佐藤 裕徳

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/10 16:31
 
アバター
研究者氏名
佐藤 裕徳
 
サトウ ヒロノリ
所属
厚生労働省 国立感染症研究所
部署
病原体ゲノム解析研究センター
職名
主任研究官
学位
理学博士(東京大学)

プロフィール

新興再興ウイルス感染症の基礎・開発研究に従事。易変異性RNAウイルスの生存戦略(感染・増殖・進化)と感染現象(病原性・流行)を構造レベルで理解することがベース。計算科学の解析基盤をハブに、ウイルス学、病原体サーベイランス組織、有機合成化学等の専門家と連携。創薬、ワクチン開発、リスク管理の情報・論理基盤を提供。

研究分野

 
 

経歴

 
2019年
   
 
国立感染症研究所 病原体ゲノム解析研究センター 主任研究官(再任用職員)
 
2005年
   
 
国立感染症研究所 病原体ゲノム解析研究センター 室長
 
1997年
   
 
国立感染症研究所 エイズ研究センタ− 主任研究官
 
1993年
   
 
国立感染症研究所 エイズ研究センタ− 研究員
 
1991年
   
 
NIH NIAID Visiting Associate
 
1989年
   
 
NIH NIAID Merck Postdoctoral Research Fellow
 
1987年
   
 
国立予防衛生研究所 腸内ウイルス部 ヒューマンサイエンス振興財団流動研究員
 

学歴

 
1982年
 - 
1987年
東京大学 理学系大学院 相関理化学専門課程
 
1980年
 - 
1982年
東京大学 教養学部 基礎科学科
 

委員歴

 
2018年
 - 
2019年
文部科学省  感染症研究の推進の在り方に関する検討会委員
 
2019年
   
 
日本医療研究開発機構(AMED)  プログラムオフィサー(戦略的国際共同研究プログラム(SICORP))
 
2018年
   
 
厚生労働省  薬事・食品衛生審議会専門委員
 
2018年
   
 
農林水産省  伝子組換え食品等専門調査会学識経験者
 
2017年
   
 
日本医療研究開発機構(AMED)  プログラムオフィサー(感染症研究革新イニシアティブ(J-PRIDE))
 
2016年
   
 
日本エイズ学会  評議員
 
2007年
 - 
2011年
Microbiology and Immunology  Editor
 
2011年
   
 
Frontiers in Microbiology__  Associate Editor (Virology)
 
2007年
   
 
日本エイズ学会  理事
 
2004年
   
 
日本ウイルス学会  評議員
 

論文

 
Allosteric regulation of HIV-1 capsid structure for Gag assembly, virion production, and viral infectivity by a disordered interdomain linker.
Koma T,_Kotani O, Miyakawa K, Ryo A, Yokoyama M, Doi N, Adachi A,_Sato H, Nomaguchi M.
J Virol.   JVI.00381-19   2019年   [査読有り]
Protein kinase A inhibits tumor mutator APOBEC3B through phosphorylation.
Matsumoto T, Shirakawa K, Yokoyama M, Fukuda H, Sarca AD, Koyabu S, Yamazaki H, Kazuma Y, Matsui H, Maruyama W, Nagata K, Tanabe F, Kobayashi M, Shindo K, Morishita R, Sato H, Takaori-Kondo A.
Sci Rep.   9 8307   2019年   [査読有り]
PIM kinases facilitate lentiviral evasion from SAMHD1 restriction via Vpx phosphorylation.
Miyakawa K, Matsunaga S, Yokoyama M, Nomaguchi M, Kimura Y, Nishi M, Kimura H, Sato H, Hirano H, Tamura T, Akari H, Miura T, Adachi A, Sawasaki T, Yamamoto N, Ryo A.
Nat Commun.   10(1) 1844   2019年   [査読有り]
Acute respiratory infection in human dipeptidyl peptidase 4-transgenic mice infected with Middle East respiratory syndrome coronavirus.
Iwata-Yoshikawa N, Okamura T, Shimizu Y, Kotani O, Sato H, Sekimukai H, Fukushi S, Suzuki T, Sato Y, Takeda M, Tashiro M, Hasegawa H, Nagata N
J. Virol.   93 e01818-18   2019年   [査読有り]
Concomitant Enhancement of HIV-1 Replication Potential and Neutralization-Resistance in Concert With Three Adaptive Mutations in Env V1/C2/C4 Domains
Doi N, Yokoyama M, Koma T, Kotani O, Sato H, Adachi A, Nomaguchi M
Front Microbiol.   10 2   2019年   [査読有り]
Siarot L, Chutiwitoonchai N, Sato H, Chang H, Sato H, Fujino M, Murakami T, Aono T, Kodama E, Kuroda K, Takei M, Aida Y
Biochem Biophys Res Commun.   503 2970-2976   2018年   [査読有り]
Kawata T, Tada K, Kobayashi M, Sakamoto T, Takiuchi Y, Iwai F, Sakurada M, Hishizawa M, Shirakawa K, Shindo K, Sato H, Takaori-Kondo A
Cancer Sci.   109 103-111   2018年   [査読有り]
Nomaguchi M, Doi N, Yoshida T, Koma T, Adachi S, Ode H, Iwatani Y, Yokoyama M, Sato H, Adachi A
Front Microbiol   8 2542   2017年   [査読有り]
Seki S, Nomura T, Nishizawa M, Yamamoto H, Ishii H, Matsuoka S, Shiino T, Sato H, Mizuta K, Sakawaki H, Miura T, Naruse TK, Kimura A, and Matano T
PLoS Pathog.   13 e1006638   2017年   [査読有り]
Yokoyama M, Oka T, Takagi H, Kojima H, Okabe T, Nagano T, Tohya Y,_Sato H
Front Microbiol   8 1383   2017年   [査読有り]

書籍等出版物

 
in silico創薬
佐藤裕徳
技術情報協会   2018年   
Highly mutable animal RNA viruses: adaptation and evolution. edited by Masako Nomaguchi and Akio Adachi
Sato H, Yokoyama M, Nakamura H, Oka T, Katayama K, Takeda N, Noda M, Tanaka T, Motomura K
Frontiers Media SA   2017年   
Genomics and computational science for virus research. edited by Hironori Sato, Masaru Yokoyama, Hiroyuki Toh
Sato H, Yokoyama M, Toh H
Frontiers Media SA   2013年   
食中毒の基礎と臨床 疾患メカニズムから予防まで
佐藤裕徳, 横山 勝, 本村和嗣
日本臨床   2012年   
ヒトノロウイルスの生存戦略
佐藤裕徳
日本ウイルス学会   2010年   

講演・口頭発表等

 
感染症研究と計算科学の橋渡し:病原体の理解と制御に向けて
佐藤裕徳
防菌防黴学会年次大会シンポジウム   2018年   
計算科学と下痢症ウイルス研究の橋渡し
佐藤裕徳
ウイルス性下痢症研究会 特別講演   2018年   
Challenge for bridging virology and computational science
佐藤裕徳
DRP Seminar, NCI, NIH   2018年   
A challenge for bridging virology and computational science
佐藤裕徳
LMM Seminar, NIAID, NIH   2018年   
ウイルス研究と計算科学の融合への挑戦
佐藤裕徳
新学術領域研究班 「ウイルス感染現象における宿主細胞コンピテンシーの分子基盤」ワークショップ   2017年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
HIV Gag 蛋白質の機能と進化能の構造生物学研究に基づく次世代の創薬シーズ創成
日本医療研究開発機構(AMED): エイズ対策実用化研究事業
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 佐藤裕徳
HIV Gag 蛋白質と関連因子の治療標的構造の解明に向けた統合的研究
日本医療研究開発機構: エイズ対策研究事業
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 佐藤裕徳
RNA ウイルスの進化的脆弱性に関する研究
日本学術振興会 科学研究費助成事業: 新学術領域研究
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 佐藤裕徳
HIV の構造、増殖、変異に関する研 究
厚生労働科学研究費補助金: エイズ対策研究事業
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 佐藤裕徳
薬剤耐性 HIV の発生機序とその制御 方法に関する研究
厚生労働科学研究費補助金: エイズ対策研究事業
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 佐藤裕徳

特許

 
特願 2017-253914 : ベンジルアミン化合物並びにその医薬組成物及び抗HIV剤
佐藤 裕徳、横山 勝、玉村 啓和、村上 努、小早川 拓也、金子 萌美