林 慎一

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/06 03:12
 
アバター
研究者氏名
林 慎一
 
ハヤシ シンイチ
eメール
shinmed.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/e7474f97f33a407bc1655c411df07b60.html
所属
東北大学
部署
大学院医学系研究科・医学部 保健学専攻 基礎検査医科学講座 分子機能解析学分野
職名
教授
学位
理学博士(九州大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1981年3月
九州大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2006年9月
 - 
現在
日本分子疫学研究会  評議員
 
2006年9月
 - 
現在
ホルモンと癌研究会  評議員
 
2006年9月
 - 
現在
日本生殖内分泌学会  評議員
 
2006年9月
 - 
現在
日本ステロイドホルモン学会  理事
 
2006年9月
 - 
現在
日本乳癌学会  評議員
 

論文

 
Tokuda ESeino YArakawa ASaito MKasumi FHayashi SYamaguchi Y
Breast Cancer Res.   133 427-436   2012年2月   [査読有り]
Kataoka MYamaguchi YMoriya YSawada NYasuno HKondoh KEvans DBMori KHayashi S
Oncology Reports   27 303-310   2012年1月   [査読有り]
Sex steroid hormones in pairs of tumor and serum from breast cancer patients and pathobiological role of androstene-3β,17β-diol.
Honma NSaji SHirose MHoriguchi SKuroi KHayashi SUtsumi THarada N
Cancer Science   1848-1854   2011年11月   [査読有り]
Onoda AUeno TUchiyama SHayashi SKato KWake N
Food Chem Toxicol   49(9) 2279-2284   2011年9月   [査読有り]
Dennis MKField ASBurai RRamesh CPetrie WKBologa CGOprea TIYamaguchi YHayashi SSklar SLAHathaway HJArterburn JBProssnitz ER
J steroid Biochem Mol Biol   358-366   2011年7月   [査読有り]

Misc

 
Tokuda ESeino YArakawa ASaito MKasumi FHayashi S Yamaguchi Y
CCR   1   2012年11月
Sex steroid hormones in pairs of tumor and serum from breast cancer patients and pathobiological role of androstene-3β,17β-diol. (Cancer science)
Honma NSaji SHirose MHoriguchi SKuroi KHayashi SUtsumi THarada N
Cancer science   1   2012年11月
「分子標的治療〜骨転移に対する特異的治療法開発の可能性」 (CLINICAL CALCIUM・特集「がんと骨の遭遇」)
林 慎一、花村 徹
CLINICAL CALCIUM・特集「がんと骨の遭遇」   21(3) 53-60   2011年11月
エストロゲン受容体の転写活性調節 (最新医学「乳癌‐基礎と臨床の架け橋」6月増刊号)
林 慎一
最新医学「乳癌‐基礎と臨床の架け橋」6月増刊号   1353-1363   2010年6月
Hayashi Shin-ichi, Niwa Toshifumi, Yamaguchi Yuri
Cancer Sci   100(10) 1773-1778   2009年10月

書籍等出版物

 
「がん生物学イラストレイテッド」
渋谷正史、湯浅保仁 ed. 林 慎一 (担当:共著, 範囲:「ホルモン」, 60-67)
羊土社   2011年7月   
みんなに役立つ乳癌の基礎と臨床
戸井雅和 ed. 笹野公伸, 上野貴之, 三木義男, 加藤茂明, 他 (担当:共著, 範囲:ホルモン依存性増殖の分子機構, 53-63)
医薬ジャーナル社   2009年7月   
Reproductive Oncology
Jiro Fujimoto ed. Angelo Gadducci, Stefania Cosio, Andrea Riccard Genezzani, 他 (担当:共著, 範囲:Biosynthesis and Action of Estrogen in Gynecological Cancers, 93-120)
Research Sighpost   2007年9月   
Reproductive Oncology
Jiro Fujimoto ed. Shin-ichi Hayashi Takashi Suzuki Kiyoshi Ito Mituyo Matsumoto Hironobu Sasano Nobuo Yaegashi (担当:共著, 範囲:Biosynthesis and action of estrogen in gynecological cancers, 93-120)
Research Signpost   2007年6月   
予防医学事典
松島綱治、酒井敏行、石川昌、稲寺秀邦 ed. 林 慎一 (担当:共著, 範囲:ホルモン依存性癌, 189-191)
朝倉書店   2005年4月   

講演・口頭発表等

 
アロマターゼ阻害剤耐性機序の多様性と治療戦略の基礎
林慎一
第20回日本乳癌学会学術総会   2012年6月28日   
ER遺伝子のPromoter Usage・エピゲノム制御とER陽性乳癌個別化
樋口徹、郷野辰幸、長友隆将、堀口淳、竹吉泉、林慎一
第20回日本乳癌学会学術総会   2012年6月28日   
ホルモン療法耐性細胞と癌幹細胞性の検討
佐藤望、伊藤貴子、田中美穂、田澤智香、森谷卓也、平川久、山口ゆり、林慎一
第20回日本乳癌学会学術総会   2012年6月28日   
Androgenシグナル抑制によるAI剤耐性機構
花村徹、丹羽俊文、遠藤恵、郷野辰幸、山口ゆり、黒住昌史、武井寛幸、伊藤研一、林慎一
第20回日本乳癌学会学術総会   2012年6月28日   
癌幹細胞性によるLuminal型乳癌の新たな個別化
伊藤貴子、佐藤望、田澤智香、山口ゆり、森谷卓也、平川久、林慎一
第20回日本乳癌学会学術総会   2012年6月28日   

その他

 
2009年4月   乳癌組織におけるCHIPエピゲノム状態の解析と乳癌幹細胞の同定・単離
乳癌組織におけるCHIPエピゲノム状態の解析と乳癌幹細胞の同定・単離
2008年4月   エストロゲン依存性腫瘍の癌特異的微小環境への喫煙の影響
エストロゲン依存性腫瘍の癌特異的微小環境への喫煙の影響
2007年4月   癌の新しい診断技術の開発と治療効果予測の研究
癌の新しい診断技術の開発と治療効果予測の研究
2007年4月   バイオマーカーを導入した原発性乳癌の集学的治療アルゴリズムの構築と意思決定過程の定式化に関する研究
バイオマーカーを導入した原発性乳癌の集学的治療アルゴリズムの構築と意思決定過程の定式化に関する研究
2004年4月   長期予後を規定する乳癌ホルモン療法の効果予測因子とモニター因子の探索
長期予後を規定する乳癌ホルモン療法の効果予測因子とモニター因子の探索