小島 宏

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/30 03:29
 
アバター
研究者氏名
小島 宏
 
コジマ ヒロシ
eメール
kojimawaseda.jp
所属
早稲田大学
部署
社会科学総合学術院 社会科学部
職名
教授
学位
社会学博士(ブラウン大学(米国)), 文学修士(早稲田大学)
科研費研究者番号
90344241

研究分野

 
 

経歴

 
1981年
   
 
人口問題研究所 研究員
 
1996年
   
 
人口問題研究所 人口政策研究部長
 
1996年
   
 
国立社会保障・人口問題研究所 国際関係部長
 

学歴

 
 
 - 
1976年
早稲田大学 政治経済学部 経済学
 
 
 - 
1979年
早稲田大学 文学研究科 社会学
 
 
 - 
1982年
早稲田大学 経済学研究科 応用経済学
 
 
 - 
1992年
ブラウン大学 その他 社会学・人口学
 

論文

 
小島 宏
早稲田社会科学総合研究   17(3) 1-14   2017年7月
This study focuses on the effects of internet( new media) use on the dietary integration
(halal food consumption and fasting during the last Ramadan) of the second-generation
Muslim youth, applying comparable ordered logit models to TIES (2005─ 20...
小島 宏
早稲田社会科学総合研究   17(1) 1-34   2016年10月
This study analyzes the policy-related correlates of health status and concerns for old
age in East Asia (Japan, South Korea, Taiwan and Mainland China), applying the multi-level
analysis to microdata from the East Asian Social Survey conducted in...
小島 宏
早稲田社会科学総合研究   16(2/3) 27-49   2016年7月
The employment of farm workers by farm households has been on the increase during
the past two decades in Japan even though most of them still rely totally or largely on family
members’ labor supply. At least a part of the increase can be attribut...
小島 宏
早稲田社会科学総合研究   16(1) 21-40   2015年12月
Due to the extreme aging of heads of farm households, the employment of farm workers
(including foreign “technical intern trainees”) has been on the increase during the past two
decades even though most of them still rely totally or largely on fam...
Religion and the Use of Family Policy Measures in Japan, South Korea and Singapore
KOJIMA, Hiroshi
Waseda Studies in Social Sciences(『早稲田社会科学総合研究』)   15(3) 1-21   2015年3月

書籍等出版物

 
Proceedings of the International Workshop on Halal Food Consumption in East and West (with Appendix of Survey Report)
早稲田大学アジア・ムスリム研究所(小島 宏)編 (担当:編者)
早稲田大学アジア・ムスリム研究所   2018年3月   ISBN:978-4-9907402-4-5
Report of the Survey on Muslim Students in Japan (2013-2014)
KOJIMA, Hiroshi, Jin NODA, Hirofumi OKAI and Yukari SAI
Institute for Asian Muslim Studies, Waseda University (Research Paper Series, Vol.4)   2015年2月   ISBN:978-4-9907402-3-8
東亜的男女同居及其人口学意義
小島 宏(王偉訳)
王偉(主編)『中日韓人口老齢化与老年人問題』中国社会科学出版社, pp.61-102.   2014年5月   ISBN:978-7-5161-4132-8
Variations in Islamic Faith and Practice among Muslim Immigrants: A Comparative Analysis of East Asia and Europe
Kojima, Hiroshi
Organization for Islamic Area Studies, Waseda University and Asia-Europe Institute, University of Malaya (eds.), Islam and Multiculturalism: Coexistence and Symbiosis, JSPS Asia and Africa Science Platform Program, Tokyo: Organization for Islamic Area Stu   2014年3月   ISBN:978-4-904039-81-6
世界の宗教別人口のデータと将来推計
小島 宏
早瀬保子・小島宏編『世界の宗教と人口』原書房, pp.1-29.   2013年7月   ISBN:978-4-562-09192

講演・口頭発表等

 
フランスのムスリム移民若者における宗教的飲食制限の関連要因の変化
小島 宏
日本社会学会第91回大会、甲南大学岡本キャンパス   2018年9月22日   日本社会学会
Changes in the Correlates of Religious Dietary Restrictions among the First- and Second-Generation Muslim Youth in France
小島 宏
ヨーロッパ社会学会宗教部会中間会議   2018年8月31日   ヨーロッパ社会学会宗教部会中間会議
The Effects of Siblings on the Dietary Integration of the Second-Generation Muslim Youth in Europe
小島 宏
アメリカ社会学会第113回大会   2018年8月12日   アメリカ社会学会大会
Demographic Correlates of Religious Dietary Restrictions among First- and Second-Generation Muslims in France in the Early 1990s
小島 宏
アジア人口学会第4回大会   2018年7月13日   アジア人口学会
Correlates of the Use of Family Policy Measures in Japan and Korea: Comparative Analysis of the 2005 and 2009 Survey Data
小島 宏
第4回アジア人口学会大会   2018年7月12日   アジア人口学会

競争的資金等の研究課題

 
滞日ムスリム・コミュニティの地域社会活動と地方自治体の多文化共生政策の課題
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
労働力編成における外国人の役割と農業構造の変動ー国内農業地域と韓台米英との比較ー
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
滞日ムスリムの生活世界の変容とムスリム・コミュニティの持続的発展
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
2015年から2016年にかけて、ヨーロッパでのテロ事件、またバングラデシュでの日本人が犠牲になったテロ事件などが頻発し、滞日ムスリムの意識調査を実施する環境としては最悪の状況となった。このため、調査の企画を練り直し、モスクが所在する自治体を対象とするアンケート調査を実施すること、および、イスラーム団体の活動が活性化している現状があることから、それらの団体を対象とするインタビュー調査や参与観察的な調査をおこなうこととして、調査研究を実施した。<BR>前者については、愛知県の新安城モスクが所...
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年
3カ年研究の初年度として、外国人技能実習制度の主要活用地の現況、および国内外の動向を調査し、制度の全体像を把握することを目的に研究が行われた。1)外国人技能実習制度の活用が盛んである茨城県(温暖地)の八千代、神栖、北つくば、千葉県のハルデイン社等、北海道(寒冷地)名寄、九州・熊本、長野県高冷地野菜地帯等、における現況を把握すること。2)外国人技能実習制度の活用を監督・指導する諸機関(全国農業会議所・国際研修協力機構(JITCO)など)の取り組みを確認すること。3)諸外国(中国・台湾など)に...