坂 紀邦

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/14 21:14
 
アバター
研究者氏名
坂 紀邦
 
サカ ノリクニ
所属
愛知県農業総合試験場
学位
博士(農学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

論文

 
TYLCV感染性クローンを利用した簡易接種法による抵抗性トマト系統の選抜.
鈴木良地・加藤政司・福田至朗・大藪哲也・坂 紀邦
園学研   18(4) 363-371   2019年10月   [査読有り]
愛知県におけるシソモザイク病の発生実態の解明と防除体系の現地実証.
恒川健太・堀川英則・市川耕治・武山桂子・鈴木良地・坂 紀邦
関西病虫研報   61 91-98   2019年2月   [査読有り]
愛知県のウメ輪紋病発生地域における有翅アブラムシ類のウイルス保毒状況.
堀川英則・伊藤涼太郎・永井裕史・小出哲哉・坂 紀邦・石川博司・鈴木杏子・大野 徹・加藤晋朗・三宅律幸.
樹木医学研究   22(3) 147-151   2018年6月   [査読有り]
Ferrigenium kumadai gen. nov., sp. nov., a microaerophilic ironoxidizing bacterium isolated from a paddy field soil.
A. Khalifa, Y. Nakasuji, N. Saka, H. Honjo, S. Asakawa,
Int J Syst Evol Microbiol   68 2587-2592   2018年4月   [査読有り]
愛知県内の主要トマト3産地から採取したタバココナジラミバイオタイプQ に対する主要薬剤の殺虫効果.
石川博司・鈴木杏子・大野 徹・坂 紀邦
関西病虫研報   60 117-120   2018年4月   [査読有り]
Detection of Fomitiporia torreyae and Fulviformes umbrinellus by multiplex loop-mediated isothermal amplification (mLAMP) for diagnosis of Japanese pear dwarf.
S. Fukuta, H. Nagai, R. Suzuki, Y. Matsumoto, S. Kato, N. Saka, H. Horikawa, S. Kato, N. Miyake.
Ann Appl Biol   170 170-178   2017年3月   [査読有り]
R. Asiloglu , H. Honjo, N. Saka, S. Asakawa, J. Murase
Soil Science and Plant Nutrition   61(5) 1-8   2015年6月   [査読有り]
いもち病抵抗性遺伝子Pi9を導入したコシヒカリ準同質遺伝子系統「コシヒカリ関東BL1号」の育成.
常松浩史, 安東郁男, 根本 博, 春原嘉弘, 加藤 浩, 平林秀介, 竹内善信, 前田英郎, 佐藤宏之, 田中淳一, 池ヶ谷智仁, 太田久稔, 石井卓朗, 出田 収, 平山正賢, 杉田左江子, 安藤 露, 坂 紀邦, 永吉嘉文, 安田伸子, 小林伸哉, 後藤明俊, 黒木 慎, 井辺時雄
作物研究所研報   15 75-93   2015年3月
C. M. Wainaina, Y. Inukai, P. W. Masinde, E. M. Ateka, H. Murage, M. Kano‐Nakata, Y. Nakajima, T. Terashima, Y. Mizukami, M. Nakamura, T. Nonoyama, N. Saka, S. Asanuma, A. Yamauchi, H. Kitano, J. Kimani, D. Makihara
Journal of Agronomy and Crop Science   201(6) 461-472   2015年2月   [査読有り]
S. Fukuta, T. Tsuji, R. Suzuki, T. Shimizu, Y. Matsumoto, N. Saka, N. Miyake, K. Ito, K. Kataoka, H. Hashizume, S. Kawahara, T. Yoshida, T. Nonoyama, Y. Nakajima, I. Asami
Molecular Breeding,   35(1)(42) 1-8   2015年1月   [査読有り]
Shuichi Fukuoka, Norikuni Saka, Yuko Mizukami, Hironori Koga, Utako Yamanouchi, Yosuke Yoshioka, Nagao Hayashi, Kaworu Ebana, Ritsuko Mizobuchi, Masahiro Yano
Scientific Reports   5 doi:10.1038/srep07773   2015年1月   [査読有り]
米の外観品質・食味研究の最前線〔30〕イネ育種におけるいもち病圃場抵抗性と良食味特性との結合
坂 紀邦・福岡修一
農業および園芸   89(1) 107-115   2014年1月
水稲品種「みねはるか」の愛知県平坦部における高温登熟性の実態調査
本庄弘樹・坂 紀邦・伴 佳典・杉浦直樹・杉浦和彦・谷 俊男
愛知農総試研報   45 27-35   2013年12月
R. Takahashi, N. Saka, H. Honjo, S. Asakawa, M. Kimura
Soil Science and Plant Nutrition   59(3) 331-336   2013年6月   [査読有り]
K. Hori, T. Kataoka, K. Miura, M. Yamaguchi, N. Saka, T. Nakahara, Y. Sunohara, K. Ebana, M. Yano
Breeding Science   62 223-234   2012年9月   [査読有り]
複数の栽培環境におけるイネいもち病圃場抵抗性遺伝子pi21 の収量性に対する影響
坂 紀邦・冨田 桂・永野邦明・片岡知守・安東郁男・永吉嘉文・中込弘二・山口誠之・前田英郎・佐藤宏之・石井卓郎・寺島竹彦・水上優子・福岡修一
育種学研究   14 77-82   2012年6月   [査読有り]
S. Fukuoka, R. Mizobuchi, N. Saka, S. Ivan, T. Matsumoto, K. Okuno, M. Yano
Theor Appl Genet   125 551-559   2012年5月   [査読有り]
愛知県中山間地域における水稲品種「みねはるか」の標高の違いによる生育・収量特性
坂 紀邦・伊藤 晃・伊藤幸司・寺島竹彦
愛知農総試研報   43 151-156   2011年12月
いもち病高度圃場抵抗性と極良食味特性を併せ持つ水稲新品種「中部125号」の育成.
坂 紀邦・福岡修一・寺島竹彦・工藤悟・城田雅毅・安東郁男・杉浦和彦・佐藤宏之・前田英郎・遠藤征馬・加藤博美・井上正勝
愛知農総試研報   42 171-183   2010年12月
遺伝資源利用による日本型水稲への有用形質導入に関する育種法の研究.
坂 紀邦
愛知農総試特報   16 1-50   2010年12月   [査読有り]
S. Fukuoka, N. Saka, H. Koga, K. Ono, T. Shimizu, K. Ebana, N. Hayashi, A. Takahashi, H. Hirochika, K. Okuno, M. Yano.
Science   325 998-1001   2009年8月   [査読有り]
T.Terashima, S. Fukuoka, N. Saka, S. Kudo
Plant Breeding   127 485-489   2008年10月   [査読有り]
加工適性に優れた水稲紫黒糯の新品種「峰のむらさき」
坂 紀邦・寺島竹彦・工藤 悟・加藤恭宏・杉浦和彦・遠藤征馬・城田雅毅・井上正勝・大竹敏也
愛知農総試研報   39 111-120   2007年12月
いもち病高度圃場抵抗性を有する水稲新品種「みねはるか」
坂 紀邦・寺島竹彦・工藤 悟・加藤恭宏・杉浦和彦・遠藤征馬・城田雅毅・井上正勝・大竹敏也
愛知農総試研報   39 95-109   2007年12月
N. Saka, T. Tsuji, T. Toyama, M. Yano, T. Izawa, T. Sasaki.
Plant Breeding   125(4) 140-143   2006年8月   [査読有り]
杉浦和彦・坂 紀邦・工藤 悟
日作紀   74(1) 30-35   2005年4月   [査読有り]
杉浦直樹・辻 孝子・藤井 潔・加藤恭宏・坂 紀邦・遠山孝通・早野由里子・井澤敏彦
育種学研究   6 143-148   2004年9月   [査読有り]
温暖地中山間における水稲の葉いもち圃場抵抗性基準品種の選定.
杉浦和彦, 坂 紀邦, 大竹敏也, 工藤 悟
東海作物研究   132 1-6   2003年12月   [査読有り]
坂 紀邦・大谷和彦・朱宮昭男
育種学研究   2 141-145   2000年9月   [査読有り]
藤井 潔・早野由里子・杉浦直樹・林 長生・坂 紀邦・遠山孝通・井澤敏彦・朱宮昭男
育種学研究   1 203-210   1999年12月   [査読有り]
N. Saka and T. Izawa
Plant Production Science   2 136-137   1999年6月   [査読有り]
水稲直播用品種の育成に関する研究(第4報)根の太さを指標とした幼苗検定
坂 紀邦・大水 洋・井澤敏彦・小島 元
愛知農総試研報   30 47-55   1998年12月
水稲トビイロウンカ抵抗性品種育成のための大量検定法
坂 紀邦・辻 孝子・井澤敏彦
愛知農総試研報   29 11-18   1997年12月
炊飯特性「ヨード呈色度」を利用した水稲良食味系統の選抜
坂 紀邦・井上正勝
愛知農総試研報   29 19-25   1997年12月
水稲直播用品種の育成に関する研究(第3報) 水稲湛水直播栽培に適する品種特性と愛知98号の育成
坂 紀邦・朱宮昭男・加藤恭宏・工藤 悟・藤井 潔・伊藤俊雄・遠山孝通・杉浦直樹・釈 一郎・中嶋泰則・井澤敏彦・香村敏郎・小島 元
愛知農総試研報   28 11-22   1996年12月
水稲主要品種及び愛知山間育成系統のいもち病抵抗性と良食味特性
坂 紀邦・井上正勝・伊藤幸司・林 元樹・中嶋泰則
愛知農総試研報   27 23-31   1995年12月
水稲葯培養のための簡易葯摘出法
坂 紀邦・井上正勝・小島 元
愛知農総試研報   27 33-40   1995年12月
水稲いもち病圃場抵抗性「強系統」の選定
坂 紀邦・井上正勝・中嶋泰則
愛知農総試研報   26 17-26   1994年12月
終夜照明がダイズの育成・収量に及ぼす影響の品種間差異
坂 紀邦・伊藤俊雄・朱宮昭男
愛知農総研報   19 86-93   1987年12月

Misc

 
イネいもち病抵抗性遺伝子pi21 の発見とそれを利用した育種
福岡修一・坂 紀邦
植物防疫   67(4) 214-218   2013年4月
新しいいもち病抵抗性遺伝子pi21の発見と育種利用.
福岡修一, 坂 紀邦
農林水産技術研究ジャーナル   33 7-9   2010年3月
ゲノム情報を利用していもち病抵抗性と極良食味特性を結合した水稲新品種「中部125号」.
坂 紀邦, 福岡修一, 安東郁男, 寺島竹彦
ブレインテクノニュース   137 35-38   2010年1月
愛知県における中山間地域の条件を生かした高付加価値化型の水稲品種開発と利用 
坂 紀邦・寺島竹彦
農業技術   65(4/5) 166-170   2010年5月
いもち病圃場抵抗性極強と良食味特性を併せ持つ水稲新品種「みねはるか」の育成.
坂 紀邦
米麦改良   23-27   2009年5月
ゲノム育種による効率的品種育成技術の開発―ゲノム育種技術の開発と実証―「戦捷」由来の抵抗性遺伝子を使った同質遺伝子系統の育成(GB1004-3) .
坂 紀邦
農林水産省農林水産技術会議事務局. 研究成果   472 60-63   2009年2月
いもち病に対する農薬防除を省略できる高度圃場抵抗性水稲品種「みねはるか」の育成.
坂 紀邦
農業技術   64(8) 335-340   2009年8月
イネのいもち病抵抗性に関するDNAマーカーを利用した育種法の開発(1804). DNAマーカーによる効率的な新品種育種システムの開発. 
坂 紀邦・加藤恭宏・遠藤征馬
農林水産省農林水産技術会議事務局. 研究成果   460 75-78   2008年12月
愛知県農業総合試験場山間農業研究所における水稲育種
坂 紀邦・工藤 悟・杉浦和彦・奥田 強・寺島竹彦
農気東海誌   61 27-30   2003年3月
米国カリフォルニア及びテキサス・ルイジアナ州における最近の稲育種研究
坂 紀邦
日作東海支部報   43‐47    1995年12月

書籍等出版物

 
米の外観品質・食味 -最新研究と改善技術-
坂 紀邦・福岡修一 (担当:分担執筆, 範囲:第8 章いもち病圃場抵抗性と良食味特性を結合する育種法)
養賢堂出版, 東京   2018年2月   
指定試験事業80周年記念誌
坂 紀邦 (担当:共著, 範囲:愛知県農業総合試験場山間農業研究所水稲育種試験地.)
農林水産技術会議事務局, 東京   2008年3月   
Genetic dissection of resistance to rice blast for rice germplasm enhancement.
Proc. of 10th International Congress of SABRAO. Tsukuba, Japan.   2005年8月   
Analysis of green rice leafhopper (GRLH)- and green leafhopper (GLH)-resistant cultivars using DNA markers linked to the GRLH-resistance gene Grh3.
Proc. of 10th International Congress of SABRAO. Tsukuba, Japan.   2005年8月   
Agronomic performance of the NILs of rice with QTLs for blast field resistance derived from upland rice cultivar Sensho through marker-aided selection.
Proc. of 10th International Congress of SABRAO. Tsukuba, Japan.   2005年8月   
Rice is life;scientific perspectives for 21st century
IRRI, Manila, Philippines.   2004年11月   
イネ育種マニュアル「穂いもち抵抗性‐温暖地・中山間部激発地利用法-」
養賢堂出版, 東京   1996年2月   

講演・口頭発表等

 
Development of DNA-Marker-Aided Selection Technology for Rice Blast Field Resistance Derived from Rice Cultivar Sensho.
Crop Science Seminar in East Asia   2008年6月   
Genetic and Molecular Dissection of Quantitative Resistance to Blast Pathogen in Rice.
Crop Science Seminar in East Asia   2008年6月   
Molecular Cloning Of A QTL, pi21, Controlling Field Resistance To Blast In Rice
Plant & Animal Genomes XV Conference   2007年1月   
Molecular Cloning and Gene Pyramiding of QTLs Controlling Field Resistance to Blast in Rice.
The 4th International Rice Blast Conference   2007年10月   
Marker-assisted pyramiding of field resistance genes Pb1, pi21 and Pi39 in rice.
5th International Rice Genetics Symposium   2006年10月   
Map-based cloning and gene pyramiding of QTLs controlling field resistance to blast in Japanese upland rice.
5th International Rice Genetics Symposium   2006年10月   
Agronomic performance of the NILs of rice with QTLs for blast field resistance derived from upland rice cultivar Sensho through marker-aided selection.
10th International Congress of SABRAO   2005年8月   
Analysis of green rice leafhopper (GRLH)- and green leafhopper (GLH)-resistant cultivars using DNA markers linked to the GRLH-resistance gene Grh3.
10th International Congress of SABRAO   2005年8月   
Genetic dissection of field resistance to blast found in a Japanese upland rice variety.
10th International Congress of SABRAO   2005年8月   
Evaluating near-isogenic lines with the QTLs for field resistance to rice blast from upland rice cultivar Sensho through marker-aided selection.
World rice conference   2004年11月   
History for 69 years, present situation and the future of the breeding of rice blast resistance in Aichi Agricultural Research Center.
3rd International Rice Blast Conference   2002年11月   
Introduction of rice blast resistance derived from upland rice cultivar Senshou into the varieties with good eating quality based on QTL analysis
3rd International Rice Blast Conference   2002年11月   

特許

 
出願中 : 稲「中部138号」
種苗法品種登録第24365号 : 稲「峰の星」
種苗法品種登録第23200号 : 稲「こはるもち」
種苗法品種登録第21836号 : 稲「ともほなみ」
種苗法品種登録第20434号 : 稲「きぬはなもち」
イネのツマグロヨコバイ耐虫性を識別するための方法
特開平11-103893
イネのトビイロウンカ抵抗性の検定方法、DNA断片及びPCRマーカー
特開平11-206376 (2964233)
ツマグロヨコバイ抵抗性遺伝子とその利用
特開2007-252265

その他

 
2014年   水稲品種「みねはるか」の愛知県平坦部における高温登熟性の実態調査
https://www.ondanka-net.jp/index.php?category=measure&view=detail&article_id=954
2009年   最先端技術の成果は「舌」で決める イネゲノムと「中部125号」「浮きイネ」(その2) 武田徹氏著
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20091113/209645/
2009年   最先端技術の成果は「舌」で決める イネゲノムと「中部125号」「浮きイネ」(その1) 武田徹氏著
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20091113/209688/