基本情報

所属
東北大学 大学院農学研究科・農学部 資源生物科学専攻 家畜生産機能開発学寄附講座 教授
学位
農学博士(東北大学)

J-GLOBAL ID
200901056400057536

外部リンク

研究キーワード

  6

論文

  142

MISC

  85

書籍等出版物

  14
  • 鈴木啓一(担当:共著, 範囲:第10章(肉量・肉質の評価と制御、5,.肉質の制御(4)遺伝と肉質(298頁~299頁))
    養賢堂  2015年1月9日 (ISBN: 9784842505312) 
  • 鈴木啓一, 纐纈雄三, 高田良三, 入江正和, 伊東正吾, 小林栄治, 渡辺一夫, 矢原芳博, 大井宗孝, 押田敏雄, 種村健太郎, 佐藤衆介(担当:共編者(共編著者), 範囲:第1章(ブタの起源と改良の歴史)1頁~9頁、第3章(ブタの特徴)26頁~31頁、第10章(ブタの育種改良)116頁~137頁)
    朝倉書店  2014年3月10日 (ISBN: 9784254455021) 
  • 池田修平(担当:共著, 範囲:経営Q6 総産子数を安定して維持する秘訣を教えてください(155頁-159頁))
    日本畜産振興会  2014年3月10日 
  • 鈴木啓一
    中央畜産会  2013年6月27日 
  • 鈴木啓一他(担当:共著, 範囲:豚肉の魅力の原点、おいしさについて考える、8頁-13頁)
    日本食肉消費総合センター  2011年3月 

講演・口頭発表等

  57

社会貢献活動

  14

メディア報道

  4

その他

  30
  • 2014年4月 - 2014年4月
    特長のある黒毛和種銘柄牛肉を対象として試食パネルテストを行い、さらに牛肉サンプルの網羅的メタボロミクス解析を実施し、牛肉の美味しさにかかわる指標を探索する
  • 2014年1月 - 2014年1月
    宮城県では約2万トンのワカメが生産されるが、ワカメ加工残渣物も年間4千トン以上と多く、生産者にとって生産拡大を進める上で残渣物の処理対策が大きな障害となっている。一方、ワカメなど褐藻類の乾燥粉末は豚用飼料に添加給与すると、飼料効率向上、免疫能活性化、腸内大腸菌の抑制効果のあることが報告されている。そこで、含水率の高いワカメ加工残渣物を低温除湿乾燥法とKDS装置を用いた低エネルギー・低コストで乾燥・粉砕する技術を実証する。加えて、ワカメ加工残渣物成分の化学成分、飼料添加した際の飼料効率改善効果、腸内微生物叢への影響と免疫能活性化などを調査し、抗菌性添加物に依存しない効率的肉豚生産を実証する。
  • 2012年4月 - 2012年4月
    マイコプラズマ性肺炎に対する抵抗性、ワクチン接種後の抗体応答等の免疫能を選抜により向上させたブタの集団(肺炎抵抗性による選抜:宮城県畜産試験場・ランドレース種系統豚ミヤギノL2;免疫能による選抜:日本ハム大ヨークシャー種集団)等を用いて、免疫能に影響を与えていると考えられるゲノム領域の多様性解析を行うとともに、高肺炎抵抗性・高免疫能群の豚について、相互、あるいは一般豚との交配を行い、抗病性や免疫能とゲノム領域との関係や、免疫能の肺炎・下痢等の疾病や各種病原体に対する応答との関連についての解析をin vitro・in vivoの両者で行う。
  • 2012年4月 - 2012年4月
    民間種豚場の大ヨークシャー種集団から得られた産子数データを用い、連鎖解析およびSNPアレイによる全ゲノム相関解析等を行うことにより、一腹当たり産子数に関連するゲノム領域の探索を行う。候補領域については新規SNPを開発し、ファインマッピングを行う。候補遺伝子について多型解析を行い、一腹当たり産子数との相関解析を行い、育種に有効なDNAマーカーを開発する。
  • 2012年4月 - 2012年4月
    アスコフィラムノドサムやワカメなどの褐藻類を豚への飼料に添加給与することにより、豚の免疫能活性化、腸内微生物層への影響、肉質への影響を検討することにより、海藻の飼料添加物としての有効性を明らかにする。