MISC

2013年

アグリサーバ:実時間圃場センシングネットワークの構築と取得データの利活用

農業情報研究
  • 斉藤 保典
  • ,
  • 小林 一樹
  • ,
  • 鈴木 剛伸
  • ,
  • 平藤 雅之
  • ,
  • 木浦 卓治
  • ,
  • 深津 時広

22
1
開始ページ
1
終了ページ
11
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.3173/air.22.1
出版者・発行元
農業情報学会

圃場現場の環境情報や作物生育状況を実時間で計測し,公開と情報共有を行う圃場センシングネットワーク「アグリサーバ」を構築した.アグリサーバのセンシングノードには,気温・湿度および日射量センサ,カメラ,通信デバイス,制御回路等が含まれ,ノード管理および計測データの転送等は,全てインターネットを通じて行われた.センシングノード自体は,長野県上高井郡小布施町のブドウ,クリ,リンゴ,野菜の各圃場に設置され,平成18年度から試験運用を開始し平成20年度より本格運用を継続している.データの公開と利活用を進めるため,アグリサーバ専用のホームページ「農ライブ」を制作した.農ライブにおける農業情報の利活用法として1)IT/精密農業,2)トレーサビリティ,3)農ビジネス,4)教育,5)コミュニケーション,6)アグリツーリズム,への応用を提案し,具体的事例を示すことでその有効性を議論した.その結果アグリサーバは,小布施町の活性化にとって非常に重要な農業情報を提供することが示された.<br>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.3173/air.22.1
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130003367884

エクスポート
BibTeX RIS