坂上 吉一

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 02:46
 
アバター
研究者氏名
坂上 吉一
 
サカガミ ヨシカズ
所属
近畿大学
部署
農学部 環境管理学科
職名
教授
学位
薬学博士(岐阜薬科大学)

研究キーワード

 
 

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
近畿大学農学部 環境管理学科 教授
 
1974年4月
 - 
2005年3月
- 大阪府立公衆衛生研究所勤務 
 

学歴

 
 
 - 
1974年
岐阜薬科大学 薬学部 
 

委員歴

 
2015年6月
 - 
現在
日本防菌防黴学会  会長
 
2015年3月
 - 
現在
(非営利法人独)奈良県HACCP研究会  理事長
 
2012年3月
 - 
現在
奈良県食品安全・安心懇話会  奈良県食品安全・安心懇話会委員
 
2005年6月
 - 
現在
日本防菌防黴学会  Editor-in-chief of Biocontrol Science
 

受賞

 
1991年
日本防菌防黴学会 研究奨励賞(1991年5月)
 

論文

 
稲森善彦, 坂上 吉一, 森田泰弘, 岡部敏弘, 石田名香雄
Biocontrol Science   11(2) 49-54   2006年6月
中尊寺国宝金色堂につながる不可思議
稲森善彦, 坂上 吉一, 森田泰弘, 岡部敏弘, 石田名香雄
AROMA RESEARCH AROMA RESEARCH   28(7) 310-317   2006年7月
クリニカルパス使用患者の増加と抗菌薬感受性の推移の関係について
坂上 吉一, 藤田敬子, 吉中葉子, 正木浩代, 坂上嘉浩, 田中恵美子, 脇條康哲, 岡田倫之
日本病院薬剤師会雑誌   46(10) 1343-1347   2010年10月
従来より薬剤師は,院内感染対策チーム(ICT)活動の中で年度ごとの抗菌薬別使用状況を集計していたが,診療科別の使用状況の把握は十分ではなかった。今回,診療科別の抗菌薬処方実績を集計し,使用薬剤感受性の推移について調査した。特定の抗菌薬を使用し続けると,耐性菌が出現する可能性が高まると言われている。当センターの平成20年度入院患者のクリニカルパス(以下,パス)適応率は82.9%であった。パス適応患者が多くなると各診療科で使用する抗菌薬は固定化される。使用実績が多い診療科においてその薬剤感受性...

Misc

 
坂上 吉一
27(10) 938-941   2013年10月   [査読有り]
Biofilm-forming Activity of Bacteria Isolated from Toilet Bowl Biofilms and Bactericidal Activity of Disinfectant against Their Isolates
坂上 吉一
18(3) 175-181   2013年9月   [査読有り]
Carotenoids in Marine Invertebrates Living in Kuroshio Current Coast
坂上 吉一
9(5) 1419-1427   2011年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
新GMP微生物試験法」第2版
坂上 吉一 (担当:分担執筆)
じほう   2013年9月   
食・健康の高安全化-殺菌、滅菌、消毒、不活化、有害物除去技術-
坂上 吉一 (担当:分担執筆)
S&T出版   2013年9月   
第16改正 図説 日本薬局方微生物試験法の手引き
坂上 吉一 (担当:監修)
文教出版   2012年2月   
微生物胞子―制御と対策―
坂上 吉一 (担当:監修)
(株)サイエンスフォーラム   2011年4月   
Combating Fungal Infections, 5. Antifungal drugs mode of action and recent development
坂上 吉一 (担当:分担執筆)
2010年8月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
大和川水系における病原微生物の動態に関する研究
研究期間: 2005年 - 2007年