斎藤 成也

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/20 10:27
 
アバター
研究者氏名
斎藤 成也
 
サイトウ ナルヤ
通称等の別名
Sayer
URL
http://www.saitou-naruya-laboratory.org/index.html
所属
国立遺伝学研究所
部署
集団遺伝研究系・集団遺伝研究部門
職名
教授
学位
Ph.D.(テキサス大学(米国)), 博士(理学)(東京大学)
その他の所属
東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻
Twitter ID
https://twitter.com/Saitou_Sayer

プロフィール

科学者;ゲノム進化、人類進化をおもに研究しています。ゆっくり文転したいなあ。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
現在
東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 教授(兼任)
 
2002年4月
 - 
現在
総合研究大学院大学生命科学研究科遺伝学専攻 教授(兼任)
 
2002年3月
 - 
現在
国立遺伝学研究所集団遺伝研究部門 教授
 
1992年10月
 - 
2002年3月
総合研究大学院大学生命科学研究科遺伝学専攻 助教授(併任)
 
1991年1月
 - 
2002年2月
:国立遺伝学研究所進化遺伝研究部門 助教授
 

学歴

 
1982年10月
 - 
1986年9月
テキサス大学ヒューストン校 生物医科学大学院 
 
1981年4月
 - 
1982年9月
東京大学 大学院理学系研究科 人類学専攻 博士課程
 
1979年4月
 - 
1981年3月
東京大学 大学院理学系研究科 人類学専攻 修士課程
 
1977年4月
 - 
1979年3月
東京大学 理学部 生物学科 人類学課程
 
1975年4月
 - 
1977年3月
東京大学 理科Ⅱ類 
 

委員歴

 
2015年1月
 - 
現在
日本遺伝学会  評議員
 
2015年1月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  評議員
 
2014年11月
 - 
現在
日本DNA多型学会  評議員
 
2014年10月
 - 
現在
日本学術会議 第23期   連携会員
 
2014年6月
 - 
現在
遺伝学普及会  業務執行理事
 

受賞

 
2017年7月
日本進化学会 日本進化学会教育啓発賞
 
2015年6月
遠州頌徳会 遺伝学振興会 遺伝学奨励賞
 
2014年10月
ポール・サバティエ大学 名誉博士号
 
2004年
第12回木原記念財団学術賞受賞
 
2013年
木村資生記念学術賞
 

論文

 
Draft genome sequence of Japanese wood mouse, Apodemus speciosus..
Matsunami M., Endo D.,Saitou N., Suzuki H. and Onuma M.
Data in Brief   16 43-46   2018年2月   [査読有り]
Discerning the Origins of the Negritos, First Sundaland People: Deep Divergence and Archaic Admixture.
Jinam T. A., Phipps M. E., Aghakhanian F., Majumder P. P., Datar F., Stoneking M., Sawai H., Nishida N., Tokunaga K., Kawamura S., Omoto K., Saitou N.
Genome Biology and Evolution   9(8) 2013-2022   2017年8月   [査読有り]
Silencing effect of Hominoid highly conserved non-coding sequences on embryonic brain development
Saber M. M. and Saitou N.
Genome Biology and Evolution   9(8) 2122-2133   2017年8月   [査読有り]
DNA analyses of camels
Saitou N. and Shokat S
Journal of Arid Land Studies   26(4) 223-226   2017年5月   [査読有り]
Initial movements of modern humans in East Eurasia
斎藤 成也
New Perspectives in Southeast Asian and Pacific Prehistory   43-50   2017年3月   [査読有り]
Language diversity of the Japanese Archipelago and its relationship with human DNA diversity.
Saitou N. and Jinam T. A.
Man in India   97(1)    2017年1月   [査読有り]
GC Content Heterogeneity Transition of Conserved Noncoding Sequences Occurred at the Emergence of Vertebrates.
Hettiarachchi N. and Saitou N.
Genome Biology and Evolution   8(11) 3377-3392   2016年12月   [査読有り]
A partial nuclear genome of the Jomons who lived 3000 years ago in Fukushima, Japan.
Kanzawa-Kiriyama H., Kryukov K., Jinam T. A., Hosomichi K., Saso A., Suwa G., Ueda S., Yoneda M., Tajima A., Shinoda K., Inoue I., and Saitou N.
Journal of Human Genetics      2016年9月   [査読有り]
Emergence and evolution of Hominidae-specific coding and noncoding genomic sequences.
Saber M. M., Babarinde I. A., Hettiarachchi N., and Saitou N.
Genome Biology and Evolution   8 2076-2092   2016年7月   [査読有り]
Genomic locations of conserved noncoding sequences and their proximal protein-coding genes in mammalian expression dynamics.
Babarinde I. and Saitou N.
Molecular Biology and Evolution   33(7) 1807-1817   2016年6月   [査読有り]

Misc

 
いま学ぶべきこと「ヒトの遺伝学:ヒトゲノムと遺伝病」-ヒトの遺伝について何がわかっているか
斎藤 成也
生物の科学 遺伝   71(3) 244-248   2017年5月
ゲノム配列とゲノム規模SNPデータが解明する現生人類の進化
斎藤 成也
生物の科学 遺伝   70(6) 460-464   2016年11月
血液型の新常識
斎藤 成也 協力
Newton別冊   164-169   2016年8月
最新DNA研究と縄文人
斎藤 成也
みんなの縄文プラス   (224)    2016年5月
むかしのクニの名前は短かったのでは?
斎藤 成也
歴史研究   636 10-11   2015年11月
DNAから見た出雲人の起源
斎藤 成也
東京いずもふるさと会   (9) 16   2015年8月
ゲノムから解き明かす進化
五條堀孝・斎藤成也・高畑尚之・宮田隆 協力
ニュートン別冊 ゲノム進化論      2015年7月   [依頼有り]
古代ゲノムでたどる人類史 第2回 遺伝情報からアウト・オブ・アフリカをたどる
斎藤 成也
細胞工学 秀潤社   34(6) 606-609   2015年6月   [依頼有り]
南方熊楠の進化論
斎藤 成也
Kotoba 集英社   (19) 92-95   2015年3月   [依頼有り]
日本列島人の由来
斎藤 成也
朝日新聞社出版 地球46億年の旅   (43)    2014年12月
全ゲノムSNPデータからみた日本列島人集団の歴史.
斎藤 成也
医学のあゆみ   248(11) 76-77   2014年3月
ミトコンドリアDNAから解明された人類アフリカ起源説
斎藤 成也
日本医事新報   4665 70-71   2013年9月
ENCODE計画論文の問題点
斎藤 成也
生物の科学 遺伝   67(3) 275-278   2013年
クマグスとボク
斎藤成也
科学 2013   83(8) 903-905   2013年
斎藤成也
Anthropological Science   117(1) 1-9   2009年
集団遺伝学を中心とする遺伝子進化の研究
斎藤成也
生物の科学 遺伝   63(4) 44-50   2009年
霊長類の種内変異を解析するためのPCRプライマーデータベースPrim-Primの開発とその応用
斎藤成也,鈴木留美子,河合洋介,石田貴文
DNA多型   17 63-65   2009年
国立遺伝学研究所以外の共著者あり
斎藤成也
霊長類研究 Primate Res.   24 213-220   2009年
中立進化論が生物進化の基本になるまで. 特集『木村資生が拓いた分子進化学の40年』
斎藤成也
総研大ジャーナル   15 3-5   2009年
遺伝子から見た人間進化.特集『ダーウィンは「人間」をどう考えたか』
Saitou, N.
科学   (12月号) 1338-1343   2008年

書籍等出版物

 
2017年読者アンケート
斎藤 成也
みすず   2018年2月   
わたしの 「もったいない語」辞典
斎藤 成也 (担当:分担執筆, 範囲:私淑)
中央公論新社編   2018年1月   
がん不均一性を理解し、治療抵抗性に挑む
斎藤 成也 (担当:分担執筆, 範囲:個人の一生におけるがんゲノムの進化)
実験医学増刊   2018年1月   
学問をしばるもの
斎藤 成也 (担当:分担執筆, 範囲:日本人起源論研究をしばってきたものごと)
思文閣出版   2017年10月   
核DNA解析でたどる 日本人の源流
斎藤 成也
河出書房新社   2017年10月   

講演・口頭発表等

 
ゲノム時代の生物進化研究とは [招待有り]
斎藤 成也
日本動物学会北海道支部 第579回支部講演会   2018年4月27日   
日本列島人はどこから来たのか〜先端科学DNA解析でさぐる〜 [招待有り]
斎藤 成也
オムロン文化フォーラム   2018年4月22日   
Genome diversity is central to natural history studies [招待有り]
斎藤 成也
The 1st AsiaEvo Conference   2018年4月19日   
日本人の起源と成立~核DNAの膨大なデータから~ [招待有り]
斎藤 成也
NHK文化センター町田教室   2018年4月14日   
核ゲノムデータからみた日本列島人の源流と成立 [招待有り]
斎藤 成也
明治大学博物館友の会の古代東北アジアと日本研究会   2018年4月3日   
DNAから見た日本人の源流 [招待有り]
斎藤 成也
福井県立越前古窯博物館   2018年3月30日   
Phylogeny construction from nucleotide sequence data [招待有り]
斎藤 成也
School of Public Health   2018年3月17日   
Swift neighbor-joining method for massive genome sequence data [招待有り]
斎藤 成也
the Inaugural Annual Schull Institute Conference   2018年3月17日   
ヒトゲノム情報の革命がもたらした日本列島人史研究の新展開 [招待有り]
斎藤 成也
機構合同シンポジウム「人文知による情報と知の体系化 ~ 異分野融合で何をつくるか ~」   2018年2月26日   
Toward genome sequencing of dugong
斎藤 成也
第二回ジュゴンに関する国際シンポジウムin鳥羽   2018年2月22日   
いのちをつなぐDNAとゲノム [招待有り]
斎藤 成也
第22回静岡健康・長寿学術フォーラム   2017年11月24日   
世界初!核DNA抽出に成功〜三貫地貝塚の人骨は語る [招待有り]
斎藤 成也
福島県立博物館 秋の企画展「発掘ふくしま4〜土中の声に耳をすませば〜」記念講演会   2017年11月23日   
出アフリカ後における現代人のゲノム進化
斎藤 成也
日本人類遺伝学会神戸大会   2017年11月18日   
First Sundaland People and their relationship with Denisovan and East Asian [招待有り]
斎藤 成也
The Landscape of Genetic Variants in Asian Founder Populations - from Near to Far East   2017年11月11日   
Distance Matrix Methods for Reconstruction of Population History [招待有り]
斎藤 成也
Mahalanobis D2 and Later Developments in Understanding Population Relationships & Structure   2017年11月7日   
日本列島中央部における「うちなる二重構造」
斎藤 成也
第71回日本人類大会   2017年11月3日   
ゲノムと人間の進化 [招待有り]
斎藤 成也
グランシップ文化講座"ゲノムと人間の未来"   2017年10月28日   
進化ゲノム学と系統推定 [招待有り]
斎藤 成也
第207回農林交流センターワークショップ 分子系統樹推定法:理論と応用   2017年10月25日   
Three migration wave model for explaining formation of Japonesian, people living on Japanese Archipelago [招待有り]
斎藤 成也
Mini-workshop on mathematical modeling of human migration and range expansion   2017年10月19日   
進化研究を中心とした自然史博物館の構想
斎藤 成也
日本学術会議 統合生物学委員会 進化学分科会 シンポジウム「進化学と自然史博物館」   2017年9月30日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
遺伝子の進化
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2009年

社会貢献活動

 
会議等主催
【その他】  斎藤成也  国立遺伝学研究所研究会「遺伝子と意識をつなぐ」  (東京)  2006年6月24日
中立進化論の現在
【その他】  斎藤成也  国立遺伝学研究所研究集会  (三島市)  2008年7月28日
戦争と人類学
【その他】  斎藤成也  日本学術会議自然人類学分科会  (東京)  2008年9月28日
日本DNA多型学会第19回学術集会
【その他】  斎藤 成也  日本DNA多型学会第19回学術集会  (三島市)  2010年11月18日
会議等主催
【その他】  斎藤 成也  SMBE 2011 Kyoto  (京都)  2011年7月26日
国立遺伝学研究所以外との共同開催あり

その他

 
2015年7月
神奈川学園高等学校にて「ABO血液型」について講演
2005年
氏名:、コメント:バイオインフォマティクス講座第五回「バイオデータの解析」
2005年
氏名:、コメント:IBIC遺伝子多様性モデル解析事業部門会議にて「チンパンジーとヒトのSNP比較」について講演
2005年
氏名:、コメント:山梨県立甲府南高等学校のサイエンスフロンティアフォーラムにて「ゲノムからたどる人間の進化」について講演
2005年
氏名:、コメント:海洋研究開発機構にて「哺乳類を中心とした比較ゲノム解析によるヒトへの進化過程の研究」について講演