和中 明生

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 11:32
 
アバター
研究者氏名
和中 明生
 
ワナカ アキオ
URL
http://www.naramed-u.ac.jp/~2ana/
所属
奈良県立医科大学
部署
解剖学第二講座
職名
教授
学位
医学博士(大阪大学)
科研費研究者番号
90210989
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0001-9951-9862

プロフィール

循環器内科医を志して社会に出ましたが、形態学、神経科学の面白さに惹かれて基礎研究者となり30年が経ちました。しかもこの10年は神経細胞よりもグリア細胞の生態、精神神経疾患との関連に焦点を当てて研究しています。研究以外ではテニスにはまっています。

研究分野

 
 

経歴

 
2002年4月
 - 
現在
奈良県立医科大学  解剖学第二講座 教授
 
1995年12月
 - 
2002年3月
福島県立医科大学 生体情報伝達研究所 細胞科学研究部門 教授
 
1993年4月
 - 
1995年11月
大阪大学医学部 解剖学第二講座 准教授
 
1988年4月
 - 
1993年9月
大阪大学医学部 解剖学第二講座 助手
 
1988年12月
 - 
1990年11月
ワシントン大学医学部 薬理学部門 研究員
 

学歴

 
1977年4月
 - 
1983年3月
大阪大学 医学部 医学科
 
1959年4月
 - 
1963年3月
大阪大学大学院医学研究科博士課程  
 

受賞

 
1995年4月
日本解剖学会 奨励賞 中枢神経の発生分化におけるヘパリン親和性成長因子の役割
 

論文

 
Terada Y, Morita-Takemura S, Isonishi A, Tanaka T, Okuda H, Tatsumi K, Shinjo T, Kawaguchi M, Wanaka A
Neuroscience letters   686 67-73   2018年11月   [査読有り]
Nakahara K, Tanaka T, Okuda H, Isonishi A, Morita-Takemura S, Tatsumi K, Wanaka A
FEBS letters      2018年10月   [査読有り]
Tatsumi K, Isonishi A, Yamasaki M, Kawabe Y, Morita-Takemura S, Nakahara K, Terada Y, Shinjo T, Okuda H, Tanaka T, Wanaka A
Frontiers in neuroanatomy   12 8   2018年   [査読有り]
Shinjo T, Tanaka T, Okuda H, Kawaguchi AT, Oh-Hashi K, Terada Y, Isonishi A, Morita-Takemura S, Tatsumi K, Kawaguchi M, Wanaka A
PloS one   13(4) e0196191   2018年   [査読有り]
Makinodan M, Okumura K, Ikawa D, Yamashita Y, Yamamuro K, Toritsuka M, Kimoto S, Yamauchi T, Komori T, Kayashima Y, Yoshino H, Wanaka A, Kishimoto T
Heliyon   3(11) e00468   2017年11月   [査読有り]
Tanaka T, Murakami K, Bando Y, Nomura T, Isonishi A, Morita-Takemura S, Tatsumi K, Wanaka A, Yoshida S
Neurochemistry international   108 332-342   2017年9月   [査読有り]
Ouji Y, Sakagami M, Omori H, Higashiyama S, Kawai N, Kitahara T, Wanaka A, Yoshikawa M
Stem cell research   23 50-56   2017年8月   [査読有り]
Makinodan M, Ikawa D, Yamamuro K, Yamashita Y, Toritsuka M, Kimoto S, Yamauchi T, Okumura K, Komori T, Fukami SI, Yoshino H, Kanba S, Wanaka A, Kishimoto T
Scientific reports   7(1) 5481   2017年7月   [査読有り]
Ikawa D, Makinodan M, Iwata K, Ohgidani M, Kato TA, Yamashita Y, Yamamuro K, Kimoto S, Toritsuka M, Yamauchi T, Fukami SI, Yoshino H, Okumura K, Tanaka T, Wanaka A, Owada Y, Tsujii M, Sugiyama T, Tsuchiya K, Mori N, Hashimoto R, Matsuzaki H, Kanba S, Kishimoto T
Brain, behavior, and immunity   61 375-385   2017年3月   [査読有り]
Kayashima Y, Yamamuro K, Makinodan M, Nakanishi Y, Wanaka A, Kishimoto T
Neuropsychiatric disease and treatment   13 1499-1508   2017年   [査読有り]
Manabe T, Wanaka A
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1622 101-109   2017年   [査読有り]
Makinodan M, Ikawa D, Miyamoto Y, Yamauchi J, Yamamuro K, Yamashita Y, Toritsuka M, Kimoto S, Okumura K, Yamauchi T, Fukami SI, Yoshino H, Wanaka A, Kishimoto T
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   30(12) 4267-4274   2016年12月   [査読有り]
Morita-Takemura S, Nakahara K, Tatsumi K, Okuda H, Tanaka T, Isonishi A, Wanaka A
Journal of neuroimmunology   298 132-137   2016年9月   [査読有り]
Takahashi H, Ogawa Y, Yoshihara S, Asahina R, Kinoshita M, Kitano T, Kitsuki M, Tatsumi K, Okuda M, Tatsumi K, Wanaka A, Hirai H, Stern PL, Tsuboi A
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   36(31) 8210-8227   2016年8月   [査読有り]
Nochioka K, Okuda H, Tatsumi K, Morita S, Ogata N, Wanaka A
Acta histochemica et cytochemica   49(2) 67-74   2016年4月   [査読有り]
Morita S, Furube E, Mannari T, Okuda H, Tatsumi K, Wanaka A, Miyata S
Cell and tissue research   363(2) 497-511   2016年2月   [査読有り]
Okuda H, Tatsumi K, Morita-Takemura S, Nakahara K, Nochioka K, Shinjo T, Terada Y, Wanaka A
Neurochemical research   41(1-2) 278-289   2016年2月   [査読有り]
Tatsumi K, Okuda H, Morita-Takemura S, Tanaka T, Isonishi A, Shinjo T, Terada Y, Wanaka A
Frontiers in cellular neuroscience   10 165   2016年   [査読有り]
Shimomura T, Kawakami M, Okuda H, Tatsumi K, Morita S, Nochioka K, Kirita T, Wanaka A
Journal of bioscience and bioengineering   119(3) 260-266   2015年3月   [査読有り]
Morita S, Furube E, Mannari T, Okuda H, Tatsumi K, Wanaka A, Miyata S
Cell and tissue research   359(3) 865-884   2015年3月   [査読有り]

Misc

 
ANT1の発現を低下させると炎症が抑制される
中原 一貴, 達英, 奥田 洋明, 石西 綾美, 森田 晶子[竹村], 辰巳 晃子, 和中 明生
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2P-0266]   2017年12月
Wnt/β-catenin signalingが顎顔面の形態発生に関与する
下村 忠弘, 川上 正良, 辰巳 晃子, 和中 明生, 桐田 忠昭
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 187-187   2017年10月
アルサニル酸を用いたマウス内耳破壊
伊藤 妙子, 北原 糺, 辰巳 晃子, 和中 明生, 山中 敏彰
耳鼻咽喉科ニューロサイエンス   31 25-26   2017年5月
上顎の形態発生におけるWnt/β-catenin signalingの役割
下村 忠弘, 川上 正良, 辰巳 晃子, 和中 明生, 桐田 忠昭
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回 185-185   2016年11月
上顎の形態発生はWnt/β-cateninシグナルによってコントロールされている
下村 忠弘, 川上 正良, 辰巳 晃子, 和中 明生, 桐田 忠昭
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74回 185-185   2015年11月

競争的資金等の研究課題

 
神経経細胞の損傷に対する応答の分子メカニズム
研究期間: 1999年