鈴木 樹理

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/26 15:42
 
アバター
研究者氏名
鈴木 樹理
 
スズキ ジュリ
所属
京都大学
部署
霊長類研究所 附属人類進化モデル研究センター
職名
助教授
学位
博士(獣医学)(東京大学)

学歴

 
 
 - 
1983年
東京大学大学院 農学系研究科 獣医学
 
 
 - 
1979年
帯広畜産大学 畜産学部 獣医学科
 

論文

 
Identification and structure of an MHC class I-encoded protein with the potential to present N-myristoylated 4-mer peptides to T cells.
Yamamoto Y, Morita D, Shima Y, Midorikawa A, Mizutani T, Suzuki J, Mori N, Shiina T, Inoko H, Tanaka Y, Mikai B and Sugita M
Journal of Immunology   May(1)    2019年5月   [査読有り]
Hepatic Neuroendocrine Carcinoma in a Japanese Macaque (Macaca fuscata).
Hirata A, Miyamoto Y, Kaneko A, Sakai H, Yanai T, Miyabe-Nishiwaki T, Suzuki J
Journal of Medical Primatology   48(2) 137-140   2019年   [査読有り]
Experimental infection of Japanese macaques with simian retrovirus 5.
Koide R, Yoshikawa R, Okamoto M, Sakaguchi S, Suzuki J, Isa T, Nakagawa S, Miura T, Miyazawa T
J Gen.Virology   100(2) 266-277   2019年   [査読有り]
Developmental trajectory of the corpus callosum from infancy to the juvenile stage: comparative MRI between chimpanzees and humans.
PLoS ONE, 2017 June 27   12(6) e0179624   2017年6月   [査読有り]
ホモロジーの概念を用いた組織画像解析法.
中根和昭、小野英理、鈴木樹理、澤野俊憲、稲垣忍
実験医学   35(5) 746-751   2017年3月   [査読有り]
Primates   58(1) 93-101   2017年1月   [査読有り]
Hepatocellular carcinoma with intracranial metastasis in a Japanese macaque (Macaca fuscata).
Journal of Medical Primatology   46(3) 93-100   2017年   [査読有り]
Nishimura T, Mori F, Hanida S, Kumahata K, Ishikawa S, Samarat K, Miyabe-Nishiwaki T, Hayashi M, Tomonaga M, Suzuki J, Matsuzawa T and Matsuzawa T
PLOS Computation Biology   12(3) e1004807   2016年3月   [査読有り]
Yamanashi Y, Teramoto M, Morimura N, Hirata S, Suzuki J, Hayashi M, Kinoshita K, Murayama M and Idani G
MethodsX   3 110-117   2016年1月   [査読有り]
Morita D, Yamamoto Y, Mizutani T, Ishikawa T, Suzuki J, Igarashi T, Mori N, Shiina T, Inoko H, Fujita H, Iwai K, Tanaka Y, Mikai B and Sugita M
Nature Communications   7 10356   2016年1月   [査読有り]
Yoshida T, Takemoto H, Sakamaki T, Tokuyama N, Hart J, Hart T, Dupain J, Cobden A, Mulavwa M, Kawamoto Y, Kaneko A, Enomoto Y, Sato E, Kooriyama T, Miyabe-Nishiwaki T, Suzuki J, Saito A, Okamoto M, Tomonaga M, Matsuzawa T, Furuichi T, Akari H
Frontiers in microbiology   7 1262   2016年   [査読有り]
Mori F, Hanida S, Kumahata K, Miyabe-Nishiwaki T, Suzuki J, Matsuzawa T and Nishimura T
Journal of Experimental Biology   218 (Pt 15) 2394-2401   2015年8月   [査読有り]
Behavioral sleep of captive owl monkey (Aotus lemurinus) in Amami Oshima,
Sri Kantha S, Kuraishi T, Hattori S, Ishida T, Kiso Y, Kai C and Suzuki J
International Medical Journal   22(6) 521-524   2015年   [査読有り]
Primatological studies by medicine Nobel laureates.
Sri Kantha S and Suzuki J
Current Science   109(4) 810-813   2015年   [査読有り]
Behavioral sleep in normal males and females of Japanese macaque (Macaca fuscata) plus vasectomized or castrated males.
Suzuki J, Sri Kantha S and Nagata K
International Medical Journal   22(2) 76-79   2015年   [査読有り]
Ono E, Suzuki J and Ishida T
Folia Primatologica   86 178-186   2015年   [査読有り]
Hirata A, Hashimoto K, Katoh Y, Sakai H, Bruce G A, Rose T M, Kaneko A, Suzuki J, Nikami H, and Yanai T
Veterinary Pathology      2014年9月   [査読有り]
Watanabe Y, Uenoyama Y, Suzuki J, Takase K, Suetomi Y, Ohkura S, Inoue N, Maeda K.-I. and Tsukamura H
Journal of Neuroendocrinology   26 910-918   2014年   [査読有り]
In vitroとin vivoにおけるマカク歯髄幹細胞の細胞特性.
筒井 健夫; 鈴木 樹理; 筒井 健機
口腔組織培養学会誌   23(2) 19-27   2014年   [査読有り]
K. Matsubayashi; S. Gotoh; J. Suzuki
Primates   27(1) 125-135   1986年   [査読有り]
Y. Matsumoto; M. Yamada; T. Tegoshi; Y. Yoshida; S. Gotoh; J. Suzuki; K. Matsubayashi
Parasitology Research   73(4) 324-327   1987年   [査読有り]
K. Matsubayashi; G. Watanabe; K. Taya; Y. Katakai; S. Sasamoto; J. Suzuki; M. Nozaki
Biology of Reproduction   44(5) 822-826   1991年   [査読有り]
K. Ôta; Y. Makino; M. Kimura; J. Suzuki
Primates   32(1) 35-48   1991年   [査読有り]
Suppression of ovarian activity during the breeding season in suckling Japanese monkey (Macaca fuscata)
K.-I. Maeda; H. Tsukamura; S. Ohkura; T. Kanaizuka; J. Suzuki
Journal of Reproduction and Fertility   92(2) 371-375   1991年   [査読有り]
Serological features of infection with an Epstein-Barr-virus-like agent in Japanese macaques (Macaca fuscata).
T. Ishida; J. Suzuki; K. Yamamoto
Folia Primatologica   61(4) 228-233   1993年   [査読有り]
Preliminary report on the short stature of Southeast Asian forest dwellers, the Manni, in southern Thailand: Lack of an adolescent spurt in plasma IGF-I concentration
T. Ishida; J. Suzuki; P. Duangchan; W. Settheetham-Ishida
Southeast Asian Journal of Tropical Medicine and Public Health   29(1) 62-65   1998年   [査読有り]
Y. Hamada; S. Hayakawa; J. Suzuki; S. Ohkura
Primates   40(3) 439-452   1999年7月   [査読有り]
J. Suzuki; S. Ohkura; S. Hayakawa; Y. Hamada
Journal of Reproduction and Development   46(3) 157-166   2000年   [査読有り]
J. Suzuki; S. Gotoh; N. Miwa; K. Terao; H. Nakayama
Journal of Medical Primatology   29(2) 88-94   2000年4月   [査読有り]
栄養による生殖機能の制御-飼育下ニホンザルの性成熟過程に関する縦断的研究から-
大蔵 聡;鈴木 樹理;早川 清治;濱田 穣
Anthropological science. Japanese series : journal of the Anthropological Society of Nippon : 人類學雜誌   108(2) 145-147   2001年1月   [査読有り]
J. Suzuki; N. Miwa; K. Kumazaki; M. Abe; Y. Kamanaka; N. Matsubayashi; S. Gotoh; K. Matsubayashi
Journal of Veterinary Medical Science   63(4) 361-366   2001年4月   [査読有り]
J. Suzuki; T. Ishida
Journal of Medical Primatology   30(3) 174-178   2001年6月   [査読有り]
K. Kawakami; M. Tomonaga; J. Suzuki
Primates   43(1) 73-85   2002年   [査読有り]
T. Kageyama; A. Ogasawara; R. Fukuhara; Y. Narita; N. Miwa; Y. Kamanaka; M. Abe; K. Kumazaki; N. Maeda; J. Suzuki; S. Gotoh; K. Matsubayashi; C. Hashimoto; A. Kato; N. Matsubayashi
Journal of Medical Primatology   31(3) 129-135   2002年   [査読有り]
形態学的及び内分泌学的手法によるサル類の成長研究-吉田論文へのコメント-
鈴木樹理
心理学評論 45(3): 288-295      2002年   [査読有り]
時系列解析によるニホンザル体重の季節的変動
濱田穣・早川清治・鈴木樹理・大蔵聡
平成11-13年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(1))研究成果報告書「ニホンザルに見られる季節性機序の解明」:31-47      2002年   [査読有り]
ニホンザル(Macaca fuscata)における精巣サイズと乳首サイズの年齢変化と季節性:縦断的分析と横断的分析
濱田穣・鈴木樹理・大蔵聡・早川清治
平成11-13年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(1))研究成果報告書「ニホンザルに見られる季節性機序の解明」:49-55      2002年   [査読有り]
Development of the brain in baby chimpanzees
Mikami A., Matsui M., Nishimura T., Tanaka M., Tomonaga M., Matsuzawa T., Suzuki J., Kato A., Matsubayashi K., Goto S., Hashimoto C.
The Federation of Asian-Oceanian Neuroscience Societies (Aug. 2002, Seoul, Korea).      2002年   [査読有り]
J. Suzuki; S. Ohkura; K. Terao
Journal of Medical Primatology   31(6) 340-344   2002年12月   [査読有り]
K. Uchida; A. Suzuki; Y. Kobayashi; D.L. Buchanan; T. Sato; H. Watanabe; Y. Katsu; J. Suzuki; K. Asaoka; C. Mori; K. Arizono; T. Iguchi
Journal of Health Science   48(6) 579-582   2002年12月   [査読有り]
Y. Shimizu; J. Suzuki; K. Terao; T. Ishida
Mechanisms of Ageing and Development   124(2) 237-244   2003年   [査読有り]
M. Kondo; H. Kishi; C. Kojima; W. Jin; J. Suzuki; K. Shimizu; M. Itoh; S. Ohkura; H. Tsukamura; K.-I. Maeda; G. Watanabe; K. Taya
Zoo Biology   22(1) 65-76   2003年   [査読有り]
ちびっこチンパンジー:発達の障害とケア
松沢哲郎, 熊崎清則, 前田典彦, 後藤俊二, 鈴木樹理, 加藤朗野, 松林清明, 友永雅己
科学 73 (10): 1174-1175      2003年   [査読有り]
ダイオキシン類のサル女性器官の遺伝子発現におよぼす影響の解析
飯田景子, 釜中慶朗, 鈴木樹理, 安田峯生, 久保田俊一郎, 渡辺邦夫, 浅岡一雄
平成14年度科学研究費補助金(特定領域研究(1))研究成果報告書: 282-283      2003年   [査読有り]
Body fat and its seasonality in Japanese Macaques (Macaca fuscata).
Hamada Y., Hayakawa S., Suzuki J., Watanabe K., Ohkura S.
Mammal Study 28: 79-88.      2003年   [査読有り]
J. Suzuki; A. Kato; N. Maeda; C. Hashimoto; M. Uchikoshi; T. Mizutani; C. Doke; T. Matsuzawa
Primates   44(3) 273-280   2003年7月   [査読有り]
H. Trisomboon; S. Malaivijitnond; J. Suzuki; Y. Hamada; G. Watanabe; K. Taya
Journal of Reproduction and Development   50(6) 639-645   2004年   [査読有り]
Growth and development in adolescent Japanese Macaques (Macaca fuscata) .
Hamada Y., Hayakawa S., Chatani K., Suzuki J., Prossinger H.
Vth Congress of the Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology (Mar. 2004, 奈良, 日本) Trends In Comparative Endocrinology (ed. by Oishi T., Tsutsui K., Tanaka S., and Kikuyama S.) : 98-100.      2004年   [査読有り]
Development of the brain structures in chimpanzee infants
Mikami, A.; Nishimura, T.; Miwa, T.; Matsui, M.; Tanaka, M.; Tomonaga, M.; Matsuzawa, T.; Suzuki, J.; Kato, A.; Matsubayashi, K.; Goto, S.; Hashimoto, C.
FOLIA PRIMATOLOGICA   75 303-303   2004年   [査読有り]

Misc

 
ニホンザルにおける口腔扁平上皮癌の1例
宮部貴子、平田曉大、兼子明久、宮本陽子、石上暁代、山中淳史、酒井洋樹、柳井徳麿、鈴木樹理
第27回サル疾病ワークショップ      2018年7月
ニホンザルの肝臓に発生した神経内分泌腫瘍の1例
宮本陽子、兼子明久、平田曉大、石上暁代、宮部貴子、酒井洋樹、柳井徳麿、中村克樹、鈴木樹理
第27回サル疾病ワークショップ      2018年7月
膵島アミロイド沈着による2型糖尿病を発症したボンネットモンキーの1例
石上暁代、兼子明久、平田曉大、酒井洋樹、柳井徳麿、鈴木樹理
第27回サル疾病ワークショップ      2018年7月
チンパンジーのくも膜下出血の1例
兼子明久、平田曉大、宮部貴子、石上暁代、山中淳史、林美里、友永雅己、酒井洋樹、柳井徳麿、鈴木樹理
第27回サル疾病ワークショップ      2018年7月
京都大学霊長類研究所におけるチンパンジーの健康診断
兼子明久、山中淳史、石上暁代、前田典彦、宮部貴子、林美里、友永雅己、鈴木樹理
第20回SAGAシンポジウム      2017年11月
集団飼育マカクの寄生虫駆除への取り組み
石上暁代、兼子明久、前田典彦、森本真弓、橋本直子、愛洲星太郎、山中淳史、夏目尊好、鈴木樹理
第26回サル疾病ワークショップ      2017年7月
京都大学霊長類研究所における50年間のマカク死因調査と今後の展望
兼子明久、石上暁代、山中淳史、宮部貴子、鈴木樹理
第26回サル疾病ワークショップ      2017年7月
ニホンザルの臨床病理学的特徴
兼子明久、渡邉朗野、山中淳史、石上暁代、齋藤波子、鈴木樹理
第19回野生動物医学会      2013年8月
チンパンジーにおける鼻腔の生理学的機能に関する数値流体力学的研究
西村剛, 森太志, 埴田翔, 熊畑清, 石川滋, 鈴木樹理, 宮部貴子, 林美里, 友永雅己, 松沢哲郎, 松澤照男
第15 回SAGA シンポジウム (2012/11/17-18, 札幌市立大学, 札幌円山動物園)      2012年   [査読有り]
慢性化膿性硬化症骨髄炎のニホンザルの1例
渡邉朗野, 兼子明久, 宮部貴子, 鈴木樹理, 藤原玲奈, 磯和弘一
第18回日本野生動物医学大会 (2012/08/24, 十和田).      2012年   [査読有り]
渡邉朗野,兼子明久,宮部貴子,西脇弘樹,鈴木樹理,磯和弘一
第27回日本霊長類学会大会 (2011/07/16-18, 犬山市)      2011年   [査読有り]
チンパンジーにおける毛中コルチゾル測定
山梨裕美,森村成樹,森裕介,林美里,鈴木樹理
第14回SAGAシンポジウム (2011/11/12-13, 熊本)      2011年   [査読有り]
体毛により指に絞扼創を生じたニホンザル乳児の症例.Digit strangulation by hair wrapping in infant Japanese macaques (Macaca fuscata)
兼子明久,渡邉朗野,須田(橋本)直子,鈴木樹理
第17回日本野生動物医学会 (2011/09/29-10/02, 東京)      2011年   [査読有り]
チンパンジーとヒトにおける大脳の発達過程:ヒトの脳の進化的基盤の理解に向けて
酒井朋子,松井三枝,中務真人,友永雅己,三上章允,鈴木樹理,濱田穣,田中正之,宮部貴子,巻島美幸,松沢哲郎
日本赤ちゃん学会第11回学術集会 (2011/05/07-08, 中部学院大学)      2011年   [査読有り]
チンパンジーの大脳組織の発達過程はヒトの脳進化を理解する上での新たな洞察を与える
酒井朋子,松井三枝,Malkova L,三上章允,中務真人,友永雅己,鈴木樹理,濱田穣,田中正之,宮部貴子,巻島美幸,松沢哲郎
第65回日本人類学会大会 (2011/11/04-06, 那覇市)      2011年   [査読有り]
血小板減少症ニホンザルとサルレトロウイルス4 型との関係性に関する解析
吉川禄助,佐藤英次,岡本宗裕,鈴木樹理,吉田友教,宮沢孝幸
第17 回日本野生動物医学会大会、東京、2011 年9 月29 日―10 月2 日      2011年   [査読有り]
ニホンザルの子宮頸部平滑筋肉腫の一例
渡邉朗野,兼子明久,宮部貴子,鈴木樹理,磯和弘一
第19回サル疾病ワークショップ(相模原).(2010/07/03)      2010年   [査読有り]
チンパンジー乳児の脳成長様式はヒトの脳進化を理解する上での重要な手掛かりになる―縦断的MRI 研究からの考察.
酒井朋子, 三上章允, 平井大地, 鈴木樹理, 濱田穣,友永雅己, 田中正之, 宮部-西脇貴子, 巻島美幸,中務真人, 松沢哲郎
第64回日本人類学会大会 (2010/10, 伊達).      2010年   [査読有り]
Brain development in chimpanzees: A longitudinal MRI study.
Sakai T, Mikami A, Hirai D, Nishimura T, Suzuki J, Hamada Y, Tomonaga M, Tanaka M, Miyabe T, Nakatsukasa M, Matsuzawa T
5th International Inuyama Comparative Social Cognition Symposium (2009/12, 犬山, 京都大学霊長類研究所).      2009年   [査読有り]
ニホンザルにおける肝細胞癌の一例
渡邉朗野, 兼子明久, 西脇弘樹, 宮部貴子, 鈴木樹理
第18回サル疾病ワークショップ (2009/07/04, 相模原)      2009年   [査読有り]
ボトリオミセス症を発症したサルの2例
兼子明久, 渡辺朗野, 西脇弘樹, 宮部貴子, 鈴木樹理, 磯和弘一
第18回 サル疾病ワークショップ (2009/07/04, 相模原)      2009年   [査読有り]
酒井朋子, 三上章允, 西村剛, 平井大地, 濱田穣, 鈴木樹理, 宮部貴子, 友永雅己, 田中正之, 松沢哲郎
第25回日本霊長類学会大会 (2009/07, 各務原).      2009年   [査読有り]
Maturation of the amygdala in chimpanzees.
Sakai T, Mikami A, Nishimura T, Toyoda H, Matsuzawa T, Tomonaga M, Tanaka M, Hamada Y, Suzuki J, Miyabe T
The 2nd International Symposium of the Global COE Project (2008/11, Kyoto).      2008年   [査読有り]
Longitudinal Growth Study on non-human Primates.
Hamada Y, Hayakawa S, Suzuki J
第62回日本人類学会大会 (2008/11, 名古屋).      2008年   [査読有り]
Development of brain and temporalis in chimpanzees First step: Development of brain in chimpanzees.
Sakai T, Mikami A, Nishimura T, Toyoda H, Miwa T, Matsui M, Tanaka M, Tomonaga M, Matsuzawa T, Suzuki J, Kato A, Matsubayashi K, Goto S, Miyabe T.
(2008)The 1st International Symposium of the Global COE Project “from Genome to Ecosystem” (2008/03, Kyoto).      2008年   [査読有り]
チンパンジー乳幼児の扁桃体の発達
酒井朋子, 三上章允, 西村剛, 豊田浩士, 松沢哲郎, 友永雅己, 田中正之, 濱田穣, 鈴木樹理, 宮部貴子
第62回日本人類学会大会 (2008/11, 名古屋).      2008年   [査読有り]
脊髄炎を発症したチンパンジーの褥瘡治癒にいたるまで
伊藤康代, 宮部貴子, 兼子明久, 西脇弘樹, 渡邉朗野, 渡邉祥平, 前田典彦, 熊崎清則, 森本真弓, 鈴木樹理
第11回SAGAシンポジウム (2008/11, 東京).      2008年   [査読有り]
酒井朋子, 三上章允, 西村剛, 豊田浩士, 田中正之, 友永雅己, 松沢哲郎, 鈴木樹理, 渡邊朗野, 松林清明, 後藤俊二, 宮部貴子
第23回日本霊長類学会大会 (2007/07, 彦根)      2007年   [査読有り]
宮部貴子, 森本真弓, 鈴木樹理, 室山泰之, 鈴村崇文, 冠地富士男, 田中洋之, 早川清治, 濱田穣
第23回霊長類学会 (2007/07, 彦根)      2007年   [査読有り]
Origins of smile and laughter: Two intensive longitudinal case studies.
Kawakami K., Takai-Kawakami K., Tomonaga M., Suzuki J., Kusada F., Okai T.
XVth Biennial International Conference on Infant Studies (Jun. 2006, Kyoto, Japan).      2006年   [査読有り]
飼育下のサルの病気と健康管理
鈴木樹理
京都大学霊長類研究所・第5回東京公開講座「ラボからフィールドまで」 (2006年9月, 東京)      2006年   [査読有り]
京都大学霊長類研究所における ケタミン麻薬指定に対する取り組み
宮部貴子, 兼子明久, 渡邉朗野, 鈴木樹理, 松林清明
第2回霊長類医科学フォーラム(2006年12月, 茨城).      2006年   [査読有り]
鈴木樹理, 後藤俊二, 加藤朗野, 兼子明久, 森本真弓, 熊崎清則, 前田典彦, 松林清明, 松沢哲郎, 磯和弘一
第22回霊長類学会大会 (2006年7月, 吹田) 霊長類研究 22(Supplement): S-29      2006年   [査読有り]
三上章允, 西村剛, 三輪隆子, 松井三枝, 田中正之, 友永雅己, 松沢哲郎, 鈴木樹理, 加藤朗野, 松林清明, 後藤俊二, 橋本ちひろ
第22回日本霊長類学会大会 (2006年7月, 吹田) 霊長類研究 22(Suppl.): S-30      2006年   [査読有り]
Growth and aging in Japanese macaques (*Macaca fuscata*): trunk length and bone mineral content.
Hamada, Y., Chatani, K., Hayakawa, S., Newell-M, L., Suzuki, J.
(2005) 第59回日本人類学会大会シンポジウム2 “Growth, Aging and Motor Performance” (Nov. 2005, Yokohama, Japan) Anthropological. Science 113(3): 310.      2005年   [査読有り]
微笑の起源(5)
川上清文, 高井清子, 友永雅己, 鈴木樹理, 日下冨美代, 岡井崇
日本発達心理学会第16回大会 (2005年3月, 神戸).      2005年   [査読有り]
ニホンザルの発達にともなうHorsley-Clarke座標系における脳の移動と成長
大石高生, 松田圭司, 肥後範行, 杉田陽一, 鈴木樹理, 高橋俊光
第21回日本霊長類学会 (2005年7月, 倉敷) 霊長類研究 21, suppl.: 100.      2005年   [査読有り]
‘空中通路’導入によるテナガザルの捕獲時負傷事故の防止
打越万喜子, 鈴木樹理, 加藤朗野, 前田典彦, 兼子明久
第8回SAGAシンポジウム (2005年11月, 大阪).      2005年   [査読有り]
ニホンザルのストレス評価のためのカルレティキュリンELISA法の確立
東濃篤徳, 米澤敏, 鈴木樹理, 景山節
日本動物学会第76回大会 (2005年10月, つくば)Zoological Science22:1502. .      2005年   [査読有り]
ニホンザルのストレス評価のためのcalreticulin (Crt) ELISA法の確立
東濃篤徳, 米澤敏, 鈴木樹理, 景山節
第21回日本霊長類学会大会 (2005年7月, 倉敷)霊長類研究21(Supplement):32 .      2005年   [査読有り]
ちびっこチンパンジー
熊崎清則, 前田典彦, 加藤朗野, 鈴木樹理, 山内志乃, 兼子明久, 後藤俊二, 松沢哲郎
(第48回)ピコの思い出. 科学 75(12)      2005年   [査読有り]
T. Nishimura; A. Mikami; J. Suzuki; T. Matsuzawa
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   102(44) 16120-   2005年   [査読有り]
Phylogenic characteristics of genes expressed in macaque monkeys and the Application for ecotoxicogenomics of dioxin disorder.
Asaoka K., Iida H., Kamanaka Y., Suzuki J., Wakita M., Watanabe K., Mori C., Inouye M., Kubota S.
(2004)第77回日本生化学会大会 ( 2004年10月, 横浜).      2004年   [査読有り]
ニホンザルの胎生初期に高頻度で発現している遺伝子群の網羅的解析
浅岡一雄, 飯田景子, 釜中慶朗, 鈴木樹理, 西村剛, 脇田真清, 渡辺邦夫
第20回日本霊長類学会年会 (2004年7月, 犬山)      2004年   [査読有り]
チンパンジーにおける喉頭嚢の成長.
西村剛, 三上章允, 鈴木樹理, 加藤朗野, 熊崎清則, 前田典彦, 田中正之, 友永雅己, 松沢哲郎
第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月, 犬山) 霊長類研究 20(Sup. ): 13-14.      2004年   [査読有り]
磁気共鳴画像法を用いた幼若ニホンザルの脳発達の解析.
大石高生, 松田圭司, 鈴木樹理
第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月, 犬山) 霊長類研究 20(Supplement):21-22.      2004年   [査読有り]
T. Nishimura; A. Mikami; J. Suzuki; T. Matsuzawa
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   100(12) 6930-6933   2003年6月   [査読有り]
Comprehensive analysis of gene expression in monkey tissues and development of DNA microarray for the detection of environmental chemical affection.
Asaoka K., Iida H., Suzuki J., Nishimura T., Wakita M., Ohba M., Okamura H., Kubota S.
The 5th International Workshop on Advanced Genetics (Jun. 2003, Yokohama, Japan) Abstracts : p.119.      2003年   [査読有り]
Gene expression resemblance between Macaca monkey and human, and its application for environmental toxicogenomics.
Asaoka K., Iida H., Kamanaka Y., Nishimura T., Wakita M., Suzuki J., Watanabe K., Ishikawa Y., Kawashima S., Mori C., Yasuda M., Kubota S.
Fifth AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (Oct. 2003, Kyoto, Japan) AIMECS 03 Abstracts : p.179.      2003年   [査読有り]
cDNA cloning and microarray development of genes expressed in Macaca monkey embryo
Asaoka K., Iida H., Kamanaka Y., Suzuki J., Watanabe K., Mori C., Ishikawa Y., Kawashima S.
The 5th International Workshop on Advanced Genetics (Jun. 2003, Yokohama, Japan) Abstracts : pp.120.      2003年   [査読有り]

書籍等出版物

 
動物福祉の現在
鈴木 樹理 (担当:分担執筆, 範囲:第5章第3節 生理的評価)
農林統計出版   2015年   
霊長類の成長に関する内分泌学的研究
鈴木樹理 (担当:分担執筆)
「霊長類進化の科学」 (京都大学霊長類研究所編) p.361-371 京都大学学術出版会   2007年   
サルにもストレスはありますか?
鈴木樹理 (担当:分担執筆)
「新しい霊長類学「人を深く知るための100問100答」」 (京都大学霊長類研究所編) p.235-238 講談社   2009年   
サル類の疾病カラーアトラス
吉川泰弘、宇根有美、小野文子、後藤俊二、鈴木樹理、他
社団法人予防衛生協会   2011年   

講演・口頭発表等

 
Behavioral sleep in geriatric squirrel monkeys (Saimiri boliviensis) in Amami Oshima, Japan.
Suzuki J, Sri Kantha S, Kuraishi T, Hattori S, Kiso Y, Kai C
9th International Conference on Conservation Medicine “One Health in Asia-Pacific”.   2016年   
マカクを中心とした様々な飼育環境下での日常観察 [招待有り]
鈴木 樹理
第19回予防衛生協会セミナー   2015年12月5日   
サルレトロウイルス4型プロウイルス陽性非発症ニホンザルの解析
佐藤英次、兼子明久、齋藤暁、山中淳史、鈴木樹理、渡邉朗野、吉田友教、吉川禄助、宮沢孝幸、明里宏文、岡本宗裕
第157回日本獣医学会学術集会   2014年   
サルレトロウイルス4型持続感染ニホンザルにおける免疫学的役割の解明
佐藤英次、兼子明久、齋藤暁、山中淳史、鈴木樹理、渡邉朗野、吉田友教、吉川禄助、齋藤波子、牧野瀬恵美子、道家由美子、塩澤裕子、安江美雪、森本真弓、宮沢孝幸、明里宏文、岡本宗裕
第61回日本ウイルス学会学術集会   2013年11月   
Epidemiological analyses of SRV-4 infection in Japanese macaques (Macaca fuscata).
Suzuki J, Morimoto M, Akari H, Yoshida T, Okamoto M
6th Asian Meeting on Zoo and Wildlife Medicine / Conservation in Singapore   2013年10月   
ニホンザルにおけるサルレトロウイルス4型の臓器特異性の調査
佐藤英次、鈴木樹理、渡邉朗野、兼子明久、吉川禄助、吉田友教、山中淳史、齋藤暁、齋藤波子、坂口翔一、明里宏文、宮沢孝幸、岡本宗裕
第156回日本獣医学会学術集会   2013年9月   
ニホンザルの特徴的な感染症SRV-4
鈴木 樹理、明里 宏文 、岡本 宗裕 、吉田 友教、森本 真弓 、宮沢 孝幸 、吉川 禄助
第22回サル類疾病ワークショップ   2013年7月   
ニホンザルの臨床病理学的背景
兼子明久、鈴木樹理
第22回サル類疾病ワークショップ   2013年7月   
Developmental patterns of chimpanzee cerebral tissues provide important clues for understanding the remarkable enlargement of the human brain.
T. Sakai; M. Matsui; A. Mikami; L. Malkova; Y. Hamada; M. Tomonaga; J. Suzuki; M. Tanaka; T. Miyabe-Nishiwaki; H. Makishima; M. Nakatsukasa; T. Matsuzawa
Proceedings. Biological sciences / The Royal Society   2013年   
大型類人猿における人獣共通感染症の抗体スクリーニング方法の開発
吉田友教, 宮部貴子, 郡山尚紀, 竹元博幸, 生駒智子, 渡邉朗野, 兼子明久, 渡邉祥平, 齊藤暁, 早川敏之, 鈴木樹理, 岡本宗裕, 松沢哲郎, 古市剛史, 明里宏文
第59回日本実験動物学会総会(2012/05/24-26, 別府)   2012年   
ニホンザル血小板減少症の原因ウイルスの探索
吉川禄助, 佐藤英次, 岡本宗裕, 鈴木樹理, 吉田友教, 明里宏文, 三浦智行, 宮沢孝幸
第153 回日本獣医学会学術集会, 埼玉, 2012 年3 月27-29 日   2012年   
Thrombocytopenia caused by SRV-4 in Japanese macaques (Macaca fuscata).
Suzuki J, Akari H, Okamoto M, Yoshida T, Okabayashi S
Satellite Symposium of the 5th Annual Meeting of the ASZWM(2012/10/14, Chiang Mai).   2012年   
SRV-4の関与が疑われる血小板減少症
鈴木樹理,明里宏文,岡本宗裕,吉田友教,岡林佐知
第20回サル疾病ワークショップ (2011/07/02, 麻布大学(神奈川県))   2011年7月2日   
ニホンザル血小板減少症の発生に関する経過概要
明里宏文,鈴木樹理,岡本宗裕,宮部貴子,渡邉朗野,兼子明久,阿部政光,釜中慶朗,前田典彦,森本真弓,渡邉祥平,須田直子,平井啓久,松沢哲郎
第152回日本獣医学会大会 (2011/10, 堺,大阪)   2011年   
京大霊長研で見られたニホンザル血小板減少症(4):疫学調査
吉田友教,岡本宗裕,明里宏文,今井啓雄,松井淳,早川敏之,生駒智子,伯川美穂,齋藤波子,渡邉朗野,兼子明久,宮部貴子,鈴木樹理,平井啓久
第58回日本実験動物学会 (2011/05, 東京)   2011年   
ニホンザル血小板減少症発症ザルからのサルレトロウイルス4型の分離
吉川禄助,佐藤英次,岡本宗裕,鈴木樹理,吉田友教,宮沢孝幸
第152回日本獣医学会大会 (2011/10, 堺,大阪)   2011年   
Natural hepatitis E virus infection in macaque colonies.
Suzuki J, Yamamoto H, Matsuda A, Ishida T, Li Tian-Cheng, Takeda N
The 3rd International Workshop of Asian Society of Zoo and Wildlife Medicine & The 1st Meeting of Korean Society of Zoo and Wildlife Medicine (2009/08/18-19, Seoul, Korea).   2009年   
老齢ザルの健康管理 -飼育から治療まで-
兼子明久, 宮部貴子, 西脇弘樹, 鈴木樹理
第16回サル疾病国際ワークショップ (2007/12, つくば).   2007年   
非アルコール性脂肪性肝炎(Non-Alcoholic SteatoHepatitis; NASH)と類似した病理所見を呈した肥満ニホンザルの一例
宮部貴子, 兼子明久, 西脇弘樹, 渡邉朗野, 鈴木樹理, 磯和 弘一
第16回サル疾病国際ワークショップ (2007/12, つくば)   2007年   
老齢アジルテナガザルにおける膵炎を背景に発症したDICを伴う全身性炎症反応症候群
鈴木樹理, 後藤俊二, 渡邉朗野, 兼子明久, 磯和弘一
第16回サル類疾病国際ワークショップ (2007/12, つくば)   2007年   

Works

 
霊長類を用いたアルツハイマー病に対する経口治療薬の開発とその臨床応用の試み
2004年

競争的資金等の研究課題

 
1. 霊長類の成長に関する生理学的および形態学的研究 2. 霊長類のストレス測定のための基礎的研究
研究期間: 1983年 - 2013年