巽 英介

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/15 15:22
 
アバター
研究者氏名
巽 英介
 
タツミ エイスケ
URL
http://www.ncvc.go.jp/index.html
所属
独立行政法人国立循環器病研究センター
部署
研究開発基盤センター
職名
副研究開発基盤センター長
学位
医学博士(大阪大学)
その他の所属
人工臓器部知的資産部大阪大学医学系研究科連携大学院大阪大学臨床医工学融合研究教育センター東京理科大学

プロフィール

所属学会:
1) 日本人工臓器学会
評議員、元理事、元副理事長、監事、元編集委員長、副編集委員長、財務委員、政策検討委員、研究推進委員、利益相反委員、学会活性化委員、在宅人工臓器治療推進WG委員、レギュラトリーサイエンス委員、論文賞選出委員、評議員選出委員
2) 日本外科学会
3) 日本胸部外科学会
4) American Society for Artificial Internal Organs (ASAIO)
元編集委員
5) International Faculty for Artificial Organs (IFAO)
6) European Society for Artificial Organs (ESAO)
7) International Society for Mechanical Circulatory Support (ISMCS)
元理事
8) International Society of Heart and Lung Transplantation (ISHLT)
9) American Heart Association (AHA)

専門分野:
人工臓器(人工心臓・補助循環装置・人工肺等)の研究開発、人工循環の病態生理に関する研究
医療機器適正評価法の検討、産官学連携の推進、知的資産の管理活用、等

研究内容:
昭和62年?63年 血小板/材料表面相互作用に関する研究
昭和63年?平成2年 長期間呼吸補助方法に関する研究
昭和62年?平成3年 抗血栓性人工肺の開発に関する研究
平成1年?15年 無拍動流血液循環時の病態生理に関する研究
平成2年?16年 全置換型人工心臓の開発・研究
平成3年?5年 米国NIH プロジェクト研究:完全体内埋込型人工心臓システムの開発
(NHLBI-HV-86-02)
平成4年?現在 長期使用可能な抗血栓性心肺補助システムの開発
平成10年?現在 補助人工心臓用小型駆動装置の開発
平成14年?現在 再生型医療と補助循環の併用療法に関する研究
平成14年?現在 皮膚貫通装置(スキンボタンシステム)の開発
平成15年?現在 体内埋込み式補助人工心臓の開発
平成15年?現在 動圧浮上体外型補助人工心臓の開発
平成17年?現在 先進医療機器の適正評価に関する研究
平成19年?現在 小児補助循環に関する研究
平成22年?現在 知的資産活用に関する活動

受賞歴:
1) 昭和63年 日本人工臓器学会「大会会長奨励賞」
2) 平成元年 American Society for Artificial Internal Organs 「Travel Fellowship 賞」
3) 平成2年 American Society for Artificial Internal Organs 「Willem J. Kolff 賞」
4) 平成3年 日本心臓財団「第4回海外留学助成賞」
5) 平成7年 American Society for Artificial Internal Organs 「Y. Nose 賞」
6) 平成7年 日本心臓財団 「第21回研究奨励賞」
7) 平成9年 日本ライフサポート学会 「バリアフリー財団賞」
8) 平成10年 International Society for Rotary Blood Pumps 「Sezai 賞」
9) 平成10年 日本人工臓器学会 「オリジナル賞」
10) 平成12年 International Symposium on Artificial Heart and Assist Devices 「Akutsu 賞」
11) 平成13年 日本人工臓器学会「技術賞」
12) 平成14年 日本人工臓器学会「技術賞」
13) 平成15年 American Society for Artificial Internal Organs 「Y. Nose 賞」
14) 平成17年 American Society for Artificial Internal Organs 「Best Poster賞」
15) 平成18年 文部科学大臣表彰 「研究部門」
16) 平成23年 日本人工臓器学会「技術賞」

業績:
学会発表数(筆頭演者): 約150題(国際学会 約50題)
学会発表数(含共同演者): 約1650題(国際学会 約580題)
論文発表(筆頭著者): 約100編(外国語 約30編)
論文発表(含共同著者): 約700編(外国語 約260編)

公的研究採択課題(平成6年~):
文部科学研究費  主任11件(基盤A・試験A:7件、一般C:1件、萌芽等:3件)、分担約50件
厚生労働科学研究費・AMED 主任3件、分担7件
循環器病研究委託費および研究開発費 主任5件、分担11件
小児医療研究委託費 分担1件
経産省・NEDO・近畿経産局等、経産省関係研究費 分担6件
内閣府先端医療開発特区(スーパー特区)設備整備費補助金 分担1件
厚労省早期探索型臨床試験拠点整備事業 分担1件
厚労省革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業 主任1件
各種財団 主任5件
企業受託・その他 多数
<主な競争的資金(主任のみ)>
・AMED医工連携事業化推進事業「世界最小最軽量の高機能次世代型心肺補助システムの開発・事業化」、平成29~31年
・文部科学省科学研究費補助金基盤研究A 「緊急~長期使用が可能な世界最小最軽量ヘパリンフリーECMOシステムの開発と製品化 」、平成29~31年
・AMED早期探索的・国際水準臨床研究事業「救急使用~安全な長期使用が可能な世界最小・最軽量・最高性能の次世代型心肺補助システムの開発・臨床応用と製品化・世界展開」、平成26~28年
・厚生労働省革新的製品実用化促進事業「医療機器分野」、平成26~28年
・文部科学省科学研究費補助金基盤研究A 「小児重症心不全の治療成績向上のための補助循環システムの開発に関する総合的研究 」、平成21~25年
・厚生労働科学研究費補助金医療機器開発推進研究事業「皮膚貫通型医療機器およびストーマを有する患者のQOL向上を目的としたスキンボタンシステムの開発・実用化研究」、平成20~22年
・文部科学省科学研究費補助金基盤研究A2「緊急使用および長期使用が可能な抗凝固療法不要の次世代型PCPS装置の実用化開発」、平成18~20年
・文部科学省科学研究費補助金萌芽研究「埋込み型医用機器使用時の感染防御に有用な新規皮膚貫通部被覆デバイスの開発」、平成17~18年
・文部科学省科学研究費補助金基盤研究A2「次世代型循環補助装置と遺伝子治療の連携による新しい心疾患治療戦略に関する総合的研究」、平成14~17年
・文部科学省科学研究費補助金萌芽研究「体内埋め込み型及び皮膚貫通型医療機器の局所感染防御のための新規被覆材の開発」、平成15~16年
・文部科学省科学研究費補助金基盤研究A2「体内完全埋込み型全人工心臓システムの実用化のための開発研究」、平成10~13年
・文部科学省科学研究費補助金基盤研究A2「長期間呼吸循環同時補助のための一体型心肺補助装置の開発研究」、平成8~11年
・文部科学省科学研究費補助金試験研究A2「エレクトロハイドローリック方式完全体内埋込み型全人工心臓システムの開発」、平成7~9年
・文部科学省科学研究費補助金一般C「覚醒無拍動流循環状態の循環生理に関する研究」、平成6~7年
知財取得 特許約60件、意匠登録7件、商標登録2件、実用新案1件

公的委員・学会役員/委員など:
1) 科学技術振興機構 国際科学技術協力推進委員
2) 臨床工学技士国家試験委員(平成21-28年)
3) 日本学術振興会科学研究費委員会専門委員
4) NEDO研究助成審査員
3) 厚生労働省 次世代医療機器評価指標検討会策定WG委員(平成17-19年)
4) 経済産業省 戦略的技術開発委託費医療機器ガイドライン策定事業WG委員(平成17-19年)
5) 厚生労働省 革新的医薬品医療機器再生医療技術製品化促進事業「中長期間呼吸/循環補助(ECMO/PCPS)システムの開発・審査のための評価指標」ガイドライン策定委員会委員長
6) 厚生労働省 革新的医薬品医療機器再生医療技術製品化促進事業「体外設置型連続流補助人工心臓システムの評価指標」ガイドライン策定委員会委員長
7) 厚生労働省革新的医薬品・医療機器・再生医療製品等実用化促進事業「次世代型補助循環システムの評価方法」改訂提言(案)策定委員会委員長
8) 日本人工臓器学会:幹事(前副理事長)・評議員・副編集委員長(前編集委員長)・研究推進委員・利益相反委員・学会活性化WG委員・在宅人工臓器治療推進WG委員・論文賞選出委員・評議員選出委員
9) International Society for Rotary Blood Pumps: Board of Trustees(平成20-26年)
10) American Society for Artificial Internal Organs: Editorial Board (平成19-23年)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
大阪大学大学院 医学系研究科連携大学院 招へい教授
 
2015年5月
 - 
現在
国立循環器病研究センター 研究開発基盤センター 副研究開発基盤センター長
 
2013年4月
 - 
現在
国立循環器病研究センター 研究所先進医工学部門 部門長
 
2012年5月
 - 
現在
大阪大学大阪大学臨床医工学融合研究教育センター 招へい教授
 
2010年2月
 - 
現在
国立循環器病研究センター研究開発基盤センター知的資産部 部長(併任)
 
2008年2月
 - 
現在
東京理科大学理工学部 客員教授
 
2007年10月
 - 
現在
国立循環器病センター研究所人工臓器部 部長
 
2005年3月
 - 
2007年9月
国立循環器病センター研究所研究評価室 室長
 
2001年2月
 - 
2007年3月
大阪大学大学院医学系研究科 連携大学院助教授
 
1994年4月
 - 
2005年2月
国立循環器病センター研究所人工臓器部 室長
 
1989年4月
 - 
1994年3月
国立循環器病センター研究所人工臓器部 室員
 
1991年4月
 - 
1993年4月
The University of Utah, Institute for Biomedical Engineering and Artificial Heart Research Laboratory, Dept Surgery Research Fellow, Surgical Fellow
 
1987年4月
 - 
1989年3月
財団法人ヒューマンサイエンス振興財団 流動研究員 (国立循環器病センター勤務)
 
1987年4月
   
 
 (財)ヒューマンサイエンス振興財団流動研究員
 
1986年7月
 - 
1987年3月
大阪大学医学部第一外科 研究生
 
1984年1月
 - 
1986年6月
社会保険紀南綜合病院心臓血管外科 医員
 
1983年1月
 - 
1984年6月
社会保険紀南綜合病院外科 医員
 
1982年6月
 - 
1982年12月
大阪大学附属病院第一外科 研修医
 

学歴

 
 
 - 
1982年
大阪大学 医学部 
 

委員歴

 
 
   
 
厚生労働省次世代医療機器評価指標検討会体内埋め込み型能動型機器審査ガイドライン策定ワーキンググループ 委員
 
 
   
 
経済産業省医療機器開発ガイドライン評価検討委員会体内埋め込み型能動型機器開発ガイドライン策定ワーキンググループ 委員
 
 
   
 
Journal of Artificial Organs, Chief Managing Editor
 
 
   
 
ASAIO Journal, Editorial Board
 
 
   
 
米国人工内臓学会  編集委員
 
 
   
 
日本人工臓器学会  副理事長、評議員、編集委員長
 
 
   
 
国際ロータリー血液ポンプ学会  理事
 

受賞

 
2011年
日本人工臓器学会 技術賞
 
2006年
文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)
 
2005年
American Society for Artificial Internal Organs , Best Poster Presenter Award
 
2005年
バイオビジネスコンペJAPAN優秀賞
 
2003年
American Society for Artificial Internal Organs, International Travel Award」
 
2002年
日本人工臓器学会技術賞
 
2001年
日本人工臓器学会技術賞
 
2000年
International Symposium on Artificial Heart and Assist Devices, The Akutsu Artificial Heart Prize
 
1998年
日本人工臓器学会会長奨励賞
 
1998年
International Society for Rotary Blood Pumps, Innovative Research Award
 
1998年
日本人工臓器学会オリジナル賞
 
1997年
ライフサポート学会 バリアフリー財団賞
 
1995年
日本心臓財団研究奨励賞
 
1995年
American Society for Artificial Internal Organs, International Travel Award
 
1991年
日本心臓財団海外留学助成賞
 
1990年
American Society for Artificial Internal Organs, Young Investigator's Award
 
1989年
American Society for Artificial Internal Organs, Travel Fellowship Award
 

Misc

 
A synthetic tetrapeptide as a novel platelet-preserving agent during cardiopulmonary bypass
Tatsumi E. Matsuda T. Takano H. Taenaka Y. Noda H. Kinoshita M. Sekii H. Yagura A. Takaichi S. Akutsu T.
Trans Am Soc Artif Intern Organs   34 813-816   1988年
A novel method for long-term respiratory support-right heart bypass ECMO using an RVAD system and newly developed membrane oxygenator
Tatsumi E. Takano H. Taenaka Y. Noda H. Sekii H. Kinoshita M. Yagura A. Sasaki E. Akutsu T.
Trans Am Soc Artif Intern Organs   35 671-673   1989年
A VAD and novel high performance compact oxygenator for long-term ECMO with local anticoagulation
Tatsumi E. Taenaka Y. Nakatani T. Akagi H. Sekii H. Yagura A. Sasaki E. Goto M. Nakamura H. Takano H.
Trans Am Soc Artif Intern Organs   36 M480-M483   1990年
Long-term respiratory assistance using a right ventricular assist device system and a membrane oxygenator
Tatsumi E. Takano H. Taenaka Y. Nakatani T. Noda H. Kinoshita M. Sekii H. Yagura A. Sasaki E. Akagi H. Akutsu T.
Artif Organs   15 206-211   1991年
An integrated artificial heart-lung device
Tatsumi E. Takano H. Taenaka Y. Akagi H. Nakatani T. Sasaki E. Goto M. Masuzawa T. Sakaki M. Matsuo Y. Inoue K. Kamo J. Aoyagi T.
Trans Am Soc Artif Intern Organs   37 M301-M303   1991年

書籍等出版物

 
Rapid conversion of systemic flow pattern from pulsatile to non-pulsatile in conscious goats
Tatsumi E, Taenaka Y. Sakaki M. Nakatani T. Takano H. In Progress in Microcirculation Research (ed Niimi H. Oda M. Sawada T. Xiu RJ.) Elsevier Science, Oxford   1994年   
Development of an electrohydraulic total artificial heart system
Tatsumi E, Taenaka Y, Masuzawa T, Choi WW, Toda K, Miyazaki K, Nakatani T, Yagura A, Baba Y, Eya K, Wakisaka Y, Tominaga ME, Takano H, Uyama C, Ohno T, Fukui Y. In Heart Replacement- Artificial Heart 5, Akutsu T, Koyanagi H(eds). Springer-・・・   1996年   
Tatsumi E, Taenaka Y, Masuzawa T, Choi WW, Toda K, Miyazaki K, Nakatani T, Yagura A, Baba Y, Eya K, Wakisaka Y, Tominaga ME, Takano H, Uyama C, Ohno T, Fukui Y. In Heart Replacement- Artificial Heart 5, Akutsu T, Koyanagi H(eds). Spri...
Altered hemodynamic, humoral, and metabolic conditions in nonpulsatile systemic circulation
Tatsumi E, Toda K, Miyazaki K, Taenaka Y, Nakatani T, Masuzawa T, Baba Y, Wakisaka Y, Eya K, Nishimura T, Takewa Y, Ohno T, Nakamura M, Endo S, Takiura K, Sohn YS, Takano H: In Heart Replacement- Artificial Heart 6, Akutsu T, Koyanagi H・・・   1998年   
Tatsumi E, Toda K, Miyazaki K, Taenaka Y, Nakatani T, Masuzawa T, Baba Y, Wakisaka Y, Eya K, Nishimura T, Takewa Y, Ohno T, Nakamura M, Endo S, Takiura K, Sohn YS, Takano H: In Heart Replacement- Artificial Heart 6, Akutsu T, Koyan...
Development and chronic in vivo testing of an electrohydraulic totally implantable artificial heart system
Tatsumi E, Taenaka Y, Homma A, Uesho K, Nishinaka T, Tsukiya T, Takano H, Masuzawa T, Nakamura T, Koshiji K, Tsukahara K, Tsuchimoto K, Wakui H, In: BED 50, Proc. 2001 Bioengg Conf, Kamm RD, Kamm RD, Schmid-Schonbein GW, Ateshian GA, Hef・・・   2001年   
Tatsumi E, Taenaka Y, Homma A, Uesho K, Nishinaka T, Tsukiya T, Takano H, Masuzawa T, Nakamura T, Koshiji K, Tsukahara K, Tsuchimoto K, Wakui H, In: BED 50, Proc. 2001 Bioengg Conf, Kamm RD, Kamm RD, Schmid-Schonbein GW, Ateshian GA,...
Over two months heparinless venoarterial bypass in goat with a newly developed cardiopulmonary support system treated with novel antithorombogenic material
Tatsumi E, Taenaka Y, Homma A, Nishinaka T, Takewa Y, Tsukiya T, Ohnishi H, Oshikawa M, Shirakawa Y, Kakuta Y, Shioya K, Katagiri N, Mizuno T, Kamimura T, Takano H, Tsukahara K, Tsuchimoto K, Wakui H, Yamaguchi H, In: BED 51 Proc. 2003・・・   2003年   
Tatsumi E, Taenaka Y, Homma A, Nishinaka T, Takewa Y, Tsukiya T, Ohnishi H, Oshikawa M, Shirakawa Y, Kakuta Y, Shioya K, Katagiri N, Mizuno T, Kamimura T, Takano H, Tsukahara K, Tsuchimoto K, Wakui H, Yamaguchi H, In: BED 51 Proc....

競争的資金等の研究課題

 
完全体内埋込式人工心臓システムの開発・研究
次世代型空気駆動補助人工心臓システムの開発研究
抗血栓性・長期耐久性を有するECMO/PCPSシステムの開発
超小型一体型心肺補助装置の研究・開発
体内埋込式軸流型補助人工心臓の研究・開発

特許

 
膜型人工肺
特開2001-276215
型人工肺の保存方法
特開平4-292171
カフ部材
特開2004-97267
生体埋込部材被覆材
特開2004-97268
組織工学用スキャホールド材,人工血管,カフ部材及び生体埋込材料被覆材
WO03082366
カフ部材及びカフ部材ユニット
特開2004-064562
カフ部材
特開2004-064563
ストマー
特開2005-262431
カフ部材
JP2005003775
カフ部材およびカフ部材ユニット
特開2005-262433
カフ部材およびカフ部材ユニット
特開2006-278888
カフ部材
特開2006-259168
カフ部材
特開2006-259169
カフ部材
特開2006-5107468
遺伝子導入材
特開2007-034888
遺伝子導入剤および核酸複合体および遺伝子導入材料
特開2007-034889
伝子導入活性を有する多孔体
特開2007-034897
抗血栓性コーティング剤および医療器具
特開2007-079375
カニューレ
特開20007-128047
カフ部材およびカフ部材付きカテーテル
特開2007-141350
カフ付きチューブ
特開2007-141351
カフ部材
特開2007-141352
カフ部材
特開2007-141353
カフ部材およびカフ部材ユニット
特開2007-162549
カテーテルの製造方法
特開2007-181077
カフ部材およびカフ部材ユニット
特開2007-193448
カフ部材およびカフ部材ユニット
特開2007-203446
中空糸膜型物質交換装置
特開1999-299884
人工ポンプ駆動装置
特開2006-346440
人工血管の接続ユニットおよび人工血管の接続構造
特開2007-188467
人工血管
特開2007-188466
カフ部材
WO2005084742
ストマー
特開2007-068921
人工血管及びその製造方法
特開2007-229124
カフ部材及びカフ部材ユニット
特開2007-098116
カフ付きチューブ
特願2007-142088
カテーテルの製造方法
特願2007-181077
カフ部材及びカフ部材ユニット
特願2007-193448
多孔質樹脂体の製造方法
特願2007-296915
多孔質樹脂体の製造方法
特願2007-296916
多孔質樹脂体の製造方法
特願2007-296917
樹脂チューブの製造方法
特願2007-289793
人工血管接続ユニット
特願(準備中)
補助循環装置回路の接続部材
特願(準備中)
創傷被覆材
特開2007-117275
埋込み可能な駆動部を備える医療装置、およびその電源制御方法
特開2005-329226
埋込み可能な駆動部を備える医療装置、およびその異常検出方法
特開2005-288138
血液ポンプ
特開2000-237304