立松 健一

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/19 17:15
 
アバター
研究者氏名
立松 健一
 
タテマツ ケンイチ
URL
http://www.nro.nao.ac.jp/~kt/html/
所属
自然科学研究機構
部署
国立天文台 野辺山宇宙電波観測所
職名
教授
学位
理学博士(名古屋大学), 理学修士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1990年
 日本学術振興会特別研究員
 
1990年
 - 
1992年
 国立天文台野辺山宇宙電波観測所研究員
 
1992年
 - 
1994年
 米国テキサス大学Postdoctoral Fellow
 
1994年
 - 
1995年
 茨城大学助手
 
1995年
 - 
2007年
 国立天文台助教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
名古屋大学 理学研究科 宇宙理学専攻
 
 
 - 
1985年
京都大学 理学研究科 宇宙物理学専攻
 
 
 - 
1983年
京都大学 理学部 
 

委員歴

 
1999年
 - 
2002年
日本天文学会  会計理事
 

Misc

 
CO Observations of the S147/S153 Complex Associated with the SNR G109.1-1.0
Publ. Astron. Soc. Japan   37 345-358   1985年
Molecular Clouds in the Vicinity of the Semicircular Supernova Remnant G109.1-1.0
Astron. and Astrophys.   184 279-283   1987年
Radio Polarization of the Semicircular Supernova Remnant G109.1-1.0
Publ. Astron. Soc. Japan   39 755-760   1987年
A Further Study of the Molecular Cloud Associated with the Supernova Remnant G109.1-1.0
Astrophys. J.   351 157-164   1990年
The Interaction of the Supernova Remnant HB 21 with the Interstellar Medium: CO, H I, and Radio Continuum Observations
Astron. and Astrophys.   237 189-200   1990年

書籍等出版物

 
天文の事典
朝倉書店   2003年   ISBN:978-4254150155
天文学大事典
地人書館   2007年   ISBN:978-4805207871

競争的資金等の研究課題

 
星形成、星間物質、サブミリ波天文学、電波天文学
巨大分子雲の観測的研究
巨大分子雲をミリ波サブミリ波で観測し、星形成や物理的化学的進化を研究する。