坂井 隆志

J-GLOBALへ         更新日: 09/07/24 00:00
 
アバター
研究者氏名
坂井 隆志
 
サカイ タカシ
URL
http://mms1.ier.tokushima-u.ac.jp/e/index2.html
所属
徳島大学
部署
疾患酵素学研究センター 病態システム酵素学研究部門
職名
准教授
学位
博士(医学)(京都大学(日本))

研究分野

 
 

経歴

 
1994年
   
 
 京都大学医学部附属病院検査部医員
 
1995年
   
 
 日本学術振興会特別研究員(COE)
 
1996年
   
 
 徳島大学酵素科学研究センター助手
 
1997年
   
 
 徳島大学分子酵素学研究センター助手
 
2001年
   
 
 徳島大学分子酵素学研究センター助教授
 

学歴

 
 
 - 
1994年
京都大学大学院 医学研究科 生理系
 
 
 - 
1990年
筑波大学 医学専門学群 
 

委員歴

 
 
   
 
日本生化学会  正会員
 
 
   
 
日本分子生物学会  正会員
 

受賞

 
2004年
日本生化学会 JB論文賞
 
2004年
康楽賞(財団法人康楽会)
 

Misc

 
Mapping of the nu gene using congenic nude strains and in situ hybridization
Takahashi Y, Shimizu A, Sakai T, Endo Y, Osawa N, Shisa H, Honjo T
Journal of Experimental Medicine   175 873-876   1992年
Tamura K, Taniguchi Y, Minoguchi S, Sakai T, Tun T, Furukawa T, Honjo T
Current Biology   5(12) 1416-1423   1995年
Disruption of the mouse RBP-Jk gene results in early embryonic death
Oka C, Nakano T, Wakeham A, Pompa JL, Mori C, Sakai T, Okazaki S, Kawaichi M, Shiota K, Mak TW, Honjo T
Development   121 3291-3301   1995年
Epstein-Barr virus nuclear antigen 2 exerts its transactivating function through interaction with recombination signal binding protein RBP-Jk, the homologue of Drosophila Suppressor of Hairless
Zimber-Strobl U, Strobl LJ, Meitinger C, Hinrichs R, Sakai T, FurukawaT, Honjo T, Bornkamm GW
EMBO Journal   13(20) 4973-4982   1995年
Loss of Immunostaining of the RBP-Jκ Transcription Factor upon F9 Cell Differentiation Induced by Retinoic Acid
Sakai T, Furukawa T, Iwanari H, Oka C, Nakano T, Kawaichi M, Honjo T
Journal of Biochemistry   118(3) 621-628   1995年

講演・口頭発表等

 
転写因子RBP-JκによるNotch Receptorの下流シグナル.
第18回日本分子生物学会年会 (名古屋)   1995年   
シグナル伝達分子RBP-Jκを介したEBNA2の転写活性.
がん重点ワークショップ EBウィルスとヒトがん (東京)   1996年   
心臓で発現される新規嗅覚受容体類似分子の解析.
第20回日本分子生物学会年会. (京都).   1997年   
胚性腫瘍細胞を用いた分化制御因子群の同定の試み.
第71回日本生化学会大会 (名古屋)   1998年   
哺乳動物細胞を用いた、発生分化に関与する遺伝子単離の試み.
第74回日本生化学会大会 (京都)   2001年   

競争的資金等の研究課題

 
新規循環調節因子の機能と情報伝達に関する分子生物学的研究 酵素遺伝子の組織特異的遺伝子発現調節
研究期間: 1996年   
新規アポトーシス制御分子ヌクリングの機能解析
科学研究費補助金
研究期間: 1999年 - 2017年

特許

 
新規アポトーシス誘導蛋白質およびそれをコードする遺伝子
2001-326784