松浦 知徳

J-GLOBALへ         更新日: 16/08/04 22:02
 
アバター
研究者氏名
松浦 知徳
 
マツウラ トモノリ
所属
富山大学
部署
大学院理工学研究部 大学院理工学研究部
職名
教授
学位
理学博士(九州大学)
科研費研究者番号
10414400

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
富山大学 大学院理工学研究部 教授
 
1990年4月
 - 
2008年3月
 防災科学技術研究所  気圏水圏地球科学研究部 全球水循環モデルチーム長
 
1983年4月
 - 
1990年3月
茨城大学工学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1983年
九州大学 工学研究科 水工土木専攻
 
 
 - 
1977年
九州大学 工学部 水工土木学科
 

委員歴

 
 
   
 
1.科学技術庁:地球環境シミュレーションシステム開発推進委員会委員
 
1998年
 - 
2002年
2.海洋科学技術センター :みらい」運用検討委員会委員(1998-2002)
 
1998年
 - 
2002年
3.科学技術庁:「エルニーニョ南方振動の機構解明とその影響に関する研究」         平成10年度検討委員会委員(1998-2002)
 
1998年
 - 
2002年
4.地球科学技術フォーラム:地球変動研究委員会委員(地球温暖化予測グルー         プ)(1998-2002)
 
 
   
 
5.文部科学省:科学技術・学術審議会専門委員(研究計画・評価分科会)
 

受賞

 
 
科学技術庁長官表彰(業績表彰)
 

Misc

 
Iizuka, S., and T. Matsuura
Climate Dynamics      2008年
Past evaluation and future projection of sea level rise related to climate change around Japan
Iwasaki, S-I, W. Sasaki, and T. Matsuura
Journal of Disaster Research   3(2) 1-12   2008年
Matsuura, T., and M. Fujita
Journal of Physical Oceanography   36(7) 1265-1286   2006年
Matsuura, T., M. Yumoto, and S. Iizuka
Clymate Dynamics   21(2) 105-117   2003年
Seasonal variability of circulation and heat budget in the tropical Indian Ocean
Shaji, C., S. Iizuka, and T. Matsuura
Journal of Oceanography   59 87-103   2003年

書籍等出版物

 
9.11-1 中規模渦、19.11-2 暖・冷水塊. 第2版 流体力学ハンドブック
日本流体力学会(丸善)   1998年   
自然災害の事典, 岡田義光編、 8章 地球環境変化と災害
朝倉書店   2007年   
Water- Related Disasters, Climate Variability and Change: Results of Tropical Storms in East Asia.
Transworld Research Network   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
環日本海における大気・海洋・陸域相互作用に関する研究
研究期間: 2008年   
環日本海の大気・海洋・陸域過程の相互作用を明らかにすること、特に外洋と沿岸海洋の物理過程に関する現象のメカニズム解明を目指す。
海洋中の非線形力学に関する研究
研究期間: 2005年   
黒潮や黒潮続流域の長期変動を簡略化したダブルジャイヤ海洋で周期の異なる非線形相互作用の観点から解明し、その結果を海況予測の研究に役立てることを目的としている。