談会「学会10年を振り返って」.司会:前田正治(久留米大学医学部精神神経科)発言者:飛鳥井 望,金 吉晴,小西 聖子,加藤 寛.
金 吉晴
第11回日本トラウマティック・ストレス学会   2012年6月10日   
沿岸部被災者の精神的健康に対する生活状況および個人的特性の影響.シンポジウムA-1 被災地における精神保健活動と調査研究のあり方について.
金 吉晴
第11回日本トラウマティック・ストレス学会   2012年6月9日   
心的外傷後ストレス障害(PTSD)の現在とこれから.
金 吉晴
第108回日本精神神経学会学術総会   2012年5月26日   
ストレスとうつ・心のマネジメント
金 吉晴
第25回通常総会記念講演会,社団法人全国放送関連派遣事業協会   2012年5月18日   

社会貢献活動

 
被爆体験者精神影響等調査研究事業の在り方に関する検討会
【その他】
宇宙航空研究開発機構人間を対象とする研究開発倫理審査委員会
【その他】
友愛福祉財団 HIV遺族実態調査検討会
【その他】
災害等派遣(東日本大震災、新潟県中越大震災、和歌山カレー毒物混入事件、池田小学校児童殺傷事件、佐世保銃乱射事件、ペルー大使公邸人質占拠事件、キルギス邦人人質事件等
【助言・指導, 運営参加・支援】